2011 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イジメ無くす為に気付いて欲しい事

岡村イジメ

◆「岡村途中からキレてるやん。誰か止めろや糞が。」

フジテレビの27時間テレビの『すぽると!』の枠にて岡村イジメとも取れる場面があり、それを見た視聴者のネット上での書き込み。

事の発端は岡村、福徳(ジャルジャル)、中居(SMAP)のチームと女性とで3 on 3対決のコーナーにて起きた中居と福徳は岡村にパスを回さず2人だけでバスケを楽しんでおり、それに対して岡村は「俺にも回せよ」と言う展開に。

福徳が背後から岡村に対してバスケットボールを本気でぶつけたことが切っ掛けとなり回りのみんなも岡村に集中的にボールをぶつけだしイジメ状態となった。台本にあった事とは言え過剰な演出に視聴者は猛批判。

すぐさま、出演者のブログのコメントには「ただのいじめじゃん」「脚本通りなんだろうけど笑えないよ」「岡村途中からキレてるやん。誰か止めろや糞が。めちゃイケ終わったな。そら岡村も入院するわ」などの痛烈な批判コメントもあり大荒れ状態となった。
今回は、笑いを取ろうとするあまり、過激な演出がが裏目に出て視聴者の怒りを買ってしまう形になってしまった。何事もやりすぎは禁物だ。

(ビギナーズまぐPR号外 2011/07/27 号より)


約1ヶ月前に27時間テレビで岡村イジメが話題になり、物議を醸しました。しかし、その後の岡村さんの会見で『番組の事だからイジメではない!騒ぎ立てる視聴者が異常!』と言うような発言で更に波風が立った状態になりました。

自殺現場に落書き「ここから落ちて死ね」

札幌市で、マンションの屋上から飛び降り自殺した中学2年の男子生徒が通っていた学校の校長らが31日、男子生徒の家を弔問した。また、現場となったマンションの屋上に自殺を促す内容の落書きが残されていたことがわかった。

自殺した札幌市手稲区の男子生徒の家には31日、生徒が通っていた中学校の校長とPTA会長が弔問に訪れた。

男子生徒は30日、学校に登校せず、母親と担任らが捜していたが、9階建てのマンションの屋上で発見した。その後、男子生徒はすぐに屋上から飛び降りた。
また、マンションの屋上には「ここから落ちて死ね」などと自殺を促すような落書きがあったことが新たにわかった。警察もこれを把握しているが、男子生徒の自殺との関連性はわかっていない。

男子生徒は、今年5月から遅刻や欠席が目立つようになり、担任と母親を交えた7月の三者面談では、「複数の人に陰口を言われている」と、いじめを受けていることを明かしていた。

中学校では、いじめと自殺との関連を調査するとともに、スクールカウンセラーを31日から常駐させ、生徒たちの心のケアにあたっている。

(日テレNEWS24 - 08月31日 18:10)


それにしても、イジメによる自殺者が減らないよね。そして、この中学生が飛び降り自殺したニュースに対して、多くの方が『イジメは良くない』という趣旨のコメントを寄せていました。最もなコメントなのですが…、私が疑問に感じたのが、このようにあからさまにイジメと報道されるイジメに対しては『イジメは良くない』と声を上げる事の出来るようですが…。

そのコメントを寄せてる人の中には、『島田紳助さんの引退のニュース』や『小倉キャスターのお詫びニュース』(当Blog内リンク)にもコメントを寄せてる人も居て、「シャクレを観なくて清々する」とか、「帽子を脱いで頭を下げろ!」と言った内容のコメントを寄せてる人もいたんだよね。イジメは良くないという人が、状況が変わるとイジメ的行動に出てたりするわけで、イジメが日常の中に溶け込み過ぎて日本全体で麻痺しちゃってるんじゃないかと感じます。

岡村さんの会見で、『番組の事だからイジメではない!騒ぎ立てる視聴者が異常!』という事を言われてましたが、そもそも、番組内でイジメと見紛う程の内容を放送するという事も私は問題だと感じています。番組内だから問題ない!…って思う感覚も麻痺してる状態と思います。

これまでにも、罰ゲーム(虐め)大好きTV業界(当Blog内リンク)イジメ問題(当Blog内リンク)他人を巻き込む罰ゲーム(当Blog内リンク)等、この類いのイジメ助長アホバラエティの話はしてきましたが、麻痺してるから止まるところを知りません。

今年3月の週間ポスト記事で北野タケシ氏もTVは叩くと決まれば徹底的に完膚無きまでに糞味噌に叩きまくる。これは現代の子供社会のイジメと同じ。と言われていました。日本の低俗なテレビ番組は本当にどうでも良い!
お笑い番組にしても、芸人と言われる人が、ちゃんと芸を見せて笑わせてる人がどれだけいますか?イジメ見たいなバカで笑いを取るというそんな人達ばかりじゃないか。芸人じゃなく単なるイジメっ子だよ。

このような低俗な番組を見て、一般視聴者のイジメに対する感覚が麻痺してしまう事が一番怖いと思ってたら、やっぱり…という感じでした。


例えば、一番上の岡村イジメの引用ニュース記事を書く記者さんも麻痺してる良い例です。


【台本にあった事とは言え過剰な演出】
『過剰な演出』云々の問題じゃない。過剰ではなくても人を吊るし上げて笑いを取る事が既に変でしょう。ニュースの記者さんは過剰じゃなければOKみたいな言い方だよね。

【何事もやりすぎは禁物だ。】
やりすぎなければイジメみたいな演出もOKなのか?イジメみたいな演出そのものがいかんでしょう?やり過ぎの線引きは何処で誰がするの?


ニュースの記者さんの表現から見ても、私には、このようなバラエティ番組に毒されて感覚が麻痺してるとしか思えないんだなぁ。こういうのに見慣れてしまったら、そりゃ、学校でイジメがあり自殺した生徒が出てきても、会見の場で、先生方は「イジメとは思っていなかった!じゃれてるんだと思ってました。」なんてコメントが当たり前のように飛び出して来ても不思議ではないと感じます。

『イジメは良くない』とコメントしてる人の中にも、「シャクレを観なくて清々する」「帽子を脱いで頭を下げろ!」なんて事を平気で言える人がいる。これは、まぎれもない事実です。
きっと、視聴者も大部分でバラエティ番組に毒されて麻痺してるんじゃないかなぁ~。そんな気がしてなりません。麻痺してる事に気がつかなきゃ、イジメ問題は無くなる事はないのじゃないかな?




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

互換インク

PX-1001用互換インク

某オークションサイトに私が使用してるプリンターPX-1001(当Blog内リンク)用の互換インクが出展されていました。1色あたり230円と超低価格でした。必要な5色を揃えても1,150円。ちなみに、純正品は1色が1,200円ぐらいします。5色セットの特価品を買っても4,000円ぐらいするので、この互換インクは約1/4の価格です。

今回、この互換インクを買ったのは、純正品が店頭で販売されているのを見た事がなく、純正品でありながら手に入り難い環境にあるのと、同じネット通販で買うなら物の試しにと買ってみたのですが、酷いインクですねぇ~。

純正品は顔料インクに対して、この互換インクは染料インク!ずっと、純正と同じ顔料だと思って普通紙にプリントしてたんだけど、顔料にしては滲みが激しいと思ってたら、なめとるんかぁ~!って感じ。

プリンター出力見本

更には、これを見ちゃってぇ~!何、このスジは…?
これじゃ、使い物にならないし、インクを使い切るまで交換も出来やしないし、趣味の悪い罰ゲームです。こんな品質ではいくら1色あたりが230円と言っても全然安くないですね。お金をドブに捨ててしまった気分です。

PX-1001用互換インク

ちなみに、まだこんなのもあるんだよなぁ~。これも、PX-1001用互換インクです。こちらは純正品の半額程度の品です。ISO9001及び14001認証工場での生産品だから品質は良いとの謳い文句ですが、正直使ってみるまでは何とも言えません。
こちらのインクはISO9001及び14001認証工場での生産品なのに、何故5色セットではなく、4色セット販売なのでしょうか?PX-1001は黒インクを2本使う為に4色じゃ使えないんだよね。

それにしても、PX-1001というプリンターはマイナー機種なのでしょうか?純正のインクが何処にも出回ってないなんて…、しかも、有ったとしてもインク代がメチャ高い!どうやら、PX-1001というプリンターはまだまだ発展途上な製品なのかも知れないなぁ~。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

立ち上げたばかりの会社だから…

ポートフォリオ用プリントアウト

今日は、一生懸命ポートフォリオ用のプリント出力してました。プリンターがMacOSのクラシック環境に対応してない物だから、MacOSのクラシック環境で過去データを引っ張りだし全部EPS形式に変換して、MacOSX環境に移動させPDFを作成してプリンターでガーガー出力してたんだけど、何でもない作業が丸1日仕事でした。


作業の待ち時間で、某サイトの『プロイラストレーター トピック』を見てたら下記の凄い書き込みを見つけてしまいました。マジであり得ん!

当社hpの表紙を描いてくれる方を探しています。

はじめまして、管理人様。 貴重なスペースをありがとうございます。

こちらをご覧頂いている、絵描きさんにご相談があってトピックを立てさせて頂きました。現在、当社のhpを飾るイラストを描いて頂ける方を探しています。
当社はCMの制作会社なので、デザインは遊び心溢れるタッチでと考え、すでに絵のイメージだけは出来上がっています。しかし、それを形にするための技術がないため、この場を借りてご協力頂ける方を募集させて頂くことにしました。

hpの表紙はフラッシュアニメで黒地に白い線で、ピラミッド、スフィンクス、探検家、 犬(探検家の愛犬です)を使ったデザインを考えています。
尚、ギャランティに関しては、立ち上げたばかりの会社なので、お支払いすることは出来ませんが、製作頂いた絵は多くの方の目に触れる事にはなるかと思います。

最後に、こちらは都内なので都内での打ち合わせが可能な方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡下さい。沢山の方からのご応募をお待ちしています。


毎度、毎度、よくあるお仕事依頼の書き込みです。しかし、仕事さしちゃるけど、お支払いはしないよ!…っていう、凄い依頼です。しかも、支払いをしないと言う理由が通常では考えられない想像を遥かに超えた理由です。流石は、クリエイティブな発想です!

その凡人には考えられないクリエイティブな支払いをしない理由は…、立ち上げたばかりの会社だからギャラが払えない。との事です。そして、その代わりと言っちゃなんですが、製作頂いた絵は多くの方の目に触れる事にはなるという特典付きです。イラストレーターは名を売るチャンスだぁ~!って、素直に喜べるかヴォケェ~!一般的には多くの方の目に触れる事になる程に制作料金は上がるのだけどね。

それにしても、クリエイティブ業界の非常識さは止まるところを知りませんねぇ。でも、考えようによっては、もしかしたら、立ち上げたばかりの会社からのCM依頼なら無料でCM製作を請け負ってくれる会社なのかも知れませんね。

いや、冗談はさておき…。でも、売るべき商品が何か分かっていない間抜けな会社(当Blog内リンク)も存在してるし、更にこのような依頼を受けてしまう駆け出しのイラストレーターがいる事も事実。しかし、そのような方のおかげで、才能や技術で仕事をしている人、全体の価値を下げてしまう事になっているわけで、多くのクリエイターが使い捨てにされてしまう事に繋がるし、既に、その状態が当たり前になりつつあります。

過去にも、さ・さんぜんごひゃくえん?(当Blog内リンク)という記事をUPしましたが、このような依頼は止まる事を知らず、どんどん増えてくる一方です。悲しいけど、これが現実として起こってる事なのです。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

頑張る事と環境

ザ・コンビニ

妻が転職しました!
アルバイトなんですけどね、某コンビニエンスストアA店に務めてまして、仕事は好きだったんだけど環境の温さに嫌気がさし、周りからその環境の同類に思われるのが嫌で去りました。
そして、新たな勤め先は、同じく某コンビニエンスストアB店…新規OPEN店舗です。出来上がった環境の中に飛び込むのではなく、何もないところから環境を作り上げたいからと…。

OPEN数日前に面接に行ったら顔パスで、すぐ採用となりました。
実は店舗エリアをまとめるスーパーバイザー(SV)がA店とB店と同じ方でして、A店に務めてた時に見回りに来たSVと数回一緒に仕事した事が有ったようで、その数回の一緒に仕事された時に良い評価をされてたようです。

新規OPEN店舗の求人を見つけた妻は、電話連絡した際にその時のSVが出られたようです。新規B店の店長にSVから仕事ぶり等の話が通されていたみたいで、面接も単なる雑談で終わり新規立ち上げの研修もそこそこに実戦投入される事になったようです。

数回仕事を共にしたSVはA店は非常に温く甘い環境なので、妻は続かないと睨んでたようです。 「あそこに居たんじゃ君はダメになる!」とまで言われたそうです。A店に居た時の妻は、自分に厳しく仕事をしてたのですが、甘い店長の目にはその厳しさが認めてもらえず、結局、自身の頑張りが空回り状態で無駄になってただけという状態だったようです。当然、頑張りに対しての評価も低かったようです。

物事が上手くいかないのは自分の努力が足りないからじゃなくて、その場所が自分に合ってないからかも知れない。…っていうのを検討してみても良いかもしれない。

世間のルールに背を向けろ - phaのニート日記


頑張っていればいつの日か…。なんて言うけれど、見る目の無い人の下で頑張っても人生を棒にふるだけなんだろうと思った。
ただ、自分の頑張りが本当に頑張ってる頑張りなのか、単に空気の読めない無駄な無駄な頑張りをしてる頑張りなのか、自分自身も見極める目を持ってないとダメなんだなぁ~。そうじゃなきゃ、何でもかんでも環境が悪いと他人のせいにしてしまうようになってしまうからね。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

Soon doo boo Bibin Dining(ビビンダイニング)

Soon doo boo Bibin Dining

最近、ちょっとハマってるのが韓国のスンドゥブ チゲです。お店は福山市緑町公園の隣に新しくできた複合施設、ココローズ内にある、Soon doo boo Bibin Dining(スンドゥブ ビビンダイニング)です。昼メニューと、夜メニューで内容と料金は少し異なるようですが、私はまだ夜のメニューしか食べた事がありません。

韓国チヂミ

メニューはバイキング形式なのですが、正直、メインがスンドゥブ チゲですから、そんなに沢山は食べられませんね。軽く前菜という感じにキムチとおひたし、そして韓国チヂミを選んで、スンドゥブが来るのを待ちました。

スンドゥブ

そして、こちらが、何スンドゥブだっけかなぁ~?スンドゥブも色々種類があって選ぶ事が出来るのですけど、何を選んだのかすっかり忘れちゃったよぉ~!

しかし、味はちょっとクセになる味で、ちょっとしたマイブームです。


そして、ここの所、しんどい記事が続いてたので、今日は頭を休めて脳の無い記事ですみません。スンドゥブ マシッソヨ~!



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

正しく問題と向き合いませんか?

エビチリ

この美味しそうなエビチリを提供する中華店が暴力団の経営するお店だったら…、そこで働いてたら闇社会の人間がお金を稼ぐという問題を解決してくれてることになるだろうし、お客として食事に足を運んでたとすれば、闇社会の人間が食という問題を解決してくれてることになるだろう…。

小倉キャスターが番組内で釈明、お詫び

フジテレビ系「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(64)が26日の同番組中、24日の放送で島田紳助さんの引退に関して発したコメントについて釈明し、お詫びした。 

24日の番組の中で「皆さんの周辺にも、(闇社会の人間が)問題を解決してくれることもあるはずだ」と語った。この発言についてネット掲示板などでは「ないよそんなの」「芸能界の常識を一般人に訴えかけるな」「普通は警察に助けてもらう」などの批判が殺到した。

小倉キャスターは「補足説明させていただきます。(暴力団など闇社会の人間を)容認していると受け取られてしまったようです。一般の人は『暴力団とは関係ないよ』と思われているかもしれません。昔は暴力団も看板を掲げていたが今は違います。知らないうちに気が付いたら巻き込まれているというケースもあります。皆さんに気を付けてほしいということなんです。誤解があったとしたら、申し訳ありませんでした」と説明した。

(日刊スポーツ - 08月26日 09:20)


今回の記事も昨日、一昨日と同じような記事なのですが、どうして皆、真の問題と向き合えないのでしょうか?小倉キャスターの個人批判ばかりが目立つ…。個人批判の度が過ぎてる気がします。
そして、批判する人達の読解力、理解力がないというか、何故、小倉キャスターの言葉から、皆「容認してる」と捉えるのか…。ちょっと頭を使えばすぐに理解出来るだろうに…。

島田紳助さんが自ら解決出来ない問題を解決してくれたのが暴力団だった!それは、まぎれもない事実です。テレビ内での発言が発端となった事なのに、テレビ業界の組織は何も助けてはくれなかったのでしょう。まず、これがおかしくないか?島田紳助さんは吉本という会社組織の人間でしょう。何故、仕事中での失態なのに個人で責任をかぶらなければならない?

