FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

食の安全と勿体ない

冬期限定の発泡酒「白麒麟」

麒麟、冬季限定発泡酒「白麒麟」を飲みながら、食の安全について、漠然と考える…。…って、白麒麟は話題と関係ないし~。青い缶が綺麗だったので写真を撮ってみました。それだけの理由で白麒麟を登場させました。
▽・ω・▽

最近、やたらと賞味期限切れの食品を販売してたとか、そういうニュースが多くないですか?モラルの低下と言えば低下なのだろうけど、逆に、食の安全に対してある意味、過剰反応し過ぎてる感もあるのかなと思ったり…。いやっ、だからと言って、賞味期限を偽り世間を騙すような偽装行為はダメですよ。ただ、それが加熱し過ぎた状況を見て、私は逆の意味で問題を感じるわけです。

一番搾りなチョコレート

これは麒麟一番搾りのチョコレート(賞味期限切れ)です。別にこの写真も賞味期限が切れてる物だったら何でも良かったんだけど、ちょっと珍しかった物で…。
(;´▽`A``

このチョコレートは食べた時に賞味期限切れてましたが、それでも食べたんだけど、なんて事は無いですよ。チョコレートなんて元々保存食で登山にも越冬にも重要な商品で、それで命が救われる事もあるそうです。登山家には不可欠な携行食糧となってるようです。
( ̄  ̄) (_ _)うんうん

っで、何が言いたいかと言いますと、賞味期限が切れたからと言って、まだ問題なく食べる事が出来ても、容赦なくポイポイと廃棄処分という事に疑問を感じずにいられません。そりゃ、食の安全という事は凄く大切な事だけど、安全上問題ない物でも「賞味期限切れ」という事だけで、捨ててしまうのはどうだろう?

私の身内がコンビニで働いてます。働き始めて一番ショックを受けたのが弁当の廃棄処分だそうで、賞味期限が切れる少し前に容赦なく廃棄処分です。
(≧◇≦)エーーー!
賞味期限というタイマーが切れたら、その段階で食べる事の出来ない品に変わってしまうのです。数秒前大丈夫だった物が数秒後に急にダメな物に変わるのです。そんなアホなぁ~。
ヾ(・・;)ォィォィ

たった1店舗のコンビニでショック受けるくらい廃棄処分されてるのですから、それが日本全国規模になると、どうなるか…。更にコンビニだけじゃなく他の食品関係もそうでしょう。毎日想像もつかない恐ろしい量の食料が処分されてるんですよね。日本は食にしても何にしても、殆ど輸入に頼ってます。それでも、そこに食料があって当然の如く考えられている。(´Д`|||)

赤福も回収した商品を餅とアンコに分けて品質的に問題ない物を冷凍保存し再利用してたんだろうから、材料の再利用品と正直に打ち出し、価格をうんと安くして販売してたら良かったのにね。それでも法律ではダメなんですかね?

私は食の専門家じゃないから食の詳しい法律は分からないですが、でも、普通に考えて勿体ない事してますよ。地球上では食べる物が無くて困ってる地域も多くあるのに、日本じゃ食べる事が出来ても賞味期限切れという事で、ポイポイと廃棄処分してますからね。(u_u)



にほんブログ村 デザインブログへ ←クリックよろしくお願いします

Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト



コメント



私は以前、食品会社で働いてましたから、
食品会社側に同情しますが、

この辺は信用問題なんですよね。

例えば、10個の弁当があって、
30時間で1つの弁当が腐食して、
残りの9個が大丈夫であったとしたら、
その賞味期限は最短で腐食したものに合わせるしかありません。

要するに食品メーカーが品質を保証できる期限、
すなわち『責任を持って食べれる言う期限』という事になります。
仮にこれに賞味期限が書いてなければ、
買って3日も4日も経って食べた弁当であっても、
それで食中毒を起こせば、製造元の責任となるわけです。

ですから、実際賞味期限が切れたものでも、
腐ってなければ普通に食べれます。
賞味期限切れの食品を食べるときは、
自己責任が原則となるわけですね。

コンビニ弁当に関しても、
仮に賞味期限が切れた弁当を半額で売って、
買う方が分ってて買ったとしても、
それで食中毒を起こせば、
販売元の責任になりますし、
従業員がもって帰って食中毒を起こせば、
コンビニ側の管理を問われる事になります。

一方では環境問題だなんだと騒がれてる中で、
非常に矛盾してると私も思いますが、
今の法の元や市場では難しいでしょうね。

PL法の改正の時にも思ったんですが、
消費者側の問題の方が大きいように思うんですよね。
自分で判断/判別が出来ない人が増えたともうしますか・・・・。
まぁ、例外で言えばパック製品や、缶詰などは、
見た目じゃ判断のしようもありませんけどね。

PL法

♪しま さん

そうなんですよね。
PL法も何だかある意味、甘やかしの法律ですよね。
自分で考え行動する事を免除してるような物でしょう。(^_^;)

自分で何も決められない人が増え過ぎだし、
何かあれば、すぐ人のせいにして責任逃れ。
そういう事で考えれば、消費者側だけの問題じゃないですよね。
その消費者も会社では人に提供する側の人でしょうから。

PL法がそういう体質を助長させてるのか、
そういう体質が増えたからPL法が出来たのか?
どっちにしても、自分で何も判断出来ない。

食の安全と環境問題…。
何だか複雑な問題ですよね。

賞味期限内の物でも保存方法を間違ってれば、
賞味期限内でも腐ってしまうだろうし、
結局、最後は個人の責任って事なんだろうと思いますね。

そう言えば、私が子供の頃…、
30年以上前ですが、普通に腐ってるものを売ってた店があったなぁ~。
正式には当たり外れのある店。(笑)
買い物して帰って食べようとすると、「また、腐ってた。」なんて、
それでも笑ってたような記憶があります。
当然、食べないで捨ててたけど。(^_^;)
今じゃ考えられない光景です。(笑)

そういう時代を当たり前に過ごしてきた人達は、
悪気があるとか言うのじゃなく、
普通に食の安全や産地偽装という意識が薄いのかもしれませんね。
肉のホープ社長なんて、そんな感じがします。

>買い物して帰って食べようとすると、「また、腐ってた。」なんて、
>それでも笑ってたような記憶があります。
それはすごく解ります。(^^)

今は先進国として、当たり前の形になっていってるんでしょうけど、
一方で公害がどうだと叫び、一方で森林伐採や自然環境がどうだと叫びつつ、
こうやってたくさんの食料を捨ててたりする。

某大手流通さんだってそうですよね。
木を植えてます、環境問題に取り組んでますと言ってますが、
やっぱりこの辺で矛盾が生じちゃってるんです。

なんだか、そういうのが体裁だけの、
薄っぺらい主張に感じて、
私はあんまり好きじゃなかったりします。
だって、目的が環境問題への取り組みではなく、
イメージアップですから、なんだか腹黒さを感じちゃうんですよね。

矛盾するイメージアップ

♪しま さん

http://kbrand.blog9.fc2.com/blog-entry-780.html

こういうのとか、まさにそうですよね。

あと最近ではエコバッグなるものが流行ってますが、
エコバッブを求める人は増えてるのですが、
買い物にエコバッグを利用する人はあまり増えていないとか…。
そりゃ、多少は増えて入るのですが、
エコバッグを求められた数に対して、
実際のエコバッグの利用は非常に少ないようです。

どこぞやのブランドのエコバッグなど、
ファッション的に求めるだけで、
エコじゃなくエゴになってるだけと言われてたりしますよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kbrand.blog9.fc2.com/tb.php/1018-4a087486