FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

閉鎖的な日本?

フレンド

ネットフレンドの少ない日本、ブログを書きたがる中国―ネットに関する調査

イギリスの市場調査企業、TNSが行ったインターネットに関する調査報告が発表された。新浪網などの中国国内メディアでもその結果が伝えられた。

この調査はTNSが世界46カ国のインターネットユーザー5万人を対象に実施したもの。新浪網はSNSサイトにおけるユーザー1人あたりのインターネット上の友人数について紹介した。1人あたりのネットフレンドが最も多かったのはマレーシアで、平均233人だった。以下、ブラジルの231人、ノルウェーの217人と続いている。

一方、最もネットフレンドが少なかったのが日本で、平均29人だったという。なお、中国は平均68人だった。これらの結果についてTNSの関係者は「質をとる文化と量をとる文化の違いの現れ」と分析した。

毎週のSNSサイト利用時間では、マレーシアが平均9時間でネットフレンド数と同様にトップという結果になり、2位がロシアの8.1時間、3位がトルコの7.7時間だった。

また、中国や中東、南米といったインターネット新興国ではインターネットに対する「情熱」が強い傾向があるとされ、アメリカではブログを書くユーザーが全体の32%に留まったのに対し、中国では80%以上のユーザーがブログを書いているという結果も伝えられた。(編集担当:柳川俊之)

サーチナ 10月12日(火)10時14分配信



英語を母国語として話す国は世界に多く存在し、英語圏の人々は国境など関係なくコミュニケーションをとる事が出来ますよね。もちろん、英語が話せる日本人も同じ事です。しかし、日本人の多くは日本語しか話せない。その為、必然的にコミュニケーションも日本の国内のみに制限されてしまうように思います。ネットフレンドの最も少ない国が日本というのは、ある意味、当然の結果なのかも知れません。

そして面白い事に、この記事に対してコメントを寄せる多くの人達が、「日本人はリアルを大事にしてんだよ。」とか、「ネットフレンド…どんだけ底辺の人間関係よ?」と言った記事に対して単純に反発し、反論する事しか出来ていない痛々しいコメントが目につきました。更に、それらのコメントには、多くの方からの支持が集まっていました。

まるで、「日本人は一番優れていて、他国の人は毛唐。」…と言う、戦時中の大日本帝国的な考え方が現代にそのまま蘇ってるかのようでした。私の目には、この日本が井の中の蛙である事の証明(当Blog内リンク)のように思えてならなかったです。

また、このニュース記事に対して「調査の信憑性がどこまであるのか」と言うような事も話題に上がってました。…が、私には、そんな信憑性なんて、どうだって良いような気がします。信憑性が云々よりも、そこに見えてくる日本の問題点に気付けるかどうか?が、私には重要と感じ、問題点が見えてきたなら改善する切っ掛けにすれば良い。…だた、それだけの事だと思います。記事に信憑性があるか…?信憑性があろうが、無かろうが、私を含め日本人の多くは英語に弱く、間違いなく世界の人々と会話する能力は劣ってるわけで、幅広い視野で考えると、結構なマイナス要素だと思います。

ネットフレンドとの付き合いが深いか、浅いかなんて事も、どうでも良いです。明らかにネットフレンドの数が少ないと言う事はコミュニケーションを取れる人数が少ないと言う事に置き換えられ日本にとってマイナスな事である事は間違いないと思いますよ。
そりゃ、私も薄っぺらい付き合いは嫌で、SNS等でフレンドコレクションみたいに手当たり次第フレンド申請するのは嫌いだけど、でも、英語が喋れたら、もっと広い世界の中から自分を高めてくれるような友達に出会えるかもと思う事は良くあります。

