FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

駐車場での拘り

この車の隣には止めたくない

過去、ファミレスの駐車場で
愛車に当て逃げされた経験をもつ私…。
それからというもの、
駐車場に車を止める時は凄く神経質になってます。

「何処に止めるか?」は凄く重要なポイントです。
上の写真のような車の隣だと、
いくら満車状態でそこしか空いてなくても
絶対に止めたくないです。
しかし、満車でなく隣に誰もいないからと止めたとしても、
後から隣に上記写真のような車が止めてくる事も良くある事で、
こればっかりはどう頑張っても防ぎきれないですよね。


柱に寄せて止める

そんなこんなで、
私は駐車場で当てられるリスクを極力無くす為に、
柱の隣を選びます。
柱に右側或は左側のフロントフェンダーギリギリつけて、
写真では右側を駐車枠の柱側に極端に寄せて、
左側は隣の枠線との距離を確保…と言うのが私の主な止め方です。
右側は、柱が隣とのマージンとなってくれますので、
枠ギリギリでもドアが楽々開けられます。

左側も余裕のスペース

助手席側も右側いっぱいに寄せてる為に、
スペースが広く確保出来、
車の乗り降りも楽に行なえるし、
更に隣の枠との距離が保てるので、
当てられるリスクが減るというものです。
流石に下手な人でも斜めになろうが
枠の端に偏ろうが、極力自分の枠内に止めますよね。

そして、人の心理として、
柱のような障害物のある場所は避けたくなるので、
下手な人は止めたがらないだろうと言う事で、
比較的、空いてる事が多いというのも理由かな。
そして、私が柱ギリギリに寄せてる為に、
枠の真ん中に止められない下手な人って印象が持たれて、
自分の横を避けてくれるかもという期待も込めて。
(笑)

隣にギリギリな車が止まっても余裕

買い物を終えて帰る頃には隣の車が入れ替わってました。
でもほら、お隣さんは若干右に寄って駐車されてますが、
私の車の左側スペースは確保されたままです。

右側は柱に守られてます。(^_^)v

ちなみに、柱のない平面駐車場では
お店の入口近くには止めません。
下手な人ほど楽しようと混雑するようなところでも
平気で行く傾向にあるようだから。
上手い人はいろんな状況を考え行動するから、
当てたりする事も少ないのですが、
下手な人はその場の行き当たりばったりが多く、
無理でも目先の楽しか見てなかったりするんですよね。
だから、良くぶつけたりするのでしょうね。

凹んだりキズの多い車を運転してるドライバーを観察してると、
ある種納得出来ちゃうんですよ。

狭い道での離合等、
広いところで待てば楽に離合出来るのに、
待たないで強引に突っ込んできて立ち往生になったり…。
そういうのも下手な人に多いです。(^_^;)



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1178-6e49d487