自分達の務める会社に置き換えて考えてみて下さい!会社での失敗を個人の失敗として全責任を負わされるのですよ。1人でどうする事も出来ない時に助けてくれるはずの組織が何もしてくれない。そして、誰にも頼めない。そんな状況の中、問題を解決してくれたのは、警察でもなく暴力団なのです。警察なんか事件にならなければ動いてくれず頼りにならないって事です。ストーカー被害等、何度も警察に相談したが、その甲斐も無く殺害されてしまった。…という類いのニュースを何度耳にした事か…。これも、また1つの問題です。

このニュースの中に、日本の抱える問題点が沢山隠れてるのに、何故、目をそらして、関係のない個人批判ばかりしてるのか、私には理解出来ない。

小倉キャスターの釈明の中に、『知らないうちに気が付いたら巻き込まれているというケースもあります。皆さんに気を付けてほしいということなんです。』という言葉があります。そこまで言わさなければ理解出来ない事なのですか?昔から「一聞いて十を悟れ」という言葉がありますけど、現代人は何も悟れないところまで落ちぶれてしまったのか…?私はそうじゃないと信じたいのですが、行動を見てると信じずにはいられない気がします。

私の地元にも暴力団が経営する遊技場、飲食店など様々な企業があります。そこで働く人、或いはお客として足を運ぶ人が知らずに暴力団と関わってるのです。そう言った事も含めての小倉智昭キャスターの『(闇社会の人間が)問題を解決してくれることもあるはずだ。』という言葉というのは最初から理解出来ますが…、言葉を言葉面だけでしかとらえられない人が多過ぎですよ。

問題はドライバーではなく制度では?(当blog内リンク)にしろ、ここ数日の私のBlogは全てが同じテーマです。

そう言えば、Blog記事にはしてませんでしたが、数日前、『時代が違うと切り捨てるのは簡単!その時代のその時に合った術でくり貫けてきた、その精神を見習うべきでしょう!』とtwitterでつぶやきました。それは下記の記事に寄せられた多くのコメントに対しての言葉です。

松下幸之助が軽蔑した経営者

日本を代表する経営者といえば、“経営の神様”と謳われた松下幸之助さんをまず思い浮かべる人も多いでしょう。
『猿は猿、魚は魚、人は人 松下幸之助が私につぶやいた30の言葉』(江口克彦/著、講談社/刊)は、PHPグループの経営を一任され、松下幸之助さんの晩年23年間を支えた側近の人物が、「松下哲学」を承認、伝道した一冊です。本書には、現役当時から晩期に至るまでに、松下幸之助さんが残した「言葉」や「教え」が詰まっています。

「君んとこの社員は今、何人や? …350人か。しかしな、君、350人の社員の事だけを考えとったらいかんよ。その人たちには家族がおるやろ。四人家族とすれば、君は1400人の人間の命を預かり、生活を預かっていると考えんといかん」

この言葉は、松下幸之助さんが、江口氏によく言っていたことだそうです。会社と経営者は、よい製品やサービスを開発するだけではなく、“社員とその家族の生命と生活を守る”という大きな使命があることも十分知っていなければならないということを江口氏に常に教えていたのです。

当時、経済の不況を口実に、多くの企業は、社員のリストラに踏み切っていました。人の人生に大きな影響を与えるリストラを、解雇を通知一枚、電話一本で行い、社員のみならず、その家族の生活までも奪っていった経営者を目にするたびに、松下幸之助は怒りと軽蔑を込めて『非人間的社長』と呼んでいたそうです。

「社員を守り、その家族を守る経営とは、規模の競争や売上高の競争、利益の競争といったシェア争いをやめる経営、そして他社との比較をやめる経営をするべきである。他社のことはどうでもいい。今年のわが社の経営内容はいいのか、悪いのか。
昨年比一万円でも、売上や利益、業績が上回っているか。社員に100円でも高い賃金を支給できるようになっているのか…。そういった点をよく見て、昨年の実績を少しでも上回る経営をめざすべきである」


松下幸之助さんは本気でこのように考え、社員とその家族を大切にして経営を続けてきたのです。 また、会社の未来を語るときには250年先のビジョンも社員たちに話して聞かせたといいます。

「250年先に、松下電器が中心になって、日本を『楽土(らくど)』にする。松下電工をそのような会社にするんや」

「楽土」とは、心配や苦労がない、楽しく生活ができる土地のことを言います。
松下幸之助さんは、繰り返しこの大いなる夢を語っていたので、社員たちも、はるか250年先の目標と言っても、現時点からそれを目指している以上、いい加減な行動はできなくなっていたといいます。

そして自然に、「将来、日本の中心的な会社になるのだから、今の自分も、人間として恥ずかしくない行動をとらなければならない」「そうか、うちの会社は、今はまだ小さいけど、やがてわが国、わが国民を幸せにする会社になるのか」といったように、社員たちのやる気や自制、会社に対しての誇りを持つようになっていったといいます。

社長が「夢」を全面に打ち出し、語り続けることが、いかに経営の発展にとって大切なポイントであるかを著者の江口氏は身を持って体験してきました。
明確なビジョンを持ったリーダーが求められている時代、経営者やリーダー的存在の人は今一度、自分の部下や周囲にいる人たちのことをしっかりと見直し、自分の考えを伝えてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP - 08月24日 14:00)


…とこのような記事が上がっていたのですが、この記事に寄せられるコメントに、『今とは時代が違う』とか『いつの時代の教訓を押し付けてるんだ!』と言ったようなコメントが多かった事に呆れました。

言葉を言葉のままでしかとらえる事の出来ない人の多さに驚きました。小倉キャスターの事も結局は同じですよね。時代が違うのは指摘されなくても分かってる事です。

いつの時代にもメリットやハンデはありますし、その時代、時代で、本当に最善を尽くしてるのか?という事が重要で、それを松下幸之助さんの言葉で代用してるに過ぎないのに、それを考える事も無く『今とは時代が違う!』でバッサリ切り捨てられるって、何とも浅はかな世の中だと感じました。

ニュースを関連づけて考えると、もしも、松下幸之助さんの部下に島田紳助さんが居たら、きっと、組織の力を結集して守ったと思います。処分はその後の事でどうされるかは定かではないですが、おそらく、暴力団に助けを求める前に松下幸之助さんなら動いてたと思います。そういう経営者の精神を『時代が違う!』で片付けてしまえるようでは、この日本は終わりじゃないかと思えてしまえるわけで…、果たして、周囲に誤魔化されないで、正しく問題と向き合える人…、問題に気付ける人が、この日本に、どれだけ残っているのか…。

今の日本は民主党がつまらないだのと言う人が多いですが、民主党がつまらないというだけの問題じゃない気がします。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

無責任

なでしこジャパン

「勝利」を「奇跡」と呼ぶ国民性

周回遅れの話題だが、ご寛恕いただきたい。サッカー女子ワールドカップにおける日本チーム、「なでしこジャパン」の優勝には、久しぶりに心が震えた。

決勝戦、延長後半。勝負をPKに持ち込んだ澤選手の二点目のシーンを見返すたびに、澤選手のガッツポーズ、チームメイトの歓喜、そして選手たちを見守る佐々木監督の真っ赤な目に心が熱くなるのと同時に、いったいぜんたい、あの状況で、コーナーキックをアウトサイドで合わせて、あのアングルでねじ込むとは、どれだけスゴイ選手なのか…と、考えただけで気が遠くなる。

しかし、あの優勝を「奇跡」とよんだ、ニッポンのメディアの感覚には違和感を覚えた。違和感というより、「怒り」に近い。「奇跡」とは、努力したものだけが口にできる「謙遜」の言葉だ。第三者が、事後にノコノコやってきて、人の偉業を称して使うべき言葉ではないだろう。

私はこの「奇跡」という言葉の使い方に、ニッポンのメディアの「卑屈」が凝縮されているような気がしてならない。優勝を「奇跡」と呼び、その栄光を矮小化し、自らの身の丈レベルまでダウンサイズする。

この機会を「女子サッカーの普及につなげたい」というサッカー協会と、個々の選手の善意を逆手にとり、ワイドショー記者が選手を追い回し、バカな質問を浴びせかけ、プチ・スキャンダルを演出し、テレビに「出させてやっている」という態度をとる。もちろん、今回、この「国民的」勝利に際して、読み応えのあるスポーツ・ジャーナリズムをモノにしたスポーツ記者、ライターの皆さんがおられることは、知っている。女子サッカー「なでしこリーグ」も、大人気を博しており、草の根レベルで女子サッカーを日本に根付かせようという気運が高まっていることも、聞いている。

しかし「ニッポン」という国の大半の人々は、ワールドカップの後、所属チームの練習に合流した選手に向かい、
「結婚の予定は~?」と、声を張り上げた、バカで失礼なテレビ番組を、「微笑ましい」とカンチガイし、これに洗脳され、地上波テレビに代表されるニッポンのメディアが敷いた、「白癡化」へのベルトコンベイヤーにのせられていることに気がついていないのだろうか。

勝負の時だけ「奇跡」を望む国民性。無作為の「勝利」を尊ぶ国民性。それは要するに「無責任」ということだ。この「無責任」な国民性の地下茎は、2年前の「政権交代(さえ)すればニッポンはよくなる」といった風潮。そして今現在、野田財務大臣を中心に進行中と聞き及ぶ「必要なのは救国の大連立」という、政策議論不在の政局論調につながっている。

66年前。こうした「無責任」な国民性は300万もの戦争犠牲者をうみだし、14,000余の有為の若者を「特攻」という死に追いやった。「神風」という「奇跡」を望んだ「無責任」。66年という年月を経て、我々は単なる「批判」から、「自省」へと、成長できているのだろうか。



「…神明は唯平素の鍛練に力め、戦はずして既に勝てる者に勝利の栄冠を授くると同時に、一勝に満足して治平に安ずる者より直に之を褫ふ。古人曰く勝て兜の緒を締めよと。」
明治38年12月21日 連合艦隊司令長官 東郷平八郎「連合艦隊解散の辞」



 
「金メダルを持って帰る」
あたりまえに「優勝」を目指し、その「優勝」という目標にむけて、あたりまえに努力をかさねる。そこに、「勝ってあたりまえ」の強さが生まれてくる。日本の目標は、この「あたりまえ」の強さを、自らのものとすることだ。

(BLOGOS 矢澤 豊 (Yutaka Yazawa)-2011年08月14日02時30分)


凄く旬が去ってしまったニュースですけど、私も「なでしこジャパン」の優勝を伝えるメディアには違和感を覚えたなぁ~。

頑張る事を知らない人の夢物語でしかなかったんだろうなと…。だから、サッカーに興味が無いような人も、お祭り騒ぎで喜べるのだろうなぁ。やっぱり、この国は正しいジャッジが出来る大人のいない国(当Blog内リンク)なのかなと感じてしまいますね。

このニュース記事のように見る人は見てるのだろうけど、そういう人があまりにも少なすぎる。右と言われれば何も考えず一斉に右を向いてるようじゃダメなんだろうね。でも、簡単に右を向いてしまうのが今の社会かな。

だから、おかしな事があってもなかなか気がつけないでいるし改善されていかない。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

問題はドライバーではなく制度では?

秋の素材集として描いたイラスト

少し前にも言いましたけど、震災の煽りを受けて、我々の業界も紙代の値上げや印刷インク等の値上げにより苦しい状況を強いられています。紙代やインク代が値上げになっても、クライアント様に納品する商品代は値上げ出来ない…、むしろ、値下げを要求されている状態で、そのしわ寄せは材料費がかからないとして、我々のデザイン代カットで帳尻合わせされてたりします。勘弁してくれよ!って冗談抜きで思うのですが…。ほとんどタダ働きのような現状に、お盆の休みを境に、取引先の代理店さんと縁を切る事となってしまいました。仕事しても赤、仕事しなくても赤、同じ赤ならどちらを選びますか?…って感じですかね。

そんなわけで、素材集用として販売する為にイラストを3点ばかし描いてました。お盆を過ぎた辺りから何となく秋めいて来た感じがしますが、暦では既に秋という事で、秋の素材で私のちょっとした小遣い稼ぎです。

〈高速無料化便乗〉95%が対象外 水戸I.C.降車の中大型車

東日本大震災の被災地の復旧・復興支援を目的に6月に始まった高速道路の無料化に便乗するトラックが後を絶たない問題で、常磐道・水戸インターチェンジ(I.C.)で降りた無料化措置利用の中大型車の95%が、無料化対象エリアの東北地方以外(関東地方以西)から高速に乗っていたことが12日、東日本高速道路(NEXCO東日本)の調べで分かった。無料化対象エリアの中で首都圏に最も近い同I.C.が、便乗利用の温床となっていることを裏付けた。

同社の調べでは、7月25~31日に水戸I.C.で降りた中大型車は1日平均4400台(前年同期は1000台)あり、このうち4200台が無料化措置を利用していた。

これらの車から回収した通行券を同社で調べたところ、4000台は東北地方(新潟エリア含む)以外から高速に乗っていたことが判明した。乗った地点の内訳は、関東エリアが3500台、東海、北陸、関西、中国、九州の各エリアが100台ずつだった。

無料化の便乗利用では、首都圏などのトラックが水戸I.C.で高速を一度降り、乗り直して西日本方面に向かう「Uターン」の手口も多用されている可能性が高いことが、国土交通省の調査で分かっている。NEXCO東日本では、関東エリアから乗って水戸I.C.で降りた3500台のトラックのうち、かなりの部分が「Uターン」車だった可能性があるとみている。【三島健二】

毎日新聞 8月13日(土)2時33分配信


トラック高速無料化、8月で終了…悪用跡絶たず

国土交通省の池口修次副大臣は24日記者会見し、東日本大震災の被災地支援のために実施しているトラックなど中型車以上の高速道路無料化を8月31日で終了すると、正式発表した。

終了の理由について副大臣は、「トラックによる目的外(不正)利用が減らない」点を挙げた。無料化は6月20日に始まったが、直後から被災地への物資輸送と関係ないトラックが制度を悪用するケースが相次いでいた。国交省によると、7月中旬~8月中旬に水戸インターチェンジ(I.C.)を無料通行したトラックのうち、10~14%が制度を悪用した疑いがあるという。

一方、被災・罹災(りさい)証明書を持った被災者や原発事故の避難者に対する無料化は9月以降も継続する。

読売新聞 08月24日(水)19時19分配信


今朝も、あるワイドショーで、井口リポーターが大袈裟に伝えてましたけど、これってトラックドライバーが悪いのか?如何にも大・中型トラックドライバーが悪いような言い方をしてるけど、いくら東日本大震災の被災地支援の為とは言え、制度がそうなっていれば、その制度を利用しようとするのは当たり前の考えじゃないかな?通勤割引制度は通勤じゃなくても、その時間に利用すれば誰もが割引適用となります。この無料化にトラックドライバーのモラルが…と言うのだったら、通勤割引制度は通勤の人の為にという事で、それを利用する通勤以外の方もモラルが…と問われなきゃフェアじゃないでしょう。

この高速道路の制度も、その類いというか、もしも、そうじゃないとしたら、利用するトラックドライバーに問題があるのではなくて、その制度の不備によるものじゃないのかなぁ?部外者が簡単に利用出来る制度にしておいて、必要以上に利用されたから困りますと、利用者のせいにするのは変な話です。トラックドライバーに対して悪質なんて言われ方してますが、制度がそうなってる以上、全然悪質でもなんでもないと思います。

違法、違法と騒ぎ立ててる人は、この制度の利用に対して、何処に違法性があるのか納得出来る説明をして欲しいと思います。私は、この違法性が証明出来ません。水戸I.C.で降りて、Uターンして水戸I.C.から乗る。何処で下りようが、何処から乗ろうが、それは自由なのではないのか?そこに通行料が無料となる制度がある。それが、困るというのであれば純粋に制度の不備でしょう。ただ、Uターン禁止の場所でUターンしてたら、それはそれで別の問題ですよね。

原発問題や、円高、原油高騰などの経済的ダメージは、末端の縁の下の力持ち的な見えない所にダイレクトにきます。商品の販売価格は上げられないからと、経費削減は物流等見えない部分にきますから、物流関係者は生き残りをかけて必至です。だから利用出来る制度を利用し極力利益を上げようとするのは当然の流れですよね。
しかも、原発問題等が原因となって物流費カットになって厳しい運営を強いられてるとしたら、そういう人達もある意味、被災の煽りを受けた被害者でしょう…。高速代を会社の経費ではなく自腹切って走ってるトラックドライバーもいますし、会社の運営が成り立たないから会社の指示で行なってるトラックドライバーもいます。或いは、荷主さんが物流費を安く上げたいが為に指示を出してる場合もあります。
また、支援と言う事で被災地に納品しに行ったとしても、『震災廃材回収』や『建物復興資材納品』というように、あからさまに支援という状態が目に見えなければ被災地支援車両と認められないそうです。こんなバカな事ってありますか?水面下で縁の下の力持ちとして、人の目につかない形で支援してたんじゃ、支援とみなされないわけです。


トラックドライバーの気持ちは、おそらく、しんどいから一番最短距離を走りたいであろうと思います。しかし、わざわざ遠回りをしてまで、そうせざるを得なくしてるのは誰のせいなのでしょう?

制度の不備は問わず、利用するドライバーを悪質呼ばわりする政府やメディアってどうなんだろう?って私は思うのですが…。また、そのようなメディアに乗せられてトラックドライバーを悪の根源のように騒ぎ立てる人達の多さ、視野の狭さ…、本当に呆れてしまいます。


※復興支援以外で利用したとされるトラックは10数%との事ですが、逆に言えば80数%は復興支援の為に使ってるという事で、行き当たりばったりの思いつきによる不備のある制度にしてはモラルが良い方じゃないでしょうか?
むしろ、この制度で復興支援以外で利用される事の想定出来て無い政府の方が余程問題で、この程度の事も想定出来ない政府に日本の舵取りが出来るのか?…と、国民としては不安が更に募ります。
もしも、政府がこれを想定してたとしたら、私には復興支援する気の無い政府が一応支援の為に動いたと格好だけ見せつけ、10数%の復興支援以外で利用した人を悪者にする事で、支援を取りやめる口実に利用してるようにも感じます。





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

偏見の中に隠れるニーズ

ハシビロコウ
写真素材 足成

ハシビロコウという鳥です。動かない鳥として有名ですけど、動かないのには訳があるのです。決して、面倒くさがりとか、怠け者とかいう目で見ないで下さい。それは偏見と言うものです!
ジィ~ッと動かないのは、猟の真っ最中なのです。足下に獲物がやってくるのを待ってるのです。その為に獲物に悟られぬようジィ~ッと動かないのです。獲物が油断して足下までやって来ると、目にもとまらぬ俊敏な動きでパクッ!と食らいつくのです。長時間ジィ~ッと動かずにいる事は相当な忍耐力が必要なんですよ!…と、ハシビロコウの気持ちになって語ってみました!

自分の職業に偏見を持たれていることってある?

初対面の人との会話で、必ずといって良いほど話題に上がるのが「職業」について。自分の仕事をいうと、職種によっては「ああ、じゃあ○○してそうですね」などと、決まって同じ反応をされるという人もいるでしょう。そこで、コブス読者の皆さんに、自分の職業における偏見をアンケート調査。さらに、そのイメージは実際当たっているのかも合わせて聞いてみました!

