2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

車に興味を持ってもらう為の働きかけ

トヨタ自動車の親子でもっと身近に楽しむ車

そう言えば、少し前の6月13日から16日に東京ビッグサイトで東京おもちゃショー2013が開催されていました。その、おもちゃショーの中で、おもちゃとは無縁とも考えられるトヨタ自動車が、親子で運転やカスタマイズを楽しむコンセプトカー「Camatte57s(カマッテ57s)」を出展されました。「親子でもっと身近に楽しむ車」を謳い、親子で車を走らせたり、カスタマイズしたり、語り合う楽しさを目指したそうです。

車内は前席が1つ、後席が2つの三角配列シートで、座席の間隔が近く、親子がコミュニケーションしやすい仕様でペダルとシートの位置を調整すれば、子供でも運転できるそうです。
勿論、公道で走らせる事は出きず、カート場など公道以外の場所での運転を想定しているそうです。親は右後席からハンドル操作や車両停止を補助しながら運転を教えられるとの事。

現在の自動車業界は車が売れないという氷河期とも言える時代に突入してかなり厳しい状況で、子供のうちから車に興味を持ってもらい、慣れ親しんでもらおうと必至なのかなと感じます。

しかし、「カート場など公道以外の場所での運転を想定」という事にも表れてると思うのですが、なんだか現実離れした感は拭えません。机上論で終わってしまいそうな予感。

リトラクタブルライト自転車

私が子供の頃にはスーパーカーブームというのがありました。スーパーカーという夢のような車に憧れ熱中した事が車に興味を持つ切っ掛けになった事は間違いないし、そのブームのおかげで、車を身近に感じるような子供向けグッズが沢山出回りました。

スーパーカーには必需品とも言えるリトラクタブルヘッドライトをモチーフにしたライトを搭載した自転車!私の家は裕福じゃなかったので買ってもらう事が出来ませんでしたけど、友達は皆このタイプの自転車に乗ってました。

ポップアップライトの自転車

更にはリトラクタブルヘッドライトの亜種で、ポップアップ式のライト!写真のポルシェ928やランボルギーニ ミウラに採用されてたライトがポップアップ式です。

シフトレバー式変速器

そして、極めつけが、自転車の変速レバーです。通常は前後に倒すレバーですが、車のマニュアルシフトノブをモチーフにした物まで登場しました。他には、ブレーキが油圧式のディスクブレーキだったり…。まぁ、この油圧式のディスクブレーキにはどうしても避けられない欠陥がありましたけどね。
車のようにエンジンブレーキと併用でブレーキを効かすわけじゃなく、自転車なので下り坂等ディスクブレーキを多用するしかないのですよね。だから、フェード現象やベーパーロックが簡単に起こって、ブレーキが効かなくなる事は常でした。
子供だから本物の車には乗れないのだけど、子供の必須アイテムの自転車に惜しみなく車の要素が組み込まれていました。その為に、子供であっても車を凄く身近に感じてたように思います。

だから、私達の世代にとって、車は遊びの延長線上にあるものと言っても過言じゃないし、現に、私が免許証を取得し初めて車を手に入れた頃は、自動車業界は凄くイケイケじゃなかったかな。もちろん、バブル景気という事もあったのでしょうが、車に関して言えばバブル景気の影響だけじゃ無い気がします。
私なんか、早く免許証を取得して、早く車に乗りたいと思ってましたから、景気に関係なく車を買ってたと思います。やっぱり、子供の頃からの影響力は強いです。

トヨタ自動車のコンセプトカー「Camatte57s」の方向性は分からなくもないのですが、私が子供の頃に車に親しんで来た事に比べると、まだまだ大きな壁と言うか距離感があるように思います。車に興味を持ってもらう事に対して、媒体は別に車である必要はないのではないかなぁ?



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


前は運転席だけの3人乗り・・・。

マクラーレンの市販車を思い出しました。
メチャ高かったような記憶があります。

僕の周りの若い子たちも足は
原付と電車で充分って感じです。

ドライブでどこか行く・・・って
あまり思考にないようです。

少しでもドライブの良さを広めるために
僕はブログを書いたりしますけど・・・・。
なかなか影響はないですね(笑)。

運転する事が楽しい事

♪北畠のんき さん

そうそう。マクラーレン!確かにそうですね。
トヨタのカマッテ57sは、私の目にはやっぱりムリがあるのですよね。「車が売れない=車に魅力を感じる事が出来ない」なわけで、それなのに、車でなんとかしよう(カマッテ57sという車を売らなければ始まらない)と言う事が…。(笑)

カマッテ57sが普及出来るのだったら、通常の車も普及出来るでしょ〜。って事ですよね。
トヨタ自動車では遊園地のようなところにカマッテ57sを売り込んで、子供達に触れ合ってもらうような事を言ってましたが、それだったら現存のゴーカートで十分だと思うし、遊園地に連れて行ってもらえないと、子供達は身近に楽しむ車に触れ合えないわけで、トヨタ自動車が考えるような影響力はないと思うのですよね。

車という大人のエリアに子供達を引っ張り込むのではなく、子供のエリアに入り込まなくてはねぇ。

車を所有するには税金や保険料等、所有してるだけで車とは別にお金が必要です。今の若い子は、そんなお金が無駄金に思えてしまうわけです。車に強い憧れや魅力を感じると、税金や保険料等を支払ってでも所有したいという気にさせる事が一番のハードルじゃないかなって思います。

そういう車の魅力を、子供の時から植え付けなければ、車は単なる移動の手段という事になってしまいます。移動の手段なら車を所有しなくても原付や電車で充分って事になっちゃいますもんね。やっぱり車は実用ではなく遊びの一部に位置づけなきゃダメだと私は思うなぁ〜。(笑)

草ジムカーナで助手席に中高生の子を乗せて、サイドターンやドリフトしてあげると、そんなに車に興味の無かった子でも、キャッキャはしゃいじゃうもんね。運転する事が楽しい事なんだって思わせなきゃね。(笑)
今の自動車メーカーには、その意識が弱いような気がします。(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3083-bdef95b9

FC2Ad