FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

誰1人知らんとかあるのか…?

リトルボーイ

原爆コードネーム表記フジTVに抗議殺到

フジテレビ系連続ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(日曜午後9時)で、広島に落とされた原爆のコードネームである「LITTLE BOY」などと表記されたTシャツが登場したことで、視聴者から、広島県にフジテレビに抗議するように求める声が多数寄せられていることが10日、分かった。

当該のシーンは、7日に放送された第5回放送分で、主演の前田敦子(20)演じる主人公が、寮で洗濯をする際、三浦翔平(23)演じる男子高生と会話をする場面。前田が着ている黄色いTシャツの背中部分に「LITTLE BOY」、表に「FOOL ON THE HILL FRIENDS」と記されていたことから、放送直後からネットで一部の視聴者から「この文言は『愚か者どもに原爆を』とも解釈出来る」などの声が上がっていた。

広島市では、6日に原爆死没者慰霊式でもある平和記念式典が行われていたばかりで、同県には翌7日から「被爆者を侮辱する行為。断固とした抗議を」「フジテレビはいったい何を考えているのか。いまだに原爆で苦しんでいる人がいるのに」などの電話も寄せられた。同県被爆者支援課によると、9日深夜24時までに82件のメールと20件以上の電話があり、今後、同局に抗議することも含めて検討中という。

一方、フジテレビ広報部は「ファッションとして着用したもので、他意は全くありません」とコメント。ドラマの制作スタッフも「リトルボーイ」が広島の原爆を意味することを知らずに、前田に着用させたとし、困惑を隠せないでいる。同局にもこの日までに数十件の苦情や問い合わせが寄せられているという。

(日刊スポーツ - 08月11日 10:10)


ん~、何とも…。
最近、フジテレビへの風当たりが、かなり強くなってますね。まぁ、日本のテレビ関係者であるなら、一般常識として広島&長崎の原爆を落とされた日と終戦記念日、そして、原爆のコードネーム「リトルボーイ」と「ファット・マン」ぐらいは知ってて欲しいかなぁ~って気持ちはありますが…。

そりゃ、終戦を迎えて66年も経てばって、まだギリギリ65年ですから、1人や2人は知らない人がいても不思議じゃないでしょう。日本とアメリカが戦争してた事も知らない学生とかいるご時世ですから…。だから、ニュース記事の言い訳にもあるようにスタイリストさんが知らなかったという事もあるでしょう。それは私も納得出来る事です。しかし、これを言い訳として平気で言えてしまうというのはプロの現場として如何なものかと感じます。

だって、ドラマというのは大勢の制作チームで作られてるわけで、1人や2人で作ってるのとは訳が違うでしょ。私が思うのは、その大勢の中の、誰一人として疑問を感じなかったのか?という事ですね。テレビ業界に限らず、クリエイティブ業界全体に言える事なのですが、もう、こういう言い訳ばかり聞いてると本当にうんざりしてしまいます。プロがそんな言い訳して恥ずかしくないのか?…って喝を入れたくなります。

このような事がテレビ業界だけではなく、クリエイティブ業界全体に言える事というのは、このBlogでも頻繁に取り上げて来ています。例えば、7月の終わりに書いた記事のなかよしこよし(当Blog内リンク)で紹介した紳士服業界の景品表示法違反とか、他にも、間違った英語を使う理由は?(当Blog内リンク)のように、デザインが完成し世に出回るまでに多くのスタッフが目を通してるのに、誤りが発見出来ないという、お粗末な状態です。こんなにも杜撰な仕事状態で平気でいられるという事にイライラが積ります。

私も最初は素人からのスタートです。右も左も分からない状態で、この世界に飛び込みました。最初は一生懸命無我夢中でした。1つ1つ仕事を覚えて行く事が楽しかったし、成長してる自分が嬉しかったです。早く一人前になって、バリバリとデザインをしたかったです。常に自分を磨き頑張ってきたつもりです。しかし、自分の頑張りの量とは裏腹に『あっという間に天上に届いてしまった。』という感じの業界だった気がします。

自分の目指す天上はもっともっと高い所にあるはずなのに、現実は意外にも低すぎる天井…。そう感じてしまうのが、今まで例に上げて来た事柄です。そして、業界を牛耳る連中がその程度ですから、今度は頑張れば頑張る程浮いてしまい…。要するに邪魔者って事です。