調査期間:2011/5/27~2011/6/1
アンケート対象:COBS ONLINE会員
有効回答数 956件(ウェブログイン式)

■ヒマそうといわれるが……:主婦
「会社に行かないだけで、家事も仕事も大変さは変わらないと思います。『カフェでお茶したり、のんびりランチをしたりしていそう』と言われるけど、いつも時間に追われていて、そんなの一度もしたことありません!」(33歳/女性)

確かに自分が小さいころ、母親はいつもせわしく動いていた覚えがあります。「ヒマそう」なんて禁句ですね。

■いつでも声がきれいなわけではない!:オペレーター
「自分の職業を言うと『意外と声が低いんですね』と驚かれることが多いのですが、あれはあくまで仕事用。いつでも高くてきれいな声をしているわけじゃありません! 声とは裏腹に、電話越しでは鬼の形相になっていることもありますし」(26歳/女性)

どんな仕事にもオンオフの切り替えはあるもの。声もその時々で使い分けているんですね。

■女性の手料理にダメ出しなんかしません:料理人
「人によって違うとは思いますが、僕は家での食事には無頓着。コンビニ弁当ばかりのときもあります。だから『料理人』と聞いても、女性には身構えないでもらいたいんです。作ってくれたものなら大概おいしく食べるし、ダメ出しなんてもってのほかです!」(27歳/男性)

仕事で料理を作るからこそ、家では作らないのかも。これも一つ前の意見と同じですね。でも「料理人」と聞いて、手料理をためらってしまう女性の気持ちも分かります。

■気軽に相談を持ちかけられると困るんです:心理カウンセラー
「大抵は相手の方が悩みを相談してくる展開になってしまうのですが、相談ってそんな簡単にできるものではないし、そもそも私だって悩みを打ち明けたいときはあるんです。心理カウンセラーだからといって、自分で自分の悩みに対処できるわけではないので」(29歳/女性)

うーん、僕もつい相談をお願いしてしまいそう。でも、普段お金をもらってしていることを気軽にお願いするのは失礼に当たるかもしれません。

■ほんわかとした店頭のイメージとはかけ離れ……:パン屋(製造)
「和やかなパン屋の店頭とは違って、製造現場は肉体労働の連続。スケジュールは分単位で組まれ、25kgある粉袋を運んだり、窯やフライヤーでヤケドをしたりと、まさに時間と体力の勝負なんです。いつも仕事終わりは汗だくになっています」(24歳/女性)

どんな職種にも裏方は存在するもの。おいしいパンが並ぶあの平和な光景の裏には、多くの人の汗と苦労があるのです。

■パソコンの修理を頼むのはやめて:システムエンジニア
「パソコンに詳しい人と思われて、特に女性から修理をお願いされるのですが、僕はあくまでシステムを扱っているだけなので、決してパソコンには強くないんです。とはいえ断ることもできずチャレンジはするのですが、全然直せなくていつも微妙な雰囲気になってしまいます」(26歳/男性)

女性に頼まれると断れない男性の気持ち、分かりますねえ。「パソコンは詳しくないんだよね」と本当のことを言っても「冷たい人」だと思われてしまいそうですし。

自分に経験がない職業の人と出会ったときは、どうしても先入観だけで会話をしてしまいがち。そこから生まれた小さな誤解のために、知らぬ間に相手を困らせてしまうこともあるでしょう。まずはじっくり話を聞いて、相手の職業の中身を正しく理解することが大切かもしれませんね。

(COBS ONLINE - 07月24日 17:10)



ちょっと,古いニュース記事だけど、自分の仕事に対する偏見と言われて、「あったなぁ~。」と、ある出来事を懐かしく思いました。

それは、私が専門学校を卒業して、地元のデザイン会社に就職が決まった頃の事です。近所のオバちゃんが、私の就職の事を聞き付けて、一言…。「KOJI君、デザインする会社に就職したんだってぇ?今度、オバちゃんに服作ってぇ。」とお願いされた事があります。デザインって言うと、ファッションデザインだと無条件で思われてしまうみたい…。

でね、私のような例の偏見はどうにもならないけど、ニュース記事の一番下の項目のような、「システムエンジニアにパソコンの修理を頼むのはやめて」というようなものは、ある意味、ニーズじゃないかと思うのです。そもそも、システムエンジニアって、簡単に言ってしまえば、お客様の希望をコンピュータを使って叶える仕事でしょ。身近なところでは、銀行のATM等ネットワークの構築とかのプログラミング…。それって、コンピュータの仕組み等が理解出来てないと出来ない仕事だよね。

私は元々、デザインやイラスト描いてるパソコンとは無縁の仕事と言えるんだけど、10年以上前からデジタルの波がやって来て、気がついたらパソコン使って仕事してるわけですが、トラブルが発生したら一々パソコン業者を呼ぶわけにもいかず、結局、なんだかんだと自分でパソコンをバラしてたりするわけで、私だけが特別なんじゃなくて、この仕事してたら皆そうなんじゃないの?会社によってはパソコンに強い人が1人や2人はいて、そういう人がパソコンの事を一手に引受けデザイナーはデザイン仕事に集中出来る環境が整ってるところもあるでしょうけど。

多分、ニュース記事のシステムエンジニアさんもそのような環境で仕事されてるのかも知れないけど、パソコンという道具を使って仕事してるんだったら、畑違いでも多少なりとも仕事の道具の事ぐらい理解すべきだと私は思います。レーシングドライバーは、自分はメカニックじゃないからレーシングカーの事はサッパリ分かりませんじゃ話にならないだろうし、そういうのと同じだと思います。


そう言った意味合いからも、確かに言われてる事は素人さんの偏見なのかも知れませんが、プロならそうあるべき事なんじゃないか?と気付かされる事もあるのではないかと思います。

あと、このニュースに関して、下記のコメントを寄せてるグラフィックデザイナーさんがいました。

よく言われること↓
「かっこいいー!」 「センスあるー!」 「おっしゃれー!」 「華やか!」

実際は↓
「24時間営業」 「3日風呂に入れない」 「アイデアでないと頭髪全部かきむしりたくなる」
「予算ない時間ないクライアントの意向がない^q^」

それでもこの仕事を辞めれなくてずっとやっているのは 好きだからとかではなく、単に超人的ドMなんだからだと思う。


周囲がデザイナーに対して偏見でそう思われてるというのは、周囲のそうであって欲しいと言う期待じゃないのかな?だったら、そのようなデザイナーを目指してみたら?

そりゃ、「24時間営業」 「3日風呂に入れない」 もう、この時点で様々な事を勉強したり、情報を取り入れたり、経験したりという、インプットの時間が無いって事だから「アイデア」なんて出るわけがないよね。いくら頭髪を全部かきむしったところで、フケぐらいしか出ないよ!
「予算ない時間ないクライアントの意向がない^q^」なんて言ってるけど、結局、他人任せで自分で何とかしようとしてないのだから、そりゃ無理でしょう!

カッコ良さやセンスなんて、日頃、自分がどんな時間の過ごし方をしているかに比例すると思うし、結局、そうした時間の使い方の上手い人がお洒落なんだろうし華やかに見えるものなのでしょう。すなわち、それが仕事の出来る人でもあると思います。

少し前に、「デザイナーあるある(当blog内リンク)」で愚痴を出し、「あるある」と共感し盛り上がってるデザイナー達の話題を記事にしましたけど、それは、自ら「自分達は仕事の出来ないデザイナーです!」って公言してるようにも感じ、凄く空しくて、私は一緒に盛り上がる事が出来なかった。多くのデザイナーさんに共通してるのが…、気持ちが既に折れてしまってるよね…。
そして、前にも言ったけど、「忙しくて大変」は「準備不足」と類義語である。プロなら澄まして仕事をこなしたいものである。『「かっこいいー!」 「センスあるー!」 「おっしゃれー!」 「華やか!」』とよく言われるのであれば、そのようにあるべき事だと私は思うんだなぁ。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

クローズドコース?

出走を待つS15シルビアAutechVersion

いつも笠岡の空港でジムカーナが行なわれる場合、岡山県と岡山市、そして警察機関に空港運営側から届け出が行なわれ許可の基、開催されています。

ドリフト走行イベントで接触、観客2人重軽傷。

21日午前11時50分頃、大阪市此花区の舞洲(まいしま)スポーツアイランドで開かれたイベントで、ドリフト走行を披露していた乗用車が観客と接触、男女2人が重軽傷を負った。

大阪府警此花署が、運転していた男性(34)から業務上過失傷害容疑で事情を聴いている。男性は「ハンドル操作を誤った」と説明しているという。

イベントは、「アメリカン カーフェスタ2011」で、当時、約100人が見物していた。観客とコースはコーンで仕切られていたが、車の後部が接触した。

(読売新聞 - 08月21日 19:04)


私もモータースポーツは好きで、イベントもよく見学に行くし、自分でもジムカーナ競技を楽しみます。だから、この事故が他人事ではなくてねぇ~。

そして、このニュース記事を見ていろんな方が色々言われてるのですが…ど~も、その言われ方というのが幼稚と言うか冷静さを欠いてると言うか、車好きさん達の意見は「ドライバーだけの責任じゃないだろう!クローズドなんだし主催者にも問題があるだろう!」という声が多い中、アンチ派からは、「こんなドリフトイベント自体が問題!」とか「ドライバーが下手!」とか、まぁ~、レベルの低いガキの言い争い状態で見ちゃいられない。

話を聞いてると今回の事故は主催者側に大きな問題があるようですが、それにしても冷静さを欠いて感情が先走り、車好き派、アンチ派共に、まともな意見が出て来ないのは問題だなぁ~と私は感じるわけで、折角、様々な方の努力でモータースポーツとしてのドリフトが認知されてきた中で、また振り出しに戻ってしまわないかと不安になります。


この事故でドライバーの業務上過失傷害という責任が問われて、主催者側に責任が求められていない件に付いて多くの方が、クローズドコースなので主催者側にの責任を…という声が多いのですが、私は実際の現場を見たわけでもないし、主査者の運営がどうだったのかは全く分からずニュース記事からの憶測するしかないのですけど、ドライバーが業務上過失傷害という責任に問われた背景に、1つ言えるのはドライバーの責任が問われたのは、『法律上、クローズドコースとなっていなかった。』のではないかと感じます。

舞洲スポーツアイランド(外部リンク)のホームページを見る限り、モータースポーツが出来るような専用の施設という事ではないですし、おそらく多目的イベントスペースを封鎖して行なわれたイベントなのでしょうから、それは駐車場の一部を使ってイベントをするようなもので、いくら主催者がいて封鎖して開催されたとしても、法律上では一般公道扱いになると思います。元々はジムカーナ場だったという話も聞きましたが現在どのような状況になってるのかは定かではなりません。

本来ならば、このようなイベントを行なう場合、主催者は、安全を徹底させた上、大阪府や大阪市にもかな?警察機関等に届け出をし、許可を頂いた基で開催しないと、正式なモータースポーツイベントとして成立しないのではと思います。

安全を無視したような観客とドリフト走行車がパイロンで仕切っただけのコースで届け出をしたとしても、到底、許可が下りるはずも無いと思います。おそらく、無許可のイベントだったのだろうと言う事は想像出来ます。
そうなれば、一般公道と同じ扱いになり、ドライバーに業務上責任が問われてしまうのは当然の流れじゃないかと思います。

ちなみに、サーキット建設でも予め許可を取り、手順を踏んで作られてる施設ですからクローズドコースとして成立しています。だから、私有地だからと言って勝手にサーキットを作っても、許可を取ってないと、それは一般公道扱いになります。

車好き派の意見の中には、「イベントとしてモータースポーツなのだから、ドライバーに責任を問うのはおかしい。だったら、野球ならファールボールなどが観客席に飛び込み怪我をしたら、バッターに責任を課すのか?」というようなコメントもありましたけど、それは、それこそ、正規に許可が通されたイベントならばの話でしょう。あまりにも、クローズドだから…という単純に解釈する人の多さに驚きです。また、業務上過失責任と運営責任を一緒にしてる人多過ぎ!何故、そこに気がつけない?


確かに、主催者側の責任問題というのはありますが、ニュース記事で記載されてる事実は、ドライバーの業務上過失傷害という責任です。運営責任をドライバーが問われてるわけじゃないし、届け出がされず法律上クローズドコースとなっていなければ、純粋に免許証を持つドライバーとして業務上過失としての罪が問われるのは当たり前の事じゃないですか。何故、皆、業務上過失の責任と運営責任をごっちゃにして、ジャッジしようとしてるのか私には意味が分からない。運営責任は運営責任として、主催者も問われる事だと思います。

車好き派もアンチ派も勢い余り何が正しいのかも判断出来なくなる状態の人が非常に多く、いろんな場面で冷静な判断が求められる時に、この日本は本当に大丈夫なのか?と不安を感じてしまいます。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

沼隈の四季~写真展~の最終日

表門家前の山南川

8月5日から本日まで開催されていた『沼隈の四季 写真展』をようやく最終日に観に来ました。場所は、福山市ぬまくま文化館(枝広邸)(外部リンク)…、地元民は「福山市ぬまくま文化館」なんて呼ぶ人はほとんど居なくて「枝広邸」と日常的に呼ばれています。だから他所から来た人が「福山市ぬまくま文化館はどこですか?」と地元の人に道を問うと、多分「どこじゃろねぇ?」と首を傾げられてしまうのではないだろうか?道を聞く際は、必ず「枝広邸はどこですか?」と聞いて下さい。その方がすんなりと教えてもらえると思います。

表門家

そして、私は10数年沼隈住民をさせてもらってますが、枝広邸にやって来たのは…何度かありますが、中に入ったのは今日が初めてです。元々、枝広邸は幕末から三代続いた開業医の個人邸宅でした。昭和63年に遺族の協力を得て旧沼隈町が1年の歳月を費やし改築、地域のコミュニティ「地域文化館」として誕生させたそうです。

表門家

ここは、表門家と言って、門の役割をしてる家屋です。その門の部分です。上記写真が全景です。1Fと2Fにギャラリーがあり、今回1Fのギャラリーではゆめな保育園…だったかな?の園児達の作品展示がされていました。

茶室前の庭園(表門家側)

表門家側から観た茶室前の庭園です。茶室から観ると素晴らしい眺めなのでしょうが、この位置からだとあまり宜しくないですね。

玄関前から見る庭

ここから庭園内に入れるのでしょうが、強い雨が降ってたもので流石にズブ濡れになってまで庭園を眺める気にはなれず、今回は諦めました。

玄関前

玄関前の瓶です。蓮が何とも趣があって良いですね。…と、侘び寂びを堪能しながら主屋に入って行きました。

寄り付きの間

玄関を入って、すぐ横の寄り付きの間です。丸窓の薄明かりが良いですね。江戸時代の日本人は明かりを楽しむという風情があったのですね。今の日本人は明かりを乱暴に扱い過ぎる感がありますよね。

ここで、係の人が居たので写真撮影の許可を頂き、撮影させてもらいました。

沼隈四季の写真展

そして、一番奥の部屋、第一和室と第二和室の二間続きで写真が展示されていました。地元、沼隈町内の四季を撮った力作揃いです。いつもの見慣れた風景が、季節や特定の時間になると見せる見た事もない美しい時が写真に収められている…。

えぇ~、これが自分の住んでる街の景色なのか。…とある意味衝撃的でした。それと同時に、私の創作意欲もかき立てられるようでした。

沼隈四季の写真展

そして、このような写真展や作品展を観て毎回思うのですが、我々プロが扱う写真より愛好家等のアマチュアが撮る作品の方が素晴らしいのですよね。これが私は悔しくてたまらないのです。こんな事言うとプロは必ずこう言うのです。「好き勝手に撮るアートと依頼されて撮る写真は違う!」なんてね。イラストと絵画にしても同じ言い訳を言います。でも、私はこう思う。「プロならプロで依頼され制約の限られた中で、「あっ」と言わせるような写真を撮ってみろ!絵を描いてみろ!」これがプロだ!っていう愛好家等のアマチュアとの違いを見せてみろ!ってね。

それにしても、沼隈町の良い所、再確認させて頂きました。

数寄屋の佇まいに相応しい優雅な趣の庭

写真が展示されてる第一&第二和室の横から見える中庭です。数寄屋の佇まいに相応しい優雅な趣です。凄く落ち着ける空間です。

床の間の掛け軸

第三和室の床の間です。

広間から見る庭園

第三和室の隣にある広間から観た庭園です。

寄り付きの間から見る庭園

そして、再び寄り付きの間に戻り、窓から庭園を観賞し、和の趣に浸りっぱなし。

寄り付きの間から見る庭園

窓に吊るされる風鈴がチリン、チリン…と響き渡ってました。そして、1時間程、枝広邸を楽しみ後にしました。

表門家を出てすぐの橋

枝広邸の外も良い感じでしょ。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

机上論バカが社会をダメにする

610km走行

満タン給油から610km/h走行した時の記録です。10年前のスポーツカーだって乗り方を考えて乗ればコンパクトエコカー並の燃費は叩き出せます。スポーツカーだって13.9km/L(当Blog内リンク)エコカー減税の無い車…むしろ、エコカーじゃないからと後数年で税金が高くなる車で、エコカー減税対象車と同じ燃費を出したんですけど~!

低燃費だ、エコだのと声を大きくあげる人程、車の乗り方や車の特性を理解していない人が多い!そして、エコカーだと言われればそれを真に受けて騙される!乗り方を無視したエコなんて存在しないのに…。


〈乗用車〉燃費「20.3キロ」義務へ…新基準案

経済産業省と国土交通省は19日、乗用車の新たな燃費基準案を発表した。20年度までに全車種平均で09年度実績比24.1%改善するよう義務づける。同時に車両の重量区分で規制する現行方式から、メーカーごとに販売台数を加味した全車種平均で達成を求める方式に改める。得意車種で燃費改善を進めると基準をクリアしやすくなり、日本メーカーの国際競争力強化につなげる狙いもある。一般からの意見を募った上で来春の導入を目指す。【和田憲二、米川直己】

◇国際競争力を強化

09年度に国内で販売された新車の平均燃費は、ガソリン1リットル当たり16.3キロ。現行基準は15年度までに同17キロの達成を求めているが、新基準はさらに20.3キロへの向上を義務づける。ハイブリッド車(HV)は対象に含めるが、販売台数が少ない電気自動車とプラグインHVは対象外とする。

HVの普及などで燃費水準は改善が進んでいるが、省エネと温暖化対策の観点から一段の向上を求める。世界的には、欧州連合(EU)が「20年までにガソリン1リットル当たり24.4キロ」の基準を決定。米国でも「25年までに同23.1キロ」の基準案が先月発表された。測定方式などが異なり、単純比較はできないが、経産省は「日本の新基準は欧米並みに厳しい」としている。

一方、一部車種で達成できなくても、メーカーごとに販売台数を加味した全車種の加重平均で達成すればよい欧米方式に変更。すべての重量区分で基準を満たすよう求める現行制度では研究開発投資が分散しがちだったが、新制度は「メーカーが独自技術を生かして特定車種に集中投資できるようになり、全体として燃費改善も進む」(経産省)という。

海外生産・販売の比率が高いメーカー側は既に世界基準を前提に新車開発を進めており、トヨタ自動車は主力HV「プリウス」や小型車などでは新基準をほぼ達成している。ホンダもHVでは全車種が既に新基準を達成済み。日産自動車や三菱自動車も今後、新型の低燃費小型車を投入する予定で、各メーカーとも今後発売される小型車は新基準をクリアする見込みだ。

原油高を背景に低燃費小型車の需要は世界的に高まっている。日本メーカーは売れ筋の小型車を重点的に開発することで新燃費基準の達成とともに国際競争力の強化も図れる。

ただ、メーカーによっては、技術力に差があり、マツダと富士重工業はトヨタからHV技術の供与を受け、HVの開発を進めているが、新燃費基準の導入によって、こうした技術提携が広がる可能性もある。また、大型車は新基準の達成が難しい車種も多く、車種の絞り込みを迫られる可能性もありそうだ。

(毎日新聞 - 08月19日 22:25)



また、脳の無いバカな規制を…。 机上論バカはこれだから困る。
限りある資源、地球環境を考えると致し方ない面があるのかもしれないけど、しかし、この案は本気で資源や地球環境を考えてるとは到底思えません。どうせ、資源や地球環境を口実に、税金を分捕る為の作なのでしょう。

『飯、そこそこ食らうけどバリバリ仕事する奴。』『少食だけど力が出せず仕事にならない奴。』会社はどちらの人材を雇いたいだろう?… 車も、それと同じ。 燃費を気にするあまりトルク等パワーが絞られてしまうのでは話にならないし、近年の低燃費車は低燃費に力を入れるあまり、混合気が薄めに設定され、ちょっとアイドリングが長くなるとスグにエンジンがかぶってしまう。
日本の道路事情は、欧米の道路事情と違い、ストップ&ゴーの繰り返しです。高速巡航するような道路は無い。進入や本線合流など速度差をカバーする為にエンジンパワーが求められる状況によく出会う。そんな時に、エンジンパワーが絞られていると、事故多発するのは容易に考えられます。

表面上の燃費という数字に踊らされて、車と言う移動の道具を全く理解出来てない。 黒塗りの後部座席に、ふんぞり返って乗ってるだけの奴が考える事は…抜け策と言うか、誰もが思う愚作なのに気がつかないのですからねぇ。燃費を考える事も大事だけど、そもそも、燃費は仕事量と平行して考えなきゃ意味がないだろう?

