FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

伝える事が大事な大事なデザインです(毒)

伝える事が大事な広告

いくらデザインが良くても、伝わらなけれ意味がない!
デザイナーさんの多くが大好きなこの言葉かなぁ…?ちょっとしたデザイン論になると必ずと言って良いほど、この言葉が登場してきます。この言葉が出てくる時は、ほとんどの場合、デザインの悪さを指摘された時に返ってきます。自分達の作ったデザインが悪かった時の「言い訳」に使われる事が多いです。
以前も言いましたけど、伝わらないのに良いデザインってあるの?…と私は問いたい。伝わらない時点でそのデザインは愚作だよねぇ。そんな、当たり前で基本的な事も分からなくなってしまってるデザイン業界です。ただ、忙しい、忙しいと作業に没頭し納期に間に合わせる事だけを指名とし、デザインの良し悪しなんて二の次、三の次!

上記の広告ですけど、基本的なデザインの法則に則り、規則正しいレイアウトで分かりやすく組んでると思います。レイアウトのみの事を言えば教科書通りというくらい基本に忠実なデザインと言えます。しかし、多くのデザイナーが言うデザインって、このような表面的な形の事しか言ってないのです。

伝える事が大事なメニュー!

私がいつも言ってるデザインは、その中身なのです。レイアウトを美しくまとめるのはデザイナーなのだから美しくて当然なのです。

私はこのメニューを見て純粋に疑問が湧きました。理容メニューにある“大人(C・エリそり)”の「C」って何?“中学生(C・S・顔そり)”の「S」って何?、そして、美容メニューにある“カット(B込み)”の「B」って何?
きっとクライアント様から出された原稿を原稿通り忠実に入れたのでしょうが…、デザイナーさんを含め、このデザインに携わった人達は誰もこのアルファベットに疑問を感じなかったのだろうか?って私は思うのです。

クライアント様から出される原稿には、よく業界用語やその業界での略語などが登場してきます。でも、その業界では当たり前の事でも、一般の第三者には分からない事ってよくあります。だから、デザインする側がフィルターとなって、そのような言葉が出て来た時は、クライアント様に確認して正しい言葉として載せてあげる必要があるのです。

おそらく、“大人(C・エリそり)”の「C」は、「カット」の事でしょう。そうなると、新たな疑問として、美容メニューの“カット”は何故「C」じゃないの?…なんてね。表現の統一すら出来て無いですからねぇ。(汗)
「S」は「シャンプー」、「B」は「ブロー」…、このお店に聞いたわけじゃないから確かな事は言えませんが、おそらく、このような意味なのでしょう。

この広告を見ると、スペース的に「C・S・B」とそれぞれの言葉を省略しないと入れる事が出来なかった…というわけでも無さそうですし、ただ単に出された原稿を機械的に作業として放り込んだだけなのでしょうね。「いくらデザインが良くても、伝わらなけれ意味がない!」…凄く空しくなる言葉です。(滝汗)

参照:無駄な頑張り(当blog内リンク)



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1863-de834d24