FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

プロに依頼しなきゃならない理由

作者不明だけど誰が見ても上手く目標にしてたイラスト

私がデザインを学んでた頃に
「こんな絵が描けたら良いなぁ」と憧れ、
そして、自分もそうなれる事を夢見てた頃に、
何処にでもあった、ありふれたイラストです。
このイラストは私のアルバムに貼って残していた
印刷物の切り抜きです。

純粋に上手いと思えるし目標でもあった。
音楽雑誌の付録にあったカセットレーベルにも、
このようなイラストは普通に使われていました。
当時どれも上手い絵だと思ってたから
普通にコレクションしてたんです。

当然、このイラストを描いた作者は有名でもなく、
誰が描いた物なのかサッパリ分かりません。

このようなイラストは特別な物ではなく
身近で当たり前の存在でした。
プロのイラストレーターや
プロを目指すイラストレーターのタマゴも、
このような作風のイラストを沢山描かれていたわけです。

時代、時代でイラストの流行りはありますが、
それでも誰もが描けるようなイラストはなかったように思います。
そして、将来的に私は絵を描いて仕事にしようとしてたので、
下手な絵を描く事は、もの凄く恥ずかしい事とも思っていました。

私は高校卒業まで周囲から普通に絵が上手いと言われてきました。
自分でも絵に自信があったし、
それなりにイケてるだろう…なんて思ってました。
だけどね、デザインの学校に行くと、
私と同じように、周囲から上手いって言われてた人ばかりが
集まってくるんですよ。

当然、今まで「上手い」って言われてた人の中でも、
上手い人から下手な人が生まれてきます。
下手と言っても、下手じゃないんだよ。
上手い、下手の基準がレベルアップしてるのです。
それまで絵ではトップクラスだと思ってた私は、
いきなり中の下ぐらいになっちゃいました。
挫折を味わい、必至で這い上がろうと、
凄くハングリーな気持ちだったと思います。

魅力の欠片もないイラスト

こちらは、現在のいろんなイラストレーターが、
クリエイターの登録サイトに登録掲載されてるイラストを、
順番に手当たり次第集めたものです。
6枚とも別々の作者ですが、どれも作風が同じ。
まぁ、作風に関して言えば流行りがありますから、
上記の私が目標にしてたイラストも同じような事が言えます。
しかし、1つハッキリ言えるのが、
素人でも簡単に描く事が出来そうなイラスト
と言えるのでは…と思います。
このような絵を見てもワクワク出来ない。
ましてやアルバムに貼って
コレクションしようって気にもならない。

それに、どれも凄く幼稚だよね。
そして、「素人でも描けそう」と思えると言う事は、
イラストレーターというプロが描かなければならない
理由も見つからない。




●関連記事
1980年代のイラスト(クリック)
私がillustration誌を購読しなくなった理由(クリック)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1120-96ce05aa