FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

イジメ無くす為に気付いて欲しい事

岡村イジメ

◆「岡村途中からキレてるやん。誰か止めろや糞が。」

フジテレビの27時間テレビの『すぽると!』の枠にて岡村イジメとも取れる場面があり、それを見た視聴者のネット上での書き込み。

事の発端は岡村、福徳(ジャルジャル)、中居(SMAP)のチームと女性とで3 on 3対決のコーナーにて起きた中居と福徳は岡村にパスを回さず2人だけでバスケを楽しんでおり、それに対して岡村は「俺にも回せよ」と言う展開に。

福徳が背後から岡村に対してバスケットボールを本気でぶつけたことが切っ掛けとなり回りのみんなも岡村に集中的にボールをぶつけだしイジメ状態となった。台本にあった事とは言え過剰な演出に視聴者は猛批判。

すぐさま、出演者のブログのコメントには「ただのいじめじゃん」「脚本通りなんだろうけど笑えないよ」「岡村途中からキレてるやん。誰か止めろや糞が。めちゃイケ終わったな。そら岡村も入院するわ」などの痛烈な批判コメントもあり大荒れ状態となった。
今回は、笑いを取ろうとするあまり、過激な演出がが裏目に出て視聴者の怒りを買ってしまう形になってしまった。何事もやりすぎは禁物だ。

(ビギナーズまぐPR号外 2011/07/27 号より)


約1ヶ月前に27時間テレビで岡村イジメが話題になり、物議を醸しました。しかし、その後の岡村さんの会見で『番組の事だからイジメではない!騒ぎ立てる視聴者が異常!』と言うような発言で更に波風が立った状態になりました。

自殺現場に落書き「ここから落ちて死ね」

札幌市で、マンションの屋上から飛び降り自殺した中学2年の男子生徒が通っていた学校の校長らが31日、男子生徒の家を弔問した。また、現場となったマンションの屋上に自殺を促す内容の落書きが残されていたことがわかった。

自殺した札幌市手稲区の男子生徒の家には31日、生徒が通っていた中学校の校長とPTA会長が弔問に訪れた。

男子生徒は30日、学校に登校せず、母親と担任らが捜していたが、9階建てのマンションの屋上で発見した。その後、男子生徒はすぐに屋上から飛び降りた。
また、マンションの屋上には「ここから落ちて死ね」などと自殺を促すような落書きがあったことが新たにわかった。警察もこれを把握しているが、男子生徒の自殺との関連性はわかっていない。

男子生徒は、今年5月から遅刻や欠席が目立つようになり、担任と母親を交えた7月の三者面談では、「複数の人に陰口を言われている」と、いじめを受けていることを明かしていた。

中学校では、いじめと自殺との関連を調査するとともに、スクールカウンセラーを31日から常駐させ、生徒たちの心のケアにあたっている。

(日テレNEWS24 - 08月31日 18:10)


それにしても、イジメによる自殺者が減らないよね。そして、この中学生が飛び降り自殺したニュースに対して、多くの方が『イジメは良くない』という趣旨のコメントを寄せていました。最もなコメントなのですが…、私が疑問に感じたのが、このようにあからさまにイジメと報道されるイジメに対しては『イジメは良くない』と声を上げる事の出来るようですが…。

そのコメントを寄せてる人の中には、『島田紳助さんの引退のニュース』や『小倉キャスターのお詫びニュース』(当Blog内リンク)にもコメントを寄せてる人も居て、「シャクレを観なくて清々する」とか、「帽子を脱いで頭を下げろ!」と言った内容のコメントを寄せてる人もいたんだよね。イジメは良くないという人が、状況が変わるとイジメ的行動に出てたりするわけで、イジメが日常の中に溶け込み過ぎて日本全体で麻痺しちゃってるんじゃないかと感じます。

岡村さんの会見で、『番組の事だからイジメではない!騒ぎ立てる視聴者が異常!』という事を言われてましたが、そもそも、番組内でイジメと見紛う程の内容を放送するという事も私は問題だと感じています。番組内だから問題ない!…って思う感覚も麻痺してる状態と思います。

これまでにも、罰ゲーム(虐め)大好きTV業界(当Blog内リンク)イジメ問題(当Blog内リンク)他人を巻き込む罰ゲーム(当Blog内リンク)等、この類いのイジメ助長アホバラエティの話はしてきましたが、麻痺してるから止まるところを知りません。

今年3月の週間ポスト記事で北野タケシ氏もTVは叩くと決まれば徹底的に完膚無きまでに糞味噌に叩きまくる。これは現代の子供社会のイジメと同じ。と言われていました。日本の低俗なテレビ番組は本当にどうでも良い!
お笑い番組にしても、芸人と言われる人が、ちゃんと芸を見せて笑わせてる人がどれだけいますか?イジメ見たいなバカで笑いを取るというそんな人達ばかりじゃないか。芸人じゃなく単なるイジメっ子だよ。

このような低俗な番組を見て、一般視聴者のイジメに対する感覚が麻痺してしまう事が一番怖いと思ってたら、やっぱり…という感じでした。


例えば、一番上の岡村イジメの引用ニュース記事を書く記者さんも麻痺してる良い例です。


【台本にあった事とは言え過剰な演出】
『過剰な演出』云々の問題じゃない。過剰ではなくても人を吊るし上げて笑いを取る事が既に変でしょう。ニュースの記者さんは過剰じゃなければOKみたいな言い方だよね。

【何事もやりすぎは禁物だ。】
やりすぎなければイジメみたいな演出もOKなのか?イジメみたいな演出そのものがいかんでしょう?やり過ぎの線引きは何処で誰がするの?


ニュースの記者さんの表現から見ても、私には、このようなバラエティ番組に毒されて感覚が麻痺してるとしか思えないんだなぁ。こういうのに見慣れてしまったら、そりゃ、学校でイジメがあり自殺した生徒が出てきても、会見の場で、先生方は「イジメとは思っていなかった!じゃれてるんだと思ってました。」なんてコメントが当たり前のように飛び出して来ても不思議ではないと感じます。

『イジメは良くない』とコメントしてる人の中にも、「シャクレを観なくて清々する」「帽子を脱いで頭を下げろ!」なんて事を平気で言える人がいる。これは、まぎれもない事実です。
きっと、視聴者も大部分でバラエティ番組に毒されて麻痺してるんじゃないかなぁ~。そんな気がしてなりません。麻痺してる事に気がつかなきゃ、イジメ問題は無くなる事はないのじゃないかな?




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2419-46876ca5