2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

最低賃金での生活力…

消費税法案が成立

生活保護費より安い最低賃金、11都道府県で。
最低賃金で働いた場合の収入が、生活保護費の受給額を下回る「逆転現象」が起きている地域が11都道府県に上ることが10日、厚生労働省の調査でわかった。

同日開かれた、今年度の地域別最低賃金を労使の代表が議論する「中央最低賃金審議会」で同省が公表した。

同省によると、都道府県が定める最低賃金の時給が、1か月の生活保護費の時給換算額より低かったのは北海道、青森、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、広島の11都道府県。差額が最も大きかった北海道(最低賃金705円)は30円で、続く東京(同837円)は20円だった。

同省は逆転現象の拡大について「公営住宅から家賃の高い民間の賃貸物件に移る生活保護の受給者が増え、生活保護費の受給額が上がったことなどが要因」としている。最低賃金法は就労意欲を保つため、最低賃金で働く収入が生活保護費を下回らないように配慮すると定めている。

(読売新聞 - 07月11日 08:17)



やれやれ、生活保護費より安い最低賃金…。ハイ!私の住んでる広島県も問題の県となっておりました。…いや、まだまだ大問題だろう。厚生労働省の中央最低賃金審議会は、最低賃金を全国平均で7円引き上げるよう答申しました。試算では全国平均で744円となるのですが、焼け石に水のような状態で何も変わりはないと思います。7円引き上げの根拠は何なんだぁ~!無策だと国民から「何もしない」と言われるので、「一応、出来る対策はしてみましたよ。」という逃げの答申のような気がします。あまりにも、国民をバカにしたような対応じゃないでしょうか?
全国平均で最低賃金を7円引き上げところで、生活保護費より安い最低賃金のに変わりはない。新聞では受給換算された生活保護費と各県の最低賃金時給が比較され差額が発表されてましたが、差額はそれだけじゃないです。
生活保護受給者は税金や保険料、そして医療費が免除されます。しかし、最低賃金時給者(アルバイトやパートで生計を立ててる人)は生活保護受給者が免除されている税金や保険料、そして医療費は全て実費です。そのような金額を差し引くと働くのが本当にバカらしくなる金額ですよ。
以前も、同じ年収300万円なら…どっちを選びたいか?(当Blog内リンク)という記事を書きましたけど、年収が300万円でも生活保護の方が特なんですよ。
民主党は、マニフェストで時給1,000円にするという事も掲げてたと思うけど、何一つマニフェストが守られていないじゃないか。

私も昨年の秋頃から事務所を休業し職探しをしました。しかし、正社員雇用ってこの年齢になると本当に雇ってもらえず、アルバイトで生計を立てるしかなかったです。少しでも賃金の良いアルバイトを…と思っても、アルバイトすらもなかなか雇用されない状態で、ようやく見つけたのが短期雇用のアルバイトです。
短期雇用の場合は企業も本当に忙しく、猫の手でも借りなければやっていけないと言う状況なので年齢とか性別なんて拘ってられないのですよね。企業も、兎に角、人出が欲しいわけですから…。そのような条件の仕事なら、なかなか働き先が見つからなかった私でも、面接の翌日には来てくれという連絡が貰えるのです。
それで、雇用期間中はずっと朝から仕事に出てたけど、時給800円で1ヶ月みっちり働いても10万円を少し超える程度です。(広島県が定める最低賃金の時給は710円です。)そんな状態でどのように生活しろと言うのか…。もはや完全に社会が崩壊してると思う。
私は5月末に短期雇用の期間が終了し再び無職と同じ状況になりました。再び求職活動しましたが、やはり正社員雇用やアルバイトは断わられっぱなしで、再び短期雇用のアルバイトが決まり現在頑張ってます。仕事を必至に探しても雇ってもらえない…。短期だろうが何だろうが何でもやる気でないと生活出来ないのですよ。
幸い今の仕事の頑張りが認められたのか、短期雇用で雇われた私ですが、長期(無期限)で働いてもらえないかという打診がありました。ありがたい事だとは思いますが、果たして長期に変わったところで賃金等の待遇面が変わるわけではないです。生活保護費より安い賃金で、果たして生活が不安無く過ごせるのか…。国は正規雇用と非正規雇用の格差問題も放置されたままの状態です。

最低賃金法は就労意欲を保つため、最低賃金で働く収入が生活保護費を下回らないように配慮すると定めている。と言う事での対策が、全国平均で最低賃金を7円引き上げだとしたら…、企業側に最低賃金を上げてもらうようにするとか、生活保護費を減らすとかの案が出されてたけど、もはや、どちらも限界じゃないのか?って思います。

そんな状態の中で、国民がオリンピックに目を向けて、鬼の居ぬ間に消費税法案が成立…。国民の生活力を高めなければ消費税を増税しても意味はなかろう。最低賃金を引き上げれば中小企業の経営が困難になるという意見もあるけど、どの企業にしても正規雇用で雇えず、滅茶苦茶安い非正規雇用で雇わなければならない現状がそもそも不健全なわけだし、抜本的な改革が必要でしょう。

昨日も地元家電量販店に長蛇の列が出来ていました。列の原因は、扇風機が特価で690円というものです。
私はその価格を見て素直に喜べる価格じゃないと思いました。その価格を実現する為にはやっぱり滅茶苦茶安い非正規雇用で雇われてる人達によるおかげと言えば聞こえは良いかなぁ~。思いきり負のスパイラル状態ですね。




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2766-5928bcfe

FC2Ad