FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

絵の描き方

日産マーチ 12SR…by Autech

3/22(火)に、とあるSNSサイトにて高2の男の子からメッセージを頂きました。車が好きな男の子で将来はS15シルビアのspec-R、もしくは、私の車と同じAutechVersionに乗りたいとの事。そして、趣味で絵を描く事が好きで、私に絵の評価をして欲しいとの事でした。

そして、今日、このBlogを通じて高1の男の子からメッセージを頂きました。この男の子も車が好きで趣味で車のイラストを描いるとの事でした。そして、絵を描くコツを教えて欲しいと言う事でした。

嬉しいじゃないですか。何が嬉しいって、最近、若者は車離れしてるなんて話を多く聞きますが、車に興味を持ってる若者がまだまだ居るって事が嬉しいですね。
そして、昨日、私は行き付けの美容院に行ってカットをしてもらったのですが、そこの若い見習い君が、最近スーパーカーにハマってしまったとの事でした。どうも、私がカットしてもらってる時に車の話ばかりしてたので、ちょっと興味を持って、本屋でスーパーカー等を調べてたらハマッちゃった!って事で、それまで車は足程度に考えてた兄ちゃんが、目を輝かせて私に話しかけてくるのです。

…車業界よ!「若者の車離れ」なんて言ってる場合じゃないよ!車の魅力を伝える努力が足らないだけじゃないのか?…って、本当に車離れなのか?(当Blog内リンク)という記事を書いた時もそうですが、私は前々から感じてたのですけど…。なんか、景気が悪い事から全体的に沈みがちになってて「ウジウジしてるだけじゃないんか?」て、喝を入れたくなります。元気が無くなれば誰だって魅力を感じなくなってしまいますもんね。ハッキリ言って、今の車業界には私も魅力を感じてません。…って、今回は車業界の話じゃなかった。

絵の描き方、コツの話でしたね。そして、評価の話です。
私は、まず趣味で描いてる子の評価なんてしません。評価って完成に対して評価を下すわけですから、まだまだこれから伸び代のある子に対して伸び代の部分を見ないままに評価なんて出来ませんよ。今は未熟で当然なのですから。

12SRの下絵

そして、絵の描き方、コツですけど、ハッキリ言ってコツは無いです。ただ、言える事は「どれだけ絵を描く事が好きか?」それに尽きると思います。絵なんてコツを聞いたからと言って短時間で何とかなるというもんでもないですしね。絵が上手いと言う事は人より多く絵を描いてきただけという事に尽きると思います。
私は幼稚園に入る前から鉛筆を持てば絵を描いてたと親から聞かされてます。もちろん、小さい時からずっと絵が好きで、ずっとインドア派で絵を描いてました。友達がバットとボールを持って外で遊んでる時も、家で絵を描く事が好きと言う、ネクラな存在だったです。

12SRサイドステップとタイヤ

きっと、野球の上手い人は小さな頃から遊びを通じて、私が絵を描いて遊んでる時に、ボール遊びしてたんだろうし、音楽が好きな人は、音楽に夢中になってたんだろうと思います。だから、上手さなんてものは、人よりどれだけ多くそれを経験したか?だと思います。よく、「才能があるから凡人とは違う」って人は言いますが、私の経験で言えば才能なんて関係ないと思います。もし才能が関係あるとすれば、それは1~2%くらいでしょう。98~99%は努力というか経験でしょうね。
野球のイチロー選手にしても、卓球の福原愛選手にしても、小さな時から人より多くそれに携わっていますもんね。元F-1レーサーの中嶋悟さんの息子、中嶋一貴選手も幼少期から父親の背中を見てカートレースにデビューして経験を積んでますから、やっぱり、経験なんだと思います。

12SRボディのペイント

ただね、絵の世界はスポーツのように誰かと競うわけじゃなく、そして、何が良いか?なんて答が無いとして、甘える人が多いのも事実です。
実際に、一般の方のコメントに『プロとアマの差は、それでご飯を食べたいと無謀にも信じ込めるか否か…なのかもしれませんよ。アマでも上手に描ける人もいればプロでもヘタな人もいます。でも、プロって図太くって忍耐強ければ大器晩成とまではいかなくても続ける事で磨かれのすからね。要は「成りたい」と、思ってその世界に飛び込む勇気があれば○○さんもプロになれると思います。…文の流れから、下手でもその世界に飛び込む勇気があればOKの世界だと言われてるわけです。まさに今の業界がそうだから、ぐうの音も出ません。(汗)
本当はプロは上手い人ばかりなんだ!って言いたいけど、言えないから情けない!

12SRボディのつや消しペイント

更に日本人は絵に対して敷居が高いと考える人が多く、美術の事を話すと『絵の事はよく分からないから…』と話をはぐらかす人が多い。だから、余計に下手くそなプロが蔓延るスキを作ってるのでしょうね。下手なデッサンが狂ったような絵を描いても、「凡人には理解してもらえないような絵だから逆にアート性がある」なんて、ハッタリが通用してしまう気がします。
だから、ここだけの話…私はACの「ぽぽぽぽぉ~~ん!」に登場するようなイラストは嫌いです。子供の落書きだと思ってます。

12SRボディのペイントツヤ有り

子供の頃から絵が好きで、ずっと絵を描いてきた人ではなく、途中からカタカナ職業に憧れた人が肩書き欲しさにその職に就いたのだろうと思います。人より絵を描いてきた経験が少ないのだから、そりゃ下手で当然だと思うし、また、世間が絵に疎いから、ハッタリがかませるわけで、そういう人達が人気のアーティストになる事だって出来るのだろうと思います。ただ、そのような方達は世界では全く通用しない。

本当に上手くなりたいなら、兎に角、描く物を良く見て観察する事が大事です。そして、観察したら描いて描いて描きまくる。疑問にぶつかれば、また観察する。その繰り返しです。コツという特効薬なんて何処にも無いです。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

練習あるのみ

あらら、管理人のみの閲覧なので返信するのが難しいですけど、リンクは遠慮なくして下さい。
腕を磨くという事は、ホント、練習あるのみですから頑張って下さい。後、スポーツでもそうですけど、お手本になる素晴らしい人の業をしっかり見るのも勉強になりますよ。自分とどう違うのか見比べると、色々な発見が出来ると思います。
私が出来る事はこの位の事しか言えませんが…。(^_^;)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2258-397d42ab