FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

ビュッフェの心得

ビュッフェの心得

地元タウン情報誌のビュッフェ特集記事に掲載されてたビュッフェの心得です。

(1)山盛りに盛らない。 (2)量は食べきれるだけ (3)同じ皿を使わない


えぇ~~~!ビュッフェの心得ってそれだけですか…。。。(滝汗)
なんて言うのでしょうか…、これって、もう常識な事じゃないのですか?改めて言われる程の心得でもないと思うのですが…。私が社会に出たばかりの20年前、既に知ってた事ですけど…。そして、10代後半の我々の次の世代もそのくらいの事は親の躾けによって理解してるんじゃないかなぁ?100歩譲っておさらいのつもりで載せてるにしても、ビュッフェ形式が定着して永いのですから、プラスアルファな情報があっても良いのでは?と個人的には思うのですが…。(苦笑)

それにしても、この日本でビュッフェが登場して、どのくらいの年月が経ってるのだろうか?軽く20年以上は立ってますよね。そして、海外から日本に伝わってくる時には多少なりとも間違いと言うのもあります。もしかしたら、日本に伝わる場合、間違って伝わって来てる事がほとんどかも知れません。

しかし、間違っていたとしても、間違ってた事に気がつき正していく事は恥ずべき事ではないですよね。だけど、間違ってた事に気がついたとしても、それを正そうとせず「日本はこうだから」と変な理屈を付け、間違いを正当化するような行為は非常に恥ずかしく思います。残念な事に日本に伝わる多くの外来文化は後者の「日本はこうだから」という変な理屈で誤魔化してる事が多いようです。例えば、クリスマスやハロウイン等…。

そして、このビュッフェも例外じゃ無い気がします。グローバルなマナーを誰も知ろうとしてないし、グローバルなマナーを知らないからグローバルではマナー違反であっても、日本でのマナーさえ守っていれば平気でいられるのです。

以前、レストランで友人と食事をしてたら、隣の席に中国人グループの客が座りました。ワチャワチャと賑やかしくメニューを見て何を食べるか色々と相談してるようでしたが、そのうち中国人の1人が店員を呼び止め、私達の食べてる料理をおもむろに指差し、それが何かを聞いてるようでした。何度もこちらを見てはワチャワチャと店員に話しかけてる状態で、私達はもの凄く気まずい状態の何とも言えない空気にされてしまいました。
戦後の昭和、高度成長期のまだマナーが浸透してない日本のような、恥ずかしさと言いますか、その中国人たちの振る舞いを、見てるこちらが恥ずかしくなるような状態でした。日本でのマナーさえ守っていればというのは、中国人のそれと同じ事を平気で行なってるんだなと感じる事も沢山あります。

きっと、例に上げた中国人たちも、それが母国では当たり前の振る舞いで、恥ずかしい事とは思っていないから平気で出来てたのでしょう。「日本はこうだから」と同様に「中国ではこうだから」と言う事でしょう。

間違いや知らない事は誰にでもあります。しかし、それに気がついたり、教えられた時に「日本はこうだから」と我を通す事に何の意味があるというのでしょうか?ただ恥をかくだけの何も得な事はないのに正そうとしない日本人たち…、凄く変です!


そして、最後にビュッフェの心得ですけど、正しい心得というかマナーは、食べ放題ではないという事です。コース料理と同様に、前菜から取り進み、最後にデザートで締めくくるというのがビュッフェのグローバルなマナーです。日本では間違った事に対して正す習慣がないからなのか、学ぶチャンスも奪われてる気がします。

私もこの事を教わる前までは、情報誌に書かれてある通りの心得を守りつつの、好きなものを好きな順に取り滅茶苦茶な食べ放題でした。現在は、自分で盛り付けを考えつつ、コースの流れをわきまえてビュッフェを楽しむようにしてます。「日本はこうだから」…そんな事は関係ないです。周囲の人達が…、そんな事も関係ないです。正しいマナーを教わったその日から自分自身の為に私は間違った事を正すだけです。

これからの社会は、グローバル社会だ!そういうのであれば文化やマナー等ひっくるめてグローバルという事に意識していかないとダメだと思います。ただ、世界に出て金儲けすればグローバルと勘違いしてる人達が多いのではないだろうか?



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2303-cb0637e9