ホント、極論ですけど、私は時々、この国が日本語を捨てて、英語を母国語にすれば良いのにと思う事があります。英語が喋れない私はそうなると一番に困るでしょうけど、英語が喋れたら確実に世界が広がると思う。現在よりも確実にプラスになる事の方が多くなる気がします。「日本人はリアルを大事にしてんだよ。」とか、「ネットフレンド…どんだけ底辺の人間関係よ?」なんて、現在の問題点に向き合わず、無理矢理肯定してたんじゃ進歩なんて無いもんなぁ~。

これは自分達の仕事の現場でも言える事で、過去記事、デザイン業界がゴミみたいな理由(当Blog内リンク)でも言いましたが、問題を問題としようともせず、「今までがそうだから」「皆が頑張っているから」と、その現状を無理矢理肯定しようとする所に通ずる気がしました。

島国で閉鎖的な日本の中だけにいると、世界を知らない戦前と同じように井の中の蛙で閉鎖的発想に偏っていくような危機感を凄く感じました。先進国、国際化社会などと言われる日本ですが、日本人の多くは未だ精神的鎖国をしているのかと…。そう思えてならなかったです。

ちなみに、建設的で好感が持てるコメントを書かれてる方は、普段から海外の人と交流があり世界を知ってそうな方に感じられました。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


全く同感です

今年のノーベル化学賞を受けることが決まった根岸英一氏も、日本の若者に対し「一定期間は旅行者としてでなく海外に出て、日本を外から見つめ直すことが重要だ」と苦言を呈しておられました。
確かに自国に留まっていたほうが居心地はいいかもしれませんが、それでは本当の意味での見聞を広めることにはなりません。ご指摘の「内向き思考の強い人達」にこそ、一度海外留学することを強く勧めたい。

世界

♪うみがめ さん

中国で反日デモを起こし、日本の企業というだけで建物のガラスを割ったり、日本車を壊したりという行動を起こしてる人達は、自国の中のみの事しか知らず、世界を知らないように思います。
また、日本国内で、そんな中国人達を見て、中国と聞いただけで嫌悪感を示し、ケンカを売るような発言をしたり、見下したりしてる日本人を見ると、こちらも自国の中のみの事しか知らず、世界を知らないように思います。

私自身、海外に出て外から日本を見たわけではないのですが、常に世界基準を意識するよう心がけていたら、自然と視野も広がって来ました。外に出れば更に視野が広がるのだろうとは思いますが…。

とても素晴らしい冷静な見解ですね

大変興味深く読ませていただきました。  とても紳士的で知性のある方とお見受けます。  海外体験があるからというから、語学が話せるからというから視野が広がるわけではないと思うのです。
かといいって私自身幼少の頃、英語圏ではないカトリックの国で過ごしたのですが、ラテン系なので英語は文法とか名詞とか似ているので自然と英語は入りやすかったこともあり英語には会話 読み 書きには不自由しないので、
英語は世界共通語なので確かにいろんな国の人と話せるし、
また海外のメデイア 雑誌に毎月目を通して 
強く感じますこと。 
日本人はあまり 世界からNot being taken seriously
さらにはっきり申しまして、
民主主義の海外諸国はカトリック、プロテスタントとクリスチャンなのに、日本だけが無宗教 
はっきりいいます。 
みなさん 何故敬虔な仏教徒じゃない神道徒たちはクリスマスにケンタッキーを食べる日に認定したり、カップルでいちゃついたり日 結婚式でうそっこ キリスト教式のうそ牧師 (プロテスタント式ですね。 )敬虔な仏教徒じゃない神道徒たちはもっと宗教をリスペクトされたらどうですか
クリスチャンは世界に21億人いますからね。 まあ 日本人はサルまねがうまいというのは世界で有名ですものね。
そんな事している日本人を外国の方々は日本人はワー素敵ー日本人って 思うと思います?

