FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

まぼろしのスーパーカー展(完結編)

ホンダNSX

3回に分けてきた、
まぼろしのスーパーカー展のレポートも、
今回で完結致します。

広島市交通科学館に向かい、
そして帰るまでの道中で見つけたスーパーカーです。

上記写真は交通科学館の駐車場に止められていた
ホンダNSXです。
生産・販売は既に終了していますが、
現在もGTのレース(クリック)では現役で走ってる馴染み深い車です。
しかし、気がつきゃデビューから
20年が経とうとしてるのですね。

全く古さを感じさせない車ですよね。

日本のスーパーカーと言えば、
現在、日産GTRが
マルチパフォーマンス・スーパーカー
と名乗ってますが、
やっぱり私にとってのスーパーカーとは、
NSXのような車だなぁ~。…と感じます。
走る、止まる、曲がる…。
性能云々と色々ありますが、
車の基本性能は確かに必要なのだろうけど、
スーパーカーは、その基本性能にマイナス要素があっても、
それを補うくらいの強いインパクトが必要なのでは?

…と私の勝手な思いがあります。
スーパーカーは走らせなくても、
そこにあるだけで存在感を放ち、
そして、絵になる車がスーパーカーだと思います。
私は一時期、本気でNSXを所有したいと思いました。
実際には経済的に無理でしたけどね。(^_^;)
でも、欲しくて、欲しくてウズウズした事もありました。
きっと、お金が有れば迷わずハンコついてただろうなぁ~。
そういう衝動を起させた車という事では、
現行のGTRよりもNSXの方が勝ってると感じるのですよ。
性能も当時としては…いや、今でも文句無しだと思うし、
そりゃ、GTRと比べると
NSXは基本設計が古いから劣るだろうけど、
スタイリングではGTRの比じゃないと思います。

フェラーリF40

そして、こちらはフェラーリF40です。
山陽自動車道上り線の小谷サービスエリアで出会いました。
スーパーカーブームの当時に、
フェラーリを見た日には気を失っちゃうかも。

当時は、外車自体が珍しい存在でしたから。
スーパーカーを日常で目撃するなんて、
夢のまた夢だったような。
しかも、このF40はノーマル車じゃない!
フロントカウルがノーマルと全く違いますよね。
リヤも変更されてます。
ノーマルのF40はこちら(クリック)
ちなみにF40のノーマルフロントカウルは、
Assemblyの交換で600万円って聞いた事があります。
フロントカウルだけで、
私のシルビアが3台も買えちゃいます。

フロントをぶつけてしまったら、
一体化成形だからバンパーだけ交換なんて出来なくて、
フロントカウル全体での交換になるそうな…。
ノーマルで600万円だから、このカウルは…、
滅茶苦茶高いの一言で片付けちゃいましょう。



このF40は私の見てる目の前で、
良い音を残してたち去って行きました。

RX500のポストカード

最後に、広島市交通科学館でしか買えない
マツダRX500のポストカードです。
数に限りがあるそうなのでお早めにとの事でした。


●関連記事
まぼろしのスーパーカー展(その2)(クリック)
まぼろしのスーパーカー展(その1)(クリック)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1298-d8695bec