FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

梨の皮むき競争

中秋の名月

昨日は中秋の名月でお月様が綺麗に見える…………はずだった。しかし、残念ながら私が見上げた時は、秋雨前線の影響でお月様に薄ら雲がかかり、ソフトレンズで写真撮影したかのような、ぼんやりとハッキリしないお月様でした。…というわけで、やっぱり私には『月より団子』…『団子より秋の味覚's』って事で、9/20(祝)に秋の味覚を求めて、広島県は世羅郡の世羅町に行って来ました。

世羅ワイナリー

世羅町と言えば、世羅高原。幸水梨や豊水梨、ぶどうに栗…。秋は世羅が熱い!そんなわけで、世羅ワイナリーにやって来ました。…って、いきなり酒かい!新鮮な果物はど~した!…というツッコミはでお願いします。(寒)

まぁ、つまらんオヤジギャグは置いといて、何も知らずブ~ラブラとドライブがてらやって来たのですが、丁度この日は、世羅高原夢まつり2010が開催されており、滅茶苦茶賑やかでした。この夢まつりは、世羅高原の大収穫祭でして、今年で丁度10周年の節目を迎えられたそうです。私はたまたまやって来たものですから、何処でどんなイベントが開催されてるのかサッパリで、とりあえずゲートをくぐってすぐの、ステージ広場に向かいました。

梨皮むき競争(子供の部)

ステージ広場では、フルーツオリンピンクの種目である『梨皮むき競争』が今まさに行なわれようとしていました。世羅町は幸水梨&豊水梨の産地で有名です。この瑞々しい梨は大好きな梨です。

世羅幸水農園

ここに来る途中に世羅幸水農園にも立ち寄りましたが、凄い賑わいでした。また丁度梨狩りのシーズン真っ只中で梨狩り客も多くいました。

梨皮むき競争(子供の部)

さて、話を戻しまして、梨皮むき競争の子供の部がスタートしました。10人の子供達が参加し、1分間にどれだけ皮を切らずに長く剥く事が出来るか?…という単純明快なルールです。皮むきに使われるナイフは梨狩りで使用されるプラスチック性の簡易ナイフで行なわれています。普通の果物ナイフとは勝手が違うようで悪戦苦闘されてるようです。

梨皮むき競争(子供の部)

そして、選手の中には、こんなちっちゃい子が参加してました。流石に皮を剥くという高等テクニックは習得されてませんでしたが、驚く事に、ちゃんと梨の皮を削ぎ落としてるのですよ。ナイフを梨に突き刺すという暴挙に出るのではなく、ちゃんと削いで皮を剥いてるのには正直驚かされました。

梨皮むき競争(一般の部)

そして、一般の部です。総勢20名で争われ、5人の4ブロックに分かれ予選が行なわれます。一般は30秒が制限時間となり、後は子供と同じく如何に皮を切らずに長く剥く事が出来るか?というルールです。

梨皮むき競争(一般の部)

使用されるナイフは子供の部で使われたナイフと同じくプラスチック製です。慣れないプラスチック製のナイフに苦戦する人や、プラスチック製をものともせず、違和感無く普通に皮を剥かれる人など様々です。ん~、この大会で、どれだけの頻度で梨狩りに来られてるか?という事がよく分かりますね。(笑)

梨皮むき競争(一般の部)

それにしても単純なゲームだけに、見てる方も面白かった。あぁ~、参加すりゃ良かった。ちょっと悔やまれます。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2076-6fb60607