2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

遊園地のゴーカート侮るなかれ

ゴーカート

昨日の事なんだけど、遊園地でゴーカートを教わりました。あっ!乗り方じゃないですよ…。スタッフとしての接客方法と言いますか、なんて言うか…。まぁ、スタッフとしての応対他色々を教わったのです。

ゴーカートと言えば子供の頃に大好きだった乗物でして、遊園地に連れて行ってもらっては必ずゴーカートに乗ってました。私はスーパーカーブームをリアルタイムに過ごし、早く大人になって自分で車を運転したくてたまらなかったというような子供でして、車の運転に近いゴーカートは絶好の乗物でした。現在は、ゴーカートよりも本物の車が好きですけどね。

それにしても、ゴーカート…恐いです。何が恐いって、ゴーカートに乗る子供達…。アクセルとブレーキを間違えるんですわぁ。1周回って来て止めなきゃならない時にブレーキと間違ってアクセルオン!ひえぇ〜!って感じなのですが、スタッフは子供達がアクセルとブレーキを間違えても安全に止めるように務めなきゃならんのです。

私が子供の時はスーパーカー命でしたので、基礎知識としてアクセルとブレーキは頭の中に入ってたし、初めてゴーカートに乗った時もアクセルとブレーキを踏み間違える事は無かったです。ただ、リミッター限界のスピードでカーブを曲がって曲がりきれずコースアウトした事はあります。(笑)
だけど、今の子供達って車に興味がある子って少ないようで、「アクセル」なんて言っても「アクセルって何ですか?」という質問が返って来る状態です。その為「右のペダルが進む、左が止まる。」なんて説明しないと伝わらないのです。そうやって説明してても踏み間違えちゃう子は踏み間違えちゃうんです!

じゃぁ、踏み間違えた子のゴーカートはどうやって止めるんだ…。スタッフは車の前に飛び出し押さえ付けるように…って、オイッ!それじゃ、スタッフは大怪我ですね。
実はゴーカートにはリヤウイングに見立てられカムフラージュされたブレーキがあり、スタッフはそれを操作する事でアクセルオンされても止められるようになってるのです。慣れないと、そのタイミングが難しいのですよぉ。
写真のゴーカートのウイングが傾いてるでしょ。その状態がブレーキがかけられた状態で、アクセルを踏み込んでも動きません。1周回って戻って来たらスタッフはウイングをパタッと倒しちゃうんです。中には面白がって平気でぶつけようとする子がいるみたいですからねぇ。ゴーカートは車と一緒で結構パワーがあるからぶつけちゃうとタダじゃ済まない。乗り降りしてる時に後ろからド〜ンとやられた日には…、どれだけ危険が伴うか…。車の免許を持たない子供にはその想像力が乏しいのです。だから、それは阻止しなければならないのです。

ちなみに、遊園地のゴーカートですが私も1周乗ってみました。西日本最大級の売り文句は伊達じゃない。コースが長い…まだ詳しくは分からないのですけど乗った印象では5〜600mはあるんじゃないかなぁ〜。そして、遊園地のゴーカートなのにリミッターがついてないです。結構速いです。調子こいてスピード上げると、コーナーでタイヤが限界を超えて滑っちゃってるんですよ。でも、ミニ四駆みたいにゴーカートの四隅にガードレールに沿うようにコロが付いていてコースもゴーカート幅のプラスアルファー程度の狭さですのでハンドルを切り損なっても安全にコースを走行出来る仕組みになってます。しかし、ハンドルは滅茶苦茶重いですね。今のパワステ付きの車に慣れてしまった私にはキツかったなぁ〜。これじゃ、子供の力では上手くハンドルが切れないのじゃないかな?まぁ、ハンドルが切れなくてもガードレールに沿って走ってくれるから大丈夫だけどね。

もしも、コース幅が広くてガードレールがなかったら、とても遊園地でお子様が乗るレベルのゴーカートじゃない!…と思う。それだけ難しさが感じられるゴーカートなので、大人が運転する分には結構面白いと思いますよ。正直な気持ち…一度コースの広いところで運転してみたいですね。(笑)



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2861-6e5bd4d2

FC2Ad