FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

なかよしこよし

年中無休?

以前記事にした、『年中無休(お正月を除きます)』。それって、年中無休なのか?というわけで、それをしてしまうとなんでもありになってしまいますね。『年中無休(土・日・祝日を除きます)』とか…。(笑)

同様に『全品半額(但し、広告掲載商品及び一部特価商品、ブランド商品は除きます。)』なんて言ってたら、全品と言いながらも半額商品なんて、極々一部になっちゃいますしねぇ。(爆)

紳士服「全品半額」は一部だけ 5社に再発防止命令 -消費者庁-

紳士服のテレビCMや新聞広告などで「全品半額」と表示しているにもかかわらず、実際は一部の商品に限られていたとして、消費者庁は26日、景品表示法(有利誤認)に基づき、青山商事(広島県福山市)など紳士服専門店5社に再発防止を求める措置命令を出した。

他に措置命令を受けたのは、AOKI、コナカ(いずれも横浜市)、はるやま商事(岡山市)、フタタ(福岡市)。

消費者庁によると、5社は2009年12月ごろから今年3月にかけて、「初売り 全品半額」などとテレビCMで放送したり、新聞の折り込み広告に記載したりした。しかし、実際は一定金額以上の商品や、特設コーナーの商品に限られ、礼服やブランド品、婦人服などは除かれていたという。

5社はCMや広告で対象商品を説明していたが、同庁は「文字が非常に小さく、消費者への説明も不十分だった」としている。

5社は「真摯に受け止め、一層の法令順守をはかる」(青山商事広報室)などとコメント。今後、折り込み広告やCMの表示を見直すという。

(日本経済新聞:2011/7/26 20:30)


紳士服業者5社が仲良く同じペナルティを受けた事に異様な世界だなと感じてしいました。ここ最近、中国等のパクリ商品などが取り上げられる昨今、国内においての同じような広告表現には無関心と言うか、疑問に感じないのだろうか?

以前から表現に疑問に感じて、このBlogでも取り上げて来た、0円広告(当Blog内リンク)飲料のゴクッ!(当Blog内リンク)等、他にもいろいろありますが、この表現と言えば、同業他社がこぞって同じ表現でアピール!です。同じ表現じゃなきゃならないと言う、暗黙のルールや法律でもあるのかと思うくらいです。

今回、警告されてしまった紳士服5社は、それぞれが別の広告代理店等と通して広告をされてるのだろうと思いますが、同じ表現で仲良く手をつないでペナルティです。
更に私の疑問は、広告代理店が広告を創ったにもかかわらず、何故、ペナルティを受ける事になったのか?という事です。紳士服5社と取引のある広告代理店のいずれも、『この表現は規則に違反してるからやめましょう。』と声をあげる人がいなかったのか?という事です。

私の仕事にも、このような広告の仕事がありまして、半年に1度程度の割合で、『全品1割引』というセールチラシがあります。『全品』と言いながらも一部しか割引のない事に常に代理店側に指摘してますよ。ハッキリ言って代理店側から口煩いと嫌がられるくらい…。でも、クライアント様が警告を受けペナルティを受けるよりマシです。

代理店側はたまったものじゃないでしょうね。打ち合せ時点でハイ!ハイ!と聞いて帰り、私に指示を出すと、『それをすると危ないから出来ない』って言われるのですから…。打ち合せ時点で代理店さんが危険に気がつきストップをかけるならまだしも、一度承諾して帰り、私から指摘され、後日、クライアント様に『それは出来ない』と言わなきゃならないのですから…。代理店さんとしてはかなり分が悪いですよね。黙って素直に作業してもらって、責任を擦り付けられる素人デザイナーさんの方が重宝がられるわけです。(毒)

そういう背景もあるから、紳士服5社は仲良くペナルティを受ける事にもなったのだろうと思います。まぁ、そもそも他社なのに同じ表現は異常だよね。まさに、『赤信号皆で渡れば怖くない』ってやつでしょうかね?