そもそも、エコの定義って、いい加減なものです。以前も言いましたけど、基準を何処に置くかで、180度意味合いが変わってしまいます。
今、世間ではエコの概念から考えると悪の根源のように思われてるターボだって、初めて登場したのは第一次オイルショック時代にエコの代名詞として登場したアイテムです。力強いエンジンが求められているが、オイルショックだから大排気量エンジンなんてもってのほか。燃料消費の少ない小排気量エンジンで如何にして大排気量エンジンと同等の力もしくはそれ以上の力を得るか。…というのがターボが登場した背景です。

それが何時しか、仕事量を全く考えないで同じ排気量で比べちゃうものだから、ターボは燃費が悪い!なんて、間抜けな比べ方されちゃってねぇ。仕事量を無視して単なる燃料消費という数字だけを比べて、果たしてエコなのか?って気はしますが…。

同じ荷物を運ぶならトラックだと1回で済む事が、コンパクトカーだと数回往復が必要とか…。仮にトラックの燃費がコンパクトカーよりも悪くても、数回往復が必要なコンパクトカーは、トータルでトラックより燃料消費が大きくなったりね。そう言った仕事量で考えないと意味がない。

アイドリングストップ

ちなみに、最近のエコ機能であるアイドリングストップですが、ガソリンは消費は少なくなるのかも知れませんが、バッテリーの寿命は早いぞ!セルモーターを回しエンジンを始動する時が一番バッテリーに負荷がかかる。赤信号で止まる度にそれをされたんじゃバッテリーはたまったもんじゃない。その為に、標準より容量の大きいバッテリーが標準装備となっているけど、バッテリーは希硫酸が使われていて環境には良くない。ガソリン消費が減った分、バッテリーの消費が増える結果になる。 最近、よく目にするのがアイドリングストッップの機能がない車が、赤信号で止まる度にセルを切ってエンジンを止めてる車を良く見ますが、バッテリーの寿命もそうですが、下り坂とかだとブレーキの倍力装置も止まり、ブレーキが利かなくなる(踏む力が弱い)危険性があります。エコの事ばかり考え安全性を無視してしまってるわけです。しかも、上っ面でエコという言葉に騙されるような無知な人にその危険性は多い。アイドリングストップ機能のついてない車に求められるアイドリングストップは、駐車場内などでのアイドリングストップ程度に止めるべきです。

ハイブリッド

ハイブリッド車燃費が良いのは、モーターと併用出来る、精々30~40km/hまで。それ以上のスピードでは、普通にガソリンエンジンを使用して走るので、普通の車と何ら変わらない。むしろ重いバッテリーやモーターが余計にある分、ガソリン車のトランクに荷物フル満載状態と同じ理屈になり、エコとはウンとかけ離れてしまう。カタログ値の燃費では3~40km/hのモーターと併用出来る速度領域で計測し、実際の走行ではモーターが使われない40km/h以上が多用される。一体、どこがエコロジーなんだろう?

目先の燃費(数字)でしか環境を考える事の出来ない机上論バカはいらん!政府のような、何も知らないな机上論バカが誤ったエコを広めて、エコにも貢献出来ず危険を増やすだけで、何も良い事はない!それに、車でエコを語るなら、それぞれの車の特性を理解し、それぞれの特性に合わせた運転技術、知識を持たないと本当の意味でのエコは実現出来ません。エコという言葉に騙される人が多過ぎです。





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

大切な事がスッポリ抜け落ちてる世の中

盆祭

8月14日、実家のある福山市本郷町での盆祭の様子です。祖母が亡くなり初盆の合同慰霊祭に出席する為にやって来ました。母校である小学校の体育館は夜にも関わらず非常に蒸し暑かったです。テレビ等ではよく報道されていますが、東北で被災され、学校に身を寄せていらっしゃる方々は、毎日がこのような厳しい状態なのだろうなと、その苦しさを本当の意味で初めて知った気がしました。


『知らない人に付いて行くな!』と子供達は教えられる。でも、注意を聞かず知らない人に付いて行く子がいる。どういった不審者がいのかは覚えきれないほど情報が垂れ流される。しかし、監禁されてしまったら、どうしたらいいか?という情報は流れてこない。だから、何年も監禁されっぱなしで行方不明になってしまう。

『危ない池や海などには近づくな』と子供達は教えられる。でも、子供は好奇心旺盛だから、近づくなと言われても、ついつい近づいてしまう。そして、着衣したまま落ちる子がいる。学校では水着で泳ぐ事は教えるけど、着衣水泳は教えない。だから、泳ぎに自信のある子でも溺死する事がある。

『交通ルールで信号を守れ、左右を確認しろ!』と子供達は教えられる。でも、何かに夢中になると飛び出してしまうのが子供の心理です。轢かれてしまったら、どうしたら良いか誰も教えない。だから、もし、轢き逃げに合い誰も助けてくれなかったら、手遅れとなり死亡してしまう事もある。

自動車学校でも『安全運転しろ』と教えるが、事故を起こした後どうすれば良いかは教えない。

この日本では、親も学校も「良い学校に行け」「良い会社に入れ」ばかり言う。でも「落ちた」時にどうしたらいいか、学校も親も誰も教えない。だから、「落ちた」らどうしていいかわからない。真面目に勉強した奴ほどわからない。

『他人に迷惑をかけるな』と子供の頃から言われ続けるが、他人に迷惑をかけられたら、どうしたらいいのかは一切言われない。だから、会社や政府がブラックでも泣き寝入りして自殺する。


(c) 知らない人についていくなと子供達は教えられる(外部リンク)


例えば、テレビのビフォー&アフター的な番組も、上記の例と同じように肝心な事が抜け落ちてますよね。リフォーム番組で散らかってた部屋が、見違える程綺麗になるけど、リフォーム前に何故散らかり放題だったのか、原因と解決がなされてないから、リフォーム後の見違える程綺麗になった部屋も、しばらく経てば散らかり放題。

『劇的ビフォーアフター』という番組で、「10年前にリフォームされた家が現在どうなってるか?」という企画で紹介された家は見るも無惨でした。そりゃそうだ。確かに済み難い家は老朽化という面はあるだろうけど、それ以外に住む人達の改善によって住み易さが違ってくる面もあるだろうけど、住む人達の性格や心がけと言った面には全くメスが入ってないのだから、いくら素敵にリフォームされても生活の中で滅茶苦茶になってしまうのは当然の事でしょう。

肝心な事は蔑ろでも表面的な事で仕事した気になってしまうのが、この国の国民性なのでしょうかね?形式だけを重んじて肝心な事は何も出来ない国。


例えば、私が数年前に就職活動をしていた時、就職活動で必要な履歴書を何枚書いて来た事か…。「1枚買いて10円コピーの複写で良いじゃないか…。」って心の底から思いました。その都度、履歴書買って写真貼って…、どんだけ金をかけさすねん!
就職活動するっちゅう事は、働いてないから金がない人が多いのに…。ハローワークにはホームレスの人もいます。そういう人達は就職活動すら厳しい現実なんですよね。
他にも、候補の会社が決まったら決まったで、「履歴書を郵送してください。後日(約10日ぐらい)書類選考の上連絡します。」とかいうやつとか…。だから金がない人もいるんだちゅうねん!10日なんてのんびり待ってられない。スグにでも働きたいし、ダメならダメで、すぐ次を探さなきゃいかんのじゃ!10日も無駄な日数は作れない。…というのが求職者の思いでしょう。


その他にも、自動車免許の更新…。何の為の更新なのでしょうか?…って人間はずっと同じ状態がキープできるわけではなく、時の経過と共に視力の衰え等、免許証を取得した時と条件が異なるから、更新時にその人に免許証を与えていて良いのか?という事を確認するためですよね。
でも、現実には、その場で免許証が没収となってしまう人は見た事がない。指導員の話が聞けず、自分勝手な行動をとるお年寄りの多い事。その行動は自動車の運転にも反映される事は容易に予測出来ます。それでも、問題なく免許証の更新が行なえてしまう。その為に高速道路等の自動車道を逆走してる事に気がつかないお年寄りが後を絶たず、重大な事故が起こってしまう。

問題を全く見ようとしてないから、おかしな事が一向に改善されず、大変な状態のままなのですよね。


古くさい形式だけを重んじて、肝心な中身が全く無い。ここ数日書いて来たデザインに関係する記事にも言えます。福島第一原発の対応も…全てに言えてしまえる事だと改めて感じました。



■ご質問およびお問い合わせ

常に『何故?』を問いかけながらデザインします。メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)







Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

安い買い物って何だろう?

懐かしいラジカセ

私が中学の時に買ってもらったラジカセと同型品です。確か、定価は79,800円だったと思います。当時、ラジカセに7~8万円なんて当たり前だったし、勿論、価格の安いラジカセもあったけどハッキリ言って眼中に無かったです。価格が安いと言う事は価格也の商品でしたから。

実はこのラジカセを買う時に、雑誌の広告に出てた定価59,800円のラジカセが欲しかったのです。デザインが良かったから。そして、親に連れられて電気屋さんに行ったのですけど、そこに、上記写真のラジカセが展示されてまして、音にそれほど詳しくない父が音を聞き比べて、同じ買うならコッチの方が良いのじゃないか?と薦めてきました。

最終的には、このラジカセにレコードプレーヤーを繋ぎ、ダビング用にカセットデッキを繋ぎ、3Wayの外部スピーカーを繋ぎ、屋外に立派なFMアンテナをかかげ、ちょっとしたコンポ状態にまで拡張させました。そして、社会人になってAVアンプとチューナー、CDプレーヤーを購入して、それまでアンプ代わりになってた、このラジカセは購入から10数年使用して引退しました。そこまでマニアックな事に対応出来るラジカセが今ありますか?(笑)

オーディオマニアじゃないけど、いろいろ拡張して凄く楽しめました。最終的な3Wayの外部スピーカーに至るまではお金が無いから、ゴミ捨て場に捨てられてるテレビからスピーカーだけを分解して、自作でスピーカーBOXを創ってました。スピーカーの製作キットなんかも普通にホームセンターで販売されてたし…。今だと完全にマニア扱いだよね。でも、当時はそれが普通の事でした。一般の人がマニアの域でした。マニアはもっと凄い事やってたしね。

でね、最初に私が欲しがってた定価59,800円のラジカセでは、ここまでの拡張は出来ませんでした。父の一言が無ければ、レコードプレーヤーが欲しいから、コンポ(当時は最低でも10万円してた)を買ってと強請ってたかも知れません。結果的には2万円高いラジカセを選んだ事でコンポを買わずに済んだし、拡張させて行く事で最低限のお金を注ぎ込む事で満足出来てました。ラジカセ単体で考えると高価な品ですけど、トータルで考えると非常に安上がりだったと言えるでしょう。

高い物に憧れない時代の背景
「4000円のシャツが高い」と感じる、イマの世の中はヘン?

「いつかはクラウン」―。今の若者でこのキャッチコピーを知っている人はどのくらいいるのだろうか。かつて車といえば「経済力を示すステータスシンボル」であった。しかし今は“憧れ”といった思いは徐々に薄れ、車は単なる移動手段という意味合いが強くなりつつある。
高い物にこだわらず、むしろ安くていい物にこだわる。こうした消費者は増えてきており、いわゆる“富裕層”と呼ばれる人にまで広がってきているのではないだろうか。高い物に憧れない背景に、一体何があるのか。

【城繁幸×赤木智弘「低年収時代よ、こんにちは」:「4000円のシャツが高い」と感じる、イマの世の中はヘン?】(外部リンク)

(Business Media 誠 - 08月16日 17:00)


引用の記事に『高い物に憧れない背景』というように、『憧れ』と表現する事に私は違和感を覚えます。そもそも、高い物を買うという事は『憧れ』でも何でもなく物の価値を見極め良いと感じたら、他を我慢してでも買う。…そういうもんだと思うからです。誰もステータスという事だけで高い物を選ぼうとしてるわけではないと思います。

「いつかはクラウン」というキャッチコピーも、クラウンという車が大衆車よりも良い物だと知るからこそ、いつかは手に入れたいと思うわけで、引用のリンク先の記事を読んでみても、物の対価に関する記述は何処にも無い。その価値観が私には異常に思えました。

私が買ってもらったラジカセも父が選んでくれた物だけど、私が欲しがってた59,800円の物より2万円高かったけど、それは2万円高くても買うだけの価値を見出したからであって、ただ闇雲に高い物に憧れて買ったわけじゃない。

なんだか、近年の価値基準って凄く変だと私は感じています。ハッキリ言えば、物の価値が理解出来てない世の中とでも言うか、何でもかんでも安いが良いという風潮に感じます。


バブル前は価値基準がマニアの基準だったように思います。『大は小を兼ねる』と同じ概念で、マニアの基準で物を作って販売すれば、その良さは、一般の人も満足出来るレベルの商品が出来る。と言った具合です。

写真のラジカセを見て下さい。レバーやツマミが沢山!スピーカーの左右バランスに低音調節、高音調節。今のラジカセには無くなってしまった調節ばかりです。もっと凄いラジカセにはイコライザーまでついてましたし…。音も今のラジカセどころじゃなく良いです。

だから、必然的に消費者もマニアに準ずるような物を見る目が育てられてたと思うし、店員さんもマニアに太刀打ち出来る知識を普通に持ち合わせてたように思います。

しかし、バブルが崩壊した頃から基準が値段の高いマニアの基準じゃなくて、少数しかいないマニアに基準を合わせるのではなく、マニア以外の大勢に向けられた「安くて、そこそこのレベルで良い。」という人向けの商品にシフトされてきたように思います。いわゆる売れ筋基準ですね。

その結果の弊害として、マニアのような人は満足が出来ないし、一般の人は見る目が肥えず、兎に角、安さのみを追いかけ、どんどん価格は下げられ、挙げ句に、安物ユッケのような食中毒や安物買いの銭失い。店員は無知になりちょっとマニアのような深い質問をすると、お客様はたらい回し…。



車の修理で騙されてる人おおすぎ~車の改造と修理で騙されてる人多すぎで嫌になっちゃう~(外部リンク)
危険な激安インプラント(外部リンク)
うちだったら安くしてあげたのに…(当Blog内リンク)

それでも、相場よりも遥かに安いものが好まれる。そして、忘れた頃にまた事故が起こり社会問題になる。その繰り返しで学習が無い。物には対価があるって事を社会全体が忘れてしまってる気がします。そして、目先の事しか見れなくなってると思います。私も含め、いろんな分野で専門の人達が問題視してるようですが、なかなか響かないみたいですね。




■ご質問およびお問い合わせ

デザインも安くしますってとこは疑った方が良い!メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)






Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

必要な情報 不必要な情報

フリーはフリーでも

ノンアルコールビールだと思って飲んだら…、酔っぱらっちゃったぁ~!
私は量は飲めないけど、お酒の種類や銘柄に拘らず何でも飲めます。ただ、今は医者にアルコール類を控えるように言われてまして、出来るだけ飲まないように心がけてます。でも、お盆ぐらいは…という気持ちも有り、それでも、アルコール類を控えなきゃって事もあり、ノンアルコールビールで飲んだ気になろうと飲んだら、本当に酔っぱらったのです。オイオイ!

先にも言いましたけど、私はお酒の銘柄には拘りが無く、何も考えず『フリー』や『0(ゼロ)』の文字から勝手にノンアルコールビールだと思い込んでしまって、飲んで酔いが回るまで本当に気がつかなかったのです。
こういう時の為にというか、違いをハッキリさせる為にデザインと言うのが大事なんじゃないの?って、ボヤキたくなります。私の場合、医者にアルコール類を控えるように言われてるだけで、飲んじゃダメって事じゃないので、まだ良いけど、命に関わるからという理由でアルコールを止められてたりすると一大事ですよね。でも、私の場合は、他に類似商品が無いから私の不注意って事になっちゃうのでしょうけど、友達のmoritoさんの場合(外部リンク)だと、やっぱりデザインの責任が問われそうな気がします。


なんだか、日本のデザインって情報の何が必要で、何が不必要なのか理解出来て無い気がしてなりません。デザイナーがクライアント様の言われるまま、なすがままの奴隷だからでしょうかね?消費者に優しくないデザインばかりです。


自動車学校のチラシ

とある日の新聞に折り込まれていた某自動車学校のチラシです。
このチラシに限らず、日本の広告は、隙間を埋めて情報を多く掲載したように見せた方が仕事したと評価されるからなのか、ビッシリと情報が積め込みされた息苦しいデザインの広告が多過ぎます。しかし、隙間を埋める事に必至で、その情報が本当に必要なものなのか?…というような事は、全くと言って良い程考えられてはいないのでは?…と私は常に感じています。

昨日の記事でも言いましたけど、お部屋の模様替えもデザイン一種です。お部屋を模様替えするのは何のため?この質問の答えが模様替えする時のコンセプトですよね。コンセプトが明確に決まっていれば効率良く模様替えの作業が出来ます。逆にコンセプトが定まってないと、何をしてよいのかも分からない状態になり、あの家具をこっちに置こうか、あっちに置こうか…。一旦置いてみては、やっぱり別の場所へ…と、作業の無駄だらけ、終いには出来上がりも中途半端でパッとしないお部屋のレイアウトになってしまったり…。この無駄な作業を毎回やって、学習してないのがデザイン業界のような気がしてなりません。その証拠に、巷にあふれるデザインを見ていたら明確です。

自動車学校のチラシも一体何がやりたいの?ってツッコミを入れたくなるようないい加減で杜撰なデザインです。

意味のないキャッチコピー

例えば、『夏免』というタイトル横のキャッチコピーは本当に必要なキャッチコピーなのか?「この季節、免許がなきゃ始まらない!!」って、キャッチコピーは入れられてるけど、「免許が無いと始まらない」って、勝手に決めつけられたくはない!って言うのが、ユーザーの気持ちじゃないかなぁ?必要だと思う人は必要だろうし、必要と思わなければ必要じゃないだろうし…。

更に、このキャッチコピーはメインビジュアルの女性と、どのような関係が有るの?
ユーザーの気持ちを無視して、生徒を集めたいと言う自動車学校側の無責任なキャッチコピーに過ぎません。そう考えると、このキャッチコピーは必ずしも必要なキャッチコピーではない。いやっ、むしろ必要ない邪魔な存在です。必用のない邪魔になる情報は入れるべきじゃない!それよりも必要な情報を際立たせる工夫をした方が良い!…というのが私の感じた事ですかね。

意味のない普通免許証の説明

更にこの情報…。「普通車が買い物や通勤にかかせないアイテム」って、わざわざ説明しないと理解してもらえない情報だろうか?これから免許を取得しようと思う人が、そんな事も分からないですかね?そして、「写真はAT車」って…AT車だろうがMT車だろうが写真じゃん!その情報を掲載する意味は…。

コンセプトが不明確だから、意味の無い情報が多すぎるし、結局、必用のない情報が必要な情報を邪魔して、足を引っ張り、広告としての伝えるという仕事までもが邪魔され広告の役目すら弱くなってしまう。

意味のない二種免許証の説明

二種免許証がタクシーや運転代行の仕事に必要って、二種免許証を取得しようとしてる人が知らないとでも思ってるのでしょうか?そもそも、二種免許証を受験するには 普通免許(一種免許)交付後3年以上の期間を経過していなければならないので、二種免許証を取得しようとしてる人は当然その事は知っているはずでしょう。

意味のない大型免許証の説明

この情報も…、なんだか、免許証を取得しようとしてる人をバカにしてるのか?と言いたくなる情報です。

意味のない二輪免許証の説明

こちらの説明も…、スペースを埋める為だけに、必要も無い下らない情報を情報を掲載するのってどうなんだろう?デザイナーや広告関係者はこういう事に疑問を感じないのだろうか?

