FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

上手いという事

鞆の渋滞

実る程に頭を垂れる稲穂かな。私の好きな言葉です。

その昔、自動車免許を取得し2~3年が経ち、車の運転にもなれた頃は若さ故に凄くイキがってました。車輌感覚はバッチリで車幅ギリギリの道が狭くても自分はブツける事なくギリギリを通せると、楽に離合出来る箇所があるにも関わらず、そこをやり過ごしわざわざ難しい場所を選んで離合していた。夕暮れ時、薄暗く周りの車がライトを点けるような状態になっても、「自分はまだ見えるから必要ない。(運転が上手いから)」とライトを付けないでいました。

参照:鞆の道路(当Blog内リンク)
   ライト オン!(当Blog内リンク)

自分では運転が上手いと思ってた当時を、今思い返せば、凄くヘタッピだよね。いずれも、相手の事を考えると言った事が事が全く出来ていないのですから。相手というのは不特定多数、他のドライバーであったり歩行者であったり、車を運転する私以外の人達の事です。
本当に運転の上手い人っていうのは、単に運転技術だけじゃなく、相手の事を考え、その時の状況に合わせて一番良い手段を選択出来る引き出しを多く持ってる人なのでしょうね。これは運転だけに限った事じゃないと思いますが…。

狭い道でギリギリを通す自信はあるが、他の人の事を考えるとあえて広いところで待ち楽にやり過ごす。ライト付けてなくても自分は見えてるけど、相手に自分が見えてないかもしれないから早めにライトを付けるとか…。
上手い人程、安全のマージンをしっかり考え、一歩引いた状態で対応してるものなのです。惱ある鷹は爪を隠す。

この事を、デザイン業界に当てはめると、私が運転が上手いと思い込んでた未熟な若い頃にピッタリなんだよなぁ~。
短納期でやります。極限まで価格を下げます。やってやれない事は無いが綱渡り状態。いつ事故を起こしても不思議じゃない。未熟だからその危険にも気がつけないでいる。上手い奴は絶対にしない事をする。

予選タイムアタック

ギリギリのここ一番という場面で見せる私の作業スピード…。それを見るや否や、後2~3本仕事入れても大丈夫そうだなって…。全く、業界にいるプロのつもりのド素人を相手には出来ないよ。(汗)
F1レースでの予選タイムアタック。決勝レースでは、危険過ぎてココ一番という勝負所でしか出さないであろうタイムです。そんなタイムを予選では叩き出し決勝レースのスタートグリッドを獲得しようとドライバーは必死になります。それは尋常じゃない速さです。
しかし、この予選タイムアタックのペースで決勝レースを走り切れば余裕で勝てるだろう!なんて考えるチーム監督はいないはず。
だけど、このクリエイティブ業界には、そんなバカなチーム監督がゴロゴロしてるんだよなぁ~。作業の事ばかりしか考える頭を持ち合わせていない。
それをする事で、どんな弊害が出てくるのか?見極める事も上手い人なら当たり前にしてる事です。…って、こんなレベルの低い事を記事にしてる私自身が情けないよ。まったくぅ~。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1794-b6d00068