2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

6回目の車検

S15シルビアAutechVersionの車検中

1週間前の『ひっちゃかめっちゃかで車検(当Blog内リンク)』という記事で紹介したように、色々と悩ましい問題があった車検ですが無事に終了致しました。
新車購入してから13年目…今までの車歴の中で初めて6回目の車検を受ける事になったわけですが、やっぱり不安なのは経年劣化によるガタが一番の不安材料でした。自分でメンテナンスや点検が出来る範囲の事は分かってるつもりでも、見えない部分の事等はやっぱりプロの整備士さんじゃないと分からない事もあるだろうし…。とりあえず、自分で確認出来る部分は自分で確認し、車検に通りそうにない消耗品は予め入手しておかねば…。車検屋さんで『コレがダメです。アレがダメです。』なんて言われて、そこで消耗品を調達すると滅茶滅茶定価で購入しなきゃならなくなるし、懐のダメージが大き過ぎますからねぇ。それだけは避けたいです。

RADAR DimaxR8 215/45R17 91W XL

…という事で、自分なりに確認してみたところ、フロントタイヤの2本がかなりヤバい。スリップサインが出切ってしまってるから、このままでは車検に通らないぞぉ〜って事で、ネット通販を利用してタイヤを購入(当Blog内リンク)する事にしました。リンク先の記事でも紹介した通り、超格安のアジアンメーカーのタイヤです。
シンガポールのタイヤメーカー「レーダー」の『DimaxR8』というタイヤです。サイズは215/45R17で価格は1本1,890円。送料が1本あたり1,050円かかるので、1本2,940円という事になるかな。
そして、写真はタイヤが届いた時の写真です。当たり前だけど、1本1,890円でもちゃんとタイヤです。(笑)

価格がUPしたRADAR DimaxR8 215/45R17 91W XL

そんな価格のタイヤで大丈夫なのか?…という疑問もあるでしょうが、輸入のレートで価格は変動してるみたいですから、買った時が1,890円でも翌日には5,000円ぐらいになってるかも知れない…。なんて言ってたら、1本1,890円で買ったタイヤが2〜3日前から価格が1本4,490円に跳ね上がってました。なんか、マジで得した気分!(笑)
レビューでは、健全なサーキットでのドリフト族からの良い評価が記載されており、購入に迷いはなかったです!(爆)

Panasonicバッテリー40B19R

そして、もう1つ不安だったのがバッテリーです。前々からバッテリーを交換しなければと思ってたのですが、車検が近付くにつれ「車検の時に一緒に交換すりゃ良いか。」って気分になってたら、車検当日の2〜3日前からの急な冷え込みで、毎朝、エンジンのかかりが悪くなってきて、いつバッテリーがお亡くなりになるかドキドキのヒヤヒヤものでした。『なんとか車検の日まで保ってくれ』と祈る思いで、毎朝、エンジン始動してました。バッテリーも特価で出てたホームセンターのバッテリーを調達し、相場の半額ぐらいの3,480円でゲットする事が出来ました。これで、私が気になってた消耗品は全て揃いました。

装着されたRADAR DimaxR8 215/45R17 91W XL

見事にタイヤも組んでもらいましたが、タイヤをあまりにも激安でゲットした為に、組替工賃の方がタイヤよりも高くなってしまったのでした。いや、組替工賃は一般的な料金ですから決してボラレたわけでもないのですけどね。タイヤがあまりにも安過ぎたのです。(爆)
そして、フロントタイヤの溝が無く交換したのはフロントなのだけど、タイヤのローテーションをしてもらい新しいタイヤはリヤに装着!車検時にはタイヤに何も問題がなくてもブレーキ周りのチェックの為にタイヤを外されますので、ローテーション作業なんて本当に「ついで仕事」です。普段、業者にローテーションを頼めば料金が発生しますが車検時なら無料です!このチャンスを利用しない手は無いです。