日米安全保障の下でもっと謙虚に国際価値観をリスペクトした方が世界も日本をTake serouly してくれるんじゃないでしょうかね。

日本の誇りは何処へ

♪アレクサンドリア さん

はじめまして。
お誉め頂いて光栄です。ありがとうございます。
しかし、私は何度か英語の勉強にトライして何度も挫折してる身ですので、実際は…、なんとも、いやはや…。(^_^;)
確かに、多くの日本人はアレクサンドリア さんのおっしゃる通り、「いい加減な民俗」のように感じます。
自国の文化がいい加減からなのか、世界各国の文化も表面的な格好ばかりを追い求め中身は何も無いハリボテのような事ばかりしてますもんね。
私も、日本のそう言った面を見てると、心の底から情けなくなって来ます。単なる商戦と化してしまってるクリスマスや偽物神父に愛を誓う結婚式など、「本当に何をやってるんだろうか?」って思います。

http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-711.html
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-1079.html
「海外の宗教や文化だからこんな状態なのか?」なんて考えがちですが、実は、日本の文化そのものもいい加減だったり。今や、商戦イベントに変わり果ててしまったお正月等、日本本来の文化もハチャメチャです。
自国の文化そのものが愛せないのですから、他国の文化が滅茶苦茶なのは当然の流れのようにも思います。

あら私日本の文化は誇り

あら 大変誤解をうけましたわね 
わたくし 日本人としての誇りはございますの 着物着付け学校に1年間 通いましたし 今でも草月流の生花クラスは通っておりますし、ずっと続けたいと存じてます。 何故なら 日本の文化がいかに外国の方々にとって憧れかを知っているからです
ところでわたしの主人は教養ある知的で紳士的な日本男児です。ですから私は日本の文化を凄く誇りにしてますし、外国の方々から実は日本人の文化の美が近年はが薄れているように見受けて、残念だとよくいわれます。  それは世界自国ともに認めてますよね
よく日本人のおじさまは日本人はアメリカのポチで世界一軍事力もないし、世界共通語である英語も会話 読み書きが出来ないことで卑屈になってるとか だから世界から舐められる とちまたでいってるみたいだけど そんなこと外国の方はきにされませんよ
いいじゃないですか日米安全保障があるんだから
それよか I am non religionって海外でも平気でいったり
日本国内での宗教行事を全くリスペクトしないじゃないですか 近年日本人は
あれって世界の人からみたらゲーって UNBELIEVABLE
UNTHINKABLE でSARUMANE-
やっぱりなー かつて人間を神様として礼拝しちゃった国民だしな
ま 仕方ないっか みたいな

世界が求める日本

♪アレクサンドリア さん

こちらも、大変な誤解を生じさせてしまいました。

コメントタイトルの『日本の誇りは何処へ』というのは、アレクサンドリア さんに向けて言った言葉ではなくて、コメント記事全文へのタイトルとしてつけたもので、多くの国民に向けての発言です。(^_^;)

海外の文化を含め日本元来の文化に至るまで、全て商戦にしてしまおうとする精神と言いますか、またそれに踊らされ能天気に振る舞う多くの国民です。

>外国の方々から実は日本人の文化の美が近年はが薄れているように見受けて、残念だとよくいわれます。

日本人本来の美を愛でる感性や美を築き上げる感性は、凄く繊細で素晴らしいと私も思うのですが、同時に完成された美が崩れていく事には、あまりにも無頓着という面を持ってるように思います。

日本本来の美や文化が、日本人の心に宿り、今の時代に合うように進化し脈々と受け継がれるようなものがないのも、中途半端に文化を海外から取り入てて、日本の文化が過去のものという置き去りの文化になってしまってる感がありますよね。

そして、いつも中途半端に文化を海外から取り入れてるから、日本独自の文化と言うのが無く、また海外から取り入れた文化も育まれてるわけではなく、その場限りと言う感じで、断片的でしかないと私は感じてます。

先日の横浜で開かれたAPECのファーストレディ団がコシノヒロコ氏デザインの着物を着て記念写真を撮られてましたが、世界が求めてるのは『あんな嘘物和服だろうか?』って、強く感じました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2109-39dca2e1