空間が空いちゃうから何か詰め込まないとっていう意識が超強過ぎ!その為に不必要な情報まで入れて、兎に角詰め込んだから、ちゃんと仕事してるでしょ!…とアピールしたいが為の積め込みに感じます。

私も以前よく先輩デザイナーから言われてました。『スペースが空いたら何か気の効いたキャッチコピー(当Blog内リンク)を入れてあげて!』…なんてね。キャッチコピーが正しいかどうかなんてお構い無し。スペースを埋める為のどうでも良い情報。というか、むしろ、その意味不明な情報を入れてしまったが為に大事な情報が邪魔され非常に分かり難いデザインが仕上がる。

文字の書体が…、文字の大きさを…、文字間隔をもう少し詰めて…なんて、拘りを持ってデザインしてるのだろうけど、その拘りの前に、その文字は本当に必要なのか?私には一体何がしたいデザインなのか分からないゾ!。


デザイナーは、そのデザイン処理に対して『何の為に?』と一度問うが良い。自身で説明が出来ないデザイン処理はするべきではない!



■ご質問およびお問い合わせ

「何の為にこんな処理をしたの?」って、聞いて、聞いて。メールでの打ち合わせ及び見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

気がつかれないデザイン

菜の花とS15

ここで紹介する写真は過去記事で紹介した普通の写真で、デザインの蘊蓄を語る為に撮った写真ではありません。でもね、その気になればデザインの蘊蓄が語れちゃうのです。私は、遊びでも常にデザインを意識していますから…。生活の一部にデザインがあるのです。

分割

図で表してみると、ホラッ、単純でしょ。均等に上下2分割して真ん中に被写体となる車を配置してます。

夕日とS15シルビア

こちらの写真も基本的には上記菜の花の写真と同じ上下2分割です。

分割

図で表すと、こんな感じです。均等に上下2分割し、更に対角に走る雲を考えて、上部のブロックを三角に二等分してます。

ドライブしよう

この写真も、図解してみれば単純な形になります。

分割

ホラッ!凄く単純な形でしょ。

芦田川大橋とS15

こちらは、ちょっと複雑だけど、何が複雑って言うと分割は単純なんだけど、分割とバランスの複合要素となってます。

分割

バランスを崩してしまった上下を分割する線に比重の違う三角と丸を配置してバランスを取り直すという「やじろべえ」みたいな構図とでも言うべきか…。


ねぇ、私のBlogって、デザインが云々と今まで語らず、何気ない日常の出来事として記事を書いてましたけど、何でもない記事の中に、実はデザインにまつわる事が多く隠れてたって事に気がつかれてましたでしょうか?これが、「生活の一部にデザインがある」という事です。だから、仕事と割り切って、畏まってデザインの事を語る必要が無かったという事なのです。

普通に起こった出来事や感じた事が、デザインに密着してるって事なのです。デザインなんて意識して考えるようなものではなく、また、デザインが無くても問題ないという風に無駄なものと思われがちな存在だけど、実は、身の回りに普通にあり過ぎて、空気のように有って当たり前過ぎて気がついてないだけの物なんだろうと思います。

例えば、『お部屋の模様替え』でどうすれば気分良く生活出来るか…?とか、『料理の盛り付け』も、どうすれば、美味しそうに見えるか…?って、誰もが当たり前に考えるじゃないですか。そして、その「どうすれば」を解決させる為に考えて配置する事。これが、私はデザインだと思います。
そのような当たり前の感覚こそがデザインです。そのような感覚の延長線上に私達のようなプロのデザインが存在してるという事なんだろうと思います。

不味そうな広告

昨日紹介したこちらのデザインは、一般の人が持ち合わせてる当たり前のデザインである「どうすれば、美味しそうに見えるか…?」という盛り付けの延長線上にある、どうすれば美味しそうに見える写真になるか?という当たり前の大事な事を見失ってしまったデザインと言えるのでしょう。
核となる物を見失った状態で、写真に影をつけてみたり小手先の技術ばかりに拘ってるからダメなんだよ。「写真に影をつけるのは何のため?」と聞かれ、『より美味しそうに見せる為の表現です!』って言い切れれば立派だけど、この写真では言い切れるはずも無く…。

本当に必要なデザインとは、多くの人が気がつけないような、そんな有って当たり前過ぎる存在の物なのかも知れません。そして、多くのデザイナーが『デザインの力』等、力説してアピールしてる如何にもと言うようなデザインは、多分,無くても問題ないパフォーマンス的な物なのかも知れません。




■ご質問およびお問い合わせ

デザインとは主張ではなく如何に溶け込むかじゃないかな?メールでの打ち合わせ及び見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

写真が発するメッセージ

2Fの廊下

明るい昼間の学校です。先日、学校食堂(当Blog内リンク)の記事で使った何の変哲もない廊下を写した写真です。

学校の怪談

その廊下をちょっとトーンダウンさせて廊下の向こう側にある扉の光を強調させてみると…何やら意味深な明かりに印象が変わり、そこに向かうまでの不気味さが…。さぁ、自分が主役になってこの廊下を進んでみて下さい!おそらく、上の写真の場所では平気で歩ける廊下も、下の写真では1歩を踏み出すのに勇気がいるのではないでしょうか?

もっと本格的に恐怖を作りだす為には、三脚でカメラを固定し、昼間の写真を1枚。夕方の写真を1枚。そして、夜の写真を1枚。撮影し、夜の写真をメインにして、夕方の写真から窓を合成し、昼間の写真から奥の明るい扉を合成しすれば、もっと恐怖感の演出は出来るでしょうね。その為には、たった1枚の写真に丸1日の時間を費やす必要があります。そういう写真の質までもデザインする必要があるわけです。本来のデザインに使われる写真とは、ただ、シャッターを押して写れば何でも良いという物じゃない。現在のデザインは写真は有りものの写真や文字を配置するだけで、デザインと思われてる感がある。

文字で『恐怖の…』とか、『身の毛も弥立つ…』とか、キャッチコピーなどが入ってなくとも勝手に自分自身が恐怖を想像し怖くなる。逆にキャッチコピーがあると、自分自身が作りだす恐怖の想像が邪魔され怖さが薄らいでしまう。これが、今まで私が言ってきた、文字の役割と映像の役割の使い分けという事です。いちいち言葉で説明しなくても、映像が多くの事を説明してくれてるのです。それを演出する事もデザインなんだよ!

【関連過去記事】
映像の持つ役割と文字の持つ役割(当Blog内リンク)
説明がないと理解してもらえないデザイン(当Blog内リンク)
誰に向けて言ってる言葉なのか?(当Blog内リンク)
何の為の看板なの?(当Blog内リンク)

予算がないから、写真はクライアント様が用意するから、それでデザインして下さい!なんて言う仕事が最近ではやたらと増えてますけど、そのような写真の1枚にも拘る事の出来ないデザイナーって多いし、その写真に対する重要性を説明出来るデザイナーもかなり減ってきてます。

うちだったら安くしてあげたのに…(当Blog内リンク)という記事は、まさにその典型です。福山市ぬまくまサンパル【2009年作品】(当Blog内リンク)という仕事で拘ったのは、そのような写真から発するメッセージです。写真が写れば何でも良いというレベルの仕事じゃないって事です。

写真の発するメッセージ。キャッチコピー等文字が発するメッセージ。イラストが発するメッセージ。レイアウトが発するメッセージ。…それぞれの分野の表現1つ1つを100%理解し使い分けるからこそ、本当に意味のあるデザインが完成するし、それ相応の手間暇もかかる。もちろん、景品表示法などの決まり事も…。プロはそれら全てを踏まえてデザインしてるのです。(それら、全てが理解出来てないプロもいますけど。)

不味そうな広告

そして、それら全てが理解出来てないプロが創ったと思われるチラシです。

不味そう~!

チラシに掲載されてるキャッチコピーの言葉では『○○ならではの味・香・彩、そして…』と語られてますけど、この写真は非常に不味そう!いくら最新のパソコンやソフトを使っても、基本中の基本が理解出来てないと宝の持ち腐れ!文字を配置したり写真を配置する事しか出来て無いからダメなんです。写真で美味しく見せようとする撮り方等が全くデザインされていないのです。

残りの寿司

ちなみに、こちらのお寿司は昨日の晩ご飯の残り物で、今日の私の昼ご飯です。(笑)
チラシの写真と同じ撮影方法です。しかも、コンパクトデジカメ撮影です。チラシの写真はプロが作った料理なのに、我が家の残り物と同じ感じがしませんか?(笑)
そして、上のチラシに使われる写真がどのようにして撮影されたものか、私には理解出来るから同じように撮影が出来るのです。…という事は、私がデザインすると絶対に上記のような変なチラシは創らないって事です。それが特別な事ではなくて、本来なら出来て当たり前の事なのです。

残りの寿司

そして、こちらも上と同じ物を写した写真です。そして、カメラも同じコンパクトデジカメです。カメラの違いで不味そうに写ったわけでもないのですよねぇ~。

まぁ、残り物だから撮影の仕方を変えても美味しそうな感じはしませんが、それでも、チラシの写真や上の写真よりは美味しそうに見えませんか?プロの作った美味しく見栄えの良い料理が撮影の仕方の違いで残り物の料理よりも不味そうに見えてしまうのです。

『○○ならではの味・香・彩』…、こんな事、言葉で説明しても無意味です。写真が全てを物語ってしまうのです。広告代の経費削減の為に、写真はお店で用意します。…なんて、言って素人が撮影という事もよくあります。趣味が写真と言うクライアント様もいらっしゃるでしょう。そのような方ならまだしも、何も考えずシャッターを押すだけのクライアント様の場合、経費削減で印象の悪さを倍増させてるやも知れません。

デザインの仕事につくデザイナーやその関係者は、デザインの事のみならず、イラストや文字、色、印刷、そして、写真等、様々な知識が無いと成り立たないのが正直なところです。しかし、実際には「写真の事はよく分からないから」、「書体の事はよく分からないから」、「色の事はよく分からないから」、酷いのになると、「デザインの事はよく分からないから」と平気で言う輩もいます。現在はおそらく、そんな業界人の方が多いのではないかと思います。…というのが、アナログからデジタルに移行した頃から、写植屋や印刷業が生き残りをかけて、それまでデザインをした事も無い業者がデザインまでもを請け負うようになり、基本が分からないまま滅茶苦茶なルールを作りだし定着してしまったのが今日のデザイン業界のようにも思います。




■ご質問およびお問い合わせ

マジでちゃんとしましょうよ!メールでの打ち合わせ及び見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

再び あこがれの国産車~昭和40年代の名車たち~

広島交通化学館

またまた広島交通化学館にやって来ました。前回紹介した時(当Blog内リンク)は車のド・アップばかりで展示の様子がよく分からなかったので、今回は展示の様子を紹介します。

ポスター

もちろん、今回の展示も前回と同じく、あこがれの国産車~昭和40年代の名車たち~です。こちらの画像は、企画展のポスターですが、毎度毎度、完成度の低いポスターにイライラさせられます。
まぁ、ポスターの完成度が高かろうが低かろうが、このような車が好きな人は何がなんでも見に来ちゃうのでしょうが、それでも同じ創るなら、ワクワクできる楽しそうでカッコいいポスターが良いじゃないですか…。

このポスターは私の思う合格点には程遠く正直許せない!車の写真を適当に配置して写真も文字情報もバラバラで視点が全く定まらない。視覚誘導が全然ダメなんですよね。も~、次から私にデザインさせて下さいな!って感じです。

まぁ、それはさておき、正面の入口から入ってみます。

1Fコスモスポーツの展示

すると、目の前にはいきなりマツダコスモスポーツがお出迎えしてくれます。1Fのこのスペースは無料で見学する事が出来ます。

1Fマツダサバンナの展示

コスモスポーツから左側に移動すると、マツダサバンナクーペとマツダサバンナRX-7が展示されています。

1Fチェリーの展示

そして、マツダコスモスポーツから右側の窓際には、日産のチェリーとブルーバードが展示されています。

1Fベレットの展示

チェリーとブルーバードの向かいにはイスズベレットが置かれており、ここまでが無料で見学出来ます。

2FハコスカGT-Rの展示

2Fからは有料となります。500円の入場料を支払い階段を上がった先に、ハコスカGT-Rが展示されています。壁面にはスカイラインの歴史が綴られています。

2FホンダS600の展示

2F展示スペースにはホンダS600。ヨタハチ。ダットサンフェアレディZとコンパクトスポーツカーが展示されています。

2FダットサンフェアレディZ&ヨタハチの展示

ダットサンフェアレディZから見るとこんな感じです。お盆のお休みだから、混雑してるかなと思いきや、意外と空いてました。スーパーカーの時にはエンジンをかけるとか特別にイベントがあったのですが、今回の企画展はお盆だからと言って特にイベントらしいイベントも無く、通常の展示だとこんなものなのか?って感じでした。


それにしても、やっぱりポスターが許せない!凄く面白い題材でありながら、やっつけ的な感じに仕上げられてるんだもん。ポスターから楽しそうな感じが全くしないです。きっと、ポスターを作るデザイナーが全く楽しんでないのだろうなぁ~。


■ご質問およびお問い合わせ
創り手が楽しめてないのに楽しさを表現したポスターは出来ないですよね。メールでの打ち合わせ及び納品に対応致します。見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

君が代


プロでも、ハラハラドキドキの酷い下手がいる。なんて動画を貼付けようとしたら『"キリンチャレンジカップ2011 日本vs韓国 日韓戦..."この動画は、Sony Music Entertainment (Japan) Inc. さんによる著作権侵害の申し立てにより削除されました。申し訳ありません。』と表示されていました。
YOU TUBEに勝手にUPされる事よりも、広められる事でイメージダウンとなるプロは、自身のコンサートすらも出来ないのでは?とSony Music Entertainment (Japan) Inc. 様の行動に矛盾を感じます。しかし、プロが下手なのは、このアーティストだけではない。


一般的にJ-POPでは、歌が上手いと言われるアーティストもこの程度。基本となる発声はデタラメ。まだまだ、他にも沢山、聴くに堪えがたいプロがいます。


アマチュアでも、安心して任せられる人もいる。(^_^;)


■ご質問およびお問い合わせ
プロってなんだろうね?メールでの打ち合わせ及び見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

誰1人知らんとかあるのか…?

リトルボーイ

原爆コードネーム表記フジTVに抗議殺到

フジテレビ系連続ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(日曜午後9時)で、広島に落とされた原爆のコードネームである「LITTLE BOY」などと表記されたTシャツが登場したことで、視聴者から、広島県にフジテレビに抗議するように求める声が多数寄せられていることが10日、分かった。

当該のシーンは、7日に放送された第5回放送分で、主演の前田敦子(20)演じる主人公が、寮で洗濯をする際、三浦翔平(23)演じる男子高生と会話をする場面。前田が着ている黄色いTシャツの背中部分に「LITTLE BOY」、表に「FOOL ON THE HILL FRIENDS」と記されていたことから、放送直後からネットで一部の視聴者から「この文言は『愚か者どもに原爆を』とも解釈出来る」などの声が上がっていた。

広島市では、6日に原爆死没者慰霊式でもある平和記念式典が行われていたばかりで、同県には翌7日から「被爆者を侮辱する行為。断固とした抗議を」「フジテレビはいったい何を考えているのか。いまだに原爆で苦しんでいる人がいるのに」などの電話も寄せられた。同県被爆者支援課によると、9日深夜24時までに82件のメールと20件以上の電話があり、今後、同局に抗議することも含めて検討中という。

一方、フジテレビ広報部は「ファッションとして着用したもので、他意は全くありません」とコメント。ドラマの制作スタッフも「リトルボーイ」が広島の原爆を意味することを知らずに、前田に着用させたとし、困惑を隠せないでいる。同局にもこの日までに数十件の苦情や問い合わせが寄せられているという。

(日刊スポーツ - 08月11日 10:10)


ん~、何とも…。
最近、フジテレビへの風当たりが、かなり強くなってますね。まぁ、日本のテレビ関係者であるなら、一般常識として広島&長崎の原爆を落とされた日と終戦記念日、そして、原爆のコードネーム「リトルボーイ」と「ファット・マン」ぐらいは知ってて欲しいかなぁ~って気持ちはありますが…。

そりゃ、終戦を迎えて66年も経てばって、まだギリギリ65年ですから、1人や2人は知らない人がいても不思議じゃないでしょう。日本とアメリカが戦争してた事も知らない学生とかいるご時世ですから…。だから、ニュース記事の言い訳にもあるようにスタイリストさんが知らなかったという事もあるでしょう。それは私も納得出来る事です。しかし、これを言い訳として平気で言えてしまうというのはプロの現場として如何なものかと感じます。

だって、ドラマというのは大勢の制作チームで作られてるわけで、1人や2人で作ってるのとは訳が違うでしょ。私が思うのは、その大勢の中の、誰一人として疑問を感じなかったのか?という事ですね。テレビ業界に限らず、クリエイティブ業界全体に言える事なのですが、もう、こういう言い訳ばかり聞いてると本当にうんざりしてしまいます。プロがそんな言い訳して恥ずかしくないのか?…って喝を入れたくなります。

