FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

『知る』という事

特殊電子治療の宣伝に効果的な宣伝を見た

昨日、ついに、特殊電子治療の無料お試し会場が終了しました。8/2に書いた論より証拠(当Blog内リンク)で紹介した特殊電子治療です。予告通り、8/10の最終日まで毎日欠かさず通いきりました。おかげで、最後まで気になってた左腕の痛み&シビレが、ほぼ改善致しました。本当は、今後再発しないように、ずっと続ける事が理想なのですが…。

そして、最終日には、同じく治療に通われてた85歳のお爺さんの話を聞く事が出来ました。結論から言いますと、70年間苦しんでた腸管外ポリープの症状が改善されたそうです。腸管外ポリープとは腸の外側に出来るポリープで何万人に1人というような非常に珍しい病気らしく、また、お爺さんの年齢85歳という事からも分かるように、そのポリープが出来たからと言って直接命に影響があるわけではなく、寝込んだりするような事も無いそうです。ただ、食事の時に刺激物がダメで、ちょっとでも刺激物があるとすぐ下痢をしてしまうのだそうです。刺激物と言っても一般的な調味料のほとんどが刺激物に当たり、70年もの間、食生活に凄く困ってたそうです。

70年もの間様々な治療や良さそうな薬など、治りそうなものは藁をも縋る思いで積極的に取り入れて来たそうです。そして、酷いのは病院です。何万人に1人という病気だけど、命に別状は無い事から、治療に向けた研究が一切なされていないのだとか。仮に治療に向けた研究をして改善させたとしても何万人に1人だから金にならない。命に別状があるわけでもないし、研究するだけ無駄と考えられているのです。だから、このお爺さんは70年間も苦しんでいたのです。

それが、この特殊電子治療で体質から改善され、今では、家族と同じ食事が食べられると凄く喜んでられました。しかし、そのお爺さんも、最初この治療に誘われた時は半信半疑というか、これまでに色々やって来て全部ダメだったから嘘っぱちなヤクザな商売だろうと信用してなかったそうです。家族が変な宣伝にハマり高い物を買わされそうになった時に阻止してやろうという思いで通われてたみたいです。

私は、このお爺さんの事が『素晴らしい』と思いました。何が素晴らしいって、『疑うにしても自ら体験し、物事を理解した上で見極めようとする、その姿勢。』が素晴らしいと感じました。その結果が、70年間の苦しみとサヨナラする事になったわけです。今では疑いよりも感謝しかないと語られていました。

多くの方は自分の中にある、ちっぽけな知識の中で、良し悪しを頭ごなしに決めつけられる方が多いです。
私の父は昭和の頑固爺です。自分が絶対という人なのです。…というよりも、他人の意見が絶対という感じかな?身内の意見はいくら正しかろうが、自分の考えと異なれば絶対に首を縦にふりません。しかし、身内ではない縁もゆかりも無い人が言えば、それは無条件で正しいと決めつけます。まぁ、それはそれは気難しい性格です。うちの父は特別頑固なのだろうけど、比較的、昭和初期の人達はそういう性格が多い気がしますし、そのような世代に育てられた人達は少なからず、その傾向があるのかなと感じたりもしています。結果的に、日本人の大多数が…と言っても良いのかなと思ったりするわけで,知った上でジャッジしようよ。…って、思う事に良く遭遇します。

今まで知らなかった素晴らしいものを知った時『これって最高!』って、スグに最上級の評価をしたがったり…。君は他にどれだけの事を知ってるんだい?って、ツッコミ入れたくなる事もよくあります。(笑)
良くも悪くも、他を知らなくても決めつけられるという事は、その傾向にある事だと思います。

うちの父親なんか、いくらこの事実を説明しても、頭ごなしに否定だし、そう決めつけてるからどんな物か知ろうともしていないんだよね。『見ないでも分かる!』ってね。他にも、品物を買う時に安くて良くないものを買おうとした時に、ちょっと値段は張るが良い物をすすめたら、『値段が高い方が良いのは分かってる!』なんてね言うんだけど、実際は何がどう悪いのか?何がどう良くなってるのか?と言う事は、何にもわかってないんだよね。自分が率先して知識を入れようとしてないから、結局、安いものを買って失敗する。失敗したから今度は高い物を買って失敗するてなもんで、何をやっても失敗するものだから余計に、身内の言葉は信用しないんだろうね。

高い物を買って失敗というのは、
例えば、Aという商品にオプションのBが付属して5万円という商品があったとします。対してAという商品単体だと3万円。この条件で、父は『値段が高い方が良いのは分かってる!』なんてね言ってるんだよね。でも、その良さを理解してるわけじゃないから、オプション品のBが2万円で適正な価格なのかどうかは分からないわけです。その良さを理解してる人だと、もしかしたら、オプション品のBに2万円出すなら、別の店でBと同じもので性能がうんと良いB'が3万円で買えるからそちらを選ぶ方が賢い。…という事がよくあります。賢い人はAを単体で購入し別の店でB'を3万円で買うというようなものも、『値段が高い方が良いのは分かってる!』の精神で前者を買って失敗するわけです。

今の世の中、なんでも、『安さ安さ』と言い過ぎてるあまり、物の価値に対して無頓着になり過ぎてる気がします。『安さ安さ』価格でしか価値を見れない人は、値段の高い価値も理解出来て無いのではありませんか?価値を理解出来ない、私の父のような人が増えてるのかなと一抹の不安を感じます。安さ!安さ!で四苦八苦(当Blog内リンク)



■ご質問およびお問い合わせ

お互いを知る事から始めましょう。メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2399-0ae1c76d