2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

最新のポルシェは最良のポルシェ

991型ポルシェ911Carrera
「991型」ポルシェ911Carrera

991型ポルシェ911CarreraS
「991型」ポルシェ911CarreraS

タイトルの最新のポルシェは最良のポルシェ…これ今回の991型で「まさに」という思いを抱きました。

「リアエンジン?アホちゃう?」とか、「ミッドシップが最高に決まっている」とか…。リアエンジンである事でポルシェは色々と言われてきました。しかし、ポルシェはそこに向き合い、改善し、最高のポルシェを作り続けているわけです。

宇宙一のブレーキといわれるポルシェのブレーキは「リアエンジン」である事が作用しています。慣性モーメントの関係で、リアにエンジンがあるとブレーキをかけた際にフロントに荷重移動しても、エンジンの重みでリアにもしっかり過重が残り「全タイヤ」に重量がかかるわけです。

フロントエンジンならばブレーキング時にフロントに荷重が移動されフロントヘビーでリアが浮きます。ミッドシップは後輪への荷重がリアエンジンより甘くなります。ミッドシップの利点はコーナリングの良さなのですが、車の基本である「止まる」に課題が残ります。リアエンジンが悪かったのか?それをいなす足回りが完成してなかっただけなのか?リアエンジンは「止まる」という事に最高の重量位置であり、それをベースに改良。
通常の車はフロントやミッドにエンジンがあり、これをベースに「慣性モーメント」ではないところでのブレーキング性能を高めていきました。そして、1つの答えが導き出されているわけです。

すべての事にはメリットとデメリットがあり、それを「解消」していくと、どの方向からスタートしても、結局「同じ場所」に向かったりします。最近の車がどのメーカーの車を見ても同じような車に見えてしまうにはその為かもしれません。性能重視で考えると、結局、行き着く場所は1つなのかなと…。

これは商業デザインにおいても同じだと思います。よく、「同じデザインだと考えてないみたいだから変化を持たせて別のデザインが欲しい。」なんて言われたりするけど、1つのコンセプトでの最良というのは1つしか無いと思います。複数の案が出てくるって事は、まだまだデザインが熟成されず完成されていない未熟な状態なんだろうと思います。




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2769-325a9125

FC2Ad