このような事がテレビ業界だけではなく、クリエイティブ業界全体に言える事というのは、このBlogでも頻繁に取り上げて来ています。例えば、7月の終わりに書いた記事のなかよしこよし(当Blog内リンク)で紹介した紳士服業界の景品表示法違反とか、他にも、間違った英語を使う理由は?(当Blog内リンク)のように、デザインが完成し世に出回るまでに多くのスタッフが目を通してるのに、誤りが発見出来ないという、お粗末な状態です。こんなにも杜撰な仕事状態で平気でいられるという事にイライラが積ります。

私も最初は素人からのスタートです。右も左も分からない状態で、この世界に飛び込みました。最初は一生懸命無我夢中でした。1つ1つ仕事を覚えて行く事が楽しかったし、成長してる自分が嬉しかったです。早く一人前になって、バリバリとデザインをしたかったです。常に自分を磨き頑張ってきたつもりです。しかし、自分の頑張りの量とは裏腹に『あっという間に天上に届いてしまった。』という感じの業界だった気がします。

自分の目指す天上はもっともっと高い所にあるはずなのに、現実は意外にも低すぎる天井…。そう感じてしまうのが、今まで例に上げて来た事柄です。そして、業界を牛耳る連中がその程度ですから、今度は頑張れば頑張る程浮いてしまい…。要するに邪魔者って事です。

なんかね、この業界って凄く陰湿な感じがします。
まだ私がフリーになって間もない頃、ある代理店に自分を売り込みに行きました。その代理店の一番偉いディレクターさんが私の相手をして下さり、作品を見せたら絶賛されまして…、『この福山には、本物のデザイナーがいないよね!』って福山の業界に対する愚痴を言われたのです。その後、何度か取引させてもらって、仕事を納品する度に絶賛されまして…。でも、私は当たり前の事をしてるだけで絶賛されるような事はしてないのに誉めるのです。まぁ、所々の処理に当時のソフトの性能では出来ない事を手作業でしてたからなのですが、結局、そのディレクターさんが、デザインの事に詳しくないと言うか、見せかけの処理に誤魔化されるような方でして、会社での肩書きが立派に見せてるような方でして…、それで、私は良い物を創りたい一心で、そのディレクターさんに色々指図してたら、最終的には私の事を面倒くさがられて切られてしまいました。

良いデザインには全く興味がないのですよね。ただ、仕事を無難にこなして、お金が得られればそれで良いって感じなのです。これは、このディレクターさんのみに限らず、業界全体に言える事だと思います。問題点が見つかり、それを指摘し正していくとなると大変な労力が待ってるから、そのままにしておこう。…という感じかな。

「忙しくて大変」は「準備不足」と類義語である。私は常にこのように思ってます。しかし、忙しい自慢をしたがるデザイナー(業界人)の多い事…。結局、忙しいのではなく、準備が整ってない事の無駄が忙しさを生み出している。デザインの知識がない。これも「準備不足」の一つ。そのような問題を平気で放置出来てしまえる事も私には堪えられない事なのです。



そして、先日7月終わりに書いた記事でプロ意識~景品表示法(当Blog内リンク)二重売価のルールを紹介しました。

シーズン当初価格3,900円の品

店頭価格1,950円を更に

チラシ掲載期間半額
975円


初校で上記のように直しなさいと代理店の担当から指示が来たのですが、この標記は景品表示法で二重の違反があります。
代理店の担当が景品表示法を理解してない事で起こった間抜けな指示です。それで、私は景品表示法の事を代理店の担当に説明して、その指示をする事は出来ないと伝え、違法のない標記に変更し訂正を仕上げました。

当店平常価格1,950円の品

チラシ掲載期間半額
975円


…と、このように当たり障りのない標記に変更したのです。そして、最終の校正まで問題なく作業は進められていたのですが、製版データ入稿直前のギリギリになって、クラアント様からの指示で『当店平常価格1,950円の品』を『値下げ価格1,950円の品』と標記を変えてくれと言われたので、そのように訂正してくれと、代理店の担当から指示が入ったのです。
こっちは偉いこっちゃ!とぶったまげたわけです。何故なら…『値下げ価格1,950円の品』という標記は再び景品表示法の違反項目にふれてしまうからです。

私のいう業界の素人化とはこういう事なのです。お遊びの危険なデザイン屋ゴッコです。流石に今回ばかりは万事休すです。製版データ入稿直前というギリギリな時間。そして、全く同じ箇所での景品表示法の違反。また、代理店の担当に知らせ、クライアント様にお伝えしてもらわねばなりません。ハッキリ言って、今度と言う今度は代理店の担当もクライアント様に説明する事は出来ないでしょう。同じ箇所で2度も出来ない訂正を聞いてしまってるのですから。私は、とりあえず代理店の担当にお伝えしましたが、どうするかは代理店の担当に任せました。

結局は代理店の担当は相当部が悪かったのか、見てない事にしてゴーサインが出されました。結局、私は違反に気がつきながらも、その違反を防ぐ事は出来なかったのです。凄く悔しかったし、屈辱的でした。私が人生を賭けて頑張って来た業界はこんなにも杜撰な業界でした。

私には、ここまで狂ってしまった業界を立て直す力はありません。1人では何も出来ません。しかし、自分が直で取引させて頂いてるクライアント様の仕事だけでも、ちゃんとしてあげたいと思ってます。私の出来る事はこのぐらいしか出来ないですから…。




■ご質問およびお問い合わせ

何処まで頑張れるか持久戦ですね。メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

『知る』という事

特殊電子治療の宣伝に効果的な宣伝を見た

昨日、ついに、特殊電子治療の無料お試し会場が終了しました。8/2に書いた論より証拠(当Blog内リンク)で紹介した特殊電子治療です。予告通り、8/10の最終日まで毎日欠かさず通いきりました。おかげで、最後まで気になってた左腕の痛み&シビレが、ほぼ改善致しました。本当は、今後再発しないように、ずっと続ける事が理想なのですが…。

そして、最終日には、同じく治療に通われてた85歳のお爺さんの話を聞く事が出来ました。結論から言いますと、70年間苦しんでた腸管外ポリープの症状が改善されたそうです。腸管外ポリープとは腸の外側に出来るポリープで何万人に1人というような非常に珍しい病気らしく、また、お爺さんの年齢85歳という事からも分かるように、そのポリープが出来たからと言って直接命に影響があるわけではなく、寝込んだりするような事も無いそうです。ただ、食事の時に刺激物がダメで、ちょっとでも刺激物があるとすぐ下痢をしてしまうのだそうです。刺激物と言っても一般的な調味料のほとんどが刺激物に当たり、70年もの間、食生活に凄く困ってたそうです。

70年もの間様々な治療や良さそうな薬など、治りそうなものは藁をも縋る思いで積極的に取り入れて来たそうです。そして、酷いのは病院です。何万人に1人という病気だけど、命に別状は無い事から、治療に向けた研究が一切なされていないのだとか。仮に治療に向けた研究をして改善させたとしても何万人に1人だから金にならない。命に別状があるわけでもないし、研究するだけ無駄と考えられているのです。だから、このお爺さんは70年間も苦しんでいたのです。

それが、この特殊電子治療で体質から改善され、今では、家族と同じ食事が食べられると凄く喜んでられました。しかし、そのお爺さんも、最初この治療に誘われた時は半信半疑というか、これまでに色々やって来て全部ダメだったから嘘っぱちなヤクザな商売だろうと信用してなかったそうです。家族が変な宣伝にハマり高い物を買わされそうになった時に阻止してやろうという思いで通われてたみたいです。

私は、このお爺さんの事が『素晴らしい』と思いました。何が素晴らしいって、『疑うにしても自ら体験し、物事を理解した上で見極めようとする、その姿勢。』が素晴らしいと感じました。その結果が、70年間の苦しみとサヨナラする事になったわけです。今では疑いよりも感謝しかないと語られていました。

多くの方は自分の中にある、ちっぽけな知識の中で、良し悪しを頭ごなしに決めつけられる方が多いです。
私の父は昭和の頑固爺です。自分が絶対という人なのです。…というよりも、他人の意見が絶対という感じかな?身内の意見はいくら正しかろうが、自分の考えと異なれば絶対に首を縦にふりません。しかし、身内ではない縁もゆかりも無い人が言えば、それは無条件で正しいと決めつけます。まぁ、それはそれは気難しい性格です。うちの父は特別頑固なのだろうけど、比較的、昭和初期の人達はそういう性格が多い気がしますし、そのような世代に育てられた人達は少なからず、その傾向があるのかなと感じたりもしています。結果的に、日本人の大多数が…と言っても良いのかなと思ったりするわけで,知った上でジャッジしようよ。…って、思う事に良く遭遇します。

今まで知らなかった素晴らしいものを知った時『これって最高!』って、スグに最上級の評価をしたがったり…。君は他にどれだけの事を知ってるんだい?って、ツッコミ入れたくなる事もよくあります。(笑)
良くも悪くも、他を知らなくても決めつけられるという事は、その傾向にある事だと思います。

うちの父親なんか、いくらこの事実を説明しても、頭ごなしに否定だし、そう決めつけてるからどんな物か知ろうともしていないんだよね。『見ないでも分かる!』ってね。他にも、品物を買う時に安くて良くないものを買おうとした時に、ちょっと値段は張るが良い物をすすめたら、『値段が高い方が良いのは分かってる!』なんてね言うんだけど、実際は何がどう悪いのか?何がどう良くなってるのか?と言う事は、何にもわかってないんだよね。自分が率先して知識を入れようとしてないから、結局、安いものを買って失敗する。失敗したから今度は高い物を買って失敗するてなもんで、何をやっても失敗するものだから余計に、身内の言葉は信用しないんだろうね。

高い物を買って失敗というのは、
例えば、Aという商品にオプションのBが付属して5万円という商品があったとします。対してAという商品単体だと3万円。この条件で、父は『値段が高い方が良いのは分かってる!』なんてね言ってるんだよね。でも、その良さを理解してるわけじゃないから、オプション品のBが2万円で適正な価格なのかどうかは分からないわけです。その良さを理解してる人だと、もしかしたら、オプション品のBに2万円出すなら、別の店でBと同じもので性能がうんと良いB'が3万円で買えるからそちらを選ぶ方が賢い。…という事がよくあります。賢い人はAを単体で購入し別の店でB'を3万円で買うというようなものも、『値段が高い方が良いのは分かってる!』の精神で前者を買って失敗するわけです。

今の世の中、なんでも、『安さ安さ』と言い過ぎてるあまり、物の価値に対して無頓着になり過ぎてる気がします。『安さ安さ』価格でしか価値を見れない人は、値段の高い価値も理解出来て無いのではありませんか?価値を理解出来ない、私の父のような人が増えてるのかなと一抹の不安を感じます。安さ!安さ!で四苦八苦(当Blog内リンク)



■ご質問およびお問い合わせ

お互いを知る事から始めましょう。メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

OKAYAMA SUPER GT 250km RACEの写真

MOTUL AUTECH GT-R

すっかり忘れていましたが…今年5/22(日)に開催されたOKAYAMA SUPER GT 250km RACE(当Blog内リンク)の一眼レフ(マニュアル機)によるフィルム撮影分の写真です。フィルム撮影分だから現像して、デジタルデータにしてもらってぇ~…って、やってたら話題の旬が去ってしまっい、すっかり忘れてしまってました。危うくお蔵入りにしてしまうところでした。

フィルム撮影分は、当初、雨予報という事だったので、雨が強く降れば撮影出来なくなるかも知れないと思い、フィルムをたった2本しか用意してませんでした。その為、ピント合わせや流し撮りのスピートに慣れるまで、最初は失敗しまくりで、実質、2本目に撮影したフィルム1本のものしか、見せられるような写真が無くて

バトル

始めのうちはスピードに慣らす為に、中望遠域で複数台フレームに入れて撮影しました。望遠域ほどピント合わせに神経質にならなくて良いし、スピードにも余裕をもって対応出来ます。

デッドヒート

格下GT300クラスのマシーンを抜き去ろうとするMOTUL AUTECH GT-R!バイパーコーナーを抜けてレッドマンコーナーに向かう上り坂の直線です。

ARTA HSV-010

ある程度、スピードに慣れて来たら、1台ずづいってみよう~!って感じで、望遠域でレーシングマシーンを引き寄せて来ます。望遠でフレームいっぱいにすればするほど、速さが強調されます。

ADVAN KONDO GT-R

こちらのADVAN KONDO GT-Rは流れが止まってますね。シャッタースピードが速過ぎました。タイヤの回転が止まりかけてますのでスピード感が無いぃ~!多分、この時のシャッタースピードは1/250秒だったかなぁ~。

MOTUL AUTECH GT-R

そんなわけで、こちらのMOTUL AUTECH GT-Rはシャッタースピードを1/125秒で撮影したと思う。1/125秒だと目の前に被写体が来ないとスピード感は無いのかもね。

CALSONIC IMPUL GT-R

こちらのCALSONIC IMPUL GT-Rも同じく1/125秒で撮影してるのですが、先程のMOTUL AUTECH GT-Rと比べると、ほぼ正面に近い状態で撮影出来てるので、スピード感は少しUPしたかなぁ~。

JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458

そして、こちらのJIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458は更にシャッタースピードを遅くして1/60秒。スピード感はバッチリなのですが、流し撮りがスピードに追いつけず、完全にブレまくってますね。いやはや、モータースポーツの撮影は難しい。

ARTA Garaiya

というわけで、私の腕で確実に撮影が出来る1/125秒に決めました。アナログ機を使ってるとね、デジカメのように撮影した直後に確認が出来なくても、感覚で上手く撮れたとか、失敗したとかが分かっちゃうんだよなぁ~。

ADVAN KONDO GT-R

それにしても、今回のレースは観戦ポイントが直線地点だった為に、全部平凡な写真になってしまったなぁ~。コーナー付近なら進入のブレーキ競争やコーナーから抜け出した後の加速勝負等面白いシーンが沢山撮れたのでしょうが…。ちゅか、フィルム2本じゃどうにもならんけどね。

日が傾いて来た夕刻!ADVAN KONDO GT-Rです。もう少し露出アンダーぎみにしてハイライトを強調させても面白かったのいかな…。

MOTUL AUTECH GT-R

MOTUL AUTECH GT-Rも…。赤い色が良い色になってますね。それにしても、やっぱりフィルムの枚数とか気にしなくて良いデジタル一眼レフが欲しいなぁ~。


■ご質問およびお問い合わせ

写真を工夫するだけで表現に幅が出ます!メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

学校食堂

道路から学校を望む

8月7日(日)…私は、昭和にタイムスリップしました。
広島県福山市からそのまま真っ直ぐ北上し東城に向かう途中にある神石高原町の井関という所です。そして、写真の建物は旧井関小学校で今から27年前に廃校になっていました。現在、建物は当時のそのままに、一部リニューアルして学校食堂として営業されています。周囲を見渡すと、トトロがいそうですね。この学校にサツキとメイがやって来そうです。

学校入口にある食堂の看板

名物料理は、地元で採れる山野草料理です。山野草…言葉を悪く言えば、雑草料理ですね。雑草って食べた事あります?って、正月過ぎて食べる七草粥なんて雑草みたいなものですし、よもぎ餅とかは、餅に雑草が練り込まれているって言えますよね。まぁ、これらの食材は雑草と言えど、食材として認められてる雑草みたいなもので、ここでは、正真正銘、雑草を食べさせてくれます。(笑)

こんなところにメニュー看板が

もちろん、通常のメニューもあります。でも…、通常のメニューなら何処でも味わえますよね。やっぱりここは…折角だから…って気持ちになっちゃうのは私だけだろうか?

校庭から校舎を望む

駐車場は校庭です。広い校庭がそのまま駐車場ですから車は停め放題です。

ヤギがお出迎え

校庭の脇でヤギが飼われていました。まだ子ヤギで人懐っこく可愛かったです。ただ、日中は流石に暑いのでしょうね。少しバテぎみかなぁ~。

校舎入口

そして早速、校舎の中に入っていきましょう!

下駄箱

靴箱も当時のままです。流石に、大人の靴は…入れるのが辛いなぁ~。上履きだったらもっと雰囲気が出たのでしょうが、ここはスリッパが用意されています。でも、このスリッパだと昭和の病院を想像しちゃうなぁ~。(笑)

学校の案内

中に入るとすぐ目の前に学校の案内がありました。案内の前にあるBOXは、カブト虫?それとも、鈴虫でもいるのかな?覗いてみたけどよく分からんかった!

1Fの廊下

1Fの廊下です。廊下には民芸小物が展示販売されていました。そして、まず、目指すは給食室!

給食室が食堂

食堂となる給食室にやって来ました。学校の机をそのままテーブルに…。なつかしぃ~&椅子が低い~!

黒板に書かれたメニュー

黒板にはメニューがびっしりと書かれています。

窓から見る夏空

いやぁ~、えぇねぇ~。窓から見える夏空。学校だからエアコンはありません!でもね、窓から入る風が凄く気持ち良いです。頭の中で井上陽水の『少年時代』が流れて来ます!

鯨の立田揚げ定食

こちらは、相方が注文した「クジラの竜田揚定食」です。クジラ肉…小学校の時に良く食べたなぁ~。もう20年以上も口にしてない味でしたけど…1口頂いて懐かしかったぁ~。

山の幸御前

こちらが、私が注文した、雑草じゃなくて「山の幸御前」です。大将がメニューを紹介してくれましたが、いやはや本当に雑草。(笑)
藤の花のおひたしに、マタタビの実のおひたし。フキノトウが生長して大きくなったもの酢漬けや、アカツメクサや秋になったら引っ付き虫の美がつくセンダングサだったかな?とか…オオバコの葉とかの天ぷら等、それはそれは雑草~!
でもね、これが結構美味なんですよ。ほとんどが初めて口にするものばかりでしたけど、綺麗に完食致しました。なんだか、凄く健康になった気がする!

階段の踊り場スペースで雑貨小物販売

そして、食事後は学校を散策しました。2Fに上がる階段の場所では小物や雑貨、端切れ、衣類などが滅茶苦茶安価で販売されていました。

2Fへ上がる階段

2Fに上がる階段です。上がってると階段の隙間から下が見えて、なんだか怖い!高所恐怖症にはたまりませんなぁ~。階段の真下に衣料があります。ズボンが300円だったかな。お値打ち品です!

