2011 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活動休止のお知らせ

大掃除

年末大掃除。犬だって、その気になれば大掃除だってしますわなぁ~。

突然ではありますが、本日を持ちまして、デザイナー&イラストレーターとしての活動を無期限で休止する事にしました。
実は、夏頃から漠然と休止する意向は固めていまして、ずっと次の職探しをしてました。今後はクリエイター業ではなく別の事で再出発しようと思っています。

活動を休止するに決定的な理由は、やはり業界への不信感というのが最も大きな理由です。クリエイティブな仕事が好きでこの世界に入り、好きであるが故に自然とのめり込み、自分なりに精進し多くの事を学んで来たつもりです。しかし、精進し多くの事を学び自分の成長を感じる事と反比例して、業界の悪い部分が大きく感じられるようになしました。業界の悪い部分と言っても、おそらく、国内のマーケットとして考えると正しい事なのかもしれません。しかし、国内のマーケットと限定された環境では正しい事でも、海外を考えグローバルな価値観に基づくと、とても国内のマーケットが正しいとは言えず、海外のマーケットと比べると、あまりにもレベルの低さを痛感致しました。

このまま国内のマーケットの中に身を置いていても、それ以上のレベルは望めないと悟り、それならばと身を引く決意を致しました。本当のプロが本当のプロとして活動出来る現場が整ってないのであれば、そこで、プロとして活動する意味がない。
おそらく、今、私の言ってる事が理解出来ない人でも、10年後には何となく理解出来るようになるんじゃないかなと…思います。

以前もこのBlogで言った事がありますけど、私の考えてる事は10年先を行ってて、これまでもずっと受け入れられないで来ました。…が、10年後には不思議と私が言ってたような結果になってるんですよね。でもね、他人の事は10年後が見えても、自分の事は全く見えて来ない。この先、私がどうなるのか、何処に向かおうとしてるのか…。ただ、活動休止としてるように停止ではなく休止だから、いつか、また力をつけて戻って来ようとは思っています。今度はアマチュアに毛の生えたような形でデザインやイラストに関わって行こうと思ってます。

とても皮肉な事ですが、この仕事を極めるならプロとして業界にいるよりも、アマチュアな方が近道な気がするのです。ハッキリ言えば、実力も無いのにプロという肩書きだけで偉そうにしてる人達が多すぎるので、多勢に無勢。まともな仕事をしようとしても邪魔をされてしまい、まともな仕事が出来ない屈辱を感じながらプロとしてこの世界に残ってるよりは、アマチュアの道を選ぶという結論です。

そして、このBlogですけど、今まで通り続けて行くつもりです。活動を休止しても、私の日記と言うスタンスは変わりません。今までありがとうございました。来年からはアマチュア活動ですが、たぶん、Blog的には変わらないかなぁ~。来年もよろしくお願いします。

…、そう言えば、年賀状を全く書いてないなぁ。




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

あなたのお茶…という事は?

サンガリア あなたのお茶

サンガリアの「あなたのお茶」という商品名の緑茶です。
このお茶をお店で買う時に、なんだか変な感じだったなぁ~。だって、「あなたのお茶」っていうのが店舗に陳列されてるのですよ。「あなたのお茶」なんて言われると、それはまぎれも無く「私のお茶」と言われてるようなもので、「私のお茶」なのに、お金を支払わなきゃならないの?…なんてね。



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

スーパーカップなのにミニ?

明治エッセルスーパーカップミニ

お風呂あがりに、明治エッセルスーパーカップミニを食べました。ところで、スーパーカップのスーパーって何がスーパーなのでしょうかね?やっぱり、商品名の流れからすると、カップが「スーパー」なんだよねぇ?
「スーパー」なカップがミニになったら、それは普通のカップじゃないか。しかし、実際には普通サイズのカップよりも小さなカップになってるからスーパーな感じは全くありません!(爆)

容器の大きさを商品名にしちゃうから、後にバージョン違いが出た時に矛盾が出るんだよ。(しみじみ)



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

ジャッキーチェンのアクションスタントNG?

ジャッキーチェン:プロジェクトAより時計台からの落下

ちょっと、Blogが滞ってしまいました。
実は、私…引っ越し屋でアルバイトしてまして、体を張って仕事してます。20年以上怠けて錆び付いた筋肉を酷使しています。先日の原田温泉での記事(当Blog内リンク)で筋肉痛を癒してたのもその為です。

筋肉を使ってなかったから筋肉痛になるのは兎も角…、頭で思い描く身の動きと実際の動きのギャップに自分自身驚いてます。軽やかでしなやかな筋肉のバネは何処にも無く、ただ、ただ、無駄に重い身体。学生時代には簡単に出来てた事が何一つ満足にこなせないのです。

そんな中、私はジャッキーチェン映画スタントばりのNGアクションをやらかしてしまいました。下手すりゃ一大事でした。引っ越しの荷物を二階の窓から出すのに、トラックのリフトに乗って荷台の屋根上に登って受けてたんだけど、二階の部屋で手が足らないという事で、トラックの屋根上からアパートのコンクリート階段の踊り場に飛び移ろうとして(気持ちは若い時のまま)思いのほか足が上がらなくて、階段の手すりに足が引っかかって踊り場に頭から落下してしまいました。

高さ的には、約1.5mぐらいなんだけど、私は落ちた瞬間の記憶が無くて、どう受け身を取ったのか分からないのですが、膝小僧を擦り剥いだのと左足の親指を強打した程度の怪我で済みました。

仲間は大怪我して大変な事になったと顔面蒼白だったようです。私も自分の体が、こんなにも動かなくなってるのかと思い、本当に情けなかったです。頭から落下したけど、コンクリートに頭を打ちつける事も無く、膝古層に絆創膏を貼る程度怪我だったのが不幸中の幸いです。

アルバイトだから、労災の保険も無いから気をつけねば…。



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

尾道いなり

尾道いなり寿司

尾道で「尾道いなり」という、いなり寿司に出会いました。お店の中には、「尾道いなり3個入り」と普通の「いなり(単品)」がありました。普通のいなりと尾道いなりと言っても見た目にはあまり変化が無い。パッと見では「尾道いなり」のバラ売りが普通のいなりじゃないかと思える程でした。

だから、私はお店のオバちゃんに聞いてみました。「尾道いなり」と「普通のいなり」は何が違うの?すると、オバちゃんは面倒臭そうに…、「あのねぇ~、値段が違うでしょう~。それに、中の具材も違うでしょ~!」そして、貼り紙を指して、「ここにも貼ってるんじゃけどねぇ~!」って、なんだか聞いた事に対して怒られてしまいました。
だけどねぇ~、「値段が違う」って、そりゃ見たら解る!中の具材も微妙に違ってるのも比べてみたら誰だって分かるよ!私が聞きたいのは、そんな事じゃない!

きっとオバちゃんは、多くのお客さんから同じ質問ばかりされてうんざりしてるんだろうね。だから、貼り紙を貼って説明もされてるんだろうけど…、説明のポイントが間違ってるんだよなぁ~!(汗)
ホラ、「尾道いなり」って言うくらいだから、具材に尾道の名産品がふんだんに使われてるとか、尾道の港で水揚げされた魚介類を使用してるとか、そういうのは無いんかい!

オバちゃんの対応に少々ムカつきながらも、美味しいと評判みたいなので、とりあえず買って帰りました。そして、食べてみました。…、クソォ~!悔しいけど美味しい!
可も無く不可も無くみたいな標準的な美味しさだったら、ボロクソに評価をくだしてやろうと思ってたんだけど、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」だと、逆にこっちが大人げなくなりますからねぇ~。(笑)

仕出しのやすもと

ちなみに、お店の名は上記画像の店です。是非とも、尾道に来られた際には、ここのお店でオバちゃんに、「尾道いなり」と「普通のいなり」は何が違うのか?聞いてみて下さい。(笑)



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

クリスマスに冬至じゃなく湯治

クリスマスケーキ

12/25(日)…巷ではクリスマスムード真っ只中という状況なのに、私は脇腹と背筋へかけて激しい筋肉痛、時折、肋骨が疲労骨折でもしてるんじゃないかと思うくらいの激痛に見舞われ、のたうち回っておりました。

奥尾道の秘湯 原田温泉

多分、筋肉痛の激しいヴァージョンだろうという事で、筋肉を癒しに、奥尾道の原田温泉(当Blog内リンク)に浸かってきました。今年の1月に行ってから、ほぼ1年ぶりなのです。

ゆうじんの湯

ラドン含有量が178.00マッヘと広島県でトップとの事で、湯治場として人気です。

原田温泉の煙突

1日ゆっくり浸かって、披露を癒してたんだけど、連日のハードな仕事で一向に良くなりません。


■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

フライヤー?チラシ?

フライヤーorチラシ

上記デザイン会社さんのWEBサイトにはフライヤーとチラシが別々の扱いにされてるのですが、私にはこの標記の意味が分かりません。フライヤーとチラシは別物なのか?だったら、何がどう違うのか、その違いを説明してもらいたいと思うのだが…。デザイン会社で取り扱われている商品が理解出来ないのです。それって、デザイン会社として分かりやすいデザインがなされているという事なのかな?

デザイン会社やフリーランスのデザイナーさんのWEBサイトを見てると、業務内容紹介に「フライヤー」なんて言う一般の人には聞き慣れない言葉が紹介されているのですが、何故、最も分かりやすい「チラシ」って言葉をつかわないのでしょうかね?…私の素朴な疑問です。例え使われていたとしても、上記画像のようにフライヤーとチラシの両方が別々の扱いで標記されていたり…。

「フライヤー」と「チラシ」の違いって何だろう?そこまで考えられて「フライヤー」という言葉を敢えて使ってるというなら立派だとは思いますが、今の日本では「フライヤー」という広告は存在出来ないのです。
これは法律上の問題であり「フライヤー」をバラ撒くと違法行為として捕まっちゃうのですよね。でも、業務内容紹介に「フライヤー」という言葉を使うデザイン会社やデザイナーさんの多い事…。完全に「フライヤー」と「チラシ」を混同してますなぁ~。自分達の仕事内容なのに理解出来てない変な業界です。(汗)

「チラシ」の事を「フライヤー」と呼び、一般的な「チラシ」と呼ぶよりも、なんとなく「フライヤー」と呼んだ方が専門的に感じるし、出来るデザイナーっぽさを演出しようとしてるんじゃないかと感じ、私には、その行為が稚拙で非常にみっともなく感じてしまいます。これは、先日書いた記事の、英文なら何でもかんでもオシャレ?(当Blog内リンク)に通ずる話題でもあると思います。

フライヤー、flyer,flier
近代において、飛行機やヘリコプターを用いて、空からチラシをばら撒いて配布する方法がとられていた事がありました。その為「飛ぶ物」をあらわす言葉が当てられたようです。


チラシ
「散らす物」→「散らし」というのが語源で、街頭や新聞折込などで配布される物。


このような語源から考えると、今の時代にフライヤーは無いのではないかなぁ~?って私は思うのですよ。それにさぁ、そもそも一般的に知名度の無いフライヤーって言葉を敢えて使おうとする理由は何故なの?

私は、フライヤーという言葉を使うデザイン会社さんやデザイナーさんに説明してもらいたいと思います。それで、仮に自分達が説明出来ないのであれば、そのような言葉は使うべきじゃないと思うんだけどね…。でも、そういう事を疑問に思う事なく平気で使っちゃうのが、この業界なんだなぁ~。




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

まなざし

まなざし

クリスマス寒波の寒ぅ~いイヴに、たまには、こういう写真も良かろう!


