2011 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 04

Asianスイーツ!

韓国の唐辛子チョコレート

甘いのか辛いのか、どっちやねんな韓国のお土産だったかな?唐辛子チョコレートです。一口食べるとチョコの甘さに唐辛子の風味が辛く、何とも表現しがたい絵もいえぬ余韻が…。

フィリピンのお店で販売されてる、えげつないカラーのチョコチップクッキー。

絵の具で色を付けたのかと疑いたくなるフィリピンのチョコチップクッキーです。目を瞑って色の付いたチョコチップを見なければ普通に美味しいクッキーなんだが…、凄ぉ~く体に毒な気がする!

フィリピンの人気のあるケーキ店で販売されてるケーキ

フィリピンで人気のケーキ屋さんが販売するチョコレートケーキです。生地にチョコレートが練り揉まれ焼かれています。フワフワのスポンジ生地ではなく、モコモコした発泡ウレタンと言った固さです。チョ~~甘いケーキです。渋ぅ~いお茶、もしくは、チョォ~~ブラックでチョォ~~苦い珈琲で食べないと、甘さで滅茶苦茶気持ち悪くなる!

いずれも、お土産品として販売されてる物ではなく、現地の人が買う普通のお店の商品です。ハッキリ言って、お菓子は日本のお菓子が美味しいなぁ~。

【絆】ひとつになろう日本!…よりも、私は、ひとつになろう世界!ですね。世界から多くの支援や助けが来てるのに、なんだか、日本だけで盛り上がると言ったら変だけど、世界各国からの助けに対しての感謝の念が希薄な気がしてならないのは私だけだろうか?



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー
スポンサーサイト

自己陶酔型発起人から生まれる悲劇

Photolibraryの義援金

なんと、久しぶりにPhotolibrary(外部リンク)のサイトに行ってみると東北関東大震災の義援金プロジェクトが立ち上がってました。私もPhotolibraryに参加してましたので、自分の管理ページから売り上げを確認してみると、僅かながら売り上げがありました。
もともと無かったようなお金なので、僅かな売り上げ全額を義援金に充てる事にしました。この義援金はPhotolibraryを通じて日本赤十字社に寄付される予定になってますが、全額ちゃんと寄付される事を願います!
本当は、間に誰かが咬んじゃう事はせず、直接、日本赤十字社に寄付したい所なのですけど、この売上金は私の手元にあるお金じゃないので、今すぐにと言う事となればPhotolibraryを通じてが一番手っ取り早いですからねぇ。

義援金

こちらは、直接、日本赤十字社に義援金を振り込んだ時の明細です。間に誰かが咬むよりは確かです。よく企業等の小さな団体が社員さん達のお金を集めてから、何処何処に募金するなんて活動を見ますけど、あぁ言うのも、どうなのかな?…と私は疑問に感じるのですよね。

会社に募金箱を設置して、ご自由に入れて下さい。というのはまだ良いのかも知れないけど、それだと、誰か1人責任者と言うか募金箱の番人が必要ですよね。そうなると会社としてはマイナスなわけで、それを防ぐ為に時間を決めて、1人1人集金に回るなんて事をしたりする。

すると、善意と言う気持ちが、お金を出さなきゃマズいという義務に変わってしまう事にも成り兼ねない。その事で、私の知人がボヤいてました。震災後に居ても経っても居られなくなり、自分に出来る事として、とりあえず手元にあるお金で自分の生活出来るギリギリを残して、ほとんどを募金したそうです。すると、後日その人の会社でも義援金を募る事になって、集金と言う形で回ってきたそうですが、その時、会社で集める義援金を断わったそうです。皆、義援金を出してるのに、その人だけ出さなかったとして、妙に視線が冷たく感じられるという事だそうです。そういうのって凄く変な事だけど、こういう現実もあるんだよね。

会社内で募金しなかったというだけで、会社外では多額を募金してても白い目で見られちゃう。昨日のBlog記事の最後の文に出てくる、自分達が中心になって、ちっぽけな発起人になろうとする人達から生まれる悲劇ですね。
このような事から、イジメに繋がらなければ良いけど…。

えげつないけど、私もこうして募金をした証拠を表に出しておかないと、いつ何処で自己陶酔型発起人から声かけされ募金をせがまれるか分からんからねぇ。そして、単純に断わると血も涙も無い男として扱われるのも敵わんし…。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

空気の読めない人達

頑張ろう!日本

3月26日の土曜日に放送された情報番組「情報7days ニュースキャスター」で北野タケシさんの言い放った「空気の読めない人達」に妙に納得してしまった。「『僕らは歌うことしかできません』と言って、全然知られてない歌を延々と歌う全然知られてない歌手。」に対して、北野タケシさんは苦言を呈しました。「電波の無駄じゃねえか。便乗して自分の名前と歌を売ろうとする、その根性が気に入らない。」と切り捨てられてました。

これには私も同様に思ってた事がありまして、その気持ちは創造性(当Blog内リンク)という記事中でも述べましたけど、それが下記枠内の言葉です。

「被災地の為に節電ポスター&壁紙作ろう」と称してとあるデザイナーの方が某所で呼びかけをしていました。自分達の出来る事で何かの力になりたいと言う気持ちは凄く分かるし、何か出来る事ならしてあげたいと思う気持ちは皆同じだと思います。
だけど、私はデザイナーだからデザインで何かをしなきゃならない事でもないと思うのです。デザイナーである前に、1人の人として出来る事が沢山あるでしょ…。それをしてあげれば良いと思います。何故、デザイナーだからデザインで…って気持ちになっちゃうのでしょうかね?


これが私の感じた事です。「歌手だから歌う事しか出来ない。」「デザイナーだからデザインする事しか出来ない。」「イラストレーターだから絵を描く事しか出来ない。」それって、ホンマかぁ~?歌手やデザイナー、イラストレーターの前に、人として出来る事はいくらでも有るだろうがよぉ~!何故、そこで職種が関係あるわけ?その意味が私には理解出来ません。

上記画像のイラストも、自称も含めプロのイラストレーター達が被災者に元気を出してもらえるようにと、震災後に突貫で描かれたイラストの数々です。下らない歌もデザインも絵も要らないよ!「してやってる」という自分に酔うだけの行為なんか必要ない!

