FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

トミーカイラ M08

トミーカイラ M08

GMマティスがホットハッチに大変身!
見た目かわいらしさのコンプリートカー。

トミーカイラ M08

2004年3月、当時、日本ではまだ馴染みの薄い韓国のコンパクトカー「マティス」をベースにトミーカイラが手を加えたコンプリートカーが登場しました。
見た目かわいらしい印象だけど、押さえるところは押さえたトミーカイラらしいチューンが施されています。まず、外見上の特徴は、フロントスポイラーとリアタイヤ前のスポイラー等空力面のチューニングが施されています。しっかりとした効果のありそうな形状からハンドリングを重視した味付けとなっていたようです。ステアリングフィールは素直で癖がなく、FF特有のトルクステアも感じられなかった。一番力を入れたと感じられる足回りと相まってコンパクトなボディを軽快かつイメージ通りに走らせる事ができた。

軽量ボディの宿命でもある大きなギャップでボディごと跳ね上げられてしまうが乗り心地は日常使用でも全く苦にならないレベル。加えて、コーナーリング中は路面をなめるような安定したグリップ力があり安心感がある。もちろん、チューニングの醍醐味、エンジンにも手が加わり、加速とレスポンスは満足のいくレベル。反面シフトフィールやアクセルの軽さなどのフィーリング面には手が加えられておらず残念に思える部分もあったようです。

この車の最大の注目は、コンプリートカーと考えると激安の155.4万円(税込)という価格で、コンパクトカーを購入しエアロパーツ装着やホイールの変更を考えてる人に絶好の車でした。

トミーカイラ M08

(写真:左)スポーツテイストたっぷりなインテリア。メーターパネルやシフトノブは、鮮やかなレッドで統一される。
(写真:中)トミーカイラロゴ入りタコメーターとレカロシート(SR-III)は、オプション設定。シートのサポート性は抜群だ。
(写真:右)ヘッド面研やポート研磨、そしてタペットクリアランスの調整など、エンジン内部にも手が加えられている。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~スペシャルカー~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2610-955dc5d3