他にも公正取引委員会で禁止されている三重売価表示(二重売価ルール(当Blog内リンク))も原稿の中によく出てきます。担当バイヤーさんはそんなルールを把握してませんから、我々がストッパーとして機能しなきゃダメなんですよ。でもね、そういうストッパーとしての役目が打ち合わせて段階で出る事が無く、ほとんど私の所にやって来て問題発覚となってます。こっちもイライラしますよ。広告を扱うプロなのに、そういうルールに無頓着な代理店さんには…。その都度、分の悪い嫌な思いを代理店さんにして頂かなくてはならなくなりますから。後から出来ないと言えば、クライアント様が代理店さんに不信感をいだく事にもなりますしね。だから、尚更、私のような人は嫌われるのです。仕事を得て生き残る為には、黙って指示に従い、みんな仲良くペナルティになれば良いのかも知れないが、私にはそれは出来ない!

ポイント○倍

そう言えば過去にポイント○倍???(当Blog内リンク)というポイントに対する規則のような事を書きましたが、現在このお店のポイント表示は修正されています。

ポイント3倍から3ポイントへ

もしかしたら、公正取引委員会から指摘が入ったのかもしれませんね。どちらにしても、普段リサーチだの、分析力だのと言ってるデザイナー達が何故、最初の制作段階で気がつけないの?


■ご質問およびお問い合わせ
過去記事が論より証拠。常に景品表示法は気にしてデザインしてます。メールでの相談に対応致します。見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■オフ会等話題の切っ掛け作りに
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)






Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


法律と営業さん

「全品○割引!」な広告は良く見ますが、だいたい隅にあれ6pt以下?くらいの小さな文字で「ただし一部商品を除く」とか書いてありますね。どこが全品なんだ、とよく思ってました。。。

ちょっと話しは違うかも知れませんが。
私は客先の設計開発部署で仕事をしてまして(技術派遣ってやつです)。私も常に勉強してますが、今の営業君は労基法~派遣/請負法、関連法規、コンプライアンス理解まで全て合格点ですので、何しろ相談~解決そして仕事が早い。買い手市場の中、契約関係はクライアントに面倒がられても自分が納得/妥協点を見つけるまでは引き下がらない強者で。この営業君のフィルタはかなり高品質なので助かります(笑)

あとで「こんなハズじゃなかった…」なんて余計な手間にならないよう、案件の打ち合わせをする代理店や営業君には、広い知識と理解を持って仕事をしてもらいたいですね。

素人よりも素人なプロ達

♪抹茶@Ley さん

こんにちわ。

>小さな文字で「ただし一部商品を除く」とか書いてありますね。どこが全品なんだ、とよく思ってました。。。

なんかねぇ~、広告のほとんどが姑息な表現手法と言いますか、少しでもよく見せようとして、人を騙すかのような方法を使い、そのお店そのものの印象を悪くしてる矛盾と言いますか…。一般消費者は皆気がついてるのに、デザイン屋とお店は気付かないふり…。
『一体、あなた方は何がやりたいの?』と私は本気で思ってしまう事もよくあります。そう言った、矛盾に一向に気がつこうとしない状態です。

代理店さんが、私から指摘される事に恥ずかしいと言う意識が芽生えると、次から気をつけ勉強でもして、事前に対応出来るようになるのでしょうが、それを恥ずかしい事と思ってないですからダメですね。逆に、私の事を口煩く面倒なやつという程度にしか思ってないでしょう。

他にも、例えば、広告に入れられるキャッチコピー等…『今、人気の商品です。』とか…。何気ないキャッチコピーですけど、『人気の商品です。』とアピールしないと人気の商品と分かってもらえない商品は本当に人気なのか?とかね。(笑)

売りたい為に必至なのは分かるけど、ちょっと引いて考えると可笑しい表現がたくさんあります。素人にもツッコミ入れられるような事をプロともあろう者が気付けないお粗末な世界です。

昨日の記事、『デザインあるある』にも共通した話になりますが、端から見ると変な事をデザイナー達は自慢げに楽しんでるのです。本当は楽しめる状況ではない事柄なのに…。
デザイナーの徹夜自慢みたいな話も、仕事すべき人がちゃんと仕事してればなんて事の無い状態なのだろうと思いますが、わざわざ、無脳ぶりを自慢しアピールしてるようなものですしね。本当におかしな甘えた業界です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2386-b85f2fe8