歌にしてもイラストにしても本当に素晴らしいもので、誰もがお金を出してでもその作品を欲しがり、販売出来るようなものならば、それを義援金に充てて、その職業ではなければ出来ない事になるだろうが、そうじゃなければ、1人の人として募金すりゃ良いじゃないか。

また、江頭2:50さんが現地に100人分の食料を持って行った事が話題になり賞賛されてますが、まだ受け入れ態勢が充分でない状態の時に、しかも、赤十字のような大きな団体に比べると、もの凄くちっぽけな1人の支援する物資でどうしようと言うのか…。100人に与えられて、それ以外の人には行き渡らない。その行き渡らなかった人達の状況を考えると凄く残酷だよ。何故、自分達が中心になって、ちっぽけな発起人になろうとする人達ばかりなんだ?




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

2003年の広島らんえぼ組主催:第5回ジムカーナ

S15シルビアAutechVersionのRUN

2003.06/01(SUN) 広島らんえぼ組主催:第5回ジムカーナ in 世羅グリーンパーク弘楽園
気温:初夏の心地よい気温   風:少し吹いてたと思う

初めて走る世羅グリーンパーク弘楽園でのジムカーナ!
台風一過までは行かず、雲はあるものの、まずまずの天候で始まったジムカーナです。一時は、台風で中止になるかと思われましたが、なんとか前日に、心配された台風は通り過ぎ、中止にならなくて済みました。

当日の朝、空を見上げ台風が通り過ぎた事にほっと胸を撫で下ろし会場の弘楽園に向かいました。弘楽園は過去にモトクロス(バイク)のレースを観に行った事はあるものの、実は数年足を運んでいませんでした。その為に会場内設備が若干変わっていて、今回のジムカーナのコースは完成してから初めての事で、弘楽園のどの位置に作られてるのかも分からず、ちゃんと辿りつけるのかドキドキものでした。

しかし、弘楽園の敷地に入るや否や、エントラントと思われるランエボ数台がいまして、案内してもらうかのように後をついていきました。パドック?に到着すると既に大勢のエントラントが準備していて、始まるのを今や遅しとまってる感じでした。私もすぐに車載物を下ろし準備しました。
そして、受付、ゼッケンをもらい、簡単なドライバーズミーティングを行ない練習走行に…。

練習走行スタート。

コース図1

午前中の練習走行。コースは同じパイロンレイアウトで2種類用意され、どちらでも好きな方で走ってもOK。というよりも自由。一応コースは決められてるものの、自由で1人2分ぐらいの時間で自由に走って良い状態でした。定常円旋回やサイドターン等の練習に皆思う存分に活用していました。

私は、ここのコースは初めて走った訳ですが、路面の舗装状況は、今まで走ってきた場所(笠岡空港やスポーツランドTAMADA)と比べると、非常にグリップ力の強い舗装でした。今回の為に新しいタイヤで参加をした訳ですが、タイヤはスポーツ用ではなく、ローダウン使用のワゴンによく使われてる、いわゆる乗り心地重視のタイヤでお世辞にもグリップ力のあるタイヤとは言えません。それでも、グリップの良さを感じ、S-15 AutechのNAパワーでは、グリップ力にパワーが負けてる感じがしました。

サイドターンでスピンを誘発させ、その後アクセルを入れてホイールスピンでターンを続ける場合でも、パワーがグリップ力に負けてしまい、失速しパワーダウンでターンが続かず、途中で止まってしまう状態でした。タイムアップを狙うなら、このグリップ力に対し、どのようにホイールスピンを持続させるかが、今回のキーポイントになるでしょう。
ターボ車だったら、ターボの力を借りてのスピンは容易いのかなぁ~?280psを誇るランエボ軍団に、200psのS-15 Autechで一体何処まで戦えるでしょうか。

嫌がうえでも盛り上がる、ツインスラローム。

コース図2

午前中の走行の目玉でもあるツインスラローム。通常、ジムカーナと言えば、タイムで争う競技で自分との戦いなのですが、このツインスラロームは、ジムカーナ本来のタイム計測と、見て勝ち負けがハッキリと解る他車との競争の2つを兼ね揃えた、競技者も観戦者も白熱するジムカーナバトルです。

練習走行では、ゼッケン番号順に走り競いました。私の相手はRX-7、FR対決です。ターボとNAでパワー的には若干の差がありますが、練習走行では2本とも、RX-7に勝っちゃいました。幸先よいスタートか…?
さてさて、ツインスラロームの本番のスタートです。本番は、な・なんと勝ち抜き戦です。最初にゼッケンの1番と2番が対戦し、どちらか勝った方が、次の3番と競う訳です。負けたら即パドックに戻り、勝てばコースに残ります。いろいろと対戦しやっぱり勝ち残るのはランエボ、4WDにターボの恩恵は絶大ですね~。いよいよ順番は私の番に…。やはり、当然ながら相手は、スタート位置につき高鳴るエンジンサウンド、旗が振られスタート。絶妙のスタートをきったつもりですが、何故か1台半程前にランエボ。スタートして4つ目のパイロンに差し掛かった時には、相手のランエボは、すでに5つ目のパイロンを折り返してる。私が折り返した時には、スタートと折り返しの中間付近にランエボはいる。結局、大差をつけられ、私のツインスラロームは呆気無く幕を閉じました。ランエボ恐るべし…!

