FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

エアコン使用禁止にしてみませんか?

2010年夏最高気温日本一
(c)広島ニュース食ベタインジャー

昨年の8月19日は我が街の記念すべき日本一が誕生しました。その日本一とは…、最高気温です。福山市が38.3度で2010年の全国トップ!日本で最も暑い場所になりました。

割れた盛り塩の皿

その時の事は日本一の最高気温(当Blog内リンク)で紹介しましたが、その暑さはハンパじゃなく、事務所の入口に置いてた盛り塩のお皿も暑さで割れてしまう程でした。オソロシやぁ~!

っで、私は思ったのですけど、現在、関東地方での電力不足が騒がれてるし、夏の膨大な電力消費に向けてどう対策するか?という事が課題になってるじゃないですか。だったら、思い切って、日本全国レベルで皆一斉にエアコン使用禁止という事にしてみませんか?

なかには例外的にエアコンを認めなきゃならない人達もいるでしょうけど、ガマンできるなら出来るだけガマンすると言う方向でエアコン使用禁止にする…。

昨年、最高気温で日本一に輝いた我が福山市も、私が子供の頃は、真夏の最高気温が暑くても精々30度ぐらいでした。夏休みの宿題で日記の気温欄に30度以上を記した日はあまり記憶にありません。31度とか付けた日は滅茶苦茶暑かった日で夏休みの間にも数日あるかないかだったと思います。

その当時は、我が家にエアコンは一台もありませんでした。家にエアコンがないから当然車にもエアコンはありません。車も窓全開で走らせてる光景が当たり前でした。たまに、窓が閉め切られた車とすれ違うと、「あの車はクーラーが付いてるんだ!」と父がつぶやいてたのを記憶してます。エアコンのある家はいわゆる金持ちでした。
庶民にはまだまだ高嶺の花だったエアコンですが、今思えば、当時の最高気温でエアコンは必用のなかったのかも知れません。

しかし、時代と共に、エアコンが無かった我が家も、現在では複数台のエアコンがあり普通に稼働させてます。今や、何処の家庭もエアコンは1軒に1台ではなく、1部屋に1台といった状態ではないでしょうか?
当然、外に熱を放出する室外機の数もハンパじゃないわけで、皆が一斉にエアコンを止めたら、案外、エアコンを使うよりも涼しくなったりして。…と純粋に思ってみたり。

私が子供の頃から数えて30年くらいの間で、負のスパイラルにはまり込んでるような気がしてなりません。当時の最高気温である気温30度にガマン出来ず人々がエアコンを使う。部屋は快適になったけれど室外機から放出される熱で外気は高くなる。外気が高くなると部屋の冷房効果が悪くなる。だから、温度設定を更に低くするなり、エアコンを買い足し各部屋を冷やす。更に室外機が増え外気は更に高くなる。…と、そのくりかえしで、いつの間にか気が付いたら最高気温が10度以上の上昇!このまま気温上昇が続くと、夏になると人が住む事さえ出来なくなってしまうのではないだろうか?

但し、今となっては夏の気温にはエアコンは必需品で、エアコンを使わない事は熱中症等で命の危機に陥ってしまうから用心が必要なので、その為に、一部地域のみでエアコンを使わないとかは出来ない。やるなら日本全国規模で行なわないと意味がない。更には、夏になる前の今頃から始めないと無意味だと思います。

何故なら、地球温暖化の原因と言われてるCO2の問題です。いわゆる温室効果というものです。CO2が温暖化の原因と言われてるけど、CO2が熱を作りだしているわけではないです。CO2が熱を作りだしているのなら冬の気温も夏の気温と同様に上昇してないと納得が出来ません。冬の気温に関しては私が子供の頃と然程変化は見られません。と言う事は、夏にだけ気温を上昇させる原因があるって事なんだよね。そして、それが自然の力ではなく人工的な力によるものならば、その原因をカットしてやれば元に戻るって理屈なわけです。私はその原因が室外機の熱と睨んだのです。
ならば、夏にかけての気温上昇は自然の力にまかせ、今から室外機を止める事で夏場の気温上昇は自然の30度前後で止まるはず。だから今からエアコンを使わない事がキモなのです。一旦気温が上昇してしまうと、それから皆で一斉にエアコンを止めてもCO2の温室効果で気温が下がらないと思うからです。

いくら省エネの為に『設定温度を28度にしましょう』と言っても、室外機の熱は温度が下がるという事はありません。電力消費は少ないかもしれないけど、室外機から出る熱に変化は無いでしょう。だから、エアコンを使わないという極端な方法を取らざるを得ないのです。ただ、この話は単なる私の思い付きで、実際に実施してどうなるか分からない、無責任な机上論です。

だからこそ、実際どうなのか試してみたいと思ってます。


『省エネの為に設定温度を28度にしましょう』というこの言葉ですけど、よく考えてみて下さい。28度って30年前の夏の平均気温かちょっと低いぐらいじゃないですか。…なら、エアコンなんて必要ないじゃん。皆がエアコンを使う事で異常な気温上昇が起こり、そして、エアコンで自然の暑さの温度まで下げてるって、凄い矛盾じゃないですか?

エアコンの寒さ対策

以前書いた記事のエアコンの寒さ対策(当Blog内リンク)のように、エアコンを効かせ過ぎて長袖着なきゃ寒いと言う矛盾もありますけど、根本的にエアコンそのものが矛盾に感じてきます。

エコ、エコとバカ騒ぎをする人は多いですけど、こういう肝心な矛盾を指摘する人が少ないのは何故でしょうね?エアコン使わない事で気温が下がり、その分消費電力も節約出来れば、関東の電力不足対策にもなりますよ。日本全国の電気をかき集めるヤシマ作戦と言うマンガの世界でしかあり得ない話よりは現実的だと思うけど…。

それに、エアコンの室外機の熱は、エアコンが作る冷風よりも勝ってます。冷風より勝る温風(当Blog内リンク)という過去記事でその事は証明されました。

また、私はエアコンが原因で酷い夏の冷性(当Blog内リンク)になりました。今も完全に直ったわけじゃないけど、症状を緩和させる為に約10年ほど掛かりました。しかし、昨年までの2年間の出向で約10年かけて緩和させてきた症状が、再びぶり返してきました。エアコンを使う事で得られる恩恵よりも悪影響の方が大きい。その為にエアコンを止めると世の中が劇的に変わりそうな予感がします。

昨日もニュースで、夏場のエアコンに付いて言われてました。「変に我慢してると命が危ないから、温度設定を高くして、節電に心がけながらも我慢は程々にしましょう。」
そりゃ、現在の最高気温をベースに考えてたらそうでしょう。それに、皆がエアコン使ってる中で一部の人だけがエアコンを止めても、気温が下がるわけじゃないから命の危険です。
だけど、皆でエアコンを使わなければ、気温の絶対的な上昇が防ぐ事が出来るのじゃないだろうか?本当にこの机上論を、試して実際の確かな結果としてみてみたいです。

私は部屋の快適性という1つの恩恵の為に、体調の事、最高気温の事、省エネ、節電、ゲリラ豪雨、水害など、様々な悪影響を我慢しなきゃならないのなら、エアコンを使わず室外機を止める事で最高気温が30度前後におさえられるなら、30度前後の暑さを1つ我慢して様々な悪影響を解決する方が良いです。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2274-a7fbed50