2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーシリンダー

如何にもキーシリンダー

私が車の免許証を取得したのは昭和61年の4月でした。そして、初めて自分の車が持てるという事で様々な車のカタログを見比べていました。心の中では決まった1台があったのですけど不人気車でタマ数が少なく希少車だった為に中古で手に入れられるかは疑問だったのですよね。
そんなわけで、カタログを色々見てたんだけど、当時の車…中古車を検討してたので昭和56年式から60年式ぐらいの車を見てたわけですが、どの車を見てもデザイン的にどうしても許せない部分がありました。それはキーシリンダーです。
写真のキーシリンダーは、当時、私が凄く欲しがってたスタリオン(当Blog内リンク)のキーシリンダーです。当時大好きだったスタリオンのキーシリンダーでさえ許せませんでした。如何にもカギ穴がここにありますと言わんばかりの主張。この変な突起物が、ボディ全体のデザインを思いきり損ねてる感じがして許せなかったのです。

給油口の蓋にあったキーシリンダー

当時は給油口の蓋もキーを使って開けていたので、ドアだけじゃなく給油口の蓋にもこの許せないキーシリンダーがついていたのです。今では信じられないけど給油する時はガソリンスタンドの店員さんにキーを預けてたのです。そんなわけでドアは勿論、給油口の蓋、トランクと車の至る所にキーシリンダーだらけって感じでした。それが、もう~、嫌で嫌で…。
免許取り立てながら私は皆それで平気なのか疑問でしかたありませんでした。

S13シルビアのリヤ

しかし、時代が進むにつれてトランクのキーシリンダーもガーニッシュのデザインと一体化されたり、オーナーメントの飾り蓋で隠されたりと目立たなく処理され、また給油口の蓋は運転席からロックがはずせるようになりキーシリンダーが消えていきました。
やっぱり、変な突起物のキーシリンダーはデザインの邪魔だったんだ…。でも、私が嫌だと思ってた時から数年が立ってから自動車メーカーがデザイン処理して来た感じだったので、私のデザイン感覚は数年先を行ってるのか?…なんてな。

最近のキーシリンダー

そして、現在の私の愛車です。ドアに設けられたキーシリンダーは目立たなく処理された状態になってます。私の車だけじゃなく、現在はほとんどがそのようになってるのじゃないでしょうか。

時代の流れでデザインと言うのは洗練されていくものですが、些細な事でも変な物に対して変だと思える感覚がないと、どんな物でも洗練されていく事はないのだろうと思います。自動車メーカーに「たかがカギ穴ぐらい、どうだっていいじゃん。」って気持ちがあったら今のように変わっては無かっただろうなぁ~。



■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


キーシリンダー

はじめまして、栃木に住んでるカズといいます。
僕の車は古いミニですが、キーシリンダーって目立たない位置にありますね。今まで、あまり意識しませんでした。
デザインのポイントにはならないかもですが、気になり出すと、うーん、目立つ車もありますね。

デザインのポイントにはならない部分への拘り

♪カズ君 さん

はじめまして。
一般的な方から見るとキーシリンダーなんて、あまり意識する部分ではないかも知れませんね。
私はたまたまデザインを勉強してたから、様々なデザインを通じて細かく見てしまいがちなのかも知れません。

だけど、国産車と欧州車を比べると、キーシリンダーに限らず、美しい車と言われてる車の多くは、プレスラインの流れであったり、ドアやボンネット、トランクといった鉄板の継ぎ目等の流れの処理といった、本当に一般的にはあまり意識される部分でないところの処理に大きな違いがある事に気が付きます。
車の美しさって、デザインのポイントにはならないようなところまで気を配れるかどうかにかかってると私は思います。(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2774-451a5f66

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。