しかし、ついにランエボの大立ち回りを止めてしまう、新たなツワモノが出現しました。なんと、その車は黄色ナンバーの「カプチーノ」。軽量・コンパクトを武器に、鮮やかにパイロンをクリアし、次々と現れる強敵ランエボ相手に連勝、連勝。ギャラリーは大盛り上がり。カプチーノの対戦相手は、ついに最後の相手になりました。相手はブルーのインプレッサ。このカプチーノとインプレッサは、同じ「HIA(走り屋チーム?)」のメンバーで、身内対決です。相手の良いところも悪いところも熟知してるんじゃないかなぁ~?楽しみな一戦です。
スタートの旗が振られ、2台とも絶妙のスタート。歓声と笑い声の巻き起こる中、両者五分五分の戦い。しかし、後半でインプレッサが若干のリードをつけ、逃げきりゴール。カプチーノは最後の最後に、同じチーム仲間に撃沈されたのでありました。

リザルド1

午前の部、リザルドです。4駆ターボのランエボばかりの中で、ノンターボFRのシルビアで頑張った方でしょう…。と言う事にしといてください。

午後、本コースでの練習走行スタート。

競技車輌2

午後からは、いよいよタイム計測に向けての本コースでの走行となります。タイム計測の前に練習走行が数本設けられ、コース攻略のコツのさぐり合い。最初のパイロンまでに2速ギアまで入るので。1つ目で減速、2速から1速にシフトダウンでサイドターン。そして、スラロームへとつなぐ、大きく旋回してる部分で1速で引っ張るか、スラロームの進入手前数メートルで2速まで入れてすぐに忙しく減速をするのが良いのか、シフトの厳しい選択を余儀無くされました。結局、1速を使い、レブリミットのギリギリでスラロームの進入まで引っ張ることにしました。きっと、上手くいけば、2速まで入れれば速いのだろうけど、私の技術ではきっとミスしてしまう確率の方が高いと思われるので、1速で引っ張る方が、ミス等が出にくくタイムロスを最小限に抑えられるのではと考えた結果です。スラロームを抜けた後、フリーターンの部分と、最後の360度ターンは、如何に車を滑らせムダなくクリアするかが課題となります。しかし、始めにも延べたように、ここの舗装は非常に高いグリップ力があり、S-15 Autech(NA)では、キレイに滑ってくれない。サイドターンを使い滑らせ、その後アクセルを入れてホイールスピンを持続させるのですが、徐々にタコメーターの回転が落ちてきて、ホイールスピンが持続しなくなるのです。それどころか、極端に落ち込んだ回転は、ターンからの脱出時のパワーすら奪われ、立ち上がりで非常にノロノロ状態。如何に回転を落とさず、ホイールスピンを持続させるかが課題になりました。対策として、半クラを多用しクリップ力をクラッチを切る事により逃がし、エンジンの回転を落とさず常に最大のパワーが扱える状態を持続させる事を、目標にしタイムアタックにのぞむ事にしました。果して、頭で考えてる事が実際に使えるのでしょうか?

いざ、タイムアタック。

競技車輌1

とうとう本番のタイム計測がやってまいりました。練習走行で出てきた問題点を如何に克服するか問題は山積みです。そして、スタート。元気よくスタートラインから飛び出し最初のターン。ターンが決まり次のスラロームに向けて加速。アクセル、ベタ踏み!『ブォ~~~~~ン!』エンジンが元気よくうなりを上げ、車は前に進まない!何故…?思いきりギア抜け。実は、2速から1速にシフトダウンした際に、きっちりとギアが1速に入っておらず、ニュートラル状態。これじゃ前に進む訳がない!すぐさま1速に入れ直したのですが、ここのミスは痛い。そして、フリーターンでは、案の定エンジン回転が落ち込み、立ち上がりでノロノロ。最後の360度ターンはキレイに決まったものの、なんとも煮え切らない散々な結果でした。
2本目は、前半スラロームまで問題なく進み、良い感じに行くかと思われたのですが、フリーターン及び360度ターンの2つで思いきり失敗し失速。例の、舗装にパワーを喰われてしまいました。

リザルド2

結果は、上記リザルトを見えもらえれば分かる通り、散々たるものです。毎度の事ながら、下から数えた方が早いですね。


私の走行シーンです。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~MOTOR SPORT CONTENT~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

自宅でキャンプ

自宅でキャンプ

飯盒って、最大で4合のご飯が炊けたんだよなぁ~。通常の核家族家庭で考えたら4合って丁度良くないですか?育ち盛りのお子さんとか居たら、ちょっと足らないかなぁ~?まぁ、そういう時は飯盒を2つ使えば問題ないでしょうし…。

飯盒は屋外で使用する携帯用炊飯器具なんだけど、別に室内で使っても問題ないよねぇ~。但し、底面積が狭いのでコンロに向かない(五徳に乗り難い)からちょっとした工夫が必要ですけど、ツボにハマれば結構楽しいです。最近ではキャンプ場にも電源が来てたり、設備の良い釜戸が出来てたりして、キャンプしてても飯盒を使う機会になかなか恵まれないのじゃないかなぁ?

私はそんな理由から最近のキャンプ場が好きになれないのだけど…。やっぱり、キャンプは何もないところから作り上げる過程を楽しみたいですね。現在ではキャンプしてても、なかなか石を積んで釜を作る事もないでしょうから、この際だからお子さんと一緒に自宅の庭で石を積んで釜戸を作りご飯を炊いたら楽しいかも知れませんね。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

スポーツカー乗る奴は燃費を気にするな!…なのか?

グリーンライン第1展望台の駐車場

今日は何だか気が滅入っちゃって、久しぶりにワインディングロードをドライブしてきました。S15シルビアを購入した10年前までは、雨が降ろうが雪が降ろうがほぼ毎日走ってた道です。だから、コースは熟知してますが、今回久しぶりと言う事で道路状況がどうなってるかサッパリなのでノンビリと走らせました。
毎日走ってると、このタイトなコーナーを抜けると落石があったな…とか、ここを曲がると道路工事看板が倒れかけてたな…とか、道路状況がハッキリ分かるけど、久しぶりとなると、いつ何が飛び出してくるか分かりませんから、そういうところを用心して、ゆぅ~っくり安全運転です。

グリーンライン第2展望台から鞆の浦を望む

先程のパーキングの写真で道路を渡って左端に看板が見えてますが、その看板の隣にある遊歩道を入って300m程歩きます。道中、サスペンス劇場の殺人現場ロケに使われそうな薄気味悪い歩道を歩くと、その先にコンクリートで建造された展望台が現れてきます。
その展望台から撮影した写真がこの写真です。正面に鞆の浦の弁天島が見えます。息切らして歩いた割には、絶景と言う程の絶景ではなかったですね。

グリーンライン第1展望台から内海大橋を望む

さて、気を取り直して振り出しに戻り、今度は駐車場からすぐの第2展望台に上がり、見慣れた内海大橋を眺めてみました。非常に穏やかです!