2Fの廊下

2Fの廊下です。学校の怪談!って感じ。夜に肝試ししたらたまらんだろうなぁ~!遊技場のお化け屋敷と違って、このような場所で肝試しすると、自分自身で勝手に恐怖を想像して怖さが倍増しちゃうんですよね。

教室

教室の様子です。2Fは窓が閉め切られてましたので、凄く蒸し暑かったです。窓開けると良い風が入って来て、凄く涼しいのだけどね。これだけ周りに緑があると1日の内で一番暑い時間帯なのだろうけど凄く涼しいです。
エコエコと物ばかりに拘って買い替えさせるようにするよりも、もっと緑を増やして自然と共存する方向でも考えていかないとダメだね。

講堂

今の学校には無くなってしまったであろう講堂です。今の学校は体育館で講堂も代用されてますもんね。流石に講堂では体育は出来ません。

校長室横の部屋には懐かしいレコードがびっしり

そして、再び1Fに降りて来て、校長室の隣の部屋に、懐かしいレコードがズラリ!机の上には昭和40年代かなぁ~?その頃の雑誌がズラリ展示されていました。

廊下の掲示板に貼られた懐かしいポスター

校長室前の廊下には、これまた懐かしいポスターが展示されてました。私より上の世代は懐かしいかも知れませんが、下の世代は逆に新鮮なんだろうなぁ~!

ヤギのお見送り

美味しい食事を頂き、一通り学校見物をして、学校を後にしました。来た時にはバテていた子ヤギも元気になってて、帰りはお見送りしてくれました。

ちょっとね、現世から離れた異空間として、心身共にかなりリフレッシュ出来ました。意外性や現実から離れる事はリフレッシュにもの凄い効果があるんですよね。


■ご質問およびお問い合わせ

意外性をデザインに取り込んでみても面白いかも!メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

一流と呼ばれる人に見るプロ意識

イチロー選手
(c)サンスポ

今回の話はクライアント様にはちょっと耳の痛い話になるかと思います。しかし、良い仕事をする為には大事な大事な事ですから、あえて耳の痛いお話にお付き合いしてもらいます。…って、お前は何様じゃ!って思われちゃうかも知れませんが、お互い様という事で宜しくお願いします。


数日前の論より証拠(当Blog内リンク)という記事で最後の方に、野球のバット職人を例えてお話しました。このバット職人はイチロー選手やゴジラ松井選手のバットを作ってるミズノテクニス(株)の久保田五十一氏(外部リンク)の事で、2003年11月に厚生労働省認定の[現代の名工]に認定されています。

久保田五十一氏はイチロー選手やゴジラ松井選手から直々に要望を聞いて、その人にあったバットの素材である木材選びからを自らでこなし、素材を生かせるバット造りで選手にとって一番使いやすい状態のバットを仕上げています。そんな久保田五十一氏は、野球は全く出来ないそうです。しかし、数多くの一流選手からの依頼がくると言います。野球のプロではなくバット作りのプロですから当然と言えば当然なのですが…。


それにしても、何故、数多くの一流選手からの依頼がくるのでしょうか?
ホームランやヒットを絶対に打つ事のバットを作ってくれるからかなぁ~?…そんな事はないですよね。そんなバットが存在するのなら、一流選手じゃなくても、誰でもバッターとしてホームランが打てるようになってしまいます。プロという選手の存在も否定されてしまいます。ホームランやヒットを打つ仕事をするのは選手であり、バット職人の仕事ではりません。更に…、イチロー選手やゴジラ松井選手のような一流選手もプロ野球界に入る前は、市販のバットを使ってましたし、それでも、高打率を誇ってたわけです。

ムムム?
そうなると、保田五十一氏の手掛けるバットと市販のバットでは何が違うの?
市販のバットでも打てるなら、値段も高く専用のオーダーバットなんて必要ないじゃん!という疑問が出て来ますよね。もちろん、こういう事は野球にだけに限った事ではなくそれぞれの分野でそれぞれの一流のプロが拘る道具ってあるはずです。ボーリングのマイボールとかね。その分野を極める人達だからこそ、道具に対する質の拘りも存在するのです。

チューニングパーツ

また、素人でもプロ意識とかそういうのが分かる人たちは、その拘りの領域って理解出来ると思います。
例えば、私は、趣味でジムカーナというモータースポーツを楽しんでます。プロのレーサーではありませんけど、モータースポーツをより楽しむ為に足回りを改造したり、シートをホールド性の良い物に変更したり、ハンドルを素早く回せるように小径のものに変更したりして、お金をかけています。

だからと言って、速く走れるのか?って言われちゃうと、腕が伴わないとねぇ。でも、自分の運転癖に合わせて弄ってるから拘りの乗りやすさはありますよ。もちろん、車の改造をしてなくても、速く走れる人は速く走るでしょう。でもね、上手い人はそのポテンシャルを最大限に引き出せるという事は言うまでもないともいます。


実はね、広告等のデザインもそのような類いだと思います。以前、デザインの良さを、ある企業の幹部の方にお伝えした事があります。『その良さは自分が思い込んでるだけで、良さというのは、それぞれに違いがあるから一概には語れないのではないか?』…ってね、真っ向から否定されました。そして、『そんなに良いデザインなら絶対に売れるのか?』…と間髪いれず言われました。
野球のバットやボーリングのマイボールのような道具への拘りが連想出来れば、そんな間抜けな解答はないですよね。申し訳ないですが、その方は企業の幹部という立ち場の方ですが、プロとしての意識はかなり低い方なんだなと思いました。だって、売る仕事はあなたの仕事でしょ!ってね。デザインが売るわけじゃないですから。

商売のプロなら売るのはその人の仕事です。
そのデザインだったら絶対に売れるのか?って、じゃぁ、あなたは自分の仕事をデザイン任せにして売る気はないのですか?広告のデザインは売る事をお手伝いする為の道具です。
イチロー選手やゴジラ松井選手は仮に打てなかったとしても、バットのせいにしたりはしないしですよ。保田五十一氏にあなたの作るバットなら絶対にホームランが打てますか?なんてヤボな質問はしないでしょう。

そして、もしも職人の作るバットを否定したとしても、『保田五十一氏の作るバットじゃなくてもホームランは打ってみせます。』と言うんじゃないかな?
まぁ、それだけ拘れる人だと、道具の素性も把握出来てるから、より良く打てるよう、自分の癖に合った専用のバットを任せるでしょうし、自分の仕事が何かをハッキリ分かってるから、自分の仕事をバット職人に押し付けたりはしないのです。また、プロとしてお互いの領域は踏みにじらないでしょう。

バットを注文する際にも、始めに要望を言ったら、後は口出しをしない。何故なら、イチロー選手やゴジラ松井選手は、バットを作る事に関しては素人だから、黙って完成を待つでしょう。良い仕事をする為に信頼関係を築く事を優先するでしょうから…。

クライアント様の中にも多くいます。売り上げが良くなかった…と言えば、すぐに広告のデザインのせいにしたがる人。また、そのような方は売る為のプランを考える事なく、単なる思い付きや個人的な趣味で、デザインを引っ掻き回す事が多いです。

これがね、私が言う『売るという仕事をするのは、デザインではない!』という事なんですよね。『売れなければ、いくら良いデザインを創っても意味はない。』という言葉は、良いデザインを創れないデザイナーの言い訳かも知れませし、『デザインを変えたら絶対に売れるのか?』という言葉は、売る気のない(売ってやろうという強い意志のない)バイヤーさんの言い訳かも知れません。



幸い、私が直請けで仕事させて頂いてるクライアント様にそのような方はいません。



…という事で、ここでお話してたクライアント様っていうのは、twitterの『デザイナーあるある』でつぶやかれた話に出てきたクライアント様ですね。
『「これまでに無い感じでお願い☆」と言われ、これまでに無い感じで創るけど,校正を経て完成する頃には何処かで見た事のあるありふれたデザインになっている。』とか、『あれもこれもどれも「大きくしろ」「目立たせろ」と言われ、あれもこれもどれも目立たなくなる。』というような、デザイナーさんを信用する事なく、兎に角、デザインを引っ掻き回すクライアント様たちの事ですね。

まぁ、私の仕事でも、間に代理店さんとかデザイン会社さんが入った仕事だとグダグダなのものがありますが、そういうクライアント様と取引のあるデザイン会社及び広告代理店は、やっぱり似た物レベルでお互いのプロの領域をあやふやに扱う未熟レベルだなぁ~。って凄く感じます。
質に対する注文は皆無で、『あなたのデザインだと安いの?』とか、『あなたのデザインだったら売れるの?』とか、会話自体がチープ過ぎたりします。類は友を呼ぶのだなと、このプロ意識の話の中を見ても理解出来ると思います。

ハッキリ言います。商品が良ければ、デザインなんてどうでも良いです。どんなデザインだって売れると思います。逆に商品が悪ければ、どんなにお洒落でカッコいいデザインを仕上げたところで売れはしません。
プロ意識~景品表示法(当Blog内リンク)の宣伝方法を見て強く思いました。そして、同時に本当の売るプロなら、デザインに売りやすさというか、宣伝のしやすさと言った要望に拘ると思います。宣伝企画にもぶれない芯があります!そして、その自身の持つ芯、或いは企業が持つ芯に沿って注文を言ってくるでしょう。思い付きの行き当たりばったりな指示はないはずです。

大体僕は努力をしたり辛い思いをして頑張って何かを成し遂げるってのをあまり信じていない。何か偉大なことをやってる人って、大体の場合、歯を食いしばって頑張ってるんじゃなくて、楽しそうにそれをやっているものだから。僕が京大に合格したときだって、友達もいないしすることがないから受験勉強をゲーム感覚で楽しんでやってたら受かったって感じだし。僕の組んだプログラムで好評を博したものも、別に頑張った意識はなくてただただ一人で楽しんで作っていただけだし。


物事がうまくいかないのは自分の努力が足りないからじゃなくて、その場所が自分に合ってないからかもしれない、っていうのを検討してみてもいいかもしれない。


ある方のBlog記事です。言われてる内容には私も同感です!


自分が楽しめてないのに良い物なんて出来るわけがない。そして、自分の環境を考え常に良くなるように改善しましていく事が良い仕事の始まりです。本当に良い仕事をしようとする人は、自分の力を100%発揮出来ないような環境だったら、まず、環境から改善し仕事に望みます。私はそうやって改善して来たつもりです。

「デザイナーあるある」でつぶやかれるデザイナーさん達の多くのように、いつまでも文句を言わなければならない状況のまま放置はしません。志の高い人は、志の高い人と結ばれる。志の低い人は、志の低い人と結ばれる。文句を言わなければならないという事は、所詮、その程度の人って事かなって私は思うのです。

私は常に志を高く持ち続けていたいですから、そういう人と結ばれたいですね。偉くない奴とは付き合いたくない(当Blog内リンク)(笑)




■ご質問およびお問い合わせ

共に進化を楽しみませんか?メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

戦争のおろかさ

原爆ドーム

昨日の8月6日は、広島原爆の日でした。平和記念公園では平和記念式典が開催され原爆と言う脅威と共に、福島第1原発原発事故で新たな核の脅威を問われました。

66年前のあの瞬間、人類が生んだ史上最悪の兵器、原爆は、普通に暮らしていた市民一人ひとりの上でさく裂した。直前まであった家族の団欒、かけがえのない日常を奪われ、見えない放射能の恐怖と闘いながら、生きてきた被爆者たち。東京電力福島第1原発事故で、日本が新たな核の脅威に直面する中迎えた6日、消す事の出来ない悲しみや悔しさを抱える人、語り継ぐ決意を持つ人たちが、県内各地で祈りをささげられました。




被爆体験をされた知人のお父様が4年前、小学生に伝える為に重い口を開き小学校で体験談を話されました。そして、その話が文集にされました。思い出したくない事、言いたくない事…。そして、この体験談は最初で最後の話です。貴重な体験談に心より感謝致します…。

「戦争のおろかさ」

私は、原爆の事はあまり喋りたくないんです。生々しいので…。

昭和16年の12月4日、太平洋戦争が始まった年に受験して広島市立商業中学に入りました。その頃は、義務教育で小学校とその上の高等科に通わないといけなくて、自分から旧制中学に受験して入ったんです。戦争中だったからか、勉強は全く出来なくて、土木工事をずっと手作業でやっていました。入学してから今の西飛行場の北側にある総合グラウンドは私達が造ったんです。そのグラウンド開きは、太平洋戦争が始まった12月8日だったから忘れもしません。

それから、2年生になって呉にある海軍工廠(かいぐんこうしょう:今の大和ミュージアムがある所)に学徒動員がかけられ、阿賀の寮から通っていました。

そのころ、広島では、兵隊の兵器廠(へいきしょう:兵器をつくる所)や被服所(兵隊さんの服をつくる所)や糧秣所(りょうまつしょ:缶詰をつくる所)があったんです。また当時は冷蔵庫は無く、兵隊さんの食べ物はほとんど、缶詰であったようです。缶詰だったら保存も利くし持ち運びにも便利です。

当時、東京や大阪などは、アメリカの飛行機がいっぱい飛んでいました。油脂しょう弾(中に油をふくんだ爆弾)を落として行きました。当時は木造家屋だったから、すぐ油がちって火が燃えていました。呉や福山にも落ちているので、次は広島に来ると思っていました。

今の宇品から兵隊が海外へ行っていました。だから、広島に爆弾が落ちたのです。それに相生橋の形がH型でわかりやすかったし原爆ドームも目印になりやすかったのでしょう。

私は当時学徒動員で呉の寮にいました。呉の工場で休みなしで兵器を造っていたんです。学生は日曜が休みなので広島に帰っていました。私も5日は広島の自宅へ帰っていました。



6時頃の汽車に乗り呉の職場へ


8月6日は、6時頃の汽車に乗り、呉の職場へ行ったんです。8時15分、呉まで爆風がきて、ピカーッと光りました。最初は何が起きたかわかりませんでした。皆実町に大きなガスタンクがあるので、それが爆発したと思ったんです。お昼頃、広島に新型爆弾が落ちたと知ったんです。その当時はニュースが無いので、どんな様子なのか全くわかりませんでした。広島へ爆弾が落ちた事を知り、私たち学生はすぐに広島に帰りました。

広島に入ったら、何もなかったんです。本当に何もなかったんです。市内に入ったのが、確か、2時頃だったと思いますが、市内の中心の方から死人かと思えるような人がいっぱい歩いて来たんです。私はどうにかしてあげたかったんですけど、医者もいないし、薬も無い。助けたいけど何もできなかったんです。あまりに酷い状態だったので話したくないんです。



焼け野原


市内電車が焼けていたのを一緒に行動していた友達3人と見ました。電車の中では人が焼け死んで、見たくありませんでした。そして、川に行ったら死体が浮いていて、涙が出そうなのにそれを見なれてしまって泣けなかったです。

それから、どこか分からない所を歩き回りました。家が焼けていて家族の事を知らせる板が立ててありました。



救助


大手町にある今の中電病院のセメントで出来た大きな水をためるものが有ったんです。その当時、それは各家で義務づけられていて、火事の時に、そこからバケツで水をかけるのです。その中に入っていたおばさんが「助けてくれ。」と叫ばれたので、友達と一緒に出そうとすると、「ズルリ」と皮がむけたんです。私たちはもう駄目だと思い、あきらめました。その事が今だに忘れられないのです。

その晩は道路で寝ました。死体を焼くニオイは、とても臭いのだけど、それさえも感じなくなるほど神経がおかしくなっていました。


戦争はむごい…。戦争は罪のない人も殺されてしまう…。あなたたちは平和な世の中に生きて幸せです。今まで一度も喋った事のない話を今日しました。どうか私の気持ちを汲んで戦争のむごさを後に来る人たちに伝えてほしいです。

(挿絵は小学生が書いたものだそうです)





■ご質問およびお問い合わせ

戦争の惨さを伝えてくれる事に感謝!苦しくもそんな中、生き伸びてくれた両親がいるから私がいる。そして知らないところで知らないうちに、多くの人々に支えられいる事に感謝!
メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

受け身であるが故に気がつかない長所

松永の商店街

私が小学生ぐらいの時までは賑わいを見せていた松永駅前の商店街です。主要駅というような駅ではなく福山駅と尾道駅の間にある小さな駅です。そんな駅前の小さな商店街だけど、それでも、賑わってました。

小学生の頃、私の行きつけの店はスポーツ堂と文具屋さんと書店と玩具屋さんの4店舗。玩具屋さんでは、毎回、プラモデルを買ってました。しかし、現在は、ぜぇ~んぶありません。スポーツ堂に至っては建物さえ消えてしまってサラ地になってました。

松永の駅前商店街

どのお店もシャッターが閉められ、看板さえも取り外されています。寂しいねぇ~!夏のこの時期になると歩行者天国となり土曜夜店など、それはそれは活気がありました。それなのに、昼間でも廃墟のようなこの活気の無さ。一体、どうしてこうなっちゃったんでしょうか?

このように商店街が寂れてしまったのはここだけじゃないですよね。全国的に寂れてます。福山の商店街も例外じゃない。

でも、そんな中、数は少ないけど元気な商店街だって存在してます。例えば、この商店街の近くで言えば尾道の商店街です。いつ行っても活気があります。

広島本通り商店街

他にも、写真の広島本通り商店街も活気があります。いつ行ってもこんな状態で、商店街の中で離合するのも大変なくらい人がいます。

松永の商店街が寂れてしまったのは、駅の南側に大きな無料駐車場を構える大型ショッピングモールが出来たからという事が理由なのですが、広島も尾道も大型のショッピングモールが無いわけではないです。

広島と尾道の場合は、上手に大型ショッピングモールと商店街が共存していて、相乗効果で人が増えているというのが、素人の私でも見て取れます。凄く工夫がなされてるのですよ。1つに広島も尾道も車があると邪魔に感じてしまう街です。尾道は観光の街で歩いてる方が気持ちが良くて、皆、歩いちゃうんですよ。
対して広島は大型店と大型店を結ぶ通路として商店街が並んでいてます。大型店から大型店まで歩いて行く間に沢山のお店があって飽きません。そして、移動した後は帰らなくてはなりません。

露店

でも、商店街のお店とは別に、露天商がいたり、

大道芸

大道芸人がいたりして、歩く事を飽きさせてくれないのです。行ってから帰る時も何かあるんじゃないかと期待させてくれるのです。また、本当に歩くのが疲れたとしても、大型店から大型店までの間隔で路面電車の電停があるし、お客さんには移動の手段が選択出来る状態になってるんですよね。寂れてる商店街(工夫が無い)と賑わってる商店街(工夫がある)の差は大きい。

やっぱり、寂れてしまう商店街は常に受け身だったって事ですね。
大型店が出店してくる前は、黙っててもお客様が来てた状態ですが、大型店が出店して来る時には、自分達の身を守る為に反対運動をしてただけのようにも感じます。でもお客様の立ち場で考えると、広い駐車場を構え、店内には取り寄せしなくても現物が置いてあり、実際に商品を手にして検討出来る環境。そして、価格の安い事でメリットだらけなのですよね。

お客様に何をしてあげると喜ばれるか?そういう事は考えないで、自分達の身を守る事しか考えてなかった事が、結局は寂れてしまう原因となったのでしょうね。

街の電気屋さん

大型店は、自身のメリットを上手にアピールして進出してきた感じですが、でも、実際には共に一長一短があるわけで、小さな商店には大型店にない長所もあるわけです。しかし、残念ながらその長所をアピールして来なかった。という事と。常に受け身という事から自分達の長所に気がつけなかったという事もあるでしょう。その結果として長所のアピールが出来なかった事に繋がるんじゃないかと思います。

先日の記事、安さ!安さ!で四苦八苦(当Blog内リンク)で、街の電気屋さんに地デジのアンテナ工事をお願いしましたと言いました。

その時、私はこのように感じました。街の小さな商店の長所は地元に根付いているという事です。
大型店が近くに出来たと言っても地元に根付いてるわけではないです。大型店の建物は身近でも、そこで働く店員さんはそれぞれの地から働きに来られてるわけです。中には地元の人もいるでしょうけど全員が全員ではないです。でも、地元商店は、その地で暮らしてるんですよ。

要するに、お客様と同じような環境で生活してるって事です。私の住む地域は山に囲まれTVの受信は出来ません。その為に共同アンテナを使っています。そんな環境だから携帯電話のワンセグも受信出来ません。大型店の店員さんに、その環境を説明しても、自分達がその環境で無いから、どことなく他人事なんですよ。
私が先日の『安さ!安さ!で四苦八苦』という記事で、本文中の最後に『作業中に地デジに関する会話も弾んだ気がする。』というのは、同じ環境を知るからこその会話なのです。当然、どのような対策を講じれば良いのかという事もアドバイス頂けます。
それは、他所から出てきた大型店には、なかなか出来ないサービスだと思います。これが、先日の記事にある最後の一文『お金に換える事の出来ない、暖かい何かがあるような気がしました!』ということですかね。

小さなお店や商店街は、自分達のメリットを生かしきれていない…というか、受け身過ぎて気がつけていないのだろうと思います。まぁ、なかなか自分の事は見えないものです。どなたか、私の長所を教えて下さい!(笑)


■ご質問およびお問い合わせ

お互いに長所の見つけ合いしませんか?メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

無駄な事がデザインの始まり

2011暑中見舞いハガキの表面

今年は暑中お見舞いのポストカードを出すのを見合わせていたのですが、やっぱり、気持ち程度はと思い、数人の方に出す事にしました。いつもなら新たにポストカードを創って…という事になるのですが、数えるほどの枚数しか出さないという事と、これまでに創ったハガキが溜まってしまってるという事で、過去のポストカードなかで、片面印刷しかしてないものを選び、表面はインクジェットプリンターで今年バージョンを創りプリントする事にしました。


今まではプリンターのインクが染料インクだった為に、インクジェット専用用紙でしかプリントが出来ませんでしたが、昨年の初冬にプリンターを新調し、念願の顔料インクとなりましたので、用紙を選ぶ事なくプリントが出来るようになりました。用紙が自由に使えるというのは、かなり便利ですね!

