2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

歌がうまいと思うアーティスト


高校生です!音楽を勉強してますが、もちろん素人さんです。


現在は…ですが、2000年頃は歌がうまいと言われてた倉木麻衣さんですけど…。


こちらも、歌が上手いと定評だった小柳ゆきさん。

国歌を独唱するJ-POPアーティストは多いけど、そのほとんどが聴けたもんじゃない。国歌を歌わせたら、そのアーティストの実力が分かると言う感じです。歌がうまいと評判のアーティストでもこの程度。基礎が全然ダメなんですよね。
特に世界選手権等で国歌を歌われるアーティストは、日本のプロの低レベルさを全世界に発表してるようなもので、凄く恥ずかしい。また、アーティストを応援するファンも、そのレベルのもの(J-POP)しか聴いてないので、本当に歌の上手い世界を知らないでいる…。ランキングのアーティスト達が国歌独唱してるシーンは見た事ありませんが、下手な事は容易に想像がつきます。

歌がうまいアーティスト1位はATSUSHI&宇多田ヒカル!!

8/3発売の『オリ★スタ』では、カラオケ特集内で、3,000人が選ぶ「歌がうまいと思うアーティスト」のランキング5位までを男女別に紹介。男性編の1位はATSUSHI(EXILE)、女性編の1位は宇多田ヒカル、という結果となった。

【3000人が選ぶ 歌がうまいと思うアーティスト 男性編 TOP5】
1位 ATSUSHI(EXILE)…462人
2位 小田和正…368人
3位 桜井和寿(Mr.Children)…365人
4位 大野 智(嵐)…308人
5位 稲葉浩志(B'z)…307人

【3000人が選ぶ 歌がうまいと思うアーティスト 女性編 TOP5】
1位 宇多田ヒカル…510人
2位 吉田美和(DREAMS COME TRUE)…489人
3位 絢香…398人
4位 aiko…281人
5位 安室奈美恵…278人

男性編の1位となったEXILEのATSUSHIは、「透明感があって心にしみる歌声」を武器としながら、「音程にブレがない」「何を歌っても自分の歌にしている」と、技術・表現力の点でも絶賛を受け、もはや実力派の域。他の追随を許さない強さを見せつけた。
続く2位は「透きとおったキレイな声」で厚い支持を集めた小田和正。「年齢を重ねても衰えない、クリアなハイトーン」は、多くの人々を魅了してやまない。
3位の桜井和寿(Mr.Children)については、「高音から低音まで独自の声で自由に操れる」という意見が多数。楽曲の評価も高く、曲の雰囲気・メッセージ性も含めてのオリジナリティや味わいが、聴く人の心をとらえたと思われる。
以下、4位は「高音がよく出て、キレイで伸びのある声」に癒されるリスナーが続出の大野 智(嵐)、5位には「圧倒的な声量・迫力、音域の広さは唯一無二」と評された稲葉浩志(B'z)がランクインを果たした。

一方、女性編の1位に輝いたのは、宇多田ヒカル。「日本人離れしたリズム感で、声域が広い」「情感豊か」といったように、レンジ(音域)の幅広さをフルに活かしたボーカル・スタイル、独特の揺らぎと深みを持つ声の響きは、まさに稀有な存在といっていいだろう。
2位の吉田美和(DREAMS COME TRUE)に関しては「どんな歌を歌っても安定感がある」「声量や音感、表現力がずば抜けている」など、その才能溢れる歌声にかなり心酔したコメントが殺到。心の奥にまで響く天性のボイス、との呼び声も。
3位に入ったのは、「迫力がある。力強い歌声に引き込まれる」という声が多数寄せられた絢香。パワフルであり、それでいて美しく伸びやかなボーカルに感動を覚えた人が少なくないようだ。
そして4位のaikoは「可愛い歌声が心地よく、なおかつしっかり聴かせる」、5位の安室奈美恵は「カッコかわいい」「踊りながらあれだけ歌えるのはすごい」というように、女性らしさを備えつつ、ライヴ・パフォーマンスにも定評があるアーティストがTOP5入り。錚々たる「歌うま」の布陣がランキングに顔を揃えた。アナタもカラオケのレパートリーにすべくチャレンジしてみては?
Text/水白 京

(オリ☆スタ - 08月04日 15:00)



えっ?歌が上手いからアーティストなんじゃないの?????
こんなランキングの為のアンケートが存在する事が、プロの世界として異常な事だって感じるし、そして、異常な事と周囲が思えてない事も、また異常かな…。
完全に日本の音楽業界は麻痺してるというか腐っると思う。これが、日本の音楽が世界に通用出来ない理由だと思います。




■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


同意ですね
海外アーティストと比べると、大人と子供という感じです
アツシで並み、玉置、久保田クラスでやっと聴いて貰えるレベルではないかと思います

村社会とカラオケ文化の日本

日本は村社会、そしてカラオケ文化ですからねぇ。
村社会とは大勢が良いと言えば、何でも良い事になってしまう。「赤信号、皆で渡れば怖くない。」というのと同じで、この「皆が」というのが曲者なのですよね。

歌が上手く世界で活躍する日本人アーティストも多くいますけど、そういう人を知ったとしても、知名度が低いと、その人の話題が語れない為に、結局、スルーされてしまうのですよね。逆に歌が下手でも国内でメジャー、そして多くの人に知名度があり人気があると、皆と共通の話題が持てるという事で、支持してしまうのですよね。そこに実力という事は関係なくなってしまいます。これが村社会の悪いところです。

また、カラオケ文化というのも、結局は素人が歌うレベルばかりで、そのカラオケの中で歌の上手さを判断してるわけで、結局、日本のアーティストの歌が上手いと言われても、カラオケレベルでの歌が上手い止りなのです。

エンターテイメントとして、歌を聴かせる、或いは、歌を観賞するという文化はほとんど無いから、多くの人が歌の上手さを求めていなかったりするのだろうと思います。
その為に、海外アーティストと比べると、日本のアーティストは未熟でレベルが低いのだろうと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2761-2ab4bb40

FC2Ad