FC2ブログ
2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

五感で運転

踏切

線路
写真素材[Photolibrary] takeshi さん撮影


「埼玉県の秩父鉄道で、ヘッドフォンをして音楽聴きながら自転車で踏切を渡り、電車にはねられ重体。」という、少し古いニュースがありました。写真は事故現場ではありませんけど、事故現場と同じような遮断機の無い踏切として載せてます。事故現場の踏切では1999年以降、同様の事故で13人が死亡してるようです。そう言えば、有名なところで、映画俳優の菅原文太さんの息子さんも同様の踏切事故で亡くなってますよね。

頭文字Dのゲーム

…ちょっと、話は変わりますが、私は先日ゲームセンターで頭文字Dのドライビングゲームをしました。年に数回、本物の車でジムカーナ(当Blog内リンク)走行会を楽しんでますので、普段、バーチャルなゲームをする事は無いのですが、今回たまたまゲームセンターの横を通った時に、ちょっと腕試しにと挑戦してみたくなったので、珍しくゲームで遊んでみました。

ゲーム機のコクピットに座りお金を投入して、車とコースを決め、更に、ミッションを選び…当然マニュアルミッションを選択してスタートです!スタートして一番最初に感じた事はスピードが全く分からない。最近のゲームはゲームとバカに出来ないくらいリアルな映像で車の挙動等が緻密に再現されていて、映像を見る限りでは、本物の車を運転してるのと然程変わりません。ゲームをしなくなって久しくなりますが、知らない間に凄く進化してるのですね。

しかし、どんなにリアルにと開発されていても、所詮ゲームはゲームです。ハッキリ言って、車からの情報が全く得られません。だからスピードが全然分からないのです。スピードが分からないと言う事は、シフトアップやシフトダウンのタイミング、そしてコーナー手前でのブレーキのタイミング等が全ての操作に置いてサッパリ分からない。スピードが出過ぎてるのか、遅いのか、普段、本物の車を運転してるのに、その判断もつかないのです。ゲームでマニュアルミッションを選択したと言ってもクラッチがあるわけじゃないし、本物の車と比べると操作方法は凄く楽なはずなのに…。ハッキリ言って、初心者マークのドライバーよりも酷い状態です。もしかしたら、仮免練習中の方よりも酷い状態かも。そのぐらい運転が下手になってるのです。

人間の感覚って不思議ですね。目から入ってくる視覚の情報のみだと、慣れてるはずの車の運転がズタズタのボロボロになるのですね。人間は全てにおいて五感をフル活用して行動してるんだ。ゲームの運転では、ほとんど画面から入ってくる視覚情報のみです。対して実際の運転は、加速Gや制動G、旋回Gなどの重力という情報やアクセルを踏んだ時のエンジン音、車の振動など視覚以外の感覚を体全体で感じ取り正確なスピード情報として認識してるのです。それらの体から感じる情報のほとんどがカットされ視覚情報のみとなったゲームの世界では、いくら実際の車でジムカーナをしてると言えど、まともに車を走らせる事が出来なくなっちゃうのですよ。後で、自分の車を運転してる時に意識してフロントガラスから流れる風景に注目し見ると、ゲームと同じようなゆったりとしたスピードで風景が流れてる事を改めて知りました。それに重力や路面の振動、エンジン音や風きり音など様々な情報によってリアルなスピード感として伝わってる事を認識しました。

そんなわけで、視覚という大きな情報を得てるから目だけ見えてれば大丈夫とついつい考えがちになり、それ以外の感覚を疎かにしてしまいがちですが、視覚以外の情報が無くなるとスピード感すらも鈍ってしまい危険という事を改めて認識しました。私は普段の運転では車の中で音楽を流したりしてますが、狭い道での離合等、運転に神経を集中しなければならない場面に出くわすと、音楽を速攻で止めます。この行為に、時々、横に乗ってる妻から「折角気分良く歌ってたのに~」と怒られる時もありますけど、安全を第一に優先させて運転に集中したいからなんだよね。運転には五感からの情報が重要って事を無意識に理解してるからなのでしょう。(^_^;)

ちなみに、私が現愛車を新車購入した時、納車前にハンドルとシートを潔く取り払い、その前に乗ってた車からそれまで使ってた古いハンドル(当Blog内リンク)シート(当Blog内リンク)に交換しました。折角の新車なのに、新しいハンドルとシートを取り去り、古いハンドルとシートを取付けるなんて、普通に考えたらなんて勿体ない事を…と思われるかも知れません。だけど、ハンドルとシートって視覚以外の車と人間(ドライバー)との情報伝達の接点なのですよ。品物が新しい、古いという事ではなくて、私はその感覚を大事にしてるから、感覚を優先した結果に過ぎないのですよ。ただ座る為、ただ舵取りをする為だけの物じゃないからなんだよね。


それで、冒頭の記事に戻りますが、ヘッドフォンをして音楽聴きながら自転車にのるという行為ですが、私には自殺行為に思えて仕方がないのですよ。ヘッドフォンでダイレクトに音を耳に入れ、他からの情報を全てカットしてるわけで、こういう事は凄く危険な行為なんだと言う事をもっと知ってもらいたいと思うのです。

もちろん、自転車に限らず、車の運転も例外じゃないです。ほとんどの人は音が無くても見えてるから安心って思ってるんじゃないかなぁ?本当に安全を語るには危険を知らないと語る事なんて出来ないわけで、しかし、多くの人が危険を知らないで安全運転してるつもりになってはいないだろうか?



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/2075-3d5d2d6a