FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

デジタル

瓦礫の中から見つかった写真
がれきの中から見つかった写真=岩手県大船渡市

アナログTV終了まで、あと100日だそうです。あと100日なんて言われると頭がちょっと混乱しちゃいますね。長いんだか、短いんだか…。普通にに約3ヶ月と10日って言われる方が分かり易いけど、キリのいい100日を強調したかったんだろうね。

アナログ放送終了の期日が押し迫ってきましたけど、我が家のTV画面の端っこには未だ『アナログ』との文字がしっかり表示されています。今では何でもかんでもデジタルの時代で、私の仕事も「パソコンが無くては話にならない」という時代になってしまってますもんね。私がデザイナーになりたい。絵に精通した仕事がしたいと思って、この世界を目指した時、まさか、デザインやイラストの仕事でパソコンが必要になろうとは思ってもみませんでした。

しかし、デジタルに移行してからも、私はずっと、デジタルとはアナログの延長線上にあり、アナログを理解出来てないとデジタルを本当の意味で使いこなす事は出来ない。と思ってましたし、今もその気持ちは変わりません。デジタルの課題は如何にアナログに近付けるか。という事なのだろうと思います。…アナログこそ、最強って事です。

エクセルデータ等で原稿を頂いても、確認となるとプリントアウトして紙に印字された文字をチェックしてますし、PDFで校正と言っても、結局はPDFデータをプリントアウトしてチェックしてますもんね。人間がアナログな以上、完璧なデジタルなんてあり得ないのだろうと思います。人の感情こそデジタルの目指す究極なのかも知れません。

TV映像の美しさは、より自然の色に近付ける為のデジタル技術だったりしますから、アナログを理解してないと、デジタルは扱えないという、私の持論です。

そして、私の仕事でもそうですけど、デジタルって何日とかけて作ったデータも消える時は惜しげも無く一瞬で、跡形も無く消えてしまいます。そして、今回、やっぱアナログだよなぁ~!って思った出来事がありました。それは、東日本大震災での事です。津波に襲われ倒壊した家屋の瓦礫から探し出される写真の数々…。思い出の写真が少しでも被災者の手に戻り微笑みを浮かべる顔…。これって、『プリントというアナログ写真だったから残った』と言っても過言じゃないと思います。やっぱり基本はアナログだよ。
いくら技術が進歩して、世の中がデジタルばかりになったとしても、アナログが消えて無くなるって事は絶対にないのだろうと思います。デジタルの中にアナログはしっかり生きていて、アナログを知る者がデジタルを生かせると心からそう思います。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2280-5f9bbaa9