FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12

何の為の看板なの?

看板

車通りの多い交差点に設けられた広告看板ですが、不況の影響なのか8面取れる看板スペースの3面しか埋っていない。そして、広告看板募集の文字…。

なんかさぁ、日本の看板て脳がないと思いませんか?
私がクライアントだったら景気が良くても、こんな看板の依頼なんかしたくないよ…。何故なら、看板を掲げたとしても、こんな看板だった看板の効果が期待出来ないから…。
看板の効果っていうと、売れるデザインのように、看板によって、すぐ売り上げに繋げようとする効果のように思われてしまうかも知れませんけど、私が言う効果って言うのは、多くの人に記憶してもらえる(覚えてもらえる)という効果です。
日本の至る所にある看板ですが、どの看板も、その場の状況を考えないで設置された、バカの一つ覚えみたいに文字ばかりの看板なのでしょうか?

文字というのは読まなければ情報を得る事が出来ないのですよ。バンバンと車が行き交う状況の中、集中して文字なんて読めるわけ無いでしょ~。(笑)
車通りの多い場所でありながら、本来見てもらおうとする、ほとんどの車がスルーして、数少ない歩行者か、或いは赤信号で止まった車にしかアピール出来ない看板なんて…。文字情報のみだから、読んでもらわなければ看板の役目は果たせないが、読むという行為が非常に難しい人達に読んでもらおうとしてるのだから、日本の看板て脳がないと思うわけです。

参照:見る文字と読む文字(当Blog内リンク)

↑以前も紹介しましたが、文字にだって「見る文字」と「読む文字」があります。そう言った、使い分けって必用だと思うのですが、そんな事も考えられていない看板って、一体、何の為の看板なの?って、その看板のあり方に疑問を感じてしまいます。更には、看板の前には邪魔するように信号機や電線があり、広告主はあまりにも気の毒です。こんな最悪な状況に私はお金を支払いたくはない。

ハードロックカフェの看板

所変わって、こちらは、ラスベガスにあるハードロックホテルの看板です。
看板は見ての通りで、文字を読む必要なし!パッと見の一瞬で、何か理解出来るので車が走ってようが止まってようが関係無しです。日本の看板では文字のみで、住所や電話番号等、これでもかと掲載してるけど、一瞬で尚かつ一度にそんな情報は読み取れません。そして、当然、記憶も出来ませんって…。(汗)

更にどれも似通った文字情報だから印象としても記憶に残らない。ハードロックホテルの看板は一瞬で「ギターの看板」って印象に残りますよね。
記憶に残れば、そのお店を利用したいと思った時、例えお店の名前が記憶になくても、看板の特徴を思い浮かべて後で調べる事が出来るし、人に聞く事だって出来る。
海外の看板には写真やイラスト等ビジュアル表現された物が多いですよね。しかし、日本では文字を並べただけの看板ばかりです。印象としても記憶に残らないし、文字を読む事が出来なければ何も残らない…。看板の効果が期待出来ない。…となっちゃうわけです。

そんな物は本当に無駄金だと思います。そんな事も理解せず、デザイン屋の営業さんは、本質を考える事なく、今日も「安くします」と必死に営業してるのでしょうかねぇ?

参照:うちだったら安くしてあげたのに…(当Blog内リンク)

日本のデザインは、ポスターにしてもTV-CMにしても看板も、文字の役目とビジュアルの役目の使い分けが凄く下手なのです。無闇やたらと文字で説明すれば何とかなると思ってるお粗末さです。

参照:映像の持つ役割と文字の持つ役割(当Blog内リンク)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1846-c47cd59b