Panasonicバッテリー40B19Rを装着

更にバッテリーも持ち込んだ新しい物に取り替えられ、これで朝の冷え込みでもエンジンがかからなくなるという心配は無くなりました。

6度目の車検終了

これで、無事に車検が終了致しました。車検にかかった費用ですが、まずは法定費用の「自賠責保険24,950円・重量税30,000円・印紙代1,100円」です。どんなに格安車検でも、この法定費用は絶対に必要です。そして、車検屋さんに支払う代行料13,000円の合計69,050円でした。
そして、車検費用とは別に、タイヤ交換で「タイヤ代1本1,890円×2・送料1本1,050円×2・組替工賃1本2,000円×2・廃タイヤ代1本300円×2」の合計10,480円。バッテリー交換に「バッテリー代3,480円・交換工賃300円」の合計3,780円。全て合わせて、83,310円でした。
もしも、タイヤやバッテリーを自分で準備せず車検時にダメだと指摘されたら、嫌でもその場で購入しなければならいですからねぇ。そうなると、確実に10万円超えの金額を請求されていたでしょう。タイヤなんて国産メーカーの品(215/45-17)だったら安くても1本20,000円ですからねぇ…。バッテリーだって車検屋さんに置いてある物は7,000円を超えてました。

車検を安く済ませるには、何処の車検屋さんが良いでしょうか?
こんな質問を良く目にしますが、このような質問をする人に限って車に無頓着で普段から点検や整備をしない人だったりします。安く済ませたいなら、普段からしっかり点検や整備をしてください。そして、車の消耗品などの相場価格を把握する事です。
全て丸投げで安く…というのはムシの良い話です。普段、無頓着ならば尚更の事です。安全の為にも車検の時ぐらい、ちゃんとお金を支払って、しっかり診てもらって欲しいと思います。

●関連記事
格安車検は本当に格安なのか?(当Blog内リンク)
知ってるようで知られてない車検(当Blog内リンク)
ユーザー車検体験記(当Blog内リンク)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


格安車検

タイヤ+バッテリ交換込みで8万円ちょっとなら、確かにお安めですね♪
普段のメンテ、車検に向けて準備をしないから、入庫して言われた通りに部品交換…費用が高額になるんですよねぇ。

格安車検業者、当たり外れはあるでしょうが…。依頼主からの整備指示を無視、ボディにキズを付けておきながら認めない、など。愛想がいいのは受付だけで、作業は信用ならないという経験したので、私はもう格安車検を使うつもりはありません。
だからって、Dなら大丈夫!なんて思っていませんが…。作業品質のバラツキが少なめなのと、作業内容のクレーム対応がある程度早い。それだけが理由で、今年の車検はDに依頼。見積もりで分かった不安要素は事前に整備してから入庫したので、費用と内容からすれば、まぁ満足でした。


町の車屋さん、格安車検、ディーラーなど。価格、整備内容、信頼。選択肢は色々ありますし、自分に合った業者を見つけて依頼するのが一番ですね。

選ぶ理由

♪抹茶@Ley さん

ご無沙汰してます。
今回は、いわゆる格安車検業者と呼ばれる所を利用させてもらいましたが、実は今まで受けてたディーラーと車検費用は大して変わってない…というか、同じでした。

ディーラーにも車検のプランがあって、格安車検と同等の内容のものから、しっかりと整備のついた内容のものまで選ぶ事ができます。私は今までディーラーで格安車検と同等のプランを選んで受けてました。

今回、格安車検業者を選んだ理由は、「フルローンを組みたかったから」というのが一番の理由です。ディーラーでは法定費用分は現金で支払わなければならず、今回の私にはそれが無理だったのでした。やっぱり秋口に熱中症で入院したのは大きな痛手でした。(^_^;)

ただ、お金に余裕があったら、今回の格安車検業者は選んでいなかったでしょう。手続きにひっちゃかめっちゃかやられ過ぎましたからねぇ。(爆)
格安車検屋を選ぶにしても今まで利用した事のある他を選んでたと思います。やっぱり安心して任せられる車検屋さんを選びたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2892-6b3606ed

FC2Ad