■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

童夢-零

童夢-零

果して童夢-零は、夢のスーパーカーだったのか?
あのスーパーカーブーム覚めやらぬ1978年、突如、日本から誕生したスーパーカー。

童夢-零

童夢初のプロトタイプスポーツカー。第48回ジュネーブ国際自動車ショーに出品。
1975年に童夢プロジェクトがスタート。童夢-零の生みの親で社長の林みのる氏が、当時のレースをする為に資金源としようとして開発された車です。当時のレース業界では、自動車メーカーvsお金持ちプライベーターという図式で、お金のないプライベーターにはレースを継続する術がありませんでした。そこで、スポーツカーを作って販売しようと考えたのが切っ掛けだったそうです。その時集まったレース仲間となけなしの資金で造り上げたのが、ここで紹介する童夢-零です。

当初は京都のマクランサの事務所の片隅が童夢の企画室となっていました。1976年頃からスタイリングのスタディを始めましたが、そのうち作業の中心は大阪のハヤシレーシングの工場に移り、スタッフも集まってきました。
童夢がレーシングカー・コンストラクターを諦めてロードスポーツカーを作ろうとしていたように、丁度当時のレース界はコンストラクターを目指していた連中が挫折し始めていた時期で、この頃はほとんどの名のあるデザイナー/コンストラクター達が集結していたと言っても過言ではないような状況でした。
各地から集まったスタッフは大阪の工場街にアパートを借りるも、時々お風呂に入りに帰るというようなハードスケジュールで開発を進め、なんとか予定の第48回ジュネーブ国際自動車ショーに間に合わせる事ができました。しかし、おかげで開発を開始した当初、4人いた既婚者全員が奥さんに逃げられたという、なんとも悲惨な開発の2年間だったようです。

とりあえず、このプロトタイプが成功して今後の展開に繋がらない限りは後が無いわけで、この童夢-零は最初から童夢の打ち上げ花火として考えられていました。とにかく「インパクト狙い」が基本コンセプトだったようです。
しかし、レーシングカーばかり造って来たスタッフにとって、プレスのフュエルタンクやフロントガラスの製作、リトラクタブル・ヘッドライト等の設計はかえって新鮮で、改めて一般の乗用車の設計を見直してみたり、それなりに真面目に車造りに取り組んでいたようで、経験不足な中にも満足感と自信のもてる作品になったとのことだそうです。

ジュネーブショー以降、童夢-零は大変な評判となり、連日いろいろなマスコミの取材を受けたので、少しは期待をしてたそうですが、帰国後すぐに玩具屋さんから商品化の申し出があり、考えもしていなかったので大喜びで契約する事となったようです。しかし、その玩具屋さんが打ち合わせに来る前に数件の申し込みが続き、結局、その全てとアイテム毎のライセンス契約を締結する事になったようです。最終的にこの契約のおかげで京都の本社が建設できて、ル・マンにも参戦できたのだが、最初の申し出が400万円で全ての商品化権という事だったので、この契約書に印を押していたら今日の童夢は無かったかも知れないそうです。

それから一年余り、車両認定に関して運輸省との交渉が続いたのですが、それは交渉というレベルの問題ではなく俗に言うたらい回し、柳に風、暖簾に腕押し、糠にくぎ、時おりハリネズミのような威嚇も交えて、健全な精神の持ち主なら気が狂ってもおかしくないほどの狂気の世界で、こんな人達を相手の努力なんて何の価値もないと国内での認定を諦められました。

童夢P-2

その為にアメリカで認定作業を行おうとDOME USAを設立し、アメリカで市販車認可を取得しようとアメリカの法規に準じた仕様の「童夢P-2」を開発する事になり、努力してる最中に童夢-零のミニカーやラジコンの大ヒットで気を良くしていたある玩具メーカーが2匹目のどじょうを狙って、「開発資金を前渡しするから何か新しい車を作ってくれ。」と言ってきたので、「じゃあ、レーシングカーだ!」と方向転換し、もう童夢-零の市販化はそっちのけ。
そして、これがル・マンに参戦の切っ掛けとなる。もともとレース好きの集まりだったから、ワッと興味がレースの方に集中し、結局、中途半端な状態で童夢-零の市販プロジェクトは立ち消えとなりました。

スーパーカーという車の存在理由が今一つ理解出来ないと林みのる氏は言う。「スーパーカーは、公道を早く走れるのか?」…速さだけならフルチューンのGT-Rを選ぶ。それでは、「サーキットなら速いのか?」たぶん本格的にチューンしたツーリングカーには勝てないだろう。だから、童夢-零の生みの親、林みのる氏にとって童夢-零はスーパーカーではなかったという事になる。

車作りを続ける為の最後の賭として童夢-零を海外のどんな車よりもインパクトのあるものにする必要があった。ちょっと、姑息な手段ではあるが、話題になる事だけを大前提としたアドバルーンという成り立ちは否定出来ない。

●全長:3980mm●全副:1770mm●全高:980mm●ホイールベース:2400mm ●トレッド前後:1400/1450mm●最低地上高:130mm●車両重量:920kg ●シャーシー:スチールモノコック●ボディ:FRPセミモノコック●エンジン種類:水令直列6気筒 ●エンジン形式:L28B型ターボ●総排気量:2800cc●最高出力:145ps●ミッション:ZF-5DS-25/2 ●ステアリング形式:ラック&ピニオン●サスペンション:前後ともダブル・ウィッシュボーン・コイル ●ブレーキ前後:ガーリングAR5ベンチレーテッドディスク/ガーリングARGディスク●タイヤ前後:185-60VR13/255-55VR14



童夢-零

(写真:左)コクピットの様子。
(写真:中)車内の様子。
(写真:右)フロントカウルを開けた様子。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~スペシャルカー~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

おりこうさんで待ってます

忠犬

某コンビニ駐車場にて、ご主人のお買物をじっと待ってます。きっと、ご褒美もあるはず!


■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

「※イラストはイメージです。」の注意書きを入れなければならない矛盾

チーズ味のクラッカー

チーズ味のクラッカーなんだけど、輸入商品だとパッケージのイラストがクラッカーとは全く違うチーズそのものでも「※イラストはイメージです。」という注意書きは必要ないのですね。

イラストはイメージです

方や、日本のお菓子は、パッケージのイラストと中身の商品が同じでも、「※イラストはイメージです。」という注意書きが必要な矛盾!

他にも「※写真はイメージです。」や「盛り付け例です」「調理例です」も同様に、これらの注意書きは全て一部のクレーマーからの逃げの言葉であり、その為にデザイナーは表現が制限されてしまう。また、一部のクレーマーの為に用意された注意書きは、大勢のまともなユーザーからしてみれば、「イラストがイメージである」と標記されなければ理解出来ない人達と、大勢をバカにしたような標記になってる事に関してデザイン業界は何とも思ってないのかなぁ~?って、疑問を感じるんだがぁ。



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

オバカ大国日本~世界の恥さらし~

世界の恥さらしオバカ大国日本


明石家さんまがメッシに「間抜け」な質問 日テレのインタビューが海外でも「酷評」。
サッカー・トヨタ・クラブワールドカップ(W杯)で優勝したバルセロナ(スペイン)のリオネル・メッシ選手(24)に対して、テレビ局が行ったインタビューが「ひどい」と話題になっている。
2011年12月18日、W杯決勝が横浜国際競技場で行われ、欧州代表のバルセロナが南米代表のサントス(ブラジル)を4対0で下して優勝した。

「引退後はどうするんですか?」
そんな中、決勝で2点入れる大活躍をしたエース、メッシ選手に対して、試合を放送した日本テレビが手際の悪い対応をしてしまった。優勝セレモニーでチームメイトが歓喜に浸る中、メッシ選手一人だけを特設スタジオに呼び出し、インタビューを行った。サッカー女子日本代表の澤穂希選手や、お笑い芸人の明石家さんまさんら、出演者みな拍手で歓迎したのだが、メッシ選手は少し困ったような顔をしている。さんまさんが、後ろからコートをかけようとしても、首を横に振って断ってしまう。

そして、通訳が「一問一答です。もう時間ないんで」と伝え、さんまさんが「どうもありがとうございます。サッカーの質問はみんな聞いてるやろうから、老後はどうしはるんですかと」と質問する。
すると、メッシ選手は通訳を通して「まだ引退まで時間があるので、それが終わったら考えます」と返答し、すぐ後ろを向いてチームメイトのもとに行ってしまった。少し後味の悪い感じだ。「メッシ全然笑ってないな」「真剣に戦う選手に失礼」

さんまさんらは「そんな時間がなかったんだ」「一瞬でも来てくれただけでも貴重」などと笑顔で話していたが、この一連の流れがネットで話題になり、
「メッシ全然笑ってないな」「さんまの質問は完全に間抜け」「セレモニー中に無理矢理連れてきて引退後の質問とか日本最低だな」「サッカーにくだらないお笑いとか全く必要ない。真剣に戦う選手に失礼」といった書き込みが寄せられた。

もっとも、メッシ選手は質問前から怪訝な顔をしているので、質問だけでなく、セレモニー中に呼び出したということ自体が余り良くなかったのだろう。日テレの段取りの悪さを指摘するものもあった。

さらに、このインタビュー動画がYouTubeにアップされ、海外から「日本人はバカだ」「コメディが失敗したみたいだな」といったコメントが寄せられている。スウェーデンのウェブメディアでも紹介され、「日本のテレビ局は、スタジアム内にスタジオを設置して、メッシの独占インタビューを行ったが、失敗に終わった」と書かれていた。

(2011年12月19日13時06分 提供:J-CASTニュース)


ずっと前から分かり切ってた事なのに、世界からの声が大きくならなければ気付けない間抜けな日本。そして、このような酷評を受けても治らないのが日本なんだろうなぁ。私も同じ日本と言うくくりで同類にされてると思うとヘドがでそうです。

●関連記事
日本人の珍問答(当Blog内リンク)
横尾忠則氏の日記(当Blog内リンク)
(当Blog内リンク)

このようなニュースになる前から、私は再々間抜けな日本の姿をBlogの記事にして来ました。上記リンク記事はほんの一部です。


■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

想像力の無い大人達の言い訳

秋のモデル撮影会でのモデルさん

この写真は、10年以上前に某カメラショップ主催の「秋のモデル撮影会」に参加して撮影した写真です。モデル撮影会は、モデルさんがカメラマンの為にポーズを取ってくれるのだから良い写真が撮れるのは当たり前だ!…なんて思ってないですか?ところがどっこい、そんなに簡単じゃございませんよ~!モデル撮影会に一度でも参加した人はお解りでしょうけど、1人のモデルさんに対して10数人のカメラマんが囲っちゃって撮影してるものですから、自分の作品の為にポーズや表情をモデルさんからもらうには至難の業なのですよ。大勢のカメラマン達から自分を選んでもらう為に、必死にモデルさんに声かけして、私の構えるカメラに対してポーズを取ってもらわなくてはなりませんからね。他のカメラマンを押し退ける図々しさが無ければダメなのですよ。押し退ける図々しさと言っても、同じ撮影仲間ですから、そこはルールを守っての範囲の事なので、人の撮影を邪魔するって事じゃないですからね。そこは勘違いしないように…。
この事は以前、1999年大阪オートメッセのキャンギャル(当Blog内リンク)でも言いましたよね。そして、時には公園等を歩く一般の人にも声をかけモデルになってもらう事もありました。

…というわけで、下記のニュース記事…。

■盗撮用としか思えない…シャッター音消すアプリ
スマートフォン(高機能携帯電話、スマホ)を使った盗撮被害が増えている。警察当局は、シャッター音を消せるアプリ(ソフトウエア)の普及が背景にあると指摘するが、業界側は「利用者のマナーの問題」とし、国も「行政指導する根拠となる法律がない」と手をこまねいている。

11月12日、埼玉県川口市内の駅の上りエスカレーターで専門学校生の女性のスカート内をスマホで盗撮した男が逮捕された。取り調べに対して、男は「気付かれないように音を消すアプリを使った」と供述したという。また、9月に東京都内でスマホを使い、女性の下着を隠し撮りしたとして逮捕された男も、過去におよそ20回にわたり「無音化アプリ」を悪用して盗撮を繰り返したと供述したという。

警察庁によると、全国で摘発された盗撮は昨年1741件と2006年と比べ約1.6倍に増加。全国で最も摘発件数が多かった神奈川県警のある捜査幹部は「盗撮の約3割はスマホのアプリを悪用したものだろう」と分析する。最近では、メールやネットの画面を表示したまま、無音で撮影できる「改良版」も登場。別の幹部は「こうなると盗撮用としか思えない」と憤る。

(読売新聞 - 12月13日 14:40)


なんだかなぁ~。コレ!
シャッター音が消せるから盗撮が急増って…、この国は、どんだけ陰湿で幼稚な国なんだ!

