FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

ハイマウントストップランプ

ハイマウントストップランプ

今では、当たり前で珍しくもない、
ハイマウントストップランプですが、
1980年代後半に登場した時は、まだまだ一般的ではなく、
社外品パーツとしてトランクの上などに
設置するタイプの物でした。
その為…?
日本では認可すらされてなかったですよね。

Wikipediaの情報によると、
現在はハイマウントストップランプの装備が
義務化されているそうです。


ホントかなぁ?
数年前の車検時にハイマウントストップランプの
発光ダイオードが弱りチラチラしてたから
車検に通らないと言われ、
ハイマウントストップランプの配線カプラーを抜き、
光らさないようにキャンセルさせて
車検に通した事があるんだけど、
義務化されるのならハイマウントストップランプを
光らさないようにキャンセルすれば
尚更、車検に受からないよね。


あれから、数年経ってるから
もしかしたら、現在は義務化されてるのかも知れませんが…。
最近の事情は、よく解りません。(^_^;)

…っで、ここからが本題ですけど、
ハイマウントストップランプって
何の目的で設置されるようになったのでしょうか?

今や当たり前となった
ハイマウントストップランプですけど、
当たり前になり過ぎて、
本来の目的が無視されてるような
ハイマウントストップランプも少なくないような気がします。

Wikipediaの情報を鵜呑みするなら、
義務化されてるから付けてるという感じです。

ハイマウントストップランプとは
文字通り高い所に設置されたブレーキランプで、
高い所に設置すると言う事の理由が存在してるわけです。
私がいつも言ってるように物事には理由があるのです。
当たり前になってしまうと
その理由が軽視されがちなんですよね。
要するに、慣れ、そして惰性で考える事なく、
ただ何となく…そう言った状況に陥りやすいのです。


MITSUBISHI i

こちらは、私の好きな車の1台で「ミツビシ i」です。
しかし、この車の
ハイマウントストップランプは意味があるのか?

最近ではピラーにブレーキランプなどを
配した車が増えましたけど
ピラーにブレーキランプを配置すると、
必然的に高い位置にブレーキランプが付きます。
当然、ハイマウントストップランプと
通常のブレーキランプに高さの差が無くなってきます。

高さの差が無くなると言う事は、
高い所に設置すると言う事の理由が無くなるわけです。
そう。ここで当たり前になり、
理由が軽視された結果が出て来てるわけです。

では、ここでもう一度、
ハイマウントストップランプの理由を考えてみましょう。
元々ブレーキランプは車の左右に2ヶ所でした。
配置してるのは主にバンパーの上。
そして、現在のような背の高いワゴン車は少なく
セダンが主流です。
セダン同士ならブレーキランプの確認も、
視線の移動をする事なく自然に目に入ってくるのですが、
トラックやバスなどの背の高い車が、
背の低いセダンなどのブレーキランプを確認するには、
視線を下げる必用があります。
下手すると前を行くセダンがブレーキを踏んでも、
トラックからは低過ぎて気がつかない可能性もあったわけです。
その為に背の高い車からも確認しやすいようにと
ハイマウントストップランプが設置されるようになったのです。

時々バスのブレーキランプでは、
通常のブレーキランプの下にハイマウントの逆である
ローマウントブレーキランプを
備え付けられたものもありますよね。

こうした理由を考えると「ミツビシ i」のような車の、
ハイマウントストップランプは意味があるのか?
という疑問が出てくるわけです。

単なる格好だけではなく、
その理由からデザインというのは考えていかないと、
とても滑稽で変なものが増えてしまうのです。



●関連記事
理由(クリック)
トマトジュース?~デザイン~(クリック)
中身より外身の文化(クリック)
ニューデザインパラダイス(クリック)



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


そうですね~。
本来のハイマウントの意味が分からなくなってきていますね。
ただ、私が重宝?しているのは、
スモールとブレーキが同じランプの車(ランプがダブル球)ってのも多いので、一瞬にしてスモールが明るいのかブレーキを踏んでいるのか分からないことが昔はありました。

それが、ハイマウントと言うか別の場所が赤く光ることでブレーキを踏んでいることが認識出来る効果がありますね。
ただ、そのハイマウントが球切れしていると恐いんですが..(>_<)

大型車の排気ブレーキもランプが点灯するものも、しないのも有る様ですし、あまり先行車のランプだけを信じるのも恐いですよね。
まだまだ、ブレーキランプが球切れしている車も多く見かけますし、そんな車の後続になった時は、路肩に寄ってやり過ごすことにしています。

流れに身をまかせて何処へ行くのやら

♪reapapa さん

本来のハイマウントの意味のように
理由が行方不明になってるものって沢山あるのですよね。
何も車業界だけじゃないです。
きっと、いろんな所で考える事を忘れ、
惰性で流されてるからじゃないかと思います。
何故そうなっているのか?
私が物事を考える時に最も重要視している事です。
理由が行方不明になったものは必ず矛盾が生じます。
それを放置したままで何も感じないのか、
それとも、しっかり考えて流されるのではなく、
ちゃんと舵取りをして行くのか?

デザインの現場は「何故?」と言う事が重要なのですが、
その重要な事を惰性でいい加減に扱っている気がしてるのです。

http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-674.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1368-fc8c2cf8