グリーンライン第1展望台から福山港沖を望む

私の気が滅入った時は、このように無心でワインディングを走る事が多いですね。以前は、ムシャクシャしたら闇雲にアクセルを踏んで鬱憤ばらし的な事をしてましたが、現在はかなり走り方が変わりました。

よく『スポーツカー乗る奴は燃費を気にするな!』なんて言われたりしますが、また、スポーツカーは燃費の悪い代名詞の用に扱われて、エコブームの今ではスポーツカーを本当に見なくなってしまったしメーカーのカタログからもほとんど姿を消してしまいました。

610km走行

でもね、スポーツカーだからこそ、本当は燃費を気にした走りが必要なんだよ。エコカーは燃費を良くする為に色々メーカーが開発して誰がどんな乗り方しても、そこそこ燃費が良くなるように作られてるけど、スポーツカーって乗り方次第で燃費もウンと変わってきます。
スピードを出す為にアクセルガバッと踏んで走らせる事はハッキリ言って誰にでも出来る事なんだよね。単純に速さを求めるにしても誰にでも出来る事をやって速く走れるわけがない!

燃費を良く走らせると言う事は、一見地味だけど、アクセル量を一定にするとか、ハンドルの舵角を均等にするとか、実は、様々なテクニックが要求される事なんだよね。
そして、そういうテクニックを身に付けた人は、サーキット走行でも速いドライビングが出来るわけで、逆に言えば、サーキットで速い人は、燃費を良く走らせる方法にも長けていると言う事なのです。そういう意味でスポーツカーに乗るなら燃費を気にしましょう。って事なのです。
そういう丁寧な運転技術の練習にはワインディングロードって良いんだなぁ~。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

陸上競技専用タイム計測器チラシ【2007年作品】

たまがわ商店陸上競技専用タイム計測器チラシ

機械屋が作る陸上競技専用タイム計測器だから格安!…というのは、学校のクラブ活動予算なんて知れてるもんね。私も高校生の時は陸上部に所属し、一応キャプテンを務めましたけど、私の所属する陸上部は弱小チームで年間予算は3万円程度しか頂けなかったのを記憶しています。3万円なんてちょっとした備品を買っちゃえば、すぐにスッカラカンでした。スポーツ用品メーカーの商品って、結構高額ですからねぇ~。

…っで、このタイム計測器ですけど『機械屋が作る』というのが曲者です!一見機械屋とスポーツって結びつかない気がしますが、この機械屋というのは車に精通した機械屋で、自らもジムカーナ競技を楽しむ強者です。そう、ジムカーナと言えば、光電管を使った正確なタイム計測が必要不可欠なわけで、その光電管を応用したシステムです。

陸上競技用に光電管なんて凄く贅沢なシステムですが、私が所属してた弱小チームでも手に届く価格が嬉しいです。私が現役の時に巡り会いたかったものです。

久しぶりにたまがわ商店(外部リンク)のホームページを見ると更に商品がバージョンアップしてるし~!




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

絵の描き方

日産マーチ 12SR…by Autech

3/22(火)に、とあるSNSサイトにて高2の男の子からメッセージを頂きました。車が好きな男の子で将来はS15シルビアのspec-R、もしくは、私の車と同じAutechVersionに乗りたいとの事。そして、趣味で絵を描く事が好きで、私に絵の評価をして欲しいとの事でした。

そして、今日、このBlogを通じて高1の男の子からメッセージを頂きました。この男の子も車が好きで趣味で車のイラストを描いるとの事でした。そして、絵を描くコツを教えて欲しいと言う事でした。

嬉しいじゃないですか。何が嬉しいって、最近、若者は車離れしてるなんて話を多く聞きますが、車に興味を持ってる若者がまだまだ居るって事が嬉しいですね。
そして、昨日、私は行き付けの美容院に行ってカットをしてもらったのですが、そこの若い見習い君が、最近スーパーカーにハマってしまったとの事でした。どうも、私がカットしてもらってる時に車の話ばかりしてたので、ちょっと興味を持って、本屋でスーパーカー等を調べてたらハマッちゃった!って事で、それまで車は足程度に考えてた兄ちゃんが、目を輝かせて私に話しかけてくるのです。

…車業界よ!「若者の車離れ」なんて言ってる場合じゃないよ!車の魅力を伝える努力が足らないだけじゃないのか?…って、本当に車離れなのか?(当Blog内リンク)という記事を書いた時もそうですが、私は前々から感じてたのですけど…。なんか、景気が悪い事から全体的に沈みがちになってて「ウジウジしてるだけじゃないんか?」て、喝を入れたくなります。元気が無くなれば誰だって魅力を感じなくなってしまいますもんね。ハッキリ言って、今の車業界には私も魅力を感じてません。…って、今回は車業界の話じゃなかった。

絵の描き方、コツの話でしたね。そして、評価の話です。
私は、まず趣味で描いてる子の評価なんてしません。評価って完成に対して評価を下すわけですから、まだまだこれから伸び代のある子に対して伸び代の部分を見ないままに評価なんて出来ませんよ。今は未熟で当然なのですから。

12SRの下絵

そして、絵の描き方、コツですけど、ハッキリ言ってコツは無いです。ただ、言える事は「どれだけ絵を描く事が好きか?」それに尽きると思います。絵なんてコツを聞いたからと言って短時間で何とかなるというもんでもないですしね。絵が上手いと言う事は人より多く絵を描いてきただけという事に尽きると思います。
私は幼稚園に入る前から鉛筆を持てば絵を描いてたと親から聞かされてます。もちろん、小さい時からずっと絵が好きで、ずっとインドア派で絵を描いてました。友達がバットとボールを持って外で遊んでる時も、家で絵を描く事が好きと言う、ネクラな存在だったです。

