FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

第20回平岡商店ジムカーナ走行会

グリーンパーク弘楽園入口

広島県世羅郡の「グリーンパーク弘楽園(外部リンク)」で開催された平岡商店主催のジムカーナ走行会に参加してきました。平岡商店の記念すべき第20回の大会に、私は平岡商店主催のジムカーナ走行会に記念すべき初参加です!

パドックの様子

朝8時からの受付に間に合わせるべく、今回は山陽自動車道尾道ジャンクションから昨年11月に開通した尾道道の尾道北I.C.から世羅I.C.間の一区間を通って、世羅まで向かいました。山裾磯ってウネウネと走る一般道に対して山をぶち抜いてほぼ直線的に走って高速道路。今までの所要時間の約半分で行けるようになったので近くなりました。8時30分頃到着すればよいだろうと思ってたのですが、8時には現地に到着してました。写真はパドックの様子です。

Z Version nismoとR32GT-R

今回はAutech車の出走率が高い走行会でした。パドックに到着すると、ウイングロードRiderにZ Version nismo。そして、S15シルビアAutechVersionが2台。(当然私の車を含めます)

コース図

午前、午後を通して同じコースだった為に、今回はコースを覚えるのが非常に楽でした。

コース全景

真上から見るコース図に対して実際は奥行きがあるのでパイロンの配置はこんな風に見えます。AM9時から自由にコースインして、練習走行がスタートし、午後2時からタイム計測が行なわれました。

ダート仕様痛車なEVO7

今回参加台数が20台と少数の為、かなりの走り込みが出来て良かったのですが、走り込みが多く出来るとタイヤの摩耗が激しい、更に私の体力が保ちません。ちなみに参加台数が20台だった為に、主催者側は大幅な赤字だったとか…。
写真はダート仕様のランサーエボリューション7です。メロンブックスがスポンサーとの事で、今流行りの痛車です。パンパンパンパンとミスファイヤリングシステムで五月蝿いのなんのって、でもメチャウマ!しかし、タイム計測前にドライブシャフトを破損してしまって痛恨のリタイヤとなってしまいました。

これぞドリカーナ!

いつも参加する笠岡ふれあい空港のジムカーナでは禁止されてるドリフトも、この弘楽園ではドリフトOKなわけで、タイムそっちのけでドリフトに夢中になる参加者もいました。

アグレッシブな営業車

走行会自体が和気藹々とした空気なので、タイムを狙って本格的に調整して来た車や、ドリフトを楽しみにやって来た車、更には、写真のように営業車での参加となんでもありのグダグダ感です。…というか、走る事が本当に好きな人は、走る事が出来れば車なんて何でもよいのでしょう。好きっていう事はそういう事なんだなぁ~。

S15だからゼッケン15

さて、今回私が頂いたゼッケンは、No.15です。S15シルビアだから『15』なんてね。助手席側のダッシュパネルには、コースのアンチョコが貼ってあります。でも、一旦走り出したらアンチョコに目をやる暇なんて無いです。

出走待ちの車

出走待ちをする車の列です。私は午前中に数本走ってバテバテです。午前中の後半はほとんど見学状態でした。…というのも、今回の参加台数が20台とかなり少ない為に、順番待ちも然程無く思いきり走れるのです。だから、私のような中年暴走族は体力が保たないのです。

溶けたタイヤ

おまけに走れば走る程タイヤにも負担がかかるし、せめてタイヤは1年に1セットという風に決めて走らないと、経済的にもたまりません。(笑)
最近では何処もそうなんだろうと思いますけど、私が参加させてもらってる走行会は、参加者に頭を悩ませてるようです。この走行会でもそうですが、人数が集まらなかった為に数万円の赤字となったようで、だんだんこのような走行会の開催が減って来てるのが現状です。
主催者側には赤字は深刻ですし、私的にはこのような走行会が減る事も問題だし、何より自分の体力やタイヤの消耗の事を考えると結構切実です。もう少し参加者が増えて欲しいと願わすに入られません。

もう一台のS15AutechVersion

さてさて、こちらの車は私の車と同じS15シルビアのAutechVersionです。ド派手なエアロにGTウイング、エンジンも吸気&排気系に手が加えられた車です。同じAutechVersion乗りとして…そして、正統派AutechVersionとして負けられない!とライバル意識を剥き出しにする私でした!

パワーを持て余すZ Version nismo

こちらのZ Version nismoは、ジムカーナには大き過ぎるかなぁ~。パワーを持て余し過ぎって感じでした。私のS15と同じAutechプロデュースのカスタムカーですがZ Version nismoは迫力ですね。

最速CR-X

今大会、群を抜いての最速車、HONDA CR-Xです。ちなみに、私は14位で後ろから数えた方が早い順位でしたが、私と何が違うのか話を聞いてみると、全部1速ギヤで走ったそうです。私はスタートして最初の180度ターンをして奥側の外周を回るまでに2速ギヤまで入れて走ってたのですが、VTECエンジンのレブ8000rpmまでしっかり回して行けば1速で十分だったと言われてました。シフトアップやシフトダウンでのロスを考えるとレブギリギリで我慢した方がタイム的にはロスが無かったとの事でした。あと、サイドターンでクラッチを切る必用のないFF駆動はそこでもロスが出ないですよね。
私の場合、我慢が出来ず2速ギヤまで入れてたのですが、S15シルビアAutechVersionのレブギリギリ7500rpmで我慢してればもう少しタイムは良かったのかも知れません。
自分的には結構イイ感じに走れてたと思ってたんだけど、シフト操作でチョコチョコとシフトミスもあったしやはりロスは大きかったんだろうなぁ~。速く走る為にはイケイケよりも我慢も必要!頭じゃ分かってるけど、なかなか我慢が出来ないんだよなぁ~。

表彰と景品

そして、最後に表彰式&商品授与式…という立派なものじゃありませんけど…、良い物もあれば・・・な物も。やっぱり、目玉は中古のGTウイングですかね?順位の良かった人から順に好きな物を選んで行くのですが、GTウイングは最後まで残ってしまいました。主催者の平岡商店さんは持って帰るのが大変だから誰か持って帰ってと訴えてましたが…、参加者のスポーツタイプの車にはほとんど大きな羽根がついてたので、GTウイングは不要だったのでした。…って、写真にGTウイングが写ってないし~!



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2282-fc4025d3