スカートの中を覗き

この盗撮のニュースで、盗撮した人が、どういった世代なのかハッキリしてませんので、何とも言えませんが、例えば、思春期の男による盗撮が増えたとしたならば、それはそれで自然の流れなんじゃないだろうか?とも思います。日本では中高生から携帯電話を持ってるのが当たり前状態だし、そして、大人が大人として機能してない状態であればルールご無用ですよね。

>業界側は「利用者のマナーの問題」とし、国も「行政指導する根拠となる法律がない」と手をこまねいている。
…って、こういうのって、どっちも綺麗事言い過ぎなんだよね。何が利用者のマナーの問題だ?何が、行政指導する根拠となる法律がないだ?テメ~らが、ガキだった頃を思い出してみな!…って言いたいよ!
私が思春期の頃、道端に落ちてるエロ本で喜んでましたよ。雨に打たれ乾いてパリパリになったエロ本を拾っては、神社の裏など人の居ないところで見てましたよ。今の思春期の男も変わりはしないだろう!頭ん中はエッチでいっぱいでしょう。それが男っちゅうもんだ!

まぁ、今の思春期の男は道端に落ちてるエロ本には興味を示さんだろうけどね。私の頃はエロ本しかなかったけど、今ではネット画像に変わってるでしょう。しかも、無修正が氾濫してるし…。私はエロ本の黒塗りを消しゴムで消してみたり、それは涙ぐましい努力をしてましたよ。(爆)男っちゅうもんは、今も昔も変わりはしない。

そして私はそんな思春期の頃からカメラに興味を示し写真を撮ってました。当然カメラはフィルムが無いと写せないものばかりでした。だから、盗撮を含めエッチな写真を撮っても、素人ではどうする事も出来ない壁がありました。それは、現像、プリントというプロの作業が必要になる事です。それが盗撮の抑制にも繋がってたんですよ。

そりゃ、私も頭の中ではどうやったらエッチな写真を撮る事が出来るだろうかと、一度や二度、三度、四度…ぐらい思った事はありますよ。でも、現像やプリントの事を考えるととても出来やしなかった。
それが今やデジカメでしょ。撮った写真が現像、プリントを必用とせずにその場で見れちゃうわけだし、プリントだって自宅で簡単に出来ちゃうわけでしょ。まして、デジカメなくても今や携帯電話にカメラがついてる時代だもん。頭ん中はエッチでいっぱいな思春期の男には、最高の道具ですよ!(笑)

頭ん中がエッチでいっぱいのサル状態な思春期の男にシャッター音を消せるアプリなんか渡したら、どうなるかって事ぐらい想像つくだろう!

業界側は「利用者のマナーの問題」だぁ? そりゃ、ある程度大人になった人の言葉だよ! 責任を他人のせいにしてんじゃねぇ~!国は「行政指導する根拠となる法律がない」だぁ? デジカメが世に出てきた時から、こうなる事は分かってただろう!ただ、何もして来なかっただけじゃないのか? 自分達はエッチに興味が無かったかのような、涼しい顔してるのが気に入らない!何が利用者のマナーだ?

これから、更に技術は進歩し目殴るしく世の中は変わってくるでしょう。こんな大人達の間抜けな言い訳言ってる間に、エロ盗撮以外にもどんどん犯罪がエスカレートしていきますよ。

…というわけで、ここまでは盗撮犯罪者が思春期の男が多かったとした場合の私の意見です。…っで、思春期以外の大人で盗撮が増えてるとしたら、この国は終わりだと思いますよ!

良い年した大人が思春期を抜け出していない(幼稚)なのが問題ですよ。オタク文化と言いながら、中高生ぐらいの女の子の美少女アイドルグループを応援してるのが30~40代のオッサンとか無茶苦茶気持ち悪い!それだけで、異常な性癖を感じます。メイド喫茶のようなところが流行るのも幼稚な文化の象徴ですね。
でも、この日本ではそういうのが当たり前になってて周囲も変な事だとは思わなくなってるわけで、国全体として麻痺してる状態なんじゃないかと思います。

更には、現在の日本の中高生の間では、恋するなら2次元か?3次元か?って言うような論議があるっていうし。そんなの全然健全じゃない。2次元ってマンガやアニメの世界の事で、3次元はリアルな人付き合いの事です。そもそも恋する相手がマンガやアニメってどういう事なの?妄想と現実が理解出来なくなってるって事でしょ。そういう話が子供達の間から出てても大人達が平気でスルーしてしまえる状態にあるのです。異常な事を異常と感じる大人さえ居なくなってるのです。残念な事だけど、大人が大人として機能してないのです。この国は…。

性教育にしても、大人が恥ずかしがって、子供に正しい事を教える事はしないで、はぐらかしてばかりでしょ。大人が思ってる以上に、子供達の興味は進むだろうし、SEXだって興味本位でしちゃうのが現状でしょう。でも、大人達は、子供達がSEXをしない事が美学のように思ってて、自分達の子供の頃の事は棚に置いて、はぐらかす。そんな教育でまともな社会になりますか?

そう言えば、最近の小学校では、刃物が消えたらしいですね。カッターナイフや家庭科実習の包丁等…。以前は、そういう道具で失敗して手を切ったりして、子供達は痛みを覚えたものです。今では、子供達がスグにキレて、凶器に変わってしまうからという理由で無くなったそうです。

私は、ここでも疑問なのですが、昔は、そういう刃物を普通に使ってたし、筆箱にもカッターナイフは普通に入ってましたけど、子供達がスグにキレて、凶器に変わってしまうなんて事はなかったじゃないですか。ガキ大将みたいな子だって凶器は使わなかったですよ。

子供達がスグにキレて、凶器に変わってしまうからという理由で刃物を使わないようにするのではなくて、何故、供達がスグにキレて、凶器に変わってしまうような事になったのか?という根本的な原因を大人達は見ようとはしてないのですよね。
昔は刃物がその辺にあっても凶器にはならなかった。しかし、現在は凶器になってしまう。そこには、昔と今の間で教育に関する大きな過ちが隠れているからではないのか?と思うのですが、そこは一切考えないで物が悪いと物の責任にしてしまう。それって、シャッター音のオン、オフ機能と全く同じで、根本的な原因を考えないで、全て物が悪い事になってるのです。

日本では携帯電話にカメラ機能がついた時点で盗撮に使用される事が懸念されていて、抑制の為にシャッター音が鳴るようにしたという事を聞いた事があります。
どういう世代が盗撮に使ってるのか分からないので、何とも言えないけど、日本では小学生から携帯電話を持たせたりしてるじゃないですか?中高生を含めるとかなりの数になると思うし、そういう世代で盗撮が増えたって事になると理解出来なくもないです。しかし、社会人世代で盗撮が増えてるとしたら、この国はかなり終わってると思います。原因を有耶無耶にし解決しようとは考えない大人達、そう言った中でこの国は一体何処に向かおうとしてるのか?政治・経済の先行き不安等と全部かぶっちゃうのですよね。



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

あんまき?ブラックサンダー?

按摩器にするか?ブラックサンダーにするか?

とあるコミュニティで、ある方が『あんまきにするか、ブラックサンダーにするか?』なんて呟かれていまして、私は何の事か分からず、とっさに上記写真のような物を思い浮かべてしまいました。
文字通り『按摩器』とブラックサンダーはよく分からないから、按摩器と関連づけて、電気治療器具かと…肩凝り等を電気の刺激で完全撃退!その名も『ブラックサンダー』…なんてね。その方は忙しくされてるようで、相当お疲れモードなのかなと思ってたら、『あんまきにするか、ブラックサンダーにするか?』と呟かれてた場所はコンビニだったようで、『按摩器』も『電気治療器具』も販売してる場所ではない。それで、詳しく聞いてみると…。

あんまき

「按摩器」は『あんまき(餡巻き)』でした。愛知県知立市名物の和菓子だそうで薄く細長いホットケーキ生地で餡を巻いたものだそうです。

ブラックサンダー

そして、ブラックサアンダーとは、「電気治療器具」ではなく、有楽製菓が製造しているチョコレート菓子で、2006年頃に生協の白石さんで取り上げられてから知名度が上昇。そして、北京オリンピック体操個人銀メダルの内村航平選手が好物と知られた事で、認知度、売上が共に上昇したようです。更に2010年5月にはアパレルブランドのGuacamoleと水着のコラボレーションを発表、有名セレクトショップなどで発売。 2011年2月には『謎のブラックサンダー』というタイトルで書籍化もされ、人気に拍車がかかったようです。

だけど、私はそう言う話題には疎いというか、ブームだからと言って飛びつくのが嫌いというか…、いや、ブームだからわざと毛嫌いしてるって事でもなく、自分の中で得に興味を引くような話題でもなく、どうでも良い事だから、全くノーマークで本当に知らなかっただけなのです。だから、純粋に「按摩器」と「電気治療器具」を創造してしまったのです。

それで、話題になってるようなので、物は試しに私もブラックサンダーを買ってみました。BIGサンダーとか姉妹品もあるのですね。そして、食べてはみたけど私の感想としては、何故このブラックサンダーが人気なの?って感じです。何処にでもあるようなチョコレート駄菓子じゃないか?変なのぉ~!

白なのか?黒なのか?どっちやねん

っで、変と言えば姉妹品の「白いブラックサンダー」って言うのがあって、私としては、白なのか黒なのかハッキリさせて欲しいと思いました。



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

ゾンビTV

ブラウン管が死んだ?

テ、テレビがぁ~~~~~~~~~!…と叫んでしまったのは、14日水曜日の事。テレビで2時間サスペンスドラマを観てたら、事件で救急車搬送のシーンで突然画面が真っ赤っかになってしまいました。音声は正常に出てましたので、ドラマの演出かと一瞬思ったのですが、どうやらブラウン管が逝ってしまわれたようです。

古典的で昭和な修理方法も試みてみました。ドラえもんに登場するのび太のお母さんが言ってた『右上角あたりを斜め45°くらいでバシッと!叩くのがコツ』いう情報を教えてもらい、叩いてみました。手が痛いだけで、一向に治りません。更に両側面を同時にバシッと…。筐体が振動を吸収し、叩いた衝撃が中のブラウン管まで響いてる感じがしません。ダメでした。手がジンジンするだけでした!

やっぱり、ブラウン管の寿命か…。実は、壊れる数日前からブラウン管が時折バチッ!って、いってたんですよね。

家電リサイクル料を支払う事に躊躇い、ずっと庭先に放置してた壊れたテレビを、ようやく11日の日曜日に処分したものだから、順番を待ってたかのようにリビングのテレビが逝ってしまったようです。また、庭先に壊れたテレビが居座る事になるのか…。

そして、次の日曜日にでも、テレビを庭先に移動させようという事で、それまでそのまま放置させる事にしました。

ブラウン管が蘇った?

再び、テ、テレビがぁ~~~~~~~~~!14日水曜日に真っ赤かに染まるブラウン管状態で死んだかに思われたテレビですが、昨日16日の夜に、ついウッカリとスイッチを入れたんですよ!

すると、観れないと思って諦めてた『借り暮らしのアリエッティ』が映ってるじゃないですか~。この時点で話が半分終わっちゃってたので、結局アリエッティは観なかったですがね…。そして、今朝も、ちゃんと映ってました。昼1時からよしもと新喜劇を観る事も出来ました。

死んだと思ってたテレビが蘇りました。ゾンビTVですね。
また再び死ぬかもしれんけど、観る事が出来なくなるまで観ますよ!そろそろ寿命だとは思いますけど、完全に壊れるまで使い切って処分する!これが、我が家のエコ活動です。

エコの為に、まだ充分使える物を使い切らずに、買い替えましょうなエコ活動なんてクソ食らえでございますわん!ちなみに、ブラウン管って言ってるって事は、当然、地デジ対応テレビじゃありません。地デジチューナーを通して観てます。地デジに移行する時に、テレビ業界等が、こぞってテレビの買い替えを推進してたけど、果たして無理に買い替えさせる必要ってあったのだろうかと?疑問を感じちゃいますね。




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

ホンダ スノーティ

ホンダ スノーティ

まさにアニメ的発想!実現するところがエライ!!
パワーユニットは、まんまアクティ。当然ステアリングホイールもある!