12SRサイドステップとタイヤ

きっと、野球の上手い人は小さな頃から遊びを通じて、私が絵を描いて遊んでる時に、ボール遊びしてたんだろうし、音楽が好きな人は、音楽に夢中になってたんだろうと思います。だから、上手さなんてものは、人よりどれだけ多くそれを経験したか?だと思います。よく、「才能があるから凡人とは違う」って人は言いますが、私の経験で言えば才能なんて関係ないと思います。もし才能が関係あるとすれば、それは1~2%くらいでしょう。98~99%は努力というか経験でしょうね。
野球のイチロー選手にしても、卓球の福原愛選手にしても、小さな時から人より多くそれに携わっていますもんね。元F-1レーサーの中嶋悟さんの息子、中嶋一貴選手も幼少期から父親の背中を見てカートレースにデビューして経験を積んでますから、やっぱり、経験なんだと思います。

12SRボディのペイント

ただね、絵の世界はスポーツのように誰かと競うわけじゃなく、そして、何が良いか?なんて答が無いとして、甘える人が多いのも事実です。
実際に、一般の方のコメントに『プロとアマの差は、それでご飯を食べたいと無謀にも信じ込めるか否か…なのかもしれませんよ。アマでも上手に描ける人もいればプロでもヘタな人もいます。でも、プロって図太くって忍耐強ければ大器晩成とまではいかなくても続ける事で磨かれのすからね。要は「成りたい」と、思ってその世界に飛び込む勇気があれば○○さんもプロになれると思います。…文の流れから、下手でもその世界に飛び込む勇気があればOKの世界だと言われてるわけです。まさに今の業界がそうだから、ぐうの音も出ません。(汗)
本当はプロは上手い人ばかりなんだ!って言いたいけど、言えないから情けない!

12SRボディのつや消しペイント

更に日本人は絵に対して敷居が高いと考える人が多く、美術の事を話すと『絵の事はよく分からないから…』と話をはぐらかす人が多い。だから、余計に下手くそなプロが蔓延るスキを作ってるのでしょうね。下手なデッサンが狂ったような絵を描いても、「凡人には理解してもらえないような絵だから逆にアート性がある」なんて、ハッタリが通用してしまう気がします。
だから、ここだけの話…私はACの「ぽぽぽぽぉ~~ん!」に登場するようなイラストは嫌いです。子供の落書きだと思ってます。

12SRボディのペイントツヤ有り

子供の頃から絵が好きで、ずっと絵を描いてきた人ではなく、途中からカタカナ職業に憧れた人が肩書き欲しさにその職に就いたのだろうと思います。人より絵を描いてきた経験が少ないのだから、そりゃ下手で当然だと思うし、また、世間が絵に疎いから、ハッタリがかませるわけで、そういう人達が人気のアーティストになる事だって出来るのだろうと思います。ただ、そのような方達は世界では全く通用しない。

本当に上手くなりたいなら、兎に角、描く物を良く見て観察する事が大事です。そして、観察したら描いて描いて描きまくる。疑問にぶつかれば、また観察する。その繰り返しです。コツという特効薬なんて何処にも無いです。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

杉ちゃん&鉄平コンサートポスター【2010年作品】

杉ちゃん&鉄平コンサートポスター

さて、この仕事のスタートは何時頃だっただろうか?正式に依頼される前に、ぬまくまサンパルでのコンサート年間スケジュールを頂いた時から私の中では仕事がスタートしていたように思います。
年間スケジュールが出た時は、ただ何時何時にコンサートがあると言う情報のみで、どんな曲目が演奏されるのか?プログラムが全然決まってないので仕事のスタートが切れるわけではないのですが、兎に角、CDで曲を聴き、ビデオで演奏風景を見て、コンサートの様子を想像していました。

正式に依頼を頂いたのは2010年7月初旬だったと思います。依頼を頂いた時には杉ちゃん&鉄平にすっかりハマってて、ハマってるが故に、どうやったら、この面白さを表現すれば良いのか、凄く頭を抱えてしまいました。楽曲の幅が広過ぎて、まとめる事ができなくなってしまったのです。

そして、この頃、タイムリーにHiroshima CLUB QUATTRO(当Blog内リンク)で杉ちゃん&鉄平のライブがあるという事を知り、足を運んできました。丁度、『クラシック侍』というCDが発売された直後だったので、頭は『クラシック侍』の楽曲からの構成となっていました。それから、音楽講座、スクリーンを使ってのムービー演出等、ライブを楽しませてもらいました。

この広島でのコンサートの内容とサンパルホールで開催される内容と一致するのかは謎でしたが、事前にコンサートを観る事が出来たのはラッキーでした。この頃になると、サンパルホールで演奏する曲目のおおよそが分かってましたから、曲目のうちの1つをテーマにイラストをアイキャッチに使う事を決めました。曲目は『犬のおまわりさんの運命』です。ジャジャジャジャァ~~ンで有名なベートーベンの運命と犬のおまわりさんという童謡が組み合わさった局で、もしも、犬のおまわりさんが、迷子の仔猫のお母さんを見つける事が出来ずにリストラにあってしまったら…。という、犬のおまわりさんの運命ですね。

演奏する杉ちゃん&鉄平に運命を操られてしまう犬のおまわりさん…さぁ、犬のおまわりさんの運命は、ど~なってしまうのか…?乞う、ご期待!…ってとこですね。

そして、コンサート当日(当Blog内リンク)は、残念ながら雨と言う事もあり満席には出来ませんでしたけど、一応に成功したと言ってよいかなぁ~。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

梅は咲いたか?桜はまだかいな?

ん?桜?