なんかね、この業界って凄く陰湿な感じがします。
まだ私がフリーになって間もない頃、ある代理店に自分を売り込みに行きました。その代理店の一番偉いディレクターさんが私の相手をして下さり、作品を見せたら絶賛されまして…、『この福山には、本物のデザイナーがいないよね!』って福山の業界に対する愚痴を言われたのです。その後、何度か取引させてもらって、仕事を納品する度に絶賛されまして…。でも、私は当たり前の事をしてるだけで絶賛されるような事はしてないのに誉めるのです。まぁ、所々の処理に当時のソフトの性能では出来ない事を手作業でしてたからなのですが、結局、そのディレクターさんが、デザインの事に詳しくないと言うか、見せかけの処理に誤魔化されるような方でして、会社での肩書きが立派に見せてるような方でして…、それで、私は良い物を創りたい一心で、そのディレクターさんに色々指図してたら、最終的には私の事を面倒くさがられて切られてしまいました。

良いデザインには全く興味がないのですよね。ただ、仕事を無難にこなして、お金が得られればそれで良いって感じなのです。これは、このディレクターさんのみに限らず、業界全体に言える事だと思います。問題点が見つかり、それを指摘し正していくとなると大変な労力が待ってるから、そのままにしておこう。…という感じかな。

「忙しくて大変」は「準備不足」と類義語である。私は常にこのように思ってます。しかし、忙しい自慢をしたがるデザイナー(業界人)の多い事…。結局、忙しいのではなく、準備が整ってない事の無駄が忙しさを生み出している。デザインの知識がない。これも「準備不足」の一つ。そのような問題を平気で放置出来てしまえる事も私には堪えられない事なのです。



そして、先日7月終わりに書いた記事でプロ意識~景品表示法(当Blog内リンク)二重売価のルールを紹介しました。

シーズン当初価格3,900円の品

店頭価格1,950円を更に

チラシ掲載期間半額
975円


初校で上記のように直しなさいと代理店の担当から指示が来たのですが、この標記は景品表示法で二重の違反があります。
代理店の担当が景品表示法を理解してない事で起こった間抜けな指示です。それで、私は景品表示法の事を代理店の担当に説明して、その指示をする事は出来ないと伝え、違法のない標記に変更し訂正を仕上げました。

当店平常価格1,950円の品

チラシ掲載期間半額
975円


…と、このように当たり障りのない標記に変更したのです。そして、最終の校正まで問題なく作業は進められていたのですが、製版データ入稿直前のギリギリになって、クラアント様からの指示で『当店平常価格1,950円の品』を『値下げ価格1,950円の品』と標記を変えてくれと言われたので、そのように訂正してくれと、代理店の担当から指示が入ったのです。
こっちは偉いこっちゃ!とぶったまげたわけです。何故なら…『値下げ価格1,950円の品』という標記は再び景品表示法の違反項目にふれてしまうからです。

私のいう業界の素人化とはこういう事なのです。お遊びの危険なデザイン屋ゴッコです。流石に今回ばかりは万事休すです。製版データ入稿直前というギリギリな時間。そして、全く同じ箇所での景品表示法の違反。また、代理店の担当に知らせ、クライアント様にお伝えしてもらわねばなりません。ハッキリ言って、今度と言う今度は代理店の担当もクライアント様に説明する事は出来ないでしょう。同じ箇所で2度も出来ない訂正を聞いてしまってるのですから。私は、とりあえず代理店の担当にお伝えしましたが、どうするかは代理店の担当に任せました。

結局は代理店の担当は相当部が悪かったのか、見てない事にしてゴーサインが出されました。結局、私は違反に気がつきながらも、その違反を防ぐ事は出来なかったのです。凄く悔しかったし、屈辱的でした。私が人生を賭けて頑張って来た業界はこんなにも杜撰な業界でした。

私には、ここまで狂ってしまった業界を立て直す力はありません。1人では何も出来ません。しかし、自分が直で取引させて頂いてるクライアント様の仕事だけでも、ちゃんとしてあげたいと思ってます。私の出来る事はこのぐらいしか出来ないですから…。




■ご質問およびお問い合わせ

何処まで頑張れるか持久戦ですね。メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2400-c2bc8fc9