FC2ブログ
2020 0112345678910111213141516171819202122232425262728292020 03

エコがエゴでエコ買え!



CM制作関係者やクライアントの中で、
誰一人としてこのCMは、おかしいって、
疑問の声が上がらなかったのだろうか?
ちなみに、このCMの文字はパロディとなってるようです。
本当の文字は「エコ替え」です。
しかし、多くの人が「買え!」
と言われてるように感じるのでは?

エコという言葉は魔法の言葉なんだって?
兎に角、「エコ」という言葉をアピールすれば、
何でもかんでも売れるみたいだから、
営業さんの必殺のキーワードらしい…。
定かじゃありませんが…。

だけど、いろんな所で言われてるエコに、
本当にエコの精神のあるものって、
私が知る限り企業や団体には皆無ですね。

エコをアピールする事なく
各個人が本当の意味での
小さなエコ活動を行ってるぐらいです。

こちらはgreen green music festivalの記事(クリック)
地元のタウン情報誌公式Blogの記事です。
エコカップを1つ100円で販売されてて、
それでドリンクを購入するとマイナス50円だそうです。
地球にもお財布にもやさしいですよね。って、
何処から地球にやさしいと感じてるのだろうか?
エコカップと普通の紙コップの違いは何?
更に使い捨てっぽいエコカップ。
飲んだ後、これはゴミになるんじゃないの?
缶やペットボトルと変わりない。
ただ容器がカップに変わっただけで、
ゴミを減らす事には全くつながってないと思うのだが。
しかも、カップにはgreen green music festivalの
オリジナルのデザインが印刷されてるし、
エコの精神等、微塵も感じられません。
家庭で普段から使ってるカップ持参で、
ドリンクを購入するとマイナス50円なら理解出来るが…。
これがエコと言う情報誌編集者の言葉かと思うと
本当に呆れてしまう。

「エコ」と言葉で言えば、
「何でもかんでもエコ活動になる」とでも思ってるのだろうか?

先日、環境保護訴えキャンドルの灯(クリック)
という記事を書きました。
ここでは「電気の使用を控えましょう」と、
エコをアピールし、
キャンドルを燃やし二酸化炭素を排出しています。
ある所では、そのイベントと平行して、
キャンドルの販売をしていたり…。

先日、我が家に、
某電力会社の営業さんが見えられました。
うちでの給湯の燃料は何を使用してますか?
との問でした。
私は、素直に灯油でお湯を沸かしてますと答えると、
早速、エコを理由に電気温水器(エコ給湯)を薦めて来た。
私は、まだ今のボイラーが使えてるし、
それに数年前にボイラーがダメになり
買い替えたので今はボイラーを替える事など
考えていない事を伝えました。
すると、今度は灯油代と電気代で
どちらが安くなるかという事で電卓を弾き、
その金額や電気の量を計算し、
更に地球環境に優しい事をアピールし始めました。
何が何でも現在使用中のボイラーから、
電気温水器(エコ給湯)に替えさせたいらしい。


しかし、某電力会社の営業の方は電気がエコというけれど、
キャンドルの灯では電気の使用を控えましょう
とアピールしてるんだよね。
メディアも電気がエコと言ってみたり、
キャンドルのイベントで電気の使用を控えるという、
イベントを取り上げてみたり、一体何がやりたいのだか?
も~、矛盾だらけです。

山陽自動車道福山東I.C.のゴミ

こちらは、山陽自動車道福山東I.C.を降りた交差点の
植え込みに投げ捨てられたゴミです。
写真では少ないように見えますが、
実際には木の根本等にゴミが沢山捨てられてます。
高速道路のサービスエリア等で買った食べ物等の
空き袋や空き缶等です。
走行中に飲み食いして、
一般道に出る交差点の信号待ちの時に捨てるのでしょう。
このような些細というか何処にでもあるような事には、
メディアは見向きもしない。

ゴミ屋敷等尋常じゃない話題になるような事はすぐに飛びつくが、
このような事は全く見向きもしない。
おそらくこのようなゴミは日本各地の何処でも見られる光景でしょう。
でも、話題性がないから知らん顔。
メディアが伝えたい事、本当は何もないのかも知れません。
伝えたい事じゃなく、話題を売りたい事なのだろうと思う。

売れそうな話題には飛びつくが、
売れそうもない事は知らん顔。
その話題が本当は重要な事だとしても、
金にならなきゃ興味無しなのでしょう。

エコ活動の矛盾の多さ、
そして、それを伝えるメディアのいい加減な体質。
いろんな場面でエコは人間のエゴに利用され、
本気でエコ活動を心がけてる人達の
心を踏みにじってるのだろうと思う。



●関連記事
環境保護訴えキャンドルの灯(クリック)
メダカ(クリック)
効果よりも話題性?(クリック)
トレー回収…(クリック)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


この記事に同感。
別の記事はまだ読んでませんが、これは同感。

エコじゃないエコ活動って?

♪哲人27号 さん

ありがとうございます。
エコを名目に商売を展開しようとすると、
必ず矛盾が生じてきます。
エコを知ってもらう為のイベント等もそう。
本来のエコ活動って地味なものだと思いますよ。
気がついてもらえるか貰えないかというような事だと思います。
エコを大々的にアピールしようとすると、
余計な所にアピールの為の無駄な事が生じ、
エコじゃなくなるのです。

http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-780.html

こういうのとかも、
エコを語って、お客に買わせたいだけで、
エコ活動に全く繋がってません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1274-55c6e040