FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

変えない良さ・変わらぬ良さ

旧デザインの入浴剤

私が長い間、愛用してた入浴剤です。別に入浴剤に拘りがあって、使い続けてたわけではないのですが、この商品には詰替用がありまして、ただ詰替用を買ってたから結果的に、この入浴剤を愛用する状態になってただけです。

まぁ、入浴剤なんて一度買ってしまえば、使い切るまで次を買う必要がないから、購入の間隔が開いちゃうわけです。そして、入浴剤が無くなりかけて、久しぶりに入浴剤を買わなくてはと、いつものお店のいつもの入浴剤コーナーへ向かいました。すると、いつもの入浴剤が無い!入浴剤のコーナーを隅から隅まで探すも、いつもの白いパッケージに赤い文字と温泉の写真がデザインされた入浴剤が何処にも無い!
私は商品名を覚えて買ってたわけではなく、パッケージのデザインを目印にいつも手に取ってたので、白いパッケージに赤い文字と温泉の写真がデザインされた入浴剤が見つからないとお手上げ状態です。TV-CMをジャンジャカしてるようなメジャーな商品でもないし、結局、その日からいつもの入浴剤の購入を諦め、別の商品を買うようになりました。
しかし、詰替商品に比べ、通常の商品はパッケージを無駄に捨ててるし、そのパッケージだけの違いで100円前後値段が高くなってる事も気になるし…、更に、数ヶ月経ってから、もう一度、詰替品を探してみました。
すると、パッケージのデザインは違うけど、詰替品が1つ見つかったので、中身が違っても良しとして、その詰替品を買って帰りました。

新デザインの入浴剤

ジャン!こちらの写真がその商品です。Blog掲載用にレギュラー商品と詰替品を新たに買ってきました!どうせ、使う物だし…。実は、この商品ですけど、いつも使ってた入浴剤だったのです。
こっそりデザイン変更してたのです。おまけに商品名まで変わってます。デザインを目印に買ってた私は、デザイン変更された事に気がつかず、店頭から消えてしまったと思ってたのです。
多くのデザイナーさんが、良く『デザインの力』なんて言いますけど、本当の『デザインの力』は変わらない事、変えない事に宿る物だと思います。
デザインが良い、悪いは別にして、私は商品名も覚えないまま、白い容器に赤い文字、温泉の写真を目印に商品を手にしてたわけですから、その目印が変わってしまったから、同じ商品がお店に有るのに何ヶ月も買えないでいました。
メーカーはデザインを変更した為に、私に買ってもらえるはずの商品が一時的にではありますが買ってもらえなくなったわけです。


私は自分がデザインをする際には、このような目印の事も考えて、一度したデザインはあえて変更しないように心がけています。また、デザインをする際には、自分の持てるベストを提案するようにしてます。
デザインや芸術の世界には数学のような明確な答があるわけではなく、様々な答があるなんて言われたりしますが、私はそのコンセプト・企画に対しての最良のデザインは1つしか無いと思ってます。その最良に向かって、何処まで限りなく近付ける事が出来るか…、これがデザイナーに求められる技量だと思います。

色にしても、形にしても、そのコンセプト・企画に対して最も適した物を提案する。だからこそ、完成された物はなかなか変更する事は出来ないと考えます。
良く『見せ方がマンネリ化してきたからデザインを少し変えてくれる?』なんてクライアント様や代理店から要望が出されますけど、それは本当の意味でデザインの持つ役割を理解出来ていない人の言葉だと思います。完成されたデザインのマンネリ化こそが、デザインの本領を発揮出来る時なんだよね。

デザインではありませんけど、キャッチコピーで、『ファイト一発!』と言えば○○○○○○。『元気ハツラツ!』と言えば○○○○○○。商品名を完全な伏せ字にしましたけど、きっと、誰もが商品名を言えちゃうんじゃないかな?これこそが、変えない良さ・変わらぬ良さです。

日本のデザイン業界は、変更しないと単純に手抜きしたとか、仕事してないとか言われがちだけど、そう言われたくない為にコロコロ何でも変更ばかりしてるとも言えるわけですが、本当のデザインがする仕事を考えた時の効果って、どちらが力を発揮するでしょうかね?

デザインの本質も理解出来ないような人達が、素人さんの言葉に振り回されて、クズデザインを創っては、飽きたからとコロコロ、コロコロとクズデザインを創り続ける。過去記事の時代にそぐわないロゴマーク…(当Blog内リンク)なんて、まさにその典型じゃないかな。

本来、クライアント様に提案するデザインは、様々な角度から色々と考えて導き出した最良の形を提案してるのですから、複数最良があるわけが無いのですよ。最良とは最も良いという事です。たった1つなのです。その1つを提案してるのですから、簡単にデザインを変える事が出来無いのが本物のデザインじゃないかな。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2277-e5486800