でも、プリンターのお金をケチって安いやつにしたから、小さな文字がつぶれちゃうだよね。もう数万円出して写真画質のプリンターを選ぶべきだったかなぁ~。まぁ、そんな事言ってても始まらないので作業を進めていきます。

午前中に表面をチョコチョコっとデザインして、必要枚数だけプリントし、一筆一筆丁寧に宛名書きして、そして、更に真心込めて一筆添えて…。なんてゆっくりしてたら、もう、夕方の4時じゃん!

夕方4時ちゅうたら、郵便局の窓口って終わりじゃない?切手買わなきゃならんのだけど郵便局が閉まったらダメじゃん!まぁ、コンビニにも切手ぐらいは置いてあるだろうけど、どうせなら普通の切手より夏らしい絵柄の切手が欲しいじゃん!「その方が受け取った人も楽しめるかなぁ~?」ってね。切手なんて郵便屋さんが送り届けてくれる為、送料を支払った事の証明なわけで、要は貼ってあればなんでも良いのだろうけど、一見無駄とも思えるこういう事がデザインの始まりなんだよね。

芸術は本来無駄なことに血道を上げるものだ。無駄はクソ真面目な人間にはできない。遊びの精神こそが無駄という創造を知らないからだ。
役に立つことばかり考えている人間には無駄の効用はわからない。無駄は悪だと思っているからだ。

by 横尾忠則 (2011.08.05のtwitterより)


私の考えは、横尾忠則 氏のような凄い方と考え方が一致していて嬉しいですね。今となってはポストカードを出すって事も無駄なのかも知れません。メールで一斉送信しちゃえば簡単ですもん。切手という送料もかからないし。そう考えるとポストカードを送る自体が無駄ですよね。

でもさぁ、私は無駄こそに大事なものが隠れてる気がします。おそらく、暑中見舞いをメールで送信すれば午前中には全てが終わってたかも知れません。そう考えると時間も無駄だろうね。
だけど、ポストカードを1枚1枚買いて、切手はどのような絵柄が良いかなぁ~なんて考えてるのって、ちょっと良い感じだと思いません?

気持ちがあればメールもポストカードも同じだよ!…なんて声が聞こえて来そうだけど、面倒くさい事をわざわざしようとするのは、気持ちの大きさが大きくないと出来ない事だと思うんだよね。
こんな事を私が言ってると、恩着せがましくなっちゃうけど、私が頂く側の立ち場に立ったら、手間のかかる方に感動しちゃうだろうなぁ~。

デザインって、この無駄な事が大事なんだと思います。無駄だからこそ、真剣に取り組まないと、心に響いてもらえないんだよ!

あっ、裏面の絵は過去に紹介してあるし、ポストカードを贈る方にネタバレになっちゃうのでヒミツね。(笑)



■ご質問およびお問い合わせ

真剣に無駄を楽しんでみませんか?メールでの打ち合わせ及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

安さ!安さ!で四苦八苦


日立 テレビ自社生産から撤退

日立製作所がテレビの自社生産から撤退する方向で検討していることが3日、分かった。テレビ事業は、韓国や台湾勢などとの価格競争の激化に伴い、市場環境が厳しくなっていた。同社は1956年からテレビの生産を行ってきたが、半世紀超の歴史に幕を下ろすことになる。

日立は岐阜県の工場で薄型テレビの生産を行っていたが、2010年度のテレビ部門の営業損益は赤字だった。家電エコポイントが今年3月末で終了した上、7月には地上アナログ放送が東北3県を残して終了したことで、駆け込み需要も沈静化する公算が大きい。

(時事通信社 - 08月03日 13:05)


…造船業で働く知人が言ってました。
三菱重工が神戸造船所の商船建造から撤退するそうです。半数はリストラ。半数は水島の三菱自動車工場行きだそうです。…と私はこの話を知らなかったのですが、昨年の12月に撤退表明がなされていたのですね。

ギャッ!なんか、日立と三菱重工が統合なんて話も出てるしぃ~。更には、東芝が携帯電話事業から撤退だそうで…、1日という短いスパンで世の中が目まぐるしく動いてますねぇ。しかも、あんまり良くない話題の方向に…。大手企業が自社の看板と言っても良い部門から撤退をしなくてはならなくなってる現実…。やるせないですね。

安さ!安さ!と家電量販店が建ち並び、街の電気屋さんは窮地に追いやられ消えていったお店も多数…。今度は、更に、安さ!安さ!と海外製品が入って来て、街の電気屋さんと同じ運命を日本のメーカーが窮地に追いやられ消えていく番か?

安さ!安さ!という事で、家計に優しいのかと言えば、そんな事は無く、いろんなところで、安さ!安さ!のしわ寄せが響いてくる。当然、安さで利益が出なければ、社員さんの給料にも響いてくる。薄給~!私なんか、デザイン料値下げしろ~!じゃなきゃ、取引しないぞぉ~!なんて言われちゃって、見る目のない人は、良い物も悪い物も味噌糞同等の扱いでしかない。マジで…。安さ!安さ!の価値観で、見る目も育ってないのでしょう。

結局、家計も厳しくギスギスした、世知辛い世の中の原因かなぁ。安さ!安さ!の裏側で、人間関係も安っぽく、病んでくる人が増えて来たり…。敵わんのう!


そんな中で我が家は、街の電気屋さんを大切にし、今回、地デジのアンテナ工事を地元電気屋さんにお願いしました。今頃、地デジ工事ですんません!いやぁ~、地デジが始まっちゃえば電波が強くなって見れると思ってたら、結局、映らなかったもので、3つに分配してたアンテナを1本にまとめてもらいました。以前は3台のテレビを使ってたけど、今は1台しか使ってないからねぇ。多分、というかきっと、家電量販店さんにお願いするよりも工事費は高いかも知れません。

でも、街の電気屋さんのおっちゃんには人情があるような気がした。作業中に地デジに関する会話も弾んだ気がする。そこにはお金に換える事の出来ない、暖かい何かがあるような気がしました!


■ご質問およびお問い合わせ

私も暖かい何かがあるかなぁ。試してみます?メールでのご相談、及び、見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

衝撃のラッセン!

ラッセンの絵

15~6年前、今は亡き義母にプレゼントしたラッセンの絵です。当時、ブームになった海底と海上が1枚に描かれる2 worldの作品ですね。本物(シルクスクリーン)は高くて買えないから、印刷の額装品を当時1万円ぐらいで買ったかなぁ~。義母は何年も大事に取ってあり、ずっと箱の中でこの絵は眠ってました。でも、大事に取ってあっても、経年劣化は進むものですね。絵が化粧マットからズレて斜めになってました。
写真は、直した後のものです。

額としては珍しくビス止め

直そうと額を裏向けにすると、なんと、ビス止めです。全部で14ヶ所。これだと、余程の事がないと中を開けて見ようとは思いません。

ビス止めの拡大画像

1つ1つの小さなビスを丁寧に外して開けるのですが、正直、めんどくせぇ~!普通、額という物はフックをずらせば簡単に開けられるのに、ビス止めしてあるのは、開けられてはマズいからなのか?

額をバラして絵を取り出しました

ジャカジャン!ラッセンの絵が出てきましたよ~。いくら印刷物だからといっても、それなりにした高価な物ですから扱いは丁寧に…と、多少なりとも気をつけていたのですが…。

ガァ~ン!裏はカレンダー?

ラッセンの絵…裏は、カレンダー!なんじゃそりゃ!…いや、もしかしたら、額装用に厚み調整の当て紙としてカレンダーがつかわれてるのかも。…と信じたかった。

確認したらやっぱりカレンダー!

でも、確認したらやっぱりカレンダーだった。

パンチ穴までもご丁寧にあいている

しかも、ご丁寧にカレンダーを吊るす為のパンチ穴つき!凄いオチだった!たぶん、売れ残ったラッセンのカレンダーを再利用されたものでしょう。エコですね。って、オイオイ!

ん…?このサーフィンしてる人は、もしかして、ラッセン?そう言えば彼はプロサーファーの顔も持ちますよね。プロサーファーでも選ばれた人でなければ足を踏み入れる事は出来ないといわれる聖地「ホオキパ(当Blog内リンク)」でも絵を描いています。

それにしても、この絵がカレンダーだったって事、知らなければ何でもない事だったのかも知れないけど、知ってしまったら結構ショックです!これだから、絵の商売が893な商売って言われちゃうんですよね。

そして、私みたいな『真面目な』…、えっと、もう一度言います。『真面目な』絵描きが信用されず苦労しちゃうんですね!



■ご質問およびお問い合わせ

お願いです。私の事は信用して下さい!メールでの打ち合わせ及び納品に対応致します。見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)





Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

論より証拠

特殊電子治療の宣伝

先月の12日…私は、このBlogで特殊電子治療(当Blog内リンク)の話をしました。母親に紹介され、最初は胡散臭いと感じながらも、実はずっと通ってます。おそらく、この会場が終了する8月10日まで休む事なく通い続けるでしょう。…というのも、私はこの会場で、実に上手い宣伝というのを目の当たりにしました。

商業デザインというポスターやチラシ等様々な広告創りという宣伝に携わって来た私でしたが、正直、効果ある宣伝という事についてはハッキリ答えを見出せていなかった。…と言うよりも、私は効果あるデザイン、売れるデザインという事に関していえば否定的で、これまでにも幾度となくこのBlogでも取り上げて来ました。売れるデザインの矛盾(当Blog内リンク)効果的な広告作りのコツ(当Blog内リンク)儲かるホームページ(当Blog内リンク)etc…。

もちろん、今も、その気持ちは変わらないし、特殊電子治療の宣伝会場に通いつめて私自身が1人のお客の立ち場になって体験して、それがハッキリと感じ取る事が出来ました。忙し自慢で社内から出る事も無く深夜まで外と遮断して目先の作業に追われてるデザイナーには知りえる事の無い生の体験です。

多くのデザイン会社や広告代理店等は、『売れるデザインで提案します!』なんて営業し仕事を頂いてるところが多いですけど、蓋を開けると、クライアント様からの単なる言いなりで、提案どころかクライアント様に指示されてその通りに遠隔操作されているのが実情ですよねぇ。

twitterを『デザイナーあるある』というワードで検索すると出てくるデザイナーのつぶやきが良い例です。『「これまでに無い感じでお願い☆」と言われ、これまでに無い感じで創るけど,校正を経て完成する頃には何処かで見た事のあるありふれたデザインになっている。』や『データのファイル名が「本当に最終.ai」「本当に本当に最終.ai」「本当に本当に本当に最終.ai」』『あれもこれもどれも「大きくしろ」「目立たせろ」と言われ、あれもこれもどれも目立たなくなる。』…と、提案どころか振り回されてる状態ですもんね。

言葉では『売れるデザイン』といいつつも、『売れるデザイン』が何なのか頭に全く無い。そんな間抜けな証拠を簡単に露呈してるわけで、何が、『売れるデザインで提案』だよ!って、笑っちゃいますが、このような自らの矛盾にも気がつけない人達がデザインし広告を手掛け本当に売れるのだろうか?…って、答えは言うまでもないですよね。こんな実情に目を向ける事もなく考えもしないで、『デザインは売れなければ意味がない』とか、理屈だけは一人前です。

朝一番の開場を待つ人の列

…って、特殊電子治療の宣伝から、もの凄く脱線してしまいましたが、正直、私はこの宣伝に感心してしまったのですよ。キーワードは論より証拠!
この治療は宣伝の場ですから会期の間、何回来ようが、何度治療を受けようが無料です。更に、悪い所が治ったからと言ってもお金は頂きません。高い物を買わすような事もしません。…という事で、口コミだけで1日800人ぐらいが来られています。開催された初日は、1日たった2人だったそうです。それが今では1日800人です。その理由は無料だからって事もあるのでしょうが、ちゃんと結果が出て、それが分かるからです。

私も通い始めて半月になりますが、体の悪かったいくつもの症状が改善しています。何とか無料で体験出来る期間内に出来るだけ多く通い、完治させたいという気持ちにさせられています。そして、通ってる間に私は私でいろんな事考えてます。電子治療の機械が良い物は理解してます。でも、『買うには高いだろうなぁ~。』『医療器具としてきっと、うん百万円、いや、1千万円はするかなぁ?』とか、『こういうのが家にあれば医療費出費がかさまなくていいなぁ~。』『この機械がいつ頃、この近くの病院に導入されるんだろう?』…なんてね。体験治療をしてもらいながら、この機械が自分の身の回りにある状態を想像してるのです。これこそが、この宣伝会場の術中にハマってる状態なのです。

特殊電子治療の宣伝に効果的な宣伝を見た

そして、開期は8月10日までです。さり気なく受付のところに、この機械のパンフレットが置かれました。最初からパンフレットを用意せず、体験の会期が終了する間際にさり気なパンフレットを置くという事がニクイ!皆、会期が終われば折角出会えた素晴らしいものとお別れするって気持ちになってますからねぇ。

そのパンフレットはデザイン的には何処にでもあるありふれた機械のパンフレットです。特別、デザインがカッコいいとか、お洒落とかありません。私がデザインしたらもっと、見易く綺麗に作るかも知れません。そんな、普通のパンフレットです。

私もそのパンフレットを1部貰って持ち帰りました。パラパラ…って目を通すと…と言っても性能の説明とか全く見てません。説明見なくても体験で悪い所が本当に完治してますからねぇ。気になるのは、この機械っていくらぐらいの物なんだろうか?って事だけです。買う気はないけど…。

っで、値段見て更に驚いたわけですよ!治療を受けてる間、勝手に機械の値段を想像してたと言ったでしょ。うん百万円、いや、1千万円はするかなぁ?って…。そんな感覚で見てた物だから、実際の値段を見たら、安ぅ~!って気になったのですよ。…いや、実際には高いですよ。ちょっとやそっとじゃ買えない額ですけどね。でも、私は昨年医療費に10万円以上の出費をしてるんですよ。それを考えると家にあっても良いなぁ~って素直に感じました。高いけど、想像してた額に比べるとうんと安いから、きっと、1日800人来てた人の中から何人かは確実に注文する人が出てくるんじゃないかと思います。

宣伝の開場ですから一切タダ。良くなったからと言ってお金は頂きません。高い物を買えとも言いません!確かに、言わないですね。これがパンフレットですと、無理矢理パンフレットを見せようともしない。興味のある人が勝手に手に取り、勝手に欲しがるようになるから、売りつける必要が無い。

買いたい理由(当Blog内リンク)…パンフレットのデザインが商品を売るのではない!パンフレットはあくまでも宣伝のツールでどう活用するかがキーポイントなのだろうし、そして、根本的なところは、商品が絶対的に良い物だと言う事ですね。何も足さない。何も引かない。パンフレットに言葉で『安い!』とか『品質の良さ!』とかそう言うものは何も入っていない!商品のありのままの紹介で充分です。

でも、安さを感じさせ、品質を論より証拠で証明しているわけです。変にグダグダとキャッチコピーを入れて説明してる時点で、それは嘘なんだと感じました。全品半額と表示して、実は全品半額ではないとか…。

デザイン会社や広告代理店も下らない理屈は良いから、論より証拠を…。そして、私のプロフィール欄に『見たままが全て!』と言ってますが、まさに、この事なんだよね。

それに、デザインに特効薬はありません。広告はツールです。どのように使うかによって効果は変わってきます。ただ、私はデザインというツールを分かりやすく、見易く、美しく作ってるに過ぎません。

野球のバット職人(当Blog内リンク)は絶対にホームランを打てるバットを作ってるのではないのと同じように、デザイナーは絶対に売れる広告をデザインしてるのではないのです。売るのはクライアント様です。ただ、売る為に使い勝手の良いデザインを提案するのが我々の仕事です。

売れるデザイン…バイヤーさんという販売のプロを差し置いて、思い上がってないか?デザイン業界よ!売れるデザインなんてものがあればバイヤーさんがプロである必要がないじゃないか。



■ご質問およびお問い合わせ

広告のあり方を根本から考えてます。その為には自分の足で確かめます。メールでの打ち合わせ及び納品に対応致します。見積り等、お気軽にお問い合わせください。
dnarb_k0417@yahoo.co.jp

■あなたの愛車をイラストにしませんか?
愛車バナー(当Blog内リンク)

■そして、プライヴェート名刺に活用してみませんか?
フルカラーオフセット印刷【名刺100枚パック】(当Blog内リンク)







Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。