ホンダ スノーティ

働くクルマの事をCV(コマーシャルビークル)と呼ぶ。その中には「どうも、いつも大変お世話になっております。」と、挨拶したくなるような特捜車が沢山ある。
1993年に発表されたホンダ スノーティもそんな1台だ。私を含め日本の本土に住んでいる人には馴染みが薄かったかも知れない。
北海道や東北地方等、豪雪地帯で主に活躍してたのがこのスノーティです。言うならば雪上車的存在だ。しかし、雪上車のように価格が1000万円以上しないのが、この車の売りだ。価格はバンで398万円だった。このバンタイプの他、軽トラタイプも存在した。
見ておわかりのように、1BOXのアクティのボディが乗っかった、クローラー付の乗り物と言えば分りやすいでしょう。クローラーの幅は400mm、接地長は、1970mm。正面から見た全幅は2310mm。ボディはちょうど左右のクローラーの間にある。
パワーユニットは、これもアクティがベースのE07A型エンジンで38ps/5.5kg-mを発揮する。トランスミッションは3速AT。ウエイトは1690kg。

※クローラーとは、耳馴染みな「キャタピラー」の事。実は、「キャタピラー」は、登録商標となっている。「キャタピラー」の製品名が「クローラー」と呼ばれています。


運転席にはステアリングホイールがある。戦車やブルドーザー等のように、レバーにより左右のクローラーを操作する方式と違い、普通の車とおなじハンドル操作とアクセル/ブレーキによって運転でき、しかもATだから簡単だ。ただし、コツは必要。
一般の車と違い、ステアリングのロックtoロックは、たったの280度。つまり左右140度づつしか切れなくて、最初の60度までが旋回、そこから先は、片方のクローラーを完全にストップさせ小回りを効かせる時に使う。カーブは、高速レーンチェンジのような感じで舵を当てる。
実際の運転は4WDで不整地を走るよりは、ずっと楽。とにかくクローラーの威力のおかげで姿勢変化が終始安定している。最高速度は、のんびりと20km/h+αというところです。


ホンダ スノーティ

(写真:左)一般的なブルドーザーのようなレバー操作ではなく、ステアリングを切るだけで進路変更ができる。
(写真:中)超・幅広なことに加え、重心がかなり下に位置していることもあり、走行中の安定感はとてつもなく高い。
(写真:右)クローラーの幅は400mm、接地長1970mmの特殊ゴム製で耐久性も考慮され、乗り心地にも貢献。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~スペシャルカー~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

英文なら何でもかんでもオシャレ?

サラダもオシャレの『も』は何にかかるの?
(c) masao8808

サラダもオシャレ!って自己評価してるデザイナーさんが公開してる写真に、『と~ても綺麗なのに新聞のキレっぱしみたいなのが気になります。』とコメントされてる方が居ました。そして、そのデザイナーさんはコメントの返事に『私の撮り方が悪かった!外国の新聞のコースターなのです。』とデザイナー特有の謙遜的逃げ言葉が気になりました。

問題は『新聞のキレっぱしみたいなのが気になる』のであって写真の撮り方の問題ではないと思うのですが…。結局、コメントされた方の意図を理解出来て無いのです。表現者であるデザイナーなのに…。それに…、外国の新聞のコースターとデザイナーさんは言ってるけど、写真のコースターですけどハッキリ裏写りしてますよね。コースターではなく本当に新聞のキレッパシじゃ無いですか。(^_^;)

日本人は西洋に弱いと言いますか、アルファベットがカッコいいみたいな認識をしてますよね。もちろん、これは逆の事もあるわけで、西洋人から見れば漢字がカッコいいと感じられてるようですし、日本人が西洋人の高くてスラーっとした鼻がカッコいいと思うように、西洋人は日本人の低くて小さな鼻が可愛いと感じてるようです。そのような文化の違いと言いますか、自分達が持ち合わせてない物に憧れるというのは世界共通のような気がするのですが、しかし、アルファベットがカッコいいと思っていても新聞である以上、それは文章だという事を忘れてはダメだと思うのですよ。英語が読める人は飾りでも何でもなく、単に文字情報でしかないのです。

例えば、新聞柄のコースターが日本の新聞柄だったらどうでしょうか?オシャレですか?アルファベットがカッコいいという気持ちは理解出来ます。しかし、そこに敷かれた物が新聞紙…というのはどうなんだろう?

我が家での古新聞の扱いは結構雑な扱いでお洒落とは無縁です。
蜜柑を食べる時にコタツの天板が汚れないように新聞紙を敷いたり、ペットのトイレ周りが汚れないように敷き詰めたり、ゴミ収集日に生ゴミをくるんだり…etc、まぁ、古新聞の使い道はこんな感じです。そんな雑に扱われる物がコースター代わりにサラダの下に敷いてある…という感覚が、オシャレとはとてもかけ離れてるわけで、それは英字新聞を普通に読まれてる西洋の人も同じなのです。
あっ、そう言えば、私は学生の時の1人暮らし中に、インスタントラーメンを食べる時にドンブリの下に新聞紙をランチョンマット代わりに敷いて食べてたなぁ~!20年以上も前にオシャレの最先端を行ってたのねん!(爆)
日本の新聞に置き換えたら凄く変な事が、英字新聞だからという事だけで、お洒落だと思ってやってる事が私にはダサく感じます。

海外の方には生ゴミもオシャレに感じるのかしらん?

今日はゴミの収集日だから古新聞で生ゴミを包んでます。西洋人からは日本語がカッコ良く思えるので、お洒落な生ゴミって思われちゃうでしょうか?もしかしたら、生ゴミがサラダに見えるかも?…んなわきゃぁ~ない!(笑)

古新聞の扱われ方って決してお洒落な物じゃない。それが英語圏で使われる英字新聞だって同じ事。サラダの下に新聞紙が敷いてある事が既にお洒落ではないのです。それがコメントされてる方の『と~ても綺麗なのに新聞のキレっぱしみたいなのが気になります。』という言葉なのだろうと思います。

オシャレな手作りエコバッグ?

お洒落さん必須バッグ!英字新聞だったらお洒落さん達から引っ張りダコかも~!(笑)

西洋人に漢字がカッコいいと思われてると言いましたが、よくよく考えると西洋人が漢字のプリントTシャツを着てたりするのはよく見かけますが、日本の新聞紙をモチーフにしたようなデザインの物を見た事はないですね。英語であろうが、日本語であろうが、文章ともなればそこに意味が発生する。意味が分からないままスペルがカッコいいからと言う理由だけで簡単に使うわけにはいかないって事を十分理解してる人達とそうじゃない日本人の違いを凄く感じました。

日本と言う小さな島国だけの感覚でいると、グローバルな価値観では、とんでもなく変な事なのに、全く気が付く事が出来ないのですよね。

それでも英語を使いたいのか?(当Blog内リンク)←のリンク先は、カッコいいと思って英語を使って、滅茶苦茶格好悪くなってる例です。もっと、本質を見極めようよ!



数日前の記事、『デザイン(当Blog内リンク)』で、私はクリエイティブ業界は、もっとIdeaを出す過程を大事にしてもらいたい。と言いました。

デザイナー募集にIllustratorやPhotoshopが扱える事…って、そういう条件のところが多過ぎだなぁって凄く感じます。「その条件を見ただけで、あぁ~この会社ってダメだ!」って思っちゃうのですよ。だって、そう言う会社は創造性を重要視してるんじゃなくて作業に重点を置いてるんでしょ。


日本のデザイナーさんは凄く器用で良い物を創れる技術は凄くあるのですが、島国であるが故の視野の狭さが折角の器用さを邪魔してるんですよね。
IllustratorやPhotoshopが扱えたって、肝心のIdeaを出す過程で視野が狭いと、完成するデザインも知れてますし表現そのものが合格点に満たないわけです。
今の日本のデザイン業界は、IllustratorやPhotoshopが扱える技術はあるのに、一番重要で肝心な事がスッポリ抜け落ちてるのです。



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

ゆるキャラにベラボーな税金

連行されるひこにゃん

ゆるキャラにベラボーな税金のアホらしさ

〈1体100万円以上にも〉

ひこにゃん(滋賀県彦根市)や、せんとくん(奈良県)など、ご当地キャラが雨後のたけのこのごとく全国各地で誕生しているが、維持費を調べると、ベラボーな税金がかかっていた。

町おこしだかなんだか知らないが、しょっちゅう、イベントが開かれていて、その経費がバカにならないのだ。

例えば、先月26、27日には「ゆるキャラさみっとin羽生」が埼玉県羽生市で開かれたし、今月3、4日には似たようなイベントが島根県松江市であった。約60体の着ぐるみが相撲や綱引き、借り物競走などをやっていたが、「有名なのはひこにゃんだけで、後はどこの県のキャラクターかさっぱりわからない」というのが実情だ。それでPRになるのか。もちろん、こうしたイベントへの参加費用は自治体の自腹。というか税金だ。
「収入はキャラクターグッズのライセンス料くらいですが、売り上げの3%で、上がりは年50万~60万円程度」とは、ある西日本の自治体の関係者。毎週のようにどこかで開かれているイベントには公用車を使い、複数のスタッフで移動する。バカにならない出費になる。
「それだけじゃない。着ぐるみデザインの公募をかけると同時に、着ぐるみ業者が営業にやってくる。製作費は1体60万円から。換気扇、エアポンプで膨らますタイプなどオプションをつけると100万円以上になる」(中部地方の観光協会関係者)という。着ぐるみの中に入るのはイロイロだ。国の基金をもとにした緊急雇用対策で採用した職員もいる。
「着ぐるみは同時イベントや汗、雨ですぐにクリーニングが必要になるので4体は必要。予算は1000万円を軽く超える」(同)

アホらしいの一語。

(日刊ゲンダイ2011年12月8日掲載)


今までメディアも喜んで「ゆるキャラ」のイベントを報道してたのに気付くのが遅いよぉ~!そして、これまで賞賛してても、一つマイナスの要素が見つかると、この寝返りよう…。一体、マスコミ連中は何を見て報道してるんだか…!最初から「ゆるキャラ」が無駄金使いまくってるバカバカしい状態にあるのは、分かりきってた事じゃないかぁ。何故、企画が上がった段階で気が付けないかなぁ~。

少し前に、ブームにかまけて見失った存在意義(当Blog内リンク)でも言ってた事ですけど、ニュースの記事中にもある「有名なのはひこにゃんだけで、後はどこの県のキャラクターかさっぱりわからない」私の知る限り、このブームの火付け役になったのが「ひこにゃん」だったと思いますが、それはこれまでに無かった存在意義で有名になりえたと思うのですが、他のゆるキャラは「ひこにゃん」に続けという真似でしかない。もう、既に有るものに対して後出しで出てきても、存在意義が薄くなるのでキャラクターの効果はうんと下がりますよ。

そんな間抜けなブームに対して、TVにも良く登場する有名クリエイターさんが「ゆるキャラ」なんてネーミングで流行らせたと自信満々に言ってる姿を見てると本当に情けなくなりました。ネームバリューだけで凄いクリエイターとして扱われているが中身は無い。そういう人達がクリエイティブ業界を引っ張って行ってるのかと思うとヘドが出そうになります。

「ゆるキャラ」ブームで盛り上がってる国民も国民で、こんなにも税金を無駄にされて喜んでブームに乗っかり楽しんでるのですから、日本は平和です。もっと、いろんな事に真剣に考えてみてはどうでしょうか?今の日本はあまりにも能天気というか、他人の考えに乗っかる人ばかりで自分の考えが持てない人が多過ぎです。B級グルメブームにしても然り…。





■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

損して得を取れ!海老で鯛を釣る!

