FC2ブログ
2019 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰に向けて言ってる言葉なのか?

懐かしいデザイン

なつかしいデザインだそうです。
平成生まれの皆さん、これって懐かしいですかぁ?

昔懐かしい「復刻版」金ちゃんカップ焼きそば

昔なつかしい「復刻版」
こちらも同様に、平成生まれの皆さん、懐かしいですかぁ?

これらの「なつかしい」という言葉は、
一体誰に向けて、そして何の目的で表記されているのだろう?

以前もこの疑問について記事にした事がありますが、
それからも復刻版を意味するような商品のデザインには、
必ず「なつかしい」とい意味合いの言葉が使われています。

この「なつかしい」という感情は、
消費者全員が持つ、共通の感情ではないはずです。


懐かしい過去のデザインを知らない人達には、
全く懐かしさという感情は芽生えないでしょうし、
逆に、初めて目にする新鮮な物ですよね。
過去を知っていて、懐かしいと思う人は、
「懐かしい」なんて記されてなくても、
自然と懐かしむ事が出来るでしょう。

過去に書いた横尾飴の記事(クリック)ですが、
これは、私にとって懐かしさを感じる商品です。
しかし、初めて目にする人は逆に新鮮でしょう。

結局、これら商品で懐かしいと感じてるのは、
消費者よりもメーカー側の一方的な感情でしかない。
それを、更にデザイナーが消費者に対し、
懐かしさを押し付けがましくアピールしてる自己満足。

「懐かしい」と記せば「皆が懐かしむ事が出来る」
…というものじゃない。

日本のクリエイティブの現場は
兎角「感じる」と言う事を疎かにし
一々言葉で説明したがる。

「Don't think. Feel. 」
ブルース・リーの映画「燃えよドラゴン」での一場面で、
リーが弟子に稽古をつけてる時に、
弟子のキックに対し、どう感じたかを問うた時のセリフです。
「どう感じたか?」の問いに対し弟子は考えようとします。
その時に、
「Don't think. Feel. 」「考えるな!感じろ!」と
リーは弟子に向かって言います。
私はこのセリフが好きなんですよね。
考るという事は、まだ物に出来ていない。
って事だよね。
しかし、考える事は重要で、
常日頃から考えて行動してれば、
いつしか自然と感覚で行動出来るようになる。
普段の練習では色々と考え試行錯誤していれば、
感覚が研ぎすまされて行くのです。

デザインも同じです。
物事を理由から考える事で、
本当に大事な事や必要な物が見えてくる。
それはデザインする事には凄く重要な事だし、
また社会においても最も重要な事だと思います。
先日、日本のクリエイティブ業界は幼稚だ
という事を記事にしましたが、
これも普段から考える事が足りてなく
感覚で捉えるまで達していないからなのでしょう。

説明しないと分かってもらえないと思うのは、
単に自分が分からないから
必用以上に説明してしまうのでしょう。

私がデザインするとしたら、
いくら過去の懐かしいデザインであっても、
「なつかしいデザイン」なんて言葉は入れたくないです。
誰に向かって言ってるのか分からない言葉は必用ない!



●関連記事
ハイマウントストップランプ(クリック)
乏し過ぎる表現力(クリック)
説明がないと理解してもらえないデザイン(クリック)
WHOの飲み水プロジェクトン(クリック)
心が置き去り(クリック)
和なのに英語?(クリック)
映像の持つ役割と文字の持つ役割(クリック)


Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1527-0af628ba

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。