ん…、桜???クライアントさんちに仕上がったデザインを納品しに行く途中に気が付きました。ここは学習塾の前です。まさか、こんな所に梅の木を植えるわけないよなぁ~。学習塾だし…、気になりながらも納品を優先させとりあえずは横目で眺めながらの通過でスルー!

ン~~~?桜か?

やっぱり気になったので帰りに、もう一度見ました。今度は車を止めて、じぃ~くりと…。角度を変えて見ると凄く開いてるように見える!これは桜なのか?梅なのか?梅はバラ科サクラ属で桜に似てるのですよね。時期的に考えると梅が妥当なのですが、どうも梅と断言出来ない気がして…。

桜咲いた?

ホラッ、梅って…こんな咲き方する?

花びら

まず、桜の特徴である花弁ですけど、花弁の先端が割れてるでしょ!梅は丸いもんね。

がく

更に、梅には花柄が無いので、枝にくっつくように花が咲きますが、桜は花柄が長いので、やっぱり、桜と断言して良いのではないでしょうか?
まだまだ、こちらの地方でも開花情報は出てないし、ここ以外の桜の木は枝ばかりで開花しそうな予感すらないのですが、ここだけ咲いてるのです。

そして、桜にも種類がありますから、もしかしたら、寒い時期に咲く寒桜なのかと調べてみたら、寒桜はもう少しピンクが鮮やかな花のような気がしますし、桜図鑑を見てもよく分かりません。一般的なソメイヨシノよりは雄しべが長い気がします。

桜なのか?

というわけで、ちょっと一足お先にお花見です!




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

2001年のPD-CUP最終戦

スポーツランドタマダ

2001年、スポーツランドTAMADAのパイロンコースの様子です。現在はカートの練習用コースになってるのかな?もう、長い事TAMADAに行ってないので最近の様子が分かりません。

PDカップコース図

2001年に開催されていた「プレイドライブ誌」の企画でPDカップというアマチュアジムカーナ大会のコースレイアウト図です。…というわけで、2001年12月9日(SUN)にスポーツランドTAMADAで開催されたPD-CUPに参加した時のレポートです。…大変古いネタですみません!

私は1998年よりジムカーナ競技に出会い参加するようになりました。初めての参加は笠岡ふれあい空港で開催されていた、ガレージMIZU主催のジムカーナ練習会で「SpeedMind誌」のアマチュアジムカーナ企画「スピマイアタック」が開催されていまして、それに参加してました。しかし、ジムカーナを初めて1年が経った頃でしょうか、当時の岡山県のお堅い役人が笠岡市の好意的な考えとは真逆の考えで「笠岡ふれあい空港」を暴走行為に使用するとは何たる事だ!というお咎めがあったとかでジムカーナ練習会が出来なくなってしまいました。行き場の無くなった私は、それから遠く離れたスポーツランドTAMADAに足を運ぶようになったのでした。


2001年PD-CUP最終戦は、気温が低く、モータースポーツとしては最悪のコンディション!
朝9時ごろ、スポーツランドTAMADAに、ぞくぞくとエントラントが集まってくる。
早速、到着と同時にタイヤの準備をする者、車債物を下ろしていく者、話し込んでる者、凍えてる者、さまさまなエントラントの人間模様がみられます。私は凍えてる者の仲間に入るでしょうか…。受付を済まし、ゼッケンをもらい準備を済ませ、後は、スタートを待つだけです。

競技車輌

練習走行スタート。
午前中は、練習走行2本。各車とも、1本目の走行はかなり苦戦しているようでした。気温が低く、路面温度・タイヤ温度ともに低く全くグリップしていないようです。しかも、路面には前の日からのタイヤカスがまき散らされてるようで、簡単にスピンしてしまう状態でした。私は6番目のスタートでしたが、気温が上がらない為、路面温度・タイヤ温度ともに上がらない為、氷の上で走ってるような感覚でした。サイドターンをすれば、止まらずまわり過ぎてスピン。アクセル開ければ、ホイールスピンで前に進まず、狙ったラインが全く取れず、今までにない最悪の走りになりました。皆、今日のコンディションには悪戦苦闘しているようでした。2本目には徐々に皆さん、コツをつかみよくなっていく中、私は全然よくならない。やはり、私には腕が…。(^_^;)タイヤも路面も程よく温まり、さあ、これからと言う時なのに、昼休憩にと突入するのでありました。

自転車でタイムアタック

楽しい昼のひととき、自転車でタイムアタック。
弁当も食べ終わり、前の大会の時からオフィシャルの間で始めていた、自転車によるジムカーナコースのタイムトライアル。なぜか、今回は参加選手にも飛び火。自転車でタイムを競う事に…。ちなみにタイムは、1分30~40秒。車でのタイムが、54秒~1分。あれ?まてよ。車と自転車で30~40秒程しか差がないなんて。車でシフトミスやスピンをしてしまうと、自転車とほとんど差が無くなってくる。車の性能なんて、所詮こんなものなのか?

午後の練習走行スタート。
午後からは、練習走行1本とPDタイムアタックの2本が行われます。午前中のせっかく温まったタイヤの温度も気持ちよく冷え、一番最初のスタートと同じコンディションに戻り皆さん悪銭苦闘のスタートとなりました。やはり、皆抑えぎみ?のアクセルワークで車と格闘してるような感じでしたが、それでも、速い人は速いんですよね。なぜなんでしょう?やはり、これは、テクニックの差の何者でもないでしょう。ちなみに、私はスピンの応酬で全く後輪がグリップしてくれていない。滑りすぎて、全くアクセルを開ける事ができず流れに身を任せるしかなかったのです。こんな事は、今まで参加した中で一度も経験した事のないことです。気温が下がるだけで、ここまで乗れなくなるものなのかとあらためて思いました。

