FC2ブログ
2020 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 08

和なのに英語?

すだちや

なんだか、切り抜き合成みたいな写真になっちゃったけど、
合成するような面倒くさい事してません。
撮りっぱなしの至ってノーマルな写真です。(^_^;)

このお店は和のイメージで建物と看板と統一させてるのに、
何故、一部に英文が使われてるのでしょうか?

一体、どんなお客に何を伝えようとしてるのでしょうか?

すだちやの看板

Enjoy food.
Enjoy life through food.
Appreciate life through food.
…We serve our food with this motto.


食を楽しむ。
食を通して生活を楽しむ。
食を通して人生に感謝します。
…私たちは食に、このモットーをかかげてます。


日本語で記せば、辞書使わなくても良いのになぁ。
お客さんに優しくないです。

でね、私は思うのですが、
こう言う、『こだわり』とかそういうのって、
言葉にして自分から言った時点で、嘘くさく感じませんか?

いちいち言わなくても、それを実際の行動として、
実践すれば必然的にお客さんに感じてもらえますよね。

何故に、こういう日本のデザインって、
これでもかって言葉で説明したがるんだろうね?

しかも、この場合は、
英語にして誰に説明したいのか焦点をボカし、
全く「何がやりたいのか?」という事すら見えて来ない。

↓こちらは、友達が撮影したムービーです。
 仕事ではなく全くのプライベート映像です。


↓そして、こちらは、
 フリー情報誌のウェブ版での店舗紹介ビデオです。
 プロのお仕事ですよね。


とても同じお店とは思えません。
フリー情報誌のウェブ版での店舗紹介ビデオは、
「やすらぎ」なんて言葉を店員さんに言わせて説明してますが、
どちらに「やすらぎ」を感じるでしょうか?

映像なら映像の持つ役割。
写真なら写真の持つ役割。
イラストならイラストの持つ役割。
言葉なら言葉の持つ役割。
それぞれの役割をクリエイターが全く理解していない。



●関連記事
今頃…(クリック)
Sukiya is delicious(クリック)




にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント


英語が客に対して命令形になってるし(笑)

「スペースを埋める為に何か欲しい」というレベルで英語を使ってるのが見え見えな看板ですね(笑)いや、その英語も良いコピーだったらまだ良いのですが・・・。正しい日本語をしゃべれない外国人が、良い日本語の宣伝コピーを書けるわけが無いように、英語が怪しい人が英語でコピーを書こうなんていう考え自体が根本的に間違っていると思います。理屈で考えても解りそうなものですが・・・
自分よりもっと知識がある人たち、もっとセンスの良い人たち、もっと経験のある人たちも、自分のデザインを見るのだとしっかり意識できない人は、悪いデザイナーだと思います。そして、そう意識すれば意欲的に色々なものに触れて勉強(参考書を読むとかじゃなくて!)せずにはいられないのです。

「役割」と「理由」

♪morito さん

>食を楽しむ。
>食を通して生活を楽しむ。
>食を通して人生に感謝します。

     ↑
命令形ってこの部分ですよね?

正式に訳すと

食を楽しみなさい。
食を通して生活を楽しみなさい。
食を通して人生に感謝しなさい。

って感じですよね。

お店のメッセージとして、これはありないだろうと、
当たり障りのない形に置き換えてみましたが、
やっぱり、そのままの意味だったんですね。(^_^;)

どうでも良いへんてこりんなところに
「Let's」を使ってるのはゴロゴロしていますが、
本当に必要とされるところでは使わないのかなぁ?

まぁ、英語が理解出来ていないのに、
英語を使おうとしてるのが大間違いです。
私も昔は平気で英語を使ってたけど、
今は恐ろしくて安易に使う事など出来ません。(^_^;)

物には何事にも「役割」と「理由」があります。
だけど、現在のクリエイティブの現場には、
「役割」と「理由」が消えて無くなってる気がします。

飾りじゃないのよモットーは

「食べ物を楽しみなさい
 食べ物を通じて生活を楽しみなさい
 食べ物を通じて生活に感謝しなさい
 我々はこのモットーと共に料理をお出しします」

と言ってるので、どう考えても命令形ですよね(^_^;)
というか、KOJIさんが最初に書いたような日本語を英語に翻訳しようとしたのだと思いますが、最初から英語で考え無いからヘンな英語になってるのだと思います。本来なら主語は"We"だと思うんですが、日本語は主語を省いても何となく伝わりますが、英語だと省けば命令形です。せめて"Enjoying"(楽しむ事)と書かないと、意味が全然変わってしまいます。
モットーなのに伝わらない言葉(間違ってた英語)で書いてるところも、誰に伝えようとしているのか不明だし・・・きっとただのデザインとしての飾りなんでしょうね。

日本語で考えた英語

♪morito さん

こう言う日本語で考えられた誤った英語というのは、
そこら中にゴロゴロしてますよね。
そして、そういうのを創ってる側が、
何も疑問にも思わず創ってるというところに愚かさを感じます。

http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-438.html
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-610.html
http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-324.html

…etc.

日本で見かける英語のほとんどが誤りです。
それでも、英語が理解出来ない創り手が、
英語に拘る理由が理解出来ません。

飾りとしてのデザインとしても、
英語が理解出来る人から見れば飾りにもならないし、
言葉や文字を使って「伝える」なんて言ってるプロの人達が、
その伝える為の道具をいい加減に扱ってるって事なんですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1048-9944a3bb