FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

デザインにおける因数分解

因数分解の公式

未だに、このような因数分解の公式を見ると蕁麻疹が出てきそうです。私は数学が大の苦手で、数字から逃げたいが為に、文系に…。でも、文系もそんなに得意じゃないし、それなら好きな絵の世界に…なんて苦手な事から逃げるようにして、結果的に自分の得意分野の道に進みました。

数学なんて学んだところで一体何になるんだ?足し算、引き算の算数が出来れば日常生活に支障はないじゃないか。数学者になるわけでも無し、因数分解に出てくる『ax+ay=a(x+y)』のような公式が一般生活の何処で役に立つというのか…。というのが高校時代の私の思いでした。


今でも私は数学が得意と言うわけではなく、やっぱり、どちらかというと…言わなくても、数学は大の苦手分野なのですが、デザイン表現ってつくづく因数分解だなぁ~。って感じます。ちなみに、デザインというのは生活に凄く密着した物で特別なものでも何でもないわけで、そう考えると日頃の生活の中は因数分解で溢れかえっているなと凄く実感してます。

そう、高校生だった頃の自分の考えと、真逆の考え方になってるのです。こんなにも世の中に因数分解が溢れかえってるのに、高校生の私はその因数分解の存在に全く気付けていなかったわけです。『足し算、引き算の算数が出来れば日常生活に支障はない。』だと?数学は今も嫌いだけど、今の私から因数分解を無くしてしまうと自分の得意なデザインすらも出来なくなってしまうのです。ホント、不思議な因果関係です。しかも、この事に気がつくまでに高校を卒業して20年以上経って気付くのですから…。

●婦人デザインカットソー各種 メーカー希望小売価格より半額
 〈一例〉メーカー希望小売価格1,900円の品 950円

●婦人ブラウス・シャツ各種 メーカー希望小売価格より半額
 〈一例〉メーカー希望小売価格2,900円の品 1,450円

●婦人チュニック・ワンピース各種 メーカー希望小売価格より半額
 〈一例〉メーカー希望小売価格3,900円の品 1,950円

●婦人ニットベスト各種 メーカー希望小売価格より半額
 〈一例〉メーカー希望小売価格2,900円の品 1,450円


…と、お店のバイヤーさんが出される、このような広告原稿を元にチラシを作ったりしてるのですが、ちょっと簡単にこの原稿でレイアウトを組んでみると、下記のようになります。

半額

上記原稿をレイアウトする際に、因数分解されてると思いませんか?
半額という割引率は4つの商品に共通ですので、半額を1つにまとめる事が出来ます。『ax+ay=a(x+y)』というこの公式に当てはまっちゃうのですよね。aを半額に置き換えて、xとyはそれぞれの商品に置き換える事が出来ます。
このような因数分解と感じる事の無かった何気ない、まとめの作業に因数分解の考え方が含まれてたわけです。

因数分解はこのようなデザインの事だけに限らず、日常生活の中で物事を簡単に分かりやすく整理するという事に深く関係してるのですよね。因数分解を意識すると会社での企画書なども分かりやすく作る事が出来ると思います。

因数分解が一般生活の何処で役に立つというのか…。高校時代の私がそう思ってたように、現在の高校生もそう思ってるかも知れません。高校時代に先生や大人(自分の親)に、この勉強が将来どんな役に立つのか?…という質問を投げかけた時に明確に答えてくれる人がいなかった…。こんなにも身近に存在してる事なのに。ある意味、凄く残念であり、教えてる先生も理解出来ていなかった事なのかとも感じます。

学生時代に習う教科というのは、人生に必用な考え方を学ぶ為に、教科と言うコンパクトなパッケージに置き換えて人生のあらゆる事が詰め込まれているのでしょうね。その事に気がつけるかどうかは、本人次第って感じでしょう。まさか、数学の苦手な私が人生の中での因数分解に付いてBlogで説明しようとは…。(笑)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2159-6f364666