2012年度カレンダー

早くも12月も中旬…。12月と言えば何か忘れてるような気が…と言う事で思い出しました!docomoショップで毎年頂いてるカレンダーを貰わなければ…。12月1日から配布が始まってるので、もしかしたら、もう無くなってるかも~。とりあえずダメ元でdocomoショップに足を運びました。

ノベルティグッズのカレンダー(当Blog内リンク)
docomoのカレンダーってディズニーの絵柄でクオリティが高いから毎年欠かさずdocomoショップに足を運んでまで貰ってます。(笑)
そして、カレンダーを貰う為に、カウンターで名前と住所と記入して、その後のちょっとした待ち時間に店員さんからタブレットを手渡され、これで待ち時間を潰してて下さいと渡され遊んでたら、しばらくして、店員さんが「コレ、今なら無料なんです。但し、2年間の契約と言う条件がつきますけどね。」と話しかけられました。
電話の契約をしないで、パソコン代わり的な使い方ですと、月額5,000円ぐらい使えるとの事でした。そして、私がずっと疑問に思ってたタブレットについての質問を投げかけると、いろいろと答えてくれまして、疑問が全て解決されました。そして、最後に店員さんは、「実はこれが最後の1台なのです。当店で3台用意してて昨日で立て続けに2つ出まして、これが最後となってしまいました。」って言われ、ずっとタブレットが欲しいと思ってたので、この話は非常に美味しい…。私の気持ちは「欲しいモード」がMAXに…。そして、「じゃぁ、それを下さい!」って事で契約に至りました。

しかし、ここで事件が発生!
私の隣でも別のお客さんが何やら商談されてまして、なにやら商談が私と同様に長かったんですよね。それで、気になって、店員さんに、「もしかして、隣のお客さんが先に契約されてしまったという事は無いですよね?」って言うと、店員さんは「まさかぁ~、ちょ、ちょっと調べてみます。」って席を立たれ、しばらくして、青ざめた様子で戻って来て「その、まさか…でした!」って…。

そして、申し訳ありません…と言う事になり、結局、私は機種代無料のタブレットは手に入れる事が出来なかったのですが、一旦欲しいという気持ちにスイッチが入るとなかなか引けない物ですね。
それを察して、店員さんが、「無料じゃないけどこちらに10インチ画面の先程のより少し大きいタイプになるのですけど、こちらだと、タブレット代が月々200円の上乗せになるのですけど、防水でワンセグ付きになって、先程のより上級グレードがあるのですけど…。」と言われたので、それで、契約してしまいました。

タブレット端末

そして、こちらが、そのタブレット端末です!本当に衝動買いです!
カレンダーを貰って帰るはずだったのに、タブレットを契約してしまった!わざわざお店に足を運んでまで、貰いたいと思うカレンダーでなければ、私はタブレットを契約する事は無かったでしょう。これぞ、まさに、「損して得を取れ!」「海老で鯛を釣る!」だね。

きっと、デザイン業界もこういう事を狙って、デザイン代をタダにしてる(当Blog内リンク)のか知らないけど、デザイン業界の人間は「損して得を取れ!」「海老で鯛を釣る!」の意味が理解出来てないんじゃないかなぁ~って、マジで思います。



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

夢の弦楽三重奏演奏会

弦楽三重奏演奏会

夢の弦楽三重奏演奏会って、何が夢なのか…。10月に夢の弦楽三重奏演奏会の告知(当Blog内リンク)という記事を書きましたけど、NHK交響楽団第一コンサートマスターのバイオリン奏者「篠崎史紀」・東京都交響楽団特任首席ビオラ奏者「店村眞積」・NHK交響楽団首席チェロ奏者「木越洋」の日本を代表するバイオリン、ビオラ、チェロの三奏者が沼隈だけの特別編成で演奏という夢のような演奏会が12月11日(日)に開催されました。
この夢のようなコンサートに、多くのクラシックファンが来場し、沼隈の小さなホールは満席状態でした。

弦楽三重奏演奏会サイン会

コンサート終了後のサイン会の様子です。クラシックファンにとっては本当に夢のような事なんでしょうね。お客様のほぼ全員と言って良いのではないでしょうか?ホールから出てきたお客様はサインを求める為にズラァ~っと長蛇の列です。チェロ奏者の木越洋氏は、沼隈サンパルオーケストラを指導して下さってる先生でもあり、凄いチェロ奏者なのに妙に身近な感じがして、その凄さを感じられなくなってる私…。麻痺って恐いです。
ちなみに、木越洋氏のチェロって6億円だそうです。6円を置くんじゃないのですよ…。映画「おくりびと」でチェロは安くて1800万円(多分プロが使うクラスでは…という条件がつくのでしょうが。)と言っていました。だから、ウン千万クラスはするだろうと思ってたら桁違いでした。

弦楽三重奏演奏会ロビー

ほぼ、全員のサインを書き終える頃には、外は真っ暗です。そして、PM6時30分の新幹線で帰るとの事で、後半慌ただしく、タクシーを呼んだのですが…、タクシーがホールまで来るのが遅くなると、誰かが駅まで乗せて走らなくてはという話もチラホラと。
そりゃ、凄く緊張する話じゃないか。6億円のチェロを車に積んで駅まで走るって、そりゃ気が気じゃないです。なんて言ってたらタクシーが向かえに来てくれてホッと一息。

3人はタクシーに乗って帰られましたけど、タクシーの運転手さんは、後ろに積んだチェロが6億円って事は知らない…。(笑)



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
K-BRAND、ケーブランドバナー

皆既月食

皆既月食PM20:50頃
20:50頃


皆既月食PM21:00頃
21:00頃


皆既月食PM21:30頃
21:30頃


皆既月食PM22:15頃
22:15頃


皆既月食PM22:30頃
M22:30頃


皆既月食PM23:45頃
23:45頃

皆既月食:全国で観測
満月が地球の影にすっぽり隠れる「皆既月食」が10日深夜、全国各地で観測された。欠け始めから終わりまで、全国で観測できたのは、2000年7月16日以来、11年5カ月ぶり。

好天に恵まれた東京では、開業まで半年を切った東京スカイツリー(東京都墨田区)と、赤銅色に染まった月とのツーショットが天文ファンらを楽しませた。

月食は、太陽と地球、月が一直線に並び、月に当たる太陽光を地球が遮ることで起きる。この日は、午後9時45分から満月が欠け始め、午後11時5分に皆既状態になった。次回は14年10月8日。【河内敏康】

毎日新聞 2011年12月10日 23時27分(最終更新 12月10日 23時37分)


私も天体ショーに酔いしれてました。
コンパクトデジタルカメラで色々撮影モードを切り替えながら撮影してたんだけど、どうやったら綺麗に撮れるのでしょうね?




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
ウエノコージ
ウエノコージ

お金は支払わないけど良いデザインを募集してます2

装丁.jp

デザイン代をタダで請け負ってくれるデザイナーが集まるサイトを発見してしまいました。
以前、「お金は支払わないけど良いデザインを募集してます(当Blog内リンク)」って記事でも紹介したように、デザイン代(知的財産)は、今やタダと思われている危機的な状況です。
そして、その危機的な状況にしているのが、言葉悪いですけど馬鹿なデザイナー達です。もう…、馬鹿とハッキリと言わせて下さい。同業として情けないです。

料金発生のSTEP

そのサイトに料金の説明がされていました。

あのね…、デザイナーの仕事っていうのは、「ここまで無料」という部分なのですけど~!デザイナーがデザインの仕事をしてお金が頂けないのですよ。それって、間抜けじゃないですか。

「ここから有料」とある部分は、オペレーション代です。昔で言えば「版下(フォニッシュワーク)代」です。デザイナーが本来の仕事の部分を無料にされて、それでも、喜んで仕事欲しさにホイホイ登録してるのですから、そりゃ、馬鹿と言われても仕方ないでしょう…。本来なら「デザイナーをバカにするな」と声を上げなければならない事なのに、しっぽ振って自らバカげたサイトに登録してるのですから呆れるばかりです。そして、そんな奴らがデザイン業界を壊してしまってるわけです。頭が悪いにも程がある!



■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
ウエノコージ
ウエノコージ

素人レベルでも問題を感じれない日本

ばら祭りポスターデザイン

2010年と2011年の福山ばら祭ポスターデザイン優秀賞の作品です。

ばら祭ポスターデザイン募る

福山祭委員会(会長・羽田皓福山市長)は、2012年5月19日、20日の両日に市中心部で開く「福山ばら祭」のポスターデザインを募集している。

A3判縦長の未発表作品とする。プロ・アマチュアは問わない。図柄には、「伝えよう!ローズマインド ―心にあざやかなばらを―」のテーマ、ばら祭のロゴ、ホームページのアドレスを必ず取り入れる。

締め切りは1月31日(必着)。所定の応募票を添える。2月上旬に審査。優秀賞には賞金7万円(未成年には同等額の記念品)を贈る。市観光課=電話084(928)1043。



そして、今、来年2012年5月に開催される、ばら祭のポスターデザインがプロ・アマ問わず広く募集されています。いやぁ~、市長さん。こういう案件は、ちゃんとプロのデザイナーさんに依頼して下さいませんか?

他の公共事業でコンペがあるとプロの業者しか参加出来ないじゃないですか?…いや、素人が参加したくてもそう簡単には参加出来ない現実というのもありますけど…。
でもね、デザインだったら大掛かりな重機を使う事も無いし、絵の具なんて誰でも簡単に手に入れる事が出来るからと、そのような理由で「プロ・アマ問わず」って事で間口が広がってるとしたなら、それはプロのデザイナーとして心外だなぁ~。


なんだかね、このようなデザインコンペの募集を見る度に、私はデザイン業界が世の中に必要とされていない実態を見せつけられているようで,とても辛い心境になります。プロもアマチュアもあったもんじゃない。私は何の為に高い学費を支払いデザインを学び、そして、それから人生をデザイン一筋にかけて来たのだろうか?と自分の人生そのものが打ち砕かれる思いで、このようなコンペを見ています。

ホント冗談じゃない!って言いたい気持ちでいっぱいです。

それに、このコンペにプロが参加する事でどんなメリットがあるのでしょうか?コンペじゃなく、デザイン会社に普通に仕事依頼でデザインを頼んだ場合、普通に賞金の7万円以上請求されますよ。もちろん、7万円以上請求する以上は、上記優秀賞以上のレベルに仕上げてくると思いますけどね。そうじゃなきゃ胸張ってプロとは言えないよなぁ~。だから、プロから見て魅力的な賞じゃないのですよ。更にこの賞を取る事で、更なる飛躍が期待出来るとか、そういうのも無いし…。

「プロ・アマチュアは問わない。」ってありますけど、実際にはプロは参加してないんじゃないかなぁ~?そうなると、福山市を代表する一大イベントなのに素人の趣味レベルのデザインで済ませてしまえるイベントというのも如何なものか?って思っちゃうわけで、こういうイベントの仕事で積極的にプロを使って活性化しなきゃならないのじゃないの?って個人的には思います。

薔薇バス

他にも、この福山ばら祭のイベントで毎年子供からデザインを募られ誕生してるバスがあります。バスにペイントする業者は勿論プロなのですが、子供の絵を忠実に施工しちゃうものだから、ハッキリ言ってバスが落書きされたような状態でなんだか、みっともない気がしてます。
そりゃ、地元民はこのバスが福山バラ祭のイベントで子供達の絵が選ばれて施工されているって事を知ってるから何とも思わないでしょうけど、他所の人が福山に訪れてその事を知らない人が、このバスを見たらどう感じるだろうか?

