2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

備後弁講座

血を吸い過ぎて腹が赤くなった蚊

1匹、おどくしゃ〜蚊がおって、ぼれぇ〜刺されてかいぃ〜ねぇ!
へぇ〜で飛びょ〜るところを発見したんじゃが、身体の色が赤味おびてて重そうじゃったけぇ、余裕で成敗してやったわぁ!
じゃけど、思いきり返り血を浴びてしもうたわぁ。きっと、ワシの吸われた血じゃ。
…で、成敗した蚊の死骸を探したんじゃが、なんでか何処にもおらんねぇ〜。
どけぇ〜いったんなぁ〜?


…と、事務所内での出来事です。1匹の蚊に血を吸いまくられ腹立たしさに思わず備後弁バリバリで某所SNSに書いてしまいました。その書き込み文をソックリそのままこちらのBlogにも引用しましたが、意味が分かりますでしょうか?
「おどくしゃ〜」なんて言葉は、たぶん他の地域の方には意味不明じゃないでしょうか?…そんなわけで標準語に訳してみました。

1匹、腹立たしい蚊がいて、滅茶苦茶刺されて痒いです!
それで、飛んでるところを発見したのですが、身体の色が赤味おびてて重そうだったので、余裕で成敗しました!
しかし、思いきり返り血を浴びてしまった。きっと、私の吸われた血ですね。
…で、成敗した蚊の死骸を探したのですが、何故だか何処にもいないのです。
何処に行ったのだろう?


でもね、厳密に言うと、備後弁は標準語に訳せないです。何故なら、その言葉の1つ1つにしっかりとした意味があり、例えば「おどくしゃ〜」という言葉を「腹立たしい」と訳しましたけど、厳密には微妙にニュアンスが違ってるのです。「おどくしゃ〜」は「腹立たしい」「憎たらしい」「生意気な」というような意味合いがごちゃ混ぜになったような、「おどくしゃ〜」という表現でしか表せないのです。方言というのはそういうもんなんだろうね。方言とはその地方に特化した言葉で、その表現でなければ言い表す事の出来ない言葉なのだろうなぁ。そして、それが文化というものかな。…なんちゃってね。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3074-aea3573c

FC2Ad