FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

結果が無くとも言葉で満足?

綺麗にしてるアピールで景観を損ねる

この道はわたし達がきれいにしています
道路工事してる様子もないけど、ずっと設置されてる看板で撤去される気配もない。「きれいにしています」とアピールするこの看板が、一番景観を損ねている。

言葉で満足し結果が伴っていない矛盾…。こういうのって、デザイン業界に非常に多い気がします。とあるデザイナー育成団体が、『デザインの“意識場”を○○につくる』とか、『日本のデザインはこれから大きく変わって行かなければならない。』というような言葉を掲げていたんだけど、『デザインの“意識場”』みたいな場は、これまでに各地のデザイナー団体が色々立ち上げては消え…の繰り返しをしてきて現在に至るのだけど、結局、何年も前から全く代り映えのない事を、その都度新しい試みとして行なって来てる事に何故疑問を持つ事が出来ないのだろうか?と私は思ってしまうのだが…。

『日本のデザインはこれから大きく変わって行かなければならない。』というような言葉にしても、私が社会人になって、初めてデザイン会社の門を叩いた20年前から同じ事を言ってる。(汗)
『デザインはこれから大きく変わる!』『デザインは今、変革期を迎えてる!』これらの言葉は、もう聞き飽きました。そして、20年前から何も変わってないのですけど…。結局、言葉を発しただけでやった気になり満足して終わってるだけに過ぎないのだろうと思う。そうじゃなきゃ、もっと早くに変わってるだろうし、今までの様々な団体が同様の活動をし、そこから何故変われなかったのか、理由も考えないで同じ繰り返しをしてるのは単なるアホだ。
そして、そんなアホな事に気が付かず、同じ繰り返しをしようとしてる人達が、これからを担うデザイナー達を育成しようとしている…。私の目には、この先も何も変われないでいる業界の姿がハッキリ見えます。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


結局「わたし達がきれいにしています」っていう宣伝の看板なんですね。デザイナー団体の掲げるスローガンやセミナーなんかも、単なる宣伝的アピールみたいなものばかり。それに参加する人達だって「参加しました」って事をアピールするばかりで、その後その取り組みがどうなったのか(出来たのか・駄目だったのか・駄目だったなら何が原因かという事は)放ったらかし。『日本のデザインはこれから大きく変わって行く』なんていう希望的見解も、もう20~30年前からあったし、この先20~30年も同じ事を言ってるかも知れません。誰も「なんでこれまで変われっていないのか」というところには着目しない、というか避けてる。こんな問題だらけの業界なのに、誰もその問題点に正面から向かい合わずに、「クリエイティターの取り組み」ごっこやってる・・・。

社会との接点がない!

♪morito さん

何故、今までこのような催しが行われてはダメになって来たのか…私も何度かこのような場に参加してきましたが、その経験の中で感じた事は、『社会との接点がない』という事に尽きると思います。

デザイン団体が、このようなセミナー的催しをする場合、いずれの場合も、クリエイター集団として同業者の輪の中で行なうんですよね。
その中で、主催者は偉い人、参加者は主催者を崇める側という図式が自然と出来上がって、その集団の中でデザインコンペを開いたりして、優劣を競うわけです。

しかも、その優劣は、主催側は審査する側にまわり、集団の中の偉い人の地位から下がる事はない。
その活動が業界外の他業種含めて幅広くやってるわけではなく、クリエイターという身内の盛り上がりに過ぎないので、その活動を他業種の方に理解してもらえる事も無く、社会とのつながりが何もないから環境が変化する事もない…。

主催者が活動したという自己満足に酔いしれてるだけの催しでしかないのです。

http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-38.html

私が参加したのはこの時の1回限り。その後活動されてるのかどうなんだか…。

http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-1436.html

活動はされてるみたいだけど、クリエイター以外の業種と接点はない!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2195-01f9428e