2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

ほこ×たて-矛盾-なのか?


ほこ×たて 2013年6月2日放送分

ほこ×たて-矛盾-は、私の好きなテレビ番組なのですが、しかし、昨日のネタは頂けなかったなぁ〜。

最強のゴムシートとドリフト対決

まずは、最強のゴムシートとドリフト対決ですが…、これって、矛盾ですか?私の目には矛盾ではなく当たり前の流れに感じました。車のダッシュボード上に置いた物が遠心力や突き上げ等で転がらないように開発された特殊なゴムシート。それにドリフトの遠心力で対向してどちらが勝つかという対決でしょ。そりゃ、遠心力や突き上げ等で転がらないように開発された特殊なゴムシートが勝つに決まってるでしょ〜。ドリフトだろうが何だろうが、遠心力に勝つ為に開発された商品なのだから…。対して、ドリフトは遠心力を最大限に使って何か物を振り落とす為に考え出された技ではなく、元々の目的が違うのですからねぇ。矛盾でも何でもないですよ。
「遠心力を最大限に使って何か物を振り落とす事を目的として考えられた商品」と「遠心力や突き上げ等で転がらないように開発された特殊なゴムシート」での対決だったら「ほこ×たて-矛盾-」の趣旨に合うので納得出来たのですがねぇ〜…。

最強の雨降らし職人と絶対に濡れない撥水剤対決

また、「最強の雨降らし職人」と「絶対に濡れない撥水剤」対決もしかり…。最強の雨降らし職人か何か知らないけど、雨は撥水剤を負かす為に降ってるわけじゃないよね。どんな豪雨でも濡れない撥水剤を開発してる以上、対決する前から撥水剤が勝つというのは容易に想像出来るでしょう。
「どんな物でも水圧で剥がしてしまう高圧洗浄機」vs「どんな物で濡らされようが絶対に濡れない撥水剤」という対決なら職人の意地と意地のぶつかり合いで納得が出来ます。

「最強の雨降らし職人」の対決を挑むなら「人口の雨と自然の雨を確実に見分ける事の出来る気象予報士」と言うような対決でなければならないと思うのだけどね。人工的な雨が自然の雨と見分けがつかないという事だから「最強の雨降らし職人」じゃないのか?

ちょっと、今回の戦いは、どちらとも的外れな戦いでガッカリだったなぁ〜。ちゅか、番組制作の企画会議とかで誰1人、的外れな戦いだとの指摘は出なかったのだろうか?




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


その通りでした!

この回は全く同じ気持ちで観ていました。
ネタ切れな感も否めませんでしたし、やっぱりドリルじゃないと数字取れないのかなーと、少し残念に思いました。
いろんな事をblogに書かれてるんですね♪
これからもちょくちょく拝見します。
( ´ ▽ ` )ノ

素人と玄人

♪さご太郎 さん

私のBlogのテーマは、一応クリエイティブなのですが、クリエイティブを突き詰めてたら、生活に行き着いちゃって、そうなるとテーマが滅茶苦茶広がって何でもありの色んな事を書くようになってしまいました。(笑)
「ほこ×たて」は、ネタ切れな感アリアリですよね。厳密にいえば、ネタは無数にあるのだろうけど、予算内でおさめられる対決というのが限られてるのかも知れません。
日本の産業は素晴らしいものばかりですから、プロとプロの意地のぶつかり合いみたいな物だと何でも素晴らしい対決になると思うのですが、テレビ業界が素人の集まりみたいな、視聴率と言う数字狙いの姑息な手段に出てますから、そういう素人を本物のプロが相手にしてないだけなのかも知れません。(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3061-bdbd47a3

FC2Ad