FC2ブログ
2020 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 09

仕事の質よりも認知度が大切?

パーソナルプランディング

この本かなぁ…?

「いかにいい仕事をしようとも、
世間はあなたのビジネスに関して無関心である。」
「あなたがトレーニングを積もうが、
スキルを持っていようが、経験を積んでいようが、
適切な形で適切な人間の目に何度となく触れていなければ、
能力は劣っているものの、あなたより認知度が高い競争相手に
仕事を奪われることになる。」(能力よりも知名度が重要)などの
言葉がショッキングだった…


グラフィックアーティスト鈴木盛人さんのBlog(クリック)
引用されてあった、
デザインを学んでいる学生さんが綴る
ブログ記事の一部です。
その学生さんは、
パーソナルブランディングに関する本を読まれて
上記のような感想を抱かれたようです。

仕事の質よりも認知度が大切。
マーケティング関連の書籍や
勝手に登録されるマーケティング関連のメルマガ等に
上記引用記事のような内容の事が書かれてあったのを、
私自身もよく目にしてきましたし、
現在も懲りもせず送られて来てるんじゃないかなぁ?(笑)
「仕事の質よりも認知度が大切」というのは、
マーケティング関係では定説ともなっている言葉ですね。

なんだか多くのデザイナーが語るデザイン論にも似てます。
いくら良いデザインを創っても売れなければ意味が無い。
このような考えと同じですね…。
私に言わせれば「寝ぼけた事を言うな!」でございます。

机上のみでの考えだと
「ちょっと考えれば分かるだろう?」
…という事も、分からなくなっちゃうのでしょうか?

引用記事の場合ですと、
売る為の商品(確かな技術や良い品)無くして、
何を宣伝(知名度)するというのか?

確かな商品こそが、
トレーニングを積む事であったり、スキルを持つ事なわけですよ。
良い仕事をするからこそ、結果的に認知度に繋がるし、
また、胸を張って宣伝も出来るわけです。


デザインを学んでいる学生さんが読まれている
「パーソナルブランディングに関する本」
このような本に書かれてあるような事を
実際に行なってたのが、現在の社会問題である、
企業や食品メーカー等の偽装じゃないのか?

能力よりも知名度が重要ってそういう事ですよね。

このようなブランディング本やマーケティングを語るメルマガ等、
当たり前のように「能力よりも知名度が重要」って書かれてあります。
また、その本を信じて行動する人達って、
日々のニュースで流れる企業や食品メーカー等の
偽装問題の事を悪く言えないよね。
その人達の考え方も偽装問題と同類の考えなのですから。
でも、自分で「能力よりも知名度が重要」と言いながら、
他人がそれを実行し社会問題になったら、
きっと非難してるんだろうなぁ。

ブランディングやマーケティングも
重要な事なのでしょうけど、
それは、確かな商品、確かなスキルがあって
初めて成り立つのでは?

そういう事も見れないような人が
ブランディングやマーケティング等のプロ面して、
人の上に立ったような気になり
書物を出版してるのだからお笑いです。

しかし、
それを信じて本を読まれてる学生さんは、
笑い事じゃないですよね。
下手すりゃその学生さんの
人生すら狂わせてしまう危険性が伴ってます。

日本って何故こんなにも腐った社会になったのでしょうか?


●関連記事
100枚の絵でカンボジアに学校を(クリック)
一番大事な仕事は「確信犯」になる?(クリック)
騙されっぱなし(クリック)
売れるデザイン?売れる広告?(クリック)
マーケティング…(クリック)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


お粗末極まりないですね(汗)
帯に書かれている「ライバルに打ち勝ち」うんぬんも、結局同じレベルのライバルもこんな安っぽい戦略本を読んでいるという事が解らない読者を対象としているという事だし、この帯自体が安っぽい宣伝広告ですよね。結局、この本自体が負け組の人達につけ込んだ本であって、そういう人達から金を巻き上げるものではないでしょうか。実際そういう本は売れるのかもしれませんが、そういう社会自体が洗練されていなくて、バタ臭いですね・・・結局、近道したい人ばっかりなんでしょうか。そんな人達ばっかりでは、ちゃんとした文化が築けるわけがありません!!!

買い手が望んでるものは全て却下

♪morito さん

こういう本を参考にする人って、
階段を2~3段飛ばしで駆け上り、
途中で蹴つまずいて転び落ちるタイプという感じがします。
1歩1歩確実に踏みしめて登れば、実力確かな存在になれるのに、
どうも、楽して早く駆け上ろうとする人達が多いような気がします。
Blogサイトカテゴリーにあるビジネスという項目で
他人のブログを拝見してると、
「楽して設けるには…」とか、「稼ぐ為のノウハウ」的な
マニュアル記述が多いのも凄く気になります。

儲ける事に必至になり過ぎて、
儲ける為には買い手がいるという事を忘れてしまってる感じです。

いい仕事は必要ない。
トレーニングを積む事は要らない。
スキルも必要ない。
ただ、知名度を上げればそれで良い。


買い手が望んでるものは全て却下ですよね。
これが当たり前になってるのでは、
絶対に良くなるわけがない。
食品偽装等も起こるべくして起こったという感じです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1421-e0e2c3e9