FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

ホンダ SSM

ホンダ SSM

2リッター、FR、究極のスポーツ。
ホンダ50周年を飾るオープンFRスポーツSSM。

ホンダ SSM

1995年の第31回東京モータショーに登場したSSM。
FF専門メーカーとも言えるホンダから生まれたSSMは立派なFRスポーツです。
外観はロングノーズにショートデッキと、ご覧の通りウェッジのきいた張りのあるスポーツカーファンなら誰もが息を飲むスタイルでしょう。そして注目なのはインテリア。真ん中にドーンとバーが縦断しコクピットは2分割されていました。ジウジアーロの作品にあったデザインだが、SSMのそれは、ボディ構造材として使っているところが新しかった。

「基本的にショーだけの為のモデルは出品しない。」というホンダ。だから当然、この車は市販を前提として開発されていました。低い位置に納められたヘッドランプ、そして誇らしげに光るホンダのエンブレム。どれをとってもホンダのスポーツカーにかける情熱が伝わってきます。見た目はグラマラスでやや大きく見えるものの、実際は5ナンバーサイズに納まるコンパクトな車です。全長3985mm、全幅1695mm、そして全高1150mmで、スポーツカーとしての運動性能の高さを実現するにはジャストサイズとも言えるでしょう。

もちろん機能も充実の一言。エンジンは2リッターの直列5気筒、VTEC。フロントエンジンで後輪を駆動する。まさに、待ち望んでいた究極のFRスポーツ。
当時、最高出力は発表されていなかったが、当然200psオーバーであることは誰もが想像がつき、文句なし。2400mmという短いホイールベースは、当時のCR-Xデルソルの2370mmをわずか30mm伸ばしただけのもので、きびきびとスポーティに走るのも確実視されていました。

すでに、NSXで搭載されていたFマチックを更に進化させたシーケンシャル電動の5速ATが組み合わせわれている。もちろんATと言えど、レスポンスの良いシフトが操作が可能でスポーツ走行をサポート。

ボディには軽量、高剛性のアルミサブフレームが使われ、更にドライバーズシートとナビシートを仕切るようにキャビンの中にアッパーフレームも設けられている。オープンボディだからといって決して剛性を失わないような、徹底したボディの強化が図られています。
更にインパネに目を移せば、なんと言っても多機能なLCDメーターが目に入る。これは、ドライバーの操作によってインパネにこのSSMの情報が取りだせるという超優れもので、ドライバーズシート右側にあるスイッチひとつで、その操作を行うことができます。もちろん、タコメーター、速度計を表示するが、それ意外にナビゲーションシステムの表示も可能でした。

超ロングノーズでアメリカン。およそワインディングロードをすいすい走るライトウエイトスポーツにそぐわないフォルムのように感じられたが、このSSMはあくまでもスタディモデルで市販時にはどうなることかと、期待に期待が膨らむ1台でした。

ホンダS2000

このSSMが、最終的に「S-2000」へと進化し発売されました。

ホンダ SSM

(写真:左)メーターはデジタルになっている。速度計、回転計のほか、さまざまな情報が得られる未来的なインパネ。ペダル類は走り優先のレイアウト。
(写真:中)コクピット回りはフォーミュラーイメージがたっぷり含まれている。スポーツカーにとって以外と大切なタイト感も充分に感じさせられる。
(写真:右)メーターはスポーツモード、一般モード、そして空調の設定モード、オーディオ、ナビゲーションと設定を自由に変えられるドア側のスイッチ。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~スペシャルカー~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2568-8055e295