調子の上がらぬまま、タイムアタック突入。
ついにタイムアタックの時が来ました。リヤタイヤが全く食い付かないので、エアー圧を2.5kから2.1kに下げてからのトライ。しかし、スタートでリアが滑り修正してる間に、最初のパイロン。サイドターンで綺麗にスピン。車が止まらないエアー圧を落としてもなんら変化がなく、車が明後日の方向に…。次の瞬間、なにを血迷ったのか、思いっきりミスコース。私のコンピューター(頭脳)に、ウイルスでも侵入したのか?今までのPDカップで間違えた事のないコースなのに、思いっきり誰が見てもミスだと分かるミスコースをしてしまった。あっけなく、1本目のタイム計測は、ミスコースという形で終わってしまった。

あまりにも、不本意な結果。
2本目のタイムアタック、今度はミスコースもなく順調な滑り出し?かなと思いきや、またサイドターンで、スピン。バックギアを使うはめに。何なんだ、いったい?しかも、スラロームでパイロンタッチがあったみたいだ。ペナルティーを取られてしまった。タイムアタックは、これ1本だけだったのに~。最悪、絶不調な1日でした。



サイドターンで白煙を上げるS15

タイヤがグリップを失い滑り出し、路面とタイタの摩擦熱で白煙を上げる。一般的な車の乗り方をしてる方から見ると、危険な行為とも言えるでしょう。でも、私はこれが危険とは感じてません。何故なら、次に車がどういう動きをして、それに対応する為にどういう対策(運転)をしなければならないかが理解出来ているからです。その先に起こる事が想定されているから対処出来るのです。
私が初めて車を滑らせた時は心臓バクバクもので、そりゃぁ~怖かったです。何せ未体験ゾーンですから、その先に車がどういう動きをするのかも分かってないですからね。三半規管が麻痺して車がどの方向に動いてるのかも見当がつきませんでした。知識では『タイヤが滑ったら滑った方向にハンドルを切りましょう。』って教習所で習いましたから知ってましたけど、三半規管が麻痺したらどっちに滑ってるのかも分からなくなりますからね…。このような安全なサーキットの広場で他に車がいない時を狙って1人で滑らせて感覚を掴みました。それで危険という事を身を持って理解出来たからこそ、安全にモータースポーツを楽しむ事が出来ています。
安全って多くの人が言いますけど、まず危険を知る事が安全への第一歩なのですよね。

『危険性を伝えると混乱が起きるので伝えないようにしましょう。』『今はマイナスの事は禁句!前に向かって進める事をプラス思考で行きましょう。』…私には、安全を放棄してるようにしか思えません。


KOJIのブイ!ブイ!車遊び~MOTOR SPORT CONTENT~に戻る
(当Blog内リンク)


KOJIのブイ!ブイ!車遊びのTOPページに戻る
(当Blog内リンク)




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

ACのCMを見てて思う事

思いやりは見えるACのCM

震災後の民放テレビ放送で、やたらとACのCMが流れるのは各企業が相次いでCMを自粛した為に空白のCM枠が出来てしまったからです。そして、その空白を埋める為に仕方なくACのCMに差し替えられて流されてます…。それなのに、ACのCMがウザい!とクレームの嵐…。いやぁ~、世の中平和です。ウザくてもクレームを入れる程の事でもないと思うのだが…テレビ局にクレーム電話するくらいなら、その電話代を募金したら良いと思うのだが…。そのクレームの数は結構な金額になるんじゃない?(笑)

まぁ、確かにACのCMはウザいです。これは、間違いない!私は自分の仕事柄、ついついそのCMの表現方法等にウザさを感じちゃうものですから、最後のACって言うのを止めたところで何も変わらないわけで…。もっと、良いCMって創れないものなのかなぁ?色調をトーンダウンさせて重たい雰囲気を作り出し、見てて息苦しくて敵わないです。

上記写真のCMですけど、「思い」は見えないけれど「思いやり」はだれにでも見える…ふざけてんのかぁ~!(笑)
この表現も、…思いやりって誰かに見せる為にするものでしょうかね?何度見ても、思いやりは見えるからしましょう。って言ってるようにしか思えないわけで、では、見えなければ思いやりはしなくてよいの?って、私は凄くツッコミを入れたくなります。

確かに、ここ数日、このBlogで企業の自粛の事を記事にしてますが、「震災に合われた方の事を思いやってますよって見せる為に自粛してるんだ!」って、妙に納得出来るCMかも…って思えて来ます。
このCMを創った人って、本当に思いやりの行動ってとった事があるのかな?私は過去にCMのように手を差し伸べた時に「私はまだそこまで年をとっとらん!」って凄い剣幕で断られた事があります。それ以来、トラウマみたいになっちゃって、手を差し伸べようかと思っても、また言われたらどうしようって思いとがグルグルになって、凄く躊躇してしまうんですよ。キツい言われ方で断られると結構凹みますよ。(苦笑)
その他にも、電車で席を譲ろうとして立ったまでは良かったものの、同様にキツく断られて、凹むと同時に立った手前座っていいものやら座っちゃマズいような複雑な気持ちと、周りの人の視線にさらされてるような恥ずかしさと…。そうこうしてるうちに駅に着いて、その駅から乗って来た何も知らない人がすかさず私が立って開けたところにヒョイッて座っちゃったりしてね…。こういう経験をすると、次に親切にしようと思った時、初めての親切よりも数倍もの勇気が要りますよ。(笑)

思いやりが見せられないようになるには、それなりの理由がある人達も居るわけで、「思いやり」が誰かに見られてるとかそういう問題でもないと思うし何か違うんだよなぁ~。って、私それ以来思いやりの無い人間になったような言い方になってしまったけど、私はそんなヤワじゃないですから、こんな事では再起不能にはなりません。でも、中には次が踏み出せなくなってる人も居るんじゃないかなぁ~ってね。

