FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

私のやるべき事

月

ちょっと、野暮用で沼隈サンパルホールまでやって来ました。見上げればまだ明るいのに大きな月が出てたのでコンパクトデジカメの望遠最大倍率(35mmカメラ換算で240mm望遠レンズ相当)で撮ってみました。光学ズームなのに画質が荒れちゃいますね。やっぱり、画質に拘るならデジタル一眼ですね。当たり前だけど…。一眼レフの安価な交換レンズ代と同等の価格のコンパクトデジカメですから、まぁ、これが価格の差ですね。安い価格で、何でもかんでも手に入れようなんて、所詮虫のいい話です。物には対価というのがあるのですから…。

そこで本題です。安さを実現する為に、某紳士服屋さんはオーストラリアに牧場を持ち羊を育ててます。洋服の生地になる原料から自社で生産してるのです。原料からの生産というのは、なかなか出来る事じゃないけど、中間マージンをカットして価格に還元するって事は世の中の常識ですね。

それじゃ、私のような個人事務所のフリーランスに、そんな大手企業と対等に渡り合えるだけの価格競争が出来るかと言えば…無理無理。大きな企業に価格競争を挑んでも負ける事は分かりきってるわけで、最初から勝負しようなんて全く思っちゃいません。「安くて数をこなさなきゃ出来ない仕事は、どうぞ好きなだけ持っていって下さいな。」…という感じです。

ただねぇ…クリエイティブ業界の元請である広告代理店や大手印刷会社さん!チョ~安い仕事を承けといて、それを外注(下請け)に丸投げするんじゃねぇ~!!「安い仕事だからここまでは責任もってキッチリしますから、後、これだけは何とか、この価格でお願いします…。」って言うのなら分からないでも無いが、満足に企画も定まってない、企画がグダグダな状態でそれが理由で発生する大変更は当たり前。更には、チョ~急ぎでして欲しい。…って…こういう仕事はフツ~高額になるのは当たり前だろう!急ぐなら、何処でも普通は特急料金が発生するだろう。手間がかかるなら手間がかかるなりの料金が発生するだろう。それが当たり前だ…!

仕事なりの支払いをキッチリしろ!それが出来ないのなら、自社で全て賄え!自分でやりもしないで、その労力がどんなものか全く知ろうともせず「安くします」って…呆れてものが言えないよ。…てなわけで、そういう仕事は別に私がやらなくても、他にやってくれる人達が沢山居ますので…私は承けません。


掲示板

私は自分の納得の行く仕事が1つでも出来れば、それで良いと思ってます。そして、たった1人でも良い…、そんな仕事に対して喜んでくれる人がいたら、それだけで幸せな事だと思います。4月10日にエントリーした記事「米良美一さんが来る!(予告編)(当Blog内リンク)」と題して、私の手掛けたポスターを紹介した事が切っ掛けで、米良美一さんのファンであるnoripi様がコメントを下さいました。また、noripi様のBlog記事(当Blog内リンク)にても嬉しいお言葉を頂きました。

私のBlog記事のコメントより
今まで多くの米良さんのパンフを見てきましたがこんなにあったかいのは初めてです。たいていは演奏者の顔が分かればいいかな?位のものでしたから・・。

noripi様のBlog記事より
今まで何十枚ものパンフを見てきましたが、演奏者の顔だけ分かればいいや!見たいな物ばかりの中でとっても心惹かれました。……パンフがこんなに雄弁に皆さんをコンサートへ誘っているのを見たことがありません。

noripi様のBlog記事のコメントより
コンサートに伺うときには会場のある町を歩いたり、駅に行きかう人々を観察したり・・どんな雰囲気のコンサートになるのか?想像するのが楽しいです。 それでこのパンフを拝見したときに♪♪♪♪ときました~~。


丁度、このコメントを頂いた時、私のバースデー前後だったので、素敵なバースデープレゼントとなりました。ちゃんとやるべき事をやってたら、こんな素敵な感動を頂けるなんて…本当に嬉しかったです。

サンパルホールぬまくまの掲示板

グダグダな仕事してたら、お客様からこんな嬉しいお言葉なんて頂く事も出来ないだろうし、また本当にクライアント様にも喜んでは頂けないでしょう。この嬉しいお言葉はクライアントであるサンパル様にもお伝えしたいと思っています。きっと凄く喜ばれる事と思います。

昨年6月にコーラスグループのサーカスのお仕事をさせて頂いた時も、サンパルホールでのコンサートというローカルの仕事だったのですが音楽事務所の方にデザインを気に入って頂いた事が切っ掛けで全国展開となりました。その時の事は妥協しない事が「喜び」につながる!(当Blog内リンク)でご紹介致しましたが、この時もサンパル様と共に喜びを分かち合いました。

どんな仕事であれ、共に喜びを分かち合える関係で仕事が出来る事はとても素晴らしい事だと思います。価格競争というレベルじゃ得られない確かな物を作り、お客様に心から喜んで頂き、そしてまた、クライアント様と共に喜びあえる。そんな仕事が私のやるべき事だと再認識したと同時に、それを維持出来るよう更なる精進をしなければと思うのでありました。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


こんばんは。

遅まきながら、お誕生日オメデトウございます♪

なんだか呼ばれているような気がして来てみました(笑い)
私の一言をこんなによろこんでくださってありがとうございます。
でも一生懸命やっていらっしゃるからそう思えるんですよね?!
とってもよく分かります。



私の自営のお店も周囲300m以内のところに同業大手安売りチェーン3店を含み合計7テンポがしのぎを削っています。価格競争をしたら間違いなく自滅するでしょう。一度は安売りで買ったお客様もつぎには戻ってきてくださっています。店員に移動がある大手チェーン店にできないことは・・お客様の顔と名前、性格、ご趣味、はては交友関係、家族関係を把握していることです。ここ以外は行けない!と言っていただけること、お友達を紹介していただけること・・誇りに思っています。

不景気の折ですがお互いに妥協しないで頑張って行きたいですね。

呼んじゃいましたかね?(笑)

嬉しいお言葉を頂いて、そろそろ、ほとぼりが冷めたぐらいだろうから、こっそり記事をアップしたつもりでしたが、もろ本人さんに見つかっちゃいましたね。(^_^;)
…って別に隠すような事でもないのですが。(笑)
本当にありがとうございます。

最近の価格競争の激化には、ちょっと考えさせられる事も多いです。企業努力で安さを追求し、損益が出ない範囲で良い物を出来るだけ安くと言う事なら分かるのですが、今は無茶苦茶な気がします。

喜ばれる人の出ない価格競争とでも言いますか…、昨今の企業不祥事とか食品産地偽装とか、賞味期限の偽りとか…、つい最近でもペット火葬業者が山中に仮装するはずのペットの死骸を捨てていたとか…。業者の理由は、激しい価格競争でまともにはやっていけなかったと言われています。

本来の商売は、皆が喜べる仕組みじゃなきゃならないはずなのに、多くの人が基本的な事を忘れてしまってるという感じです。

本当に人として人間味あふれる仕事が出来ていければと思っています。
仕事をさせて頂いて、心から「ありがとう」と感謝の言葉が出てくる仕事を心がけたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1932-007412d3