FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

まぼろしのスーパーカー展(その1)

まぼろしのスーパーカー展

「なつかしのスーパーカー展」から1年。今年も広島市交通科学館(クリック)にてスーパーカーが集結しています。今年は「まぼろしのスーパーカー展」です。

MAZDA RX500

今年の目玉は、何と言ってもMAZDA RX500です。1970年の東京モーターショーで展示されたコンセプトカーです。今、カー雑誌でもさりげなく話題になっていますよね。東京モーターショーの後、約40年もの間、マツダの倉庫で眠り続けていました。そして、今年マツダの技術者の手によってレストアが施され、今回の公開に至ったそうです。

RX500のコクピット

ドアが開けられていたので、コクピットの様子も見る事が出来ました。ショーモデルだからなのか分かりませんが、インパネ回りは意外とシンプルですね。ペダル類は、床からニョキッと生えるオルガンタイプです。

RX500のエンジン

スペックは、

全長/全幅/全高(mm):4330/1720/1065
車重:850kg
エンジン排気量:491cc×2ローター
最高出力:250ps以上


…と公表されています。
この車はそうそうお目にかかれる車じゃ無い!おそらく、最初で最後かも知れません。

RX500リヤビュー

リヤから見ると、何となくバック・トゥ・ザ・フーチャーを想像させるスタイルです。何とも未来的!

童夢-零

そして、更にもう一台の目玉は、スーパーカーブームの時に話題になった日本のスーパーカー「童夢-零」です。

私は写真でしかこの車を見た事がなく、実物を見るのはスーパーカーブームから約30年がたった、今回が初めての事です。

横から見た童夢-零

横から見た「童夢-零」は、ペッチャンコです。実際に市販化に向けて開発していた車ですが、当時のお役所は堅物ばかりで、散々たらい回しにされ市販化に至らなかった悲しき車かもしれません。


●関連記事
懐かしのスーパーカー展(クリック)
童夢-零(1978)(クリック)



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


見たい、見に行きたい!

行きたいんですけれどね~。
土日とかお盆休みは人も多いでしょうし、
真剣に有給取ろうかと悩んでます(^_^;)

波が去った後

♪reapapa さん

学生さんは夏休みですから、
人はそれなりに多いですよ。
私は日曜日に行きました。
本来の駐車場に車を止める事の出来ず、
路肩や駐車場でない場所空きスペースに
警備員の誘導で無理矢理止めてる車が何台もありました。
来場者の多かった事を物語っていました。
だけど、私は観に行った時間が昼の3時と
少し遅い時間だったので、通常の駐車スペースに、
待つ事も無く普通に止める事が出来ました。
人の波は去った後という感じでした。
おかげで、ゆっくりと見る事が出来ましたよ。
写真の感じからも、人が多いという感じはしないでしょ。(笑)

更に、私は、
もう一度、お盆の頃に行ってみようと思ってます。
実は、8/13~8/16の間、1日2回、
ランボルギーニカウンタックのエンジンをかけるそうですよ。
カウンタックのエンジン音を聞きに行くつもりです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1295-c156c191