身内の盛り上がりで喜んでるのもいい加減にしろよ!って思うわけです。プロを差し置いて素人で遊んで喜びプロの活躍出来る現場を奪い、卵やヒヨコの育成と力を入れ、卵やヒヨコが育った時にその子達を何処に向かわそうとしているのか?育成という名の潰し行為(当Blog内リンク)。プロの為にもならないし、これからの子の為にもならない事を町ぐるみでしている愚かさに気がついて欲しいと思います。

壁画

これは、海外の壁画です。ARTとして立派に成立してるしプロがプロである理由もちゃんと存在してます。

堤防に描かれた絵

こちらは地元、横山海岸海水浴場の防波堤に描かれた壁画(当Blog内リンク)です。地元高校美術部の作品です。防波堤に心ない落書きが多く描かれ問題だったので、地元高校美術部に描かせたものです。
だけどね、こうやって福山の街を見回してみると、結局、素人の作品で溢れかえり、とても綺麗な街づくりをしてると誉められるものではないと思います。

結局、市は単に制作費をケチる為の手段にコンペという方法を取っているに過ぎず、デザイン業界を潰してる行為と言われても文句は言えないでしょう。市の一大イベントを告知する為のデザインなのに、アマチュアのお遊びで済まそうとする、そのような感覚で済まされてしまえるデザイン業界って…。いくらプロとして人生を賭けて頑張って来ても、結局、報われる事の無い社会を市が作ろうとしてるのですからね。空しいものです。

数日前に、「グローバルな価値観でグローバルな評価基準を(当Blog内リンク)」というのは、まさにこのような事。日本独自の馬鹿みたいな価値基準が横行していて、それは世界では全く通じない。そんな日本がグローバル社会と言いながら世界に…というのは端から見ていてあまりにも滑稽です。

こんな馬鹿げた事がまかり通る世の中ですから、産業崩壊へのカウントダウン!(当Blog内リンク)はかなり深刻なところまで来てると思います。しかし、それに気が付かない多くの人々…。




■KOJIオリジナルアートグッズの販売をしております
ウエノコージ
ウエノコージ

NISMO GT-R LM

NISMO GT-R LM

驚天動地の世界!世界に一台5,000万円以上!!
“ル・マン24hレース出場車のベースはオンロードカーでなければならない”この規制の為に生まれた1台!

NISMO GT-R LM

1995年に発表されたモンスターマシン、「NISMO GT-R LM」。
この車は、日産のレーシングディベロップメント、NISMOが作ったル・マンGT1クラス参戦用のホモロゲート・ロードゴーイングレーサーです。
エンジンはノーマルですが、GT-Rのパワーが本来280馬力ではないことを表す305馬力を発生。駆動方式はアテーサE-TSの4駆ではなくFRに変更されています。
巨大なフロントスポイラーやグンと張り出したオーバーフェンダーもサイドステップも、全てがいかにも「後付け風」で、無気味なくらいの存在感をアピール。そのボディはノーマルのR33GT-Rに比べ、全長こそ同じだが、全幅が100mm広く、全高が60mm低い。そして、トレッドは、フロントが70mm、リアが90mmワイド化されています。低く広いボディを派手なエアロパーツで武装下姿は、懐かしのシルエットフォーミュラーを彷佛とさせてくれます。

世界でもっとも過酷で、もっとも誇り高いレース。ル・マン24時間。GT-Rが出場するカテゴリーは、GT1。このクラスのレギュレーションでは、“出場マシンのベースはオンロードカーでなければならない”という項目があり、そのホモロゲーションに合わせる為に製作されたのが、このモンスターマシンGT-R LM。オンロードカーなら基本的に市販もされる。その為に制作されたカタログもちゃんと存在しています。

このロードゴーイングカーは、厳密にはイギリスで登録された日本の車という事になります。
しかし、考えてみると「GT-Rという車は、ホモロゲーションモデルを作らなくても、既に販売してる車だから、ル・マンに出場するのも別に問題がないのでは?」って疑問が出てくるのだけど、このNISMO GT-R LMという車は、どうやら市販のGT-Rとは別物と考えられてるようです。
駆動方式ではFRが採用され、市販の4駆とは全く違うし、ボディサイズも大幅に変更してある。いわば、“ル・マンを制覇するための礎となるオンロードカー”という事だ。見る者を圧倒する驚愕のマシンという事なのである。

インテリアは、ステアリング、シフトノブ、シート、そしてメーターがニスモ製のものになっているが、基本的にノーマルと変わらない。もちろんオーディオやエアコンもそのままである。クラッチの踏力もノーマルと変わらない。しかし、フロントウインドから見える風景が明らかに違う。ボンネット中央にはノーマルにはないエアアウトレットが見えるし、それよりなにより大きく張り出した左右のフェンダーはLMだけのもの。

シフトを1速に入れてスタートさせる時も、レーシングカー特有のクラッチワークにシビアなところは全くなく、ノーマル同様に実に平和なスタートが出来る。低速から厚いトルクを持つエンジンフィールもノーマル同様だった。外観とは裏腹に、非常に大人しいクルマなのかと錯角してしまうくらい低速から扱いやすい。しかし、ひとたびアクセルを入れて全開に持ち込めば、RB26DETTがカン高いエンジン音を轟かせ猛烈な加速を始める。まさにモンスターが牙を剥くといった感じである。

NISMO GT-R LM

(写真:左)ステアリングとシートを除き、インテリアはほとんどノーマル。リアシートもしっかりと確保されている。市販車として快適性、実用性は全く損なわれていない。
(写真:中)スピードメータは、320km/hスケール。タコメーターのレッドゾーンは9000rpmから始まる。8000rpmまで普通にまわせるのがモンスターを物語る。
(写真:右)エンジンは基本的にノーマル。しかし、パワーはノーマル+25psの305ps。メーカーの自主規制280psを受けないRB26DETTエンジンの本来の実力。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~スペシャルカー~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

デザイン

家でやろう

何年か前に東京メトロマナーポスター「家でやろう」シリーズというのがあったようですが、私は東京に住んでないし、地下鉄にも乗らないので実際にこのポスターを目にした事はありませんが、それにしても、家でこんな事されても迷惑だよなぁ~。どういう意図でこんなキャッチコピーのポスターにしたのだろうか?「東京メトロ以外でするのだったら構わないよ」っていう無責任なポスターにも感じられますね。

私はデザインの美しさとかレイアウトとか、そのような作業以外の部分が凄く気になるのです。例えば。何故このポスターにマンガのようなイラストが使われたのか?とか…。このイラストから何を伝えようとしてるのか?イラストじゃなければ伝えられないものとは何か?…そのように考えていくとイラストを使った事が正しかったのかどうなのか?ってね。

クリエイティブ業界は、もっとIdeaを出す過程を大事にしてもらいたいなぁ。
以前もMACデザイナー…(当Blog内リンク)という記事でも言ったように、デザイナー募集にIllustratorやPhotoshopが扱える事…って、そういう条件のところが多過ぎだなぁって凄く感じます。「その条件を見ただけで、あぁ~この会社ってダメだ!」って思っちゃうのですよ。だって、そう言う会社は創造性を重要視してるんじゃなくて作業に重点を置いてるんでしょ。
シェフを求めるのに包丁が握れる人って言ってるようなもので、シェフとコックの区別も出来ないようなレベルって感じだもんね。

ポスターのラフスケッチ

例えばね、デザイナーがこのようなアイデアをラフスケッチとして描いたとします。このラフスケッチを元にモデルさん達に演技してもらってプロカメラマンに撮影してもらったとします。

ポスターの完成

出来上がったのは1枚の写真です。キャッチコピーすら無い、たった1枚の写真。IllustratorやPhotoshopが無くたってデザイン出来るのですよ。この写真を見て、この情景をどう思うか?「家でやろう。」なんて訳の解らないキャッチコピーも必要ない。写真が全てを物語ってるし、その為の写真です!

地下鉄のロゴはダミーで電車と地下鉄とは全く関係ありませんけど、創造性とはこういうものです。IllustratorやPhotoshopというソフトは表現する方法の1つでしかないです。様々な表現手法の中の1つです。だから、デザイナーという表現者の方法をIllustratorやPhotoshopというソフトに狭めた募集をする会社が、私にはダメな会社に感じるのです。そして、残念な事に、この日本のクリエイティブ業界はそのような会社ばかりが目立ちます。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

トミーカイラ ZZ

トミーカイラ ZZ

狙いは大人が楽しめるスポーツカー。
当徹底的に走る事だけを追求。軽さと剛性に自信アリ!

トミーカイラ ZZ

1987年、記念すべきトミーカイラの第1号車、R31スカイラインをベースにした、“トミーカイラM30”をリリースしたその日から、冨田義一と解良喜久雄、この2人の男の究極の目標は、完全オリジナルの製作、そして販売でした。
以来、スカイライン、シルビア、そしてインプレッサ、レガシィ等をベースとしたコンプリートチューニングカーを精力的にリリース。トミーカイラはこのジャンルに関しては、完成度、そして販売ノウハウの両面でレベルに達している。「これは、完全に自分のイメージの世界。僕がスポーツカーを作るとしたらこうなる…ってやつ。だから、極力妥協を排して、自分が作りたいと思う車を作った。もちろんそれは自分が欲しいと思う車なわけです。」開発を担当したのは解良喜久雄。かつての日本製F1を作り上げた男だ。
トミーカイラZZの狙いは軽量、高剛性。そして意のままにあやつれるコントロール性の高さ。その為、シャシー構成材は、メインフレーム、サブフレーム、アップライト、そしてガソリンタンク、ペダル類、シートブランケットにいたるまでアルミで構成。もちろんこれを覆うボディはFRP製である。これによって得られたボディ重量はわずか650kg。当初の計画では、ドアなし、快適性無視の超スパルタン仕様の600kgを目指したというが、さすがにそれでは…、ということで、この形に変更された。

トミーカイラ ZZ

リアミッドに搭載されるエンジンは、日産プリメーラ用のSR20DEをベースに200psまでスープアップされたもので、パワーウエイトレシオは、なんと3.25kg/psである。パワーアップの為にエンジン内部をいじる事は一切していないという。バイク用のCR4連キャブ、そして設計自由度の高いエキゾースト系を採用する事によってノーマルエンジンから50psのアップを達成している。レスポンス性が身上のCRキャブを採用するだけに、トミーカイラSR20DEは、かなりシャープなスロットルレスポンスだ。
足回りは、パイプで組まれた4輪ダブルウイッシュボーン。カウルレスではほとんどフォーミュラーカーかと思えるような仕立てとなっている。ブレーキシステムは、R32GTRのリア用2ポッドキャリパーを使用した4輪ディスク。超軽量ボディのため、ストッピングパワーはこれでも過剰すぎるくらいだ。独創的なFRPカウルのデザインはムーンクラフトの代表であり、レーシングカーデザイナーの由良拓也。空力の申し子と言われる由良をもってしても、イニシアチブは冨田が握っていたという。ZZはあくまでもトミーカイラなのだ。

しかし、市販にあたり認可の問題が大きくのしかかる。開発当初は認可は絶対に問題なしの自信をもって開発がなされていたのですが、1997年1月から認可のための基準が見直され、主に安全対策面が強化された。安全対策にも自信を持っていたトミーカイラではあるが、見直される基準の詳細が分からない為に不安は残った。日本国内での完成車として認可を受ける方向で努力してきたが、結果的には、イギリスで生産し輸入車扱いでナンバーを取得するかたちとなった。1996年8月1日から予約受付が開始され、翌年の春にデリバリーが始まった。価格は498万円。

トミーカイラ ZZ

(写真:左)コクピットはスパルタン。ペダル類はアルミ製で、フォーミュラーマシンと同様のペダル配置。ダイレクトなマシンコントロールが楽しめる設計。
(写真:中)パイプで構成されたサブフレームにセットされるダブルウイッシュボーンサスペンション。ブレーキシステムは、R32GTRのリア用が流用される。
(写真:右)ミッドにマウントされるSR20DEは、4連CRキャブと排気系のチューンで200psまでスープアップされている。かなりシャープなスロットルレスポンス。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~スペシャルカー~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

第30回 Team [HEXA]ジムカーナ走行会に参加

笠岡ふれあい空港

12月4日(日)…前回7月のジムカーナ走行会(当Blog内リンク)から数えて5ヶ月ぶりの笠岡ふれあい空港です。この5ヶ月の間、私の身の回りで目紛しく色々とありまして、走行会前日の夕方まで不参加の意向を伝えておりました。しかし、ずっとクサクサしてても仕方ないので、気分転換の為に思い切って弾けようと、急遽不参加を取りやめ参加申し込みしたのが前日12月3日の夜8時の事…。その為に、ジムカーナに向けてのメカニック的な調整はなぁ~んにも出来て無い状態で参加という事になりました。洗車すらしてないですから、ゼッケンを貼付ける為のマスキングテープがくっ付いてくれるかという事すら危うい状態です。(爆)

パドック風景

でもね、天は我を見捨てなかった…。他の事では見捨てられてるのかも知れないけど、今回だけは、金曜&土曜と雨だったのに、良い天気に晴れやがってこの野郎…!

