FC2ブログ
2020 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 04

LAMBORGHINI ESPADA(1968)

ランボルギーニ エスパーダ

2010年、新年一発目のイラストは、1968年のジュネーブショーでデビューを果たした“ランボルギーニ エスパーダ”です。

絶えずフェラーリに対抗心を燃やすフェルツィオ・ランボルギーニは、400GTがイスレロに切り替わるより少し前に、シリーズの後継車を考え始めていました。400GTよりも広いリアシートを持ち、VIP用にも使えるフル4シーターというのがコンセプト。どうやら、このコンセプトには、2シーターや2+2クーペしか持たないフェラーリに対し、先手を打とうという思いがあったようです。

ボディのデザインは、当時ミウラでパートナーを結んだベルトーネに在籍していたマルチェロ・ガンディーニが担当しました。

Lamborghini Marzal

基本的なスタイリングは、1967年のジュネーブショーで発表された「ランボルギーニ・マルツァル」と

ジャガー ピラーナ

同年のロンドンショーでデビューした「ジャガー・ピラーナ」というプロトタイプ2つのモチーフが生産モデルとして現実化されたものです。フロントに400GTやミウラと同じV12エンジンを搭載しています。

ボディサイズは、歴代ランボルギーニの中でも最大級です。フェルツィオ・ランボルギーニの希望通り、リアには大人2人がゆったりと座れるスペースを確保しています。全長はリムジーンかと思うくらい異常に長く感じます。
また、VIPカーとしての用途も念頭にあった為、革張りのインテリアやエアコン、パワーウインドー等、ごく一部のモデルにしか与えられなかった装備が標準で用意され、望めばテレビやミニバーまでも装着することが可能でした。2ドアじゃなければリムジーンですね。各部の仕上げは当時のランボルギーニとしては最高水準の仕様だったそうです。

1978年のランボルギーニ社倒産と共に生産中止されましたが、10年にわたる生産期間に当時のランボルギーニとしては比較的多数の1217台が生産されました。


●サイズ:全長4738mm/全幅1860mm/全高1185mm
●車輌重量:1480kg
●エンジン:3929cc V型12気筒DOHC
●最高出力:320ps/7500rpm
●最高速度:260km/h



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1823-3f09c4f1