2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全神話から目を覚ませ

中国道…後を絶たぬ逆走の新聞記事

本日の新聞(朝刊)記事の写真です。中国道…後を絶たぬ逆走なんて見出しが出てますけど、数日前には山陽自動車道でも高齢者ドライバーの逆走し事故が発生しました。

こりゃ、自動車メーカーは忙しくなりそうだ!次の開発は逆走防止アシスト機能でしょうか?…なんて、嫌みな毒吐きしてしまいましたが、こんなにも高齢者ドライバーの逆走が常習化してしまうようでは、本当に自動車メーカーは逆走防止アシスト機能を開発しそうですね。

坂道発進が苦手な人の為にヒル・スタート・アシスト(当Blog内リンク)を開発したり、ブレーキとアクセルの踏み間違いが多いからと踏み間違い衝突防止アシスト(当Blog内リンク)を開発したり…。そんなこんなだから『逆走防止アシスト』開発しちゃいそぉ〜!

だけどね、色々と開発して便利になって行くのは良い事なのだろうけど、その反面、逆に危険が増してるって私は感じるのです。何故なら、それらの機能は正常に働いてこそ機能するシステムだし、それによって得られる安全は壊れない事が絶対条件であり、また、壊れない事が前提となっているから成り立つシステムなのです。震災前の原発安全神話によく似たものがあります。
安全の為にと設けられたアシストシステムが、正常に機能しなくなった時には、そのアシスト機能が仇となって危険回避出来なくなるという諸刃の剣に思えます。

いまや街を走る車の9割以上がAT車です。そのAT車ですらMT車と比べると私には危険に感じてしまいます。誰にでも楽に運転が出来るという利点がありますが、エン故で動かなくなったらなす術がありません。それが踏切の上だったりすると…。MT車ならクラッチを繋いでセルモーターを回して脱出する荒技が使えるのですがAT車はそれが出来ないのです。MT車を手足のように操れるベテランでもAT車がエン故した場合はお手上げです。

坂道発進で下がらない事が売りの「ヒル・スタート・アシスト」が故障して下がったら…。「ヒル・スタート・アシスト」を100%頼りきってる人はパニックでしょうね。ブレーキを放せば重力に逆らえず下がる事が当たり前だと始めから認識し、それに対応した運転技術を身につける事が結局は一番の安全でしょう。道具や機能に頼り切った安全なんてあり得ません。過保護過ぎる(当Blog内リンク)のです。

高齢者が交通ルールを無視して事故をする。新聞記事には『高速道路に入った事すら気が付かない高齢者もいる』とありましたが、高速道路に入るには料金所を通行しなきゃならないわけで、気が付かない事はないだろう…。もしも、本当に気がつかない状態であるならば、それで免許証を与えてる事が問題なわけです。何年か前に書いた記事免許証更新(当Blog内リンク)で、そこで見た高齢者ドライバーに不安を覚えた事を記しました。係の人の説明を聞く事が出来てない。(一度で理解できない。)独自の判断で勝手に行動する。…などの行動が目につき、このような事は、運転する姿勢にも表れるわけです。しかし、免許証の更新会場では普通に更新されてるわけで、その更新システムにも疑問を感じました。根本的な事を改善しようとせず、道具や機能で何とかしようという事が本末転倒でもありますよね。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2880-f7428af3

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。