日産にちなんでゼッケン23

おまけに、洗車してなくて汚いボディの汚れが雨で洗い流されてくれたのか、ゼッケンが綺麗に貼れました。日産の23番です!

本格的な競技車輌たち

今回はねぇ、参加台数が非常に少ないのです。そんな中、プ・プロの参加が…いや、いつもプロの参加はあるのですが、今回は増えてるんです。MORIMOTOインテグラは凄く速いそうです。群を抜いて速いらしい。(笑)

それにしても、参加台数が少ないと、走行回数が増えるという参加者にはメリットがあるのですけど、オヤジ連中には体力が保たないというデメリットもあり、また、タイヤの消耗も気になるし、何より、主催者は赤字で次からの運営が…って事で,開催されなくなっちゃう危機感が漂います。

やっぱり無駄のない華麗なドライビングテクニック

そして、午前のスタートなのですが、コースは前回と同じ。でも、5ヶ月ぶりだから綺麗さっぱり忘れてるちゅうの。私は前回と同じコースなわけですが、MORIMOTOインテグラのドライバーさんは今回初参加なわけで、初めてのコースなんだよね。それでも、無駄かなく華麗なドライビングテクニックです。速い!私の加齢なドライビングテクニックとは大違いです。

豚汁の準備

私は立て続けに5~6本走行した後、1時間程皆の走行を見学し、周囲をウロウロと徘徊を始めました。火気厳禁のパドックを離れ、一般駐車エリアに行くとスタッフが昼の名物である豚汁を準備してました。皆が楽しんでる時に裏方さんは大変です。火の使用が許されてる離れた場所での調理ですから孤独です。(^_^;)

豚汁の具材

食材は予め前日に下ごしらえされていて、鍋で煮るだけです。以前は出汁もちゃんと取ってたのですが、今は出汁の素を使用してるとの事。今回出来上がった豚汁の撮影を忘れてしまった為に、こちらの記事を参照(当Blog内リンク)にして下さい。

ハイテク機器を使って自分の走りを分析

そして、こちらは赤城レッドサンズの高橋涼介さんでしょうか?GPSとノートパソコンを用いて自分の走りをデータ化して分析中!素人の走行会レベルでこんな事が出来る世の中になっちゃったんですね。もはやマンガの世界だけじゃない!

豚汁完食

そして、お昼に振る舞われた豚汁は見事完食。いやぁ~、冗談抜きで外で食べる豚汁は美味しいです。

午後のコース

こちらが、今回の午後のコースです。比較的単純で覚えやすいコースだったのですが、運転するには操作が忙しく面倒臭いコースです。覚えやすいから走りやすいって事にはならないのですよね。初っぱなの8の字が2つ連続なんていやらしいたらありゃしない。激しい横Gとの格闘で呼吸する事も忘れちゃって、フッと思いだしてはゼェゼェ呼吸してって感じで、ゴールまで体力が保たないときたもんだ。

午後走行シーン

でも、速い人は何かが違うのでしょうね。運転してるときは必死でよく分からないのですけど、外から他人の運転を見てると、速い人は動きが凄く滑らかで美しいのですよ。車を走らせるスピードは上手い人も下手な人もほとんど差なんて無いと思います。ターンなどの処理の仕方で簡単に数秒の差がついちゃってるんだろうなぁ~。

平均年齢を上げるオヤジエリア

こちらのエリアが、息の上がるオヤジエリアで参加者の平均年齢を上げております。

タイム集計

集計途中のタイムですが、一番速い人で1分26秒。私が1分47秒です。20秒も差を付けられちゃってます。

夕日に照らされて

そして、全車両のタイム計測が終了し、参加者は片付けに入ります。

コース上のタイヤカスを綺麗に掃除するスタッフ

スタッフもコース上のタイヤカス等を竹箒で掃いて綺麗に掃除します。ゴミは当然持ち帰りで来た時よりも綺麗に…。健全な暴走族の流儀です!

閉会式

そして、閉会式&表彰式!第30回大会という事で景品も豪華との事!前々から要望の強かったガンプラを大漁に仕入れて来たそうです。

ゲットした景品

して、今回、私がゲットした景品…ガンプラとファブリーズとサッポロポテトバーベQ味。本当はチロルとファブリーズだったんだけど、女の子の参加者が居まして女の子にガンプラがいっちゃったんだよね。っで、ガンプラとチロルを交換したのでした。サッポロポテトバーベQ味は、あまりの景品だったのですが賞味期限の関係で次回の景品に使えないって事でジャンケン大会となり、私は早くに負けてしまったんだけど、勝った人が箱を開いて1袋ずつ配ってくれたんですよ。

皆さんも、楽しい走行会に参加しましょう!だんだん参加台数が減って来てるので、ずっと続けられるよう、そして、車業界を活性化出来るように…。それに、安全だのエコだのと騒ぐなら尚更一度参加してみて下さいな。きっと、安全意識やエコ意識が根本から変わりますよ。

中国自動車道でスーパーカーの事故
フェラーリなどの高級車多数が絡んだ中国自動車道上り線の事故現場
4日午後、山口県下関市小月町で共同通信社ヘリから

そう言えば、私達がジムカーナを楽しんでる時に中国自動車道ではスーパーカーが13台だっけ事故したようですね。フェラーリ8台にランボルギーニが1台、ベンツが2台、国産車2台、車は大破だったけどいずれもドライバーは軽症だった事が幸いでした。車はお金が有れば手に入るけど、運転技術はお金じゃ買えませんからねぇ。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

グローバルな価値観でグローバルな評価基準を

朝日新聞夕刊の「大卒の内定率2番目の低さ」に苦しくなった。昨年80社受けて内定が得られず、留年を選んで再度就職活動をしている男子学生の「僕には何かが足りない。160社も受けて、何をしているのかと自分を責め続けています」という言葉。
ずいぶん前、ニュース番組で就職のための民間セミナーに通っている男子学生が、「もっと笑顔を!」「もっと笑顔を!」と要求され続け、自宅で鏡に向かって必死で笑顔の練習をしている映像を見た時も苦しくなった。なんかもう見ていられなかった。就職活動で、そうやって心をすり減らしている若い人たちが、今の日本には大勢いるんだと思うと、苦しくなる。なぜなら、私はそういう日本を作った先行世代の一人だからだ。しかも、そのくせ何もできていない。動いていない。ただ、「心を壊さないでください」と祈っているだけ。

だから、せめて、自分が身を置いているライターの世界だけは、何とかしたいといつも思っている。先日、BSブックレビューの本を作るから堀江敏幸さんといしいしんじさんと合評した回の再録を許可してほしいと言われて断った。なぜなら、謝礼がなかったからだ。
私はメールで編集者に訊ねた。「じゃあ、この本の印税は全部御社のものになるのですか。おかしくないですか?」その件に関する回答はなく、「じゃあ今回はけっこうです」との返事。もちろん、この手の謝礼に万の単位を求めていない。3千円もあれば御の字だと思う。
「3千円なら、タダで掲載許可出してあげればいいじゃん」と思う人もいるでしょう。でも、私の考えは違います。ベテランはタダの依頼を受けてはいけないんです。なぜか。私より年下のライターが「トヨザキさんも無料で引き受けてくれました」と言われてしまうから。

原稿料も同じだと、私は思っています。私クラスのベテランがなしくずしに最低ラインを割る仕事を受けてしまったら、若い人たちはもっと安い原稿料に設定されてしまう。異論反論あるでしょうが、それが、私の同業の若い人への最低限の仁義のきりかたです。

フリーライター・書評家の豊崎由美氏の言葉


デザイン業界のみならず、材料費のかからない知的財産に関して、この国はズタズタのボロボロなんだなと強く感じてしまいます。世界の中で先進国と言われる日本だけど、やっぱり意識的にはかなりの後進国のような気がします。

TPPの問題を筆頭に我が国のグローバルコミュニケーションが問われてる気がします。島国で閉鎖された井の中の蛙的な我が国独自の価値基準のままでいると、後々に痛い目を見るのは免れないでしょう。

本当に日本がグローバル化して世界から取り残されなきゃ…、既に取り残されてるのかも知れないけれど「取り残された」と多くの人が実感できるくらい最悪な状況にでもならなければ、気が付く事が出来ないのかも知れません。

でも、私はそうなる事も1つの手段なのかも知れないと願ってる面もあります。何故なら、ちゃんと評価されるべきことが評価される世の中であって欲しいと願うからです。現在の日本での『物を見る目の無さ』というのは筋金入りだと思うから。



●追記(2011.12.06)

『衝撃を受けたアメリカ企業のワークスタイル』

私は学生時代に起業し、会社に勤めた経験がなかったこともありマネジメントの未熟さから次々と退職者を出してしまった経験があります。そこで1年間に1000名以上の経営者に教えを請い、マネジメントを一新し組織診断で2年連続日本一社員満足度の高い会社に認定されました。※著書「日本でいちばん社員満足度の高い会社の非常識な働き方」

10年以上会社を経営し、いろんなワークスタイルを見てきたつもりですがbtraxに入社してみると衝撃の連続でした。

日本の会社では当然あるものがない・ない・ない。
朝礼・日報・勤怠管理・残業
もちろんアメリカでも会社にもよると思いますが、このような環境であることはごく一般的だそうです。

私の書籍の中の項目の一つに「21時以降は強制退勤」という項目があり、日本では「21時以降残業がなくていいですね」と言われますが、アメリカ企業に勤めてる何人かに書籍を渡したところ「え?21時まで働かなきゃいけないの?」と怪訝な顔をされました。。。

その他にも

プロセスよりも結果を重視する・なるべく定時に帰れる様にする・家から出勤出来る日がある・責任者を明確にする為に必要の無い情報共有は行わない・仕事とプライベートは明確に分ける(社員の結婚式にも参加しない)・仕事以外のレクリエーションは強制せずに自由参加(社員旅行、合宿)・担当者が責任を持って意思決定していく・結果が出せない社員はリストラされる

上記のような情報自体は以前から知っていましたがこちらに来て思ったのは、入ってきた情報や事実だけを日本の感覚や価値観で判断してはいけないと思いました。

狩猟民族で移民国家、民主主義と自由を最大限尊重し、個人主義。背景にあるものがそもそも違うため、このワークスタイルがアメリカでは最適であるということを肌で感じました。
また、経営者の一番の仕事は一人一人のスタッフがそれぞれ働きやすいような環境づくりだったりもします。

その他にも大きな違いとして、日本の中小企業の多くの経営者は売上を上げる事に意識の多くを費やしています。しかし、アメリカでは売上を上げることは難しくなく、いい人材を採用する・引き止めることが難しいとのこと。売上が上がっているにも関わらず、会社を継続できないケースが多々あるそうです。必然的に経営者には高いマネジメント能力・リーダーシップ能力が求められることになります。

日本企業が世界進出するに当たっては、これまでの価値観を一旦脇に置いて、アメリカ企業や市場のことを知らないと世界進出で成功できないと痛感しました。


友達が参考にと教えてくれた記事です。

日本人は形式を重んじる事で、やった(達成した)気になる民俗なのでしょう。
これは、私が高校生の頃から感じてた事です。何か型にはめないと良し悪しの判断が出来ない盲目な目とでも言うか…。結局、前例が無いと何も出来ないのだろうと思いました。

日本の会社で当たり前な朝礼や日報は私も当然のように経験しましたけど、今思えば、それがどれだけ無駄な事だったか…。朝礼ではリーダーが1日の予定を読み上げ、今日も1日頑張りましょう。って、「小学校の朝会ですか?」って感じだし、朝礼で1日の予定を読み上げても、実際の仕事になると予定外の仕事がどんどん入れられ予定なんてあったもんじゃない。そのような1日の無茶苦茶な仕事の状態を日報で報告するも、毎日それが当たり前の事で常識化してるものだから改善に繋げようともしない。何の為の朝礼で何の為の日報なのか?

