FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

デザインする事が本当に好きなのか?

DMハガキ用デザイン

【写真素材photolibrary】http://www.photolibrary.jp/profile/artist_72164_1.html

「デザインする事が好きだ」…というデザイナーさんは多いと思うし、好きだからデザイナーの道を選んで仕事してるのだろうと思います。「デザインする事が好き、絵を描く事が好き。」という事で、私もこの世界に足を踏み入れました。でも、フリーになって本当の意味でデザインと正面から向き合うようになって、果たして私は、本当にデザインする事が好きだったのだろうか?…と、凄く疑問に感じるのです。

本当に好きな事をしてる時って、時間が経つのを忘れてしまうくらい集中し没頭すると思うけど、好きなはずのデザインなのに凄く嫌で苦痛に感じる時があります。残念ながら時々デザインを嫌々やってる自分がいるのです。もちろん「仕事だから楽な事は無いし、楽しくない事もある。」…と言ってしまえばそうなのでしょうが、私がデザインを嫌々やってるというのはそう言う事でもないのですよね。デザインが好きというのであれば、どんなデザイン仕事だって好きなはず…。しかし、実際はそうじゃない。気分がノリノリで出来るデザイン仕事もあれば、非常にやりたくないデザイン仕事もある。

その気分の違いは何なのか?
私なりに、色々考え、その答えを見つけてみました。その答えは…大きな声じゃ言えませんが、クライアント様にありました。(笑)
デザインはテーマが何も与えられず「何か適当にデザインして下さい。」…と言われても絶対に出来ないのです。そんなデザインのテーマですが、まず一番大枠でのテーマがクライアント様の業種になろうかと思います。ファッション関係、食品関係、建築関係、自動車関係、音楽関係、教育関係、福祉関係…etc。自分に興味の無い世界や知らない世界の事をデザインするのはハッキリ言って苦痛なのです。そのような好き嫌いを言ってるとお叱りを受けそうですが、実際問題、好きな事への拘りって、本当に好きな人には敵いません。私の苦手な分野は、私が無理してしなくても、その業界が好きで、そして、詳しいデザイナーさんが他に居るでしょうし、そういう人のデザインと比べられると、とても私なんかじゃ歯が立ちませんから…。また、自分が興味のある業種、好きな業種のデザインをしてる時でも、自分と同じくらい、もしくはそれ以上の好きというパワーを持ち合わせたクライアント様じゃないと、私1人で気持だけが空回りして疲れるだけなので、そういうクライアント様のデザインをする事も苦痛となります。

参照:CMディレクター 故 杉山登志 氏の言葉(当Blog内リンク)

これ、凄く良いから使ってみて…。と商品をすすめる人が、好きでもなく…また、実際に使った事も無く、本当に良いのかどうなのか分からないのに、字面のみで「良い商品です。」と言っても、嘘だとすぐにバレてしまいます。

私の場合は、デザインが好きかどうか?…という事じゃなくて、自分の好きな事に関係する業種で、そして、クライアント様も自分の仕事が好きという力を強く持ってる熱い人じゃなきゃ、それに関するデザインをしていても面白く感じないのだと思いました。

言うなれば、デザインする事はクライアント様の仕事を応援する事…。応援団と同じ感覚ですね。だから、好きじゃない業種のデザインをする事は、ルールも知らない好きでもないスポーツを応援するようなもので、応援団としてそれは苦痛の何ものでもない。更に、好きなスポーツでも、やる気の無い選手ばかりいるチームの応援はしたくない。…きっと、そういう事なんだろうなぁ。(^_^;)

参照:自己暗示(当Blog内リンク)

ちなみに、私の場合、デザインする事よりも車に関わってる方が好きなのだろうと思います。車の知識は自分でもそれなりだと思うけど、しかし、メカには弱いし車業界への就職なんて、とても無理無理。(笑)
“熱狂的に好きだけど、じゃぁ、好きなら選手になれるか?”と問われると必ずしも選手になれるとは限らない。それと同じ事で、私には応援する事しか出来ない。その応援の手段がデザインという事なのでしょうね。(^_^;)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1889-522a98f4