FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

巨大船のドック入り

ドック入り

何気なく事務所の外に目をやると、目の前の海で巨大船がバァ~~~ン!おもわず、デケェ~~!と声を上げ、仕事そっちのけで海まで走って行きました。丁度、タンカーが20万トン修繕ドックへ入港してるところでした。先頭はウインチで引っ張ってるのでしょうね。

タグボート

そして、後ろ側はタグボートが引き、真っ直ぐドックへ入って行けるように調整してるのでしょう。それにしても、あんな大きな船をその何分の1かの大きさのタグボートがたった一隻で引いてるなんて…。

巨大船を引くタグボート

タグボートはこんな感じで後ろを引いてます。

巨大船のデッキ

そして、大型タンカーのデッキの様子です。時折、乗組員が外に出てきたりしてたのですが…。ん~、この写真でわかるかなぁ?救命ボートの下の出入り口に白いヘルメットをかぶった乗組員が写ってるのですが…。船の大きさから人は米粒のようです。

タグボートが小さいのか?タンカーが大き過ぎるのか?

しばらくすると、ドック入口の方からもう一隻のタグボートが出てきました。タグボート、ちっさぁ~!ちゅか、タンカーがデッカすぎるんやね。

少しずつドックに入ってます

しばし、ドック入りの様子を眺めてましたが、一番上の写真からこの写真の状態までで約15分です。見た目には止まってるみたいで動いてる気がしなかったのですが、じわりじわりと移動してたんですね。この写真では船の前の部分が見えなくなってます。これは、ちょっとした海上ショーですね。しかし、数日後には、また塗装ミストが飛んで来るんだろうなぁ~。

ところで、このような大型タンカーのエンジンを始動する際にはどうやってエンジンをかけるのでしょうか?車のような小さなエンジンだとセルモーターを回してエンジンをかけますけど、船のような大きなエンジンはどうなってるのでしょうね?セルモーターじゃ流石に回らないよなぁ~。
もしかして、セルモーターで小さなエンジンを始動させ、その小さなエンジンの力でメインエンジンを始動させるとか…。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2240-930508aa