朝礼にしても日報にしても、それをするだけ時間の無駄。当然、そんな滅茶苦茶状態だから残業も当たり前。

経営者の一番の仕事は一人一人のスタッフがそれぞれ働きやすいような環境づくり凄く的を射た事だと思います。
しかし、この日本では、経営者が意味も無く朝礼や日報を書かす事で、社員を管理するという重要な仕事をしてると勘違いしてるわけで、上記に欠いたように、予定外の仕事等、一人一人のスタッフが働きやすいような環境とは大きくかけ離れていてもお構い無しです。

このBlogでも、良い仕事をする為には環境を整える事。…と私は再々言ってきました。日本での当たり前はグローバルな社会では何も役に立たない。TPPの問題等、もはや世界を無視してはやって行けない時代に入ってるのに、未だ日本独自のガラパゴス文化を突き進もうとしている感があります。
TPP…私の目には明治維新に似てるようにも思います。明治維新を反対する侍に賛成する文明推進派。変化を活かすも殺すも、その後の意識次第だろうと思います。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

HKS ZERO-R

HKSゼロ-R

国内最強のGT-Rが世界に通用するスーパーマシンへ。
当時のHKSが持つ全てのテクノロジーを注ぎ込んだコンプリートマシン。

「270km/hオーバーでの、巡航性能、快適性、保安基準適合。」を目指し「高出力、高耐久性」を開発テーマとし、2年間にもわたる開発のすえ念願のコンプリートカーとして改造車検を見事に取得。その後ヨーロピアンコンプリートカーをも凌駕するべくドイツでのアウトバーンやニュルブリンクでのテストをかさね、インターナショナル・スペックマシンとして完成度を高めていった。

1991年1月に開催された東京オートサロンで国産コンプリートカー部門1991年グランプリに輝いたHKS「ZERO-R」。そのマシンが同年9月に日本国内においてついに改造車検を見事に取得した。
「ZERO-R」プロジェクトチームが結成されたのは、1989年10月。エアロスタイル、乗車定員2名化、燃料タンクの新設、エンジン、サスペンションのチューン等、より洗練され完成されたマシンにする為に多くの課題を抱えて開発スタート。
エンジンベンチテスト、足回りのテスト、そしてテストコース、サーキットでの走行と、各種テストを幾度となく繰り返し、開発テーマである「高出力と高耐久性」を合わせ持つマシン造りに専念した。得にマシンの心臓部とも言えるエンジンのセッティングには膨大な時間が費やされた。「ZERO-R」はノーマルのGTRを大幅に上回る出力を発生している為に、より正確で最適な燃料噴射システムが必要だったからである。純正車輌の同燃料システムを利用しつつ、高レスポンス、高出力化に対応するためPFC F-CON、GCC-2、VPCを装着。PFC F-CONは燃料噴射弁(インジェクターノズル)を駆動している信号を回転数と圧力できめ細かく制御しており、これにより高出力領域でも最適な空燃比特性を得る事が出来た。

GCC-2は、PFC F-CONの燃料噴射装置を補う装置で、走行環境や実走状態により微妙な燃料調整を外部(コクピット)からマニュアル操作できるようにしたもの。使用回転数を6段階に分け各段階に対してサイン補正をかけることにより、いっそう高精度で細やかな燃料調整を行う事ができる。最出力する装置で、これを取り付けることによりエアフロメーター(吸入空気量検出装置)を取り去り吸入抵抗の削減、高出力時の空気量検出の精度向上を実現させた。また、シーケンシャルターボ独特の複雑なバイピング類を簡素化することが可能となり、回転数と圧力による3次元データでシーケンシャルターボを制御するつくりとなった。
価格は1,600万円で、2台のみ(私の記憶が正しければ)の限定販売された。

HKSゼロ-R

(写真:左)ドライバーの手が直接触れるステアリング・シフトノブはバックスキン製に交換。
(写真:中)日本登録の海外用ナンバープレート。TKNは、東京練馬の意味。
(写真:右)ギャレットの大容量シングルターボ(TA45S)に交換。450psを発揮。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~スペシャルカー~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

産業崩壊へのカウントダウン!

「手に職があれば安心」も今は昔。技術職の仕事単価は10年前の約半額に。

現在、就職市場では「正社員志向」が高まっている。だが、たとえ正社員で採用されたとしても、この不況のご時世だとリストラに遭ったり、または会社がいつ倒産してもおかしくない。そんなときに心強いのが「手に職」を持っている技術系労働者だ。だが彼らの仕事も、軒並み単価が下がる傾向にあるという。

【かつては安定の代名詞だった「国家資格」保持者の建築設計士の42歳男性は、こう憤(いきどお)る。】
「こんなギャラじゃ、とてもじゃないけどやってらんねえ!工務店の依頼を受けて戸建住宅の設計図面を作ってるんだけど、10年前じゃ売出し価格の10%が取り分だったのに、今じゃたったの3%だぞ。1000万円の戸建てなら、ギャラが100万円から30万円に減ったってことになる。生活苦で辞めていった同業者もたくさん見てきたよ。俺たちの技術を安く見んじゃねえ!!理由?そりゃ仕事が減って競争がきつくなったから……。いや、違うな。俺たちが苦しんでる分、間違いなく誰かが甘い汁吸ってんだろ!

【また、テレビカメラマンの36歳男性も「仕事量は減少傾向」と苦しい現状をこう明かす。】
「僕らの仕事は1回のロケをワンチェーンと言って、かつてはカメラマン、音声、アシスタントの3名体制で平均受注金額が13万円ぐらいだった。それが、今じゃカメラマンと音声の2名になり、受注金額も8~10万円。これだけ聞くと『1人当たりのギャラは変わんないじゃん』と思うかもしれないけど、実は、以前はワンチェーンで1本撮りだったのが、今は3本撮りも当たり前。しかもカメラの性能が良くなっちゃったから、制作会社のディレクターがハンディカメラでロケに行く事も多く、仕事の本数自体もかなり減っちゃった。もうやってらんない!」

【スチールカメラマンの37歳男性】
「全仕事平均で単価が4割減」だと話す。高収入が期待できた広告写真のギャラでさえ「10年前と比べたら、今の単価は50~70%減。リーマン・ショック後に1段下がり、最近もう一段下がった」とのこと。

【一方で、仕事の単価が減少したのは、「景気がいいときにボッタクリ過ぎたから」という声もある。】
WEBデザイナーの38歳男性は2000年代前半の「ITバブル」に、さまざまな企業がクライアントの無知を逆手にとって法外な料金を請求してたとして、事情を次のように話す。
「昔は発注する企業側がネットのことをよくわかっていなくて、こちらの言い値でけっこう通った。ひどい制作会社だと、バナーをちょっと右にズラすだけで『5万円です』とか(笑)。確かに、単価は下がったけど、それは一般の人たちもどんどんネットに詳しくなって、ボッタクリの実態がバレたということだと思う。本当に大変なのに『このぐらい簡単でしょ?』って言ってくるクライアントが増えたのは困ったもんですが……。

技術職の仕事単価が減少した理由はさまざまな背景があるようだが、少なくとも現在は「手に職」があっても安心できる時代ではないようだ。

週プレNEWS 11月30日(水)12時51分配信(取材/頓所直人、興山英雄、小山田裕哉、河合桃子)



最初の建築設計士さんが感じる問題は、私も強く感じています。
手に職をつけると、その技術を横取りし甘い汁を吸われたと感じる事も実際に経験してきました。しかし、甘い汁を吸った当人達は甘い汁を吸ってるつもりは全く無く、自分の仕事を一生懸命してるつもりなので、指摘しても何が問題なのか理解出来てないから余計にタチが悪い。要するに、業界の衰退ですね。何が良くて何が悪いのか理解しないまま間違った仕事のやり方を自信満々に頑張ってるわけです。それが、手に職をつけたプロから見ると、仕事の出来ない連中が甘い汁を吸ってるように見えてくるのです。

次のカメラマンの話も、業界の衰退が原因なんだろうなぁ~。
制作会社のディレクターがハンディカメラでロケに行く事も多くなったとありますが、確かに、最近は機材の性能が良くなって、素人でもプロのように振る舞える事が多くなってきました。しかし、プロって機材って所詮道具でしかなく、その先の事ができるかどうか?がキモなんだよね。
最近テレビを見てて凄く気になるのが、中継などでハンディカメラで撮ってんだろうなぁ~ってスグに分かるような映像の多い事。酷いのはモザイク状の荒れが出ててもお構い無し。昔はそんな事無かったのに、それでも、映像を撮る側、そして放送する側はお構い無し。
この事からも仕事の良し悪しが分からないような人が増えたと言えるわけです。プロの現場がそのような状態なので、その為、視聴者も見る目が肥えないから、本物のプロを要求する事も無くなった。

ITバブルのボッタクリの話も…、結局、クライアント様の無知が原因でしょ。
見る目が肥えてないからに尽きるんだよね。これは我々のクリエイティブ業界にも言える事で、クライアント様の無知は強く感じます。そりゃ、素人だから無知である事は当たり前だけど、それにしても無知過ぎやしないか?って強く感じます。
例えば、自分の趣味の物を買おうとする場合、それなりに自分で勉強というか、好きだからある程度の知識を持って買うじゃないですか。それがより良い商品を選ぶ目安になるというか…。
だけど、クライアント様の無知って、本当に無知なんですよ。仕事なのにその仕事に興味を示さないというか…ホント呆れるくらいに。

「手に職があれば安心」と言われてた時代には、「手に職」を見極める鋭い消費者の目というのがあった時代だったと思います。今は、その見極める目、そのものが衰退して良し悪しが判断出来なくなってるのではないでしょうかね?

私もクライアント様に言われた事があります。「KOJIさんなら描けるよね。たぶん1時間ぐらいでちゃちゃっと描けるんじゃない? 簡単!簡単!」ってね。そして、最後に「簡単だろうから、○○円ぐらいで…。」って値切られる…。参照記事:簡単!簡単!(当blog内リンク)

プロが簡単っていうのは、ちゃんと基礎を学び精進して努力を重ねて来たからこそ言える言葉なのですよ。誰もが簡単に出来る事じゃない。本来、他人に難しい事が事が精進して来た私には簡単という事であって、その辺の簡単と一緒にされて値切られる対象にはならないだろう。この事から、良い物も悪い物も分からない目が節穴のような人が増え過ぎてると私は感じます。それにね、報酬って「感謝・お礼」でしょ。職人は惜しみなく自分の持てる技術を提供するわけで、そこにはちゃんと評価で返して欲しいのですよ。でも、見る目がないって事は正しい評価は出来ないって事ですから。

まだ、良い物を理解した上で状況に合わせ、職人じゃなくても大量生産された安い商品が良いと、安いものを選ぶとか出来てるんだったら良いが、良い物が何か分からなくなり、その結果、良くない物を選び「こっちの方が好き」ってなると、手に職の意味すらなさないだろうし、産業全ての崩壊に繋がるでしょう。「「手に職があれば安心」も今は昔。」なんて暢気な事言ってる場合じゃないと思うんだけどなぁ~。

過去の記事「くわいちゃん」(当Blog内リンク)にその例があります。

技術大国日本。この言葉は既に過去の言葉なのかも知れません。現在は先陣が頑張り築き上げた技術大国日本を良い事に、この言葉に胡座をかいて蝕んでいるのかもしれません。現にさ、「技術大国日本だから」と他人事のように言いながらも「自分は得に技術なんて持ってないよ」っていう人、どのくらいいるだろう?案外、沢山いると思うんだよね。知識だけの頭でっかちな人ばかりなんじゃないかなぁ~?

産業崩壊へのカウントダウンが始まったように感じます。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。