FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

「時代を越えた永遠のJポップ名曲集」

昨日のTV番組:
あなたも歌わずにいられない!
時代を越えた永遠のJポップ名曲集


番組入替えのこの特別番組の多い時期、
この手の放送がよくありますが、その度に私は虚しくなる。

70年代・80年代と人気だった人達が、
同窓会のように集まって当時ヒットした歌を歌うという企画。
綺麗に言えば、「懐かしい良き時代、忘れられないあの歌。」
悪く言えば、「最高に良かった、あの頃に未練タラタラ。」

私の印象には、後者にしか写らない。

なぜならば、
もう当時のアーティストが引退して歌を歌って無く、
TVの画面に姿を現さないっていうのなら、
「時代を越えた永遠のJポップ名曲集」になっても良い

と思うのだけど、
今回登場したアーティスト達はいわゆる大御所で、

本来ならば日本の音楽シーンをリードしていくべき立場

ではないのでは?

それが、実際はどうでしょう?

完全に忘れ去られ、置き去りにされてますよね。

番組の司会を努めてた、堺正章 氏…。
現在は、いろんなバラエティの司会しかやってなくて、
今の若い人には、きっと元歌手だったって事知られてないよね。
そういう歌で実力をつけ注目されているのではなく、
永く芸能界に居るだけの名ばかりの「大御所」が集まって、
過去を懐かしむ番組なんて興味もないし、

それに若い人達の目標にもならない。

結局、
デーンと構えなきゃならない時期に来てる、
大人達が路頭に迷っい過去の栄冠にすがっているようで
見てられなかった。


ホント、虚しさだけが残る。

音楽に限らず、どの世界にも、
若者の登竜門とか、タマゴ発掘とか言って、
そこそこ頑張ったベテランが最終的に
行き着く場が見つからず引退を意識し、
次の世代を…
なんて
綺麗事言ってるけど、次の世代を思うなら、
発掘に力入れるよりも、

自分の行き場を確保しろと言いたい。

自分の行き場が確保されると言う事は、
次の世代にもちゃんと行き着く
目標ができると言うものです。

今、人気でヒットしている若い世代の歌…、
結局、20年30年経てば、あの頃は良かったなと、
今大御所と言われてる人達と同じ未練タラタラな道を
たどるのでしょうね。


FC2ブログランキングバナー 人気ブログ検索 - ブログフリーク

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー


スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/237-cbd2b005