FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

極めた人にとって…便利は不便?

安全運転支援機能


SUBARUレガシィの新しいCMを見られましたでしょうか?運転支援システムアイサイトって凄い機能ですよね。そのアイサイトの運転支援システムの1つに、プリクラッシュブレーキというシステムがあります。カメラが障害物を察知して自動的にブレーキをかけてぶつかる前に止めてくれるという機能だそうですが、まぁ、もちろん運転支援システムですので、100%どんな状況でも止まれるという物じゃないそうですが、30km/h以内だとほぼ止まれるみたいですね。技術の進歩は凄まじいスピードでどんどん進化していきますが、その進化に対して人間の対応力はどの程度なものなのだろうか?

このような便利な道具で喜ぶ多くの人は、ほとんどが素人の方じゃないかなぁ~?要するに、満足に扱う事が出来ないから、機械による支援が必用となる…。どんどん進化する機械に対して、人はどんどん退化するってことなのかな。
HONDAのスマートパーキングアシスト(当Blog内リンク)にしてもしかり…。

このような便利な機能の影で、逆に「余計な物を付けやがって…。」と思ってる人も、中にはいてるかも知れませんね。

輸出される自動車


例えば、車を輸出する際に、船に車を積み込む作業をするプロのドライバー達。以前、テレビで積み込み作業をする様子を見た事がありますが、それは見事な運転技術でしたよ。船という限られたスペースの中に如何に沢山の車を積み込むか…。積み込まれた車のバンパーとバンパーの隙間はブツかってるのじゃないかと思える程ピッタリに止められてました。プリクラッシュブレーキというシステムが備わった車で、果たしてこんな芸当が出来るのだろうか?バンパーがくっ付きそうなぐらいギリギリに車を詰めようとしたら、勝手に前の車を障害物と判断して、余裕をもってブレーキを踏まれちゃうのじゃないかなぁ?

その他にも、ぶつかりそうになると警告音で知らせてくれる、今となっては当たり前となったバックソナーにしても、このような仕事の場ではピーピー、ピーピー五月蝿くてしかたないだろうなぁ~。(笑)
便利すぎる道具は、その道で専門的にするプロにとっては逆に邪魔な存在となってしまうのでしょうね。一般道では当たり前にAT車が走り回ってますけど、いまだにスピードを競うF-1等のレーシングマシーンには、完全なAT車はありません。MT車の要素が残ったセミAT車止まりです。完全にAT車に移行出来ないのは、まだまだ、機械よりは研ぎすまされた人間の技の方が優れてるからなのでしょう。



私は、この度、出向先の仕事でadobe Illustrator CS3を使いました。使いやすいという多くの社員の中、私1人だけが使いにくいと感じてるようです。自分の意志に反してCS3が勝手にツールを切り替えたりして、イライラさせられる事が非常に多いし、シビアな配置を望む私に対してCS3に拒否してるというか、私の合格点でない所で合格とされてるような甘さを凄く感じます。私の合格点に持って行く為には、いちいち、自動で切り替わるような設定をキャンセルしなきゃならないような手間が逆に増えてしまったというか…兎に角、扱いにくい…。

私はデザイナーという肩書きもありますけど、オペレーターの能力としても、その辺のオペレーターよりも早く確実に作業出来る力を持ってると自負してます。…というか、ほとんどのオペレーターさんの仕事に対して、私は合格点を出せません。自分では確実に作業出来る力があると思ってますが、他のオペレーターさんとの違いに中々周囲の人は気が付いてくれませんけどね。(笑)

正確さ

例えば…、このチラシですけど「A」のアキと「B」のアキが揃ってません。このようなアキを全ての箇所で均等に揃えれば面が揃って規則正しい見えない線が形成されて全体的にスッキリして来るのですが…。見えない線を創る為には「C」のような段差も御法度です。このような空間に対して多くのDTPオペレーターは無頓着なのです。私の仕事だったら、このような無頓着な作業は不合格で絶対やり直しさせますがね…。この状態で印刷され折込チラシとして出回る事が許せないですね。オペレーションの基本中の基本が出来ていないのですから。しかし、現実にはこのようなクオリティでも平気でいられるオペレーターが沢山います。いや、むしろ、ほとんどと言って良いでしょう。紙面の見やすさを考えると、詰め込まれた文字情報だけではなく、空間の処理も凄く重要なのです。良く後から原稿が追加されたりした場合、「ここが開いてるからここに入れれば良いじゃん!」なんて言われる事がありますが、そんな場合、私は何故そこに空間があるのかキッチリとクライアント様に説明し、新たに空間も含めて原稿が入るスペースを確保します。

ただ、この業界では、そのような事を考えてる人が本当に少ないので、私の拘りの部分には気が付いてもらえず、どんなに頑張っても評価される事は無いです。(^_^;)
ただ、自分が手掛けたものは他人の創った物より良い物にしたいというプライドだけで、拘りを貫き通しています。このようなオペレーション技術一つを取っても、どんどん衰退しているのです。

ちなみに、見えない線とは、「厂下广卞廿士十亠卉半与本二上旦」のような線の事です。線を引いたわけじゃないけど線が見えてくる。これは文字に含まれる横線の位置を計算して並べて線を見せてますが、例えば文字の配列で分かりやすく言えば、このBlogの記事かな…。Blog記事の一行は綺麗に揃って並んでますから、文字列と文字列の間に白い空間で出来た直線が出来てるでしょ。この線を意識して文字の配置や写真の配置等を行なうのです。そういったシビアなレイアウトを心がけてるとadobe Illustrator CS3は凄く扱いにくいソフトになって来てるのです。

私が自分の愛車に対して、いまだにMT車に拘るのも、そう言ったシビアさに、ちゃんと応えてくれるからという事が理由です。研ぎすまされた人間の感覚を機械に邪魔されたくない…。機械に人間が支配されるのじゃなくて、人が機械を支配して扱わなきゃぁ~!



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1953-6f6fcca2