2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買替促進の戦略的リコールか?

またまたマーチのリコール?

今朝の新聞記事に「マーチなどリコール」という何やら小さいけど気になる見出しを発見!
オイオイ…、またマーチのリコールかい?昨年12月にもテールランプの配線に不具合があるとしてリコールを受けました。
今度は、ステアリングシャフトとハンドルを固定するボルトの締め付けが不十分という事で、最悪の場合はハンドルが滑って操作出来なくなると言う事みたいです。

それにしても、前回にしろ、今回にしろ、何故、今になって…。我が家のマーチは中古車ですけど新車登録されてから9年が経った車です。どちらのリコールにしても前オーナーから数えて9年も何事もなく乗って来て、今になって不具合があると言われても、正直ピンとこないです。

私が思うに…、これって、絶対に買い替えを促進する為の戦略的リコールじゃないかと思うのです。K12マーチのオーナーに対して日産自動車は「いつまで旧型のマーチに乗ってるんじゃぁ〜!早く買い替えんかぁ〜!そんなに長く乗ってるとリコールじゃぁ〜!」っていう思いがあるのかどうなんだか…。ですが、オーナーもリコールで何度もディーラーに車を持込み修理するなら、「この際、思い切って買い替えちゃおうか…。」という言葉を待ってるんじゃないか?って感じるのです。日産自動車はリコールを届けた事が切っ掛けで、「毎度有りぃ〜!」ってなっちゃう寸法なのです。こんな古い車にリコールをかけるなんて…きっと、そうに違いない!

そう言えば、私がS13のシルビアに乗ってた頃、新車で購入したシルビアが5〜6年を迎えた頃、パワーウインドウのワイヤーが切れてサイドのガラスがドアの中にストンと落ちる故障がありました。当時の私の身の回りにいた日産車オーナーさんに話を聞いてみると、1990年代初期の日産車の多くは車種を問わず、パワーウインドウのワイヤーが切れてサイドのガラスがドアの中にストンと落ちる故障が多くあったようです。
私はこれこそ設計上の問題で、リコールの対象だと思ったのですが、リコール届けが出される事なく、実費で修理しましたよ。勿論、同じ事が起こった日産車オーナーさんの全てが実費で修理してます。何か納得が出来ないんだよね。まだまだ買い替えに程遠い車種はリコールになりにくいと感じてしまう。このような事から、なんだか、リコールという制度を利用した営業展開というのを強く感じてしまうのだけど、実際はどうなんでしょうかね?

あっ、ちなみに、我が家のマーチは16年生産でリコールの対象じゃなかったみたいです。リコールは14〜15年生産のマーチだそうです。んっ?だとすれば我が家のマーチよりも古いマーチが対象で、尚更、買い替え狙いに感じてしまう。(爆)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/3051-ca1f1ac9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。