言葉で「きれいごと」いうのではなくて、本当に行動に移せるような表現って出来ないのかな?
随分、昔の事ですが…私が子供の頃、保育園か小学校低学年ぐらいの頃だったと思います。公共広告機構(現:AC)のCMで『暴飲暴食をやめましょう』と言うCMがありました。そのCMで流されてた映像(アニメ)を見て、豪快な食べっぷり…テーブルやお皿まで食べるシーンに、逆に食欲がソソられて暴飲暴食の真似をしてた記憶があります。 流石にテーブルやお皿は食べないですけど、CMの後すぐに冷蔵庫を覗き込み食べられそうな物は、その場でガツガツ食べてた記憶があります。
暴飲暴食という言葉の意味をあまり理解出来てなかった私は、映像の様子からメッセージとまるっきり逆の行動をしてたのです。CMが逆効果だったわけです。CMとしては失敗作とも言えるんじゃないかなぁ。(笑)
止めさせたい事に対して『やめましょう』と言うだけで止められるなら、皆、とっくに止めてるだろうし、映像から全然心に響かない。CMの発するメッセージに対して、制作してる側が全く興味の無い人達で、綺麗事を妄想の世界で広告創りしてる気がしてなりません。

アニメ等を見てて誰もが思ったかもしれませんが、例えば、はじめ人間ギャートルズに登場するマンモスの肉とか、トム&ジェリーの中で登場する、穴あきチーズや凄くプルプル揺れるゼリーとか、子供心に見ていて凄く美味しそうに感じました。 私は子供の時にチーズが嫌いだったけど、トム&ジェリーのおかげでチーズが食べられるようになりました。これが広告には大事なのですよ。
「美味しい」なんて言葉で説明しなくても、感覚的に美味しさを感じてしまうじゃないですか。ついつい、その食べ方を真似したくなるじゃないですか。トム&ジェリーなんて、アニメ全体でセリフが極端に少なくて、子供達の想像力をかき立てる創りになってるのが、凄いと感じるところです。

そのようなクリエイティブさが日本の現場には欠如してるのです。数日前の創造性(当Blog内リンク)という記事と同じ事言いますけど…、今、節電が求められてますよね。節電にしても、わざわざポスターというビジュアル表現にしてまで文字で「節電しましょう」と言うのでは芸が無い!ポスターにするなら、そのポスターを見て本当に節電したくなる表現が出来ればと思います。

節電なんてものは、どちらかと言えば『我慢』です。人は『我慢』って嫌う生き物なのです。出来る事なら我慢したくないのですから、節電を我慢と感じさせない表現が必要なのでは?って私は思うのです。たちまち節電とは関係ない西日本の地域でも、そのポスターを見たら電気を消して楽しみたくなるような表現ですね。思わず真似したくなる表現そういうのって見ないですよね。
電気が使えないマイナスのアピールではなく、電気を消して楽しむプラスのアピール…そういうのがあっても良いのじゃない?
これはACのCMも含め、全ての日本のクリエイティブに言える事だと思います。



電気を消して楽しむ遊び…、肝試し(季節外れ)。闇鍋。キャンドルナイト。キャンプファイヤー。庭でバーベキュー。飯盒でご飯を炊く(火力は墨&薪)。…等々。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

プラス・マイナス

闇鍋
(c)Peachkiller

闇鍋(やみなべ)とは、 親しい人同士、多人数がそれぞれ自分以外には不明な突飛な材料を持ち寄り、暗中調理して食べる鍋料理。食事というよりは遊び、イベントとしての色彩が濃く、スリルと笑いを楽しむために行われることが多い。元々はトキの鍋を指していた。トキの肉は美味ではあるが、肉を煮ると煮汁が血のように赤く染まるため、このような調理法が考案されたという。

(ウィキペディア フリー百科事典より引用)


へぇ、闇鍋って元々はトキの鍋を指していたのですか。知らなかったなぁ~。闇鍋とは色々とローカルルールが存在していて地方によっては、全くルールが違う事もあるようです。

まぁ、基本的に闇鍋は食べられる食材を入れるべし…。靴だとか、ゴムゾーリだとか、菅総理だとか、食えない食材を入れてはダメ!…って関東地方のお友達が計画停電を利用して、こんな事楽しんじゃってたのです。
また別のお友達はランタンとかキャンプ用品を出して来て、キャンプ気分を楽しんでたり…。マイナスな事をプラスに変えて、それなりに楽しんでるのを見て、なんか少し羨ましく感じて…、うちも電気消してキャンプ気分でバーベキューでもしようかなぁ~。ってマジで思っちゃった。

ホント、西日本は可哀想ゴッコで自粛してる場合じゃないよ。

支援の中、豊岡市職員ゴルフコンペ
産経新聞 3月19日(土)15時7分配信

兵庫県豊岡市の職員17人が19日、幹部職員の呼び掛けで親睦ゴルフコンペを京都府内で開いた。平成16年の水害で全国から復興支援を受けた同市は東日本大震災の発生に伴い、職員30人以上を被災地に派遣中。この時期の開催に市役所内では批判の声も出ている。コンペは今春の退職予定者の送別も兼ね、市民生活部長が主催。震災前に庁内で参加者を募った。市役所内では開催を疑問視する声もあったが、「チャリティー」と銘打ち職員17人とOB職員8人が参加して予定通り開催。被災地支援の対応で3人の職員が参加を見合わせたという。

中貝宗治市長は「長期的な支援をする決意を固めており、そのためにも職員にはリフレッシュして平常を保てと指示した。自粛が広がり地元経済が縮小すると本末転倒だ」と話した。


こんな事がニュースになっちゃうんだからねぇ。別にいいじゃん!文句言うなら、チャリティと称してるコンペなのに、チャリティになってなかったら文句言いなさい!私はこれがチャリティに関係ないコンペでも一向に構わないと思います。今の経済状況を考えると大事な事だと思います。でもね、これが世間体を気にして単なる言い訳にチャリティと言う言葉を使ってたら、その時は許さないよ!リフレッシュするなら堂々とリフレッシュして下さい!

日本人は被災の事よりも『世間体を払う』と言うパフォーマンスに拘り過ぎです!自粛ったって…、じゃぁ、何時まで自粛したらいいの?復興の目処が立つ数年自粛するのか?いつぞやから、テレビもバラエティ番組を放送し始めましたけど、電気が無くてテレビなんて娯楽が出来ない人の為に、自粛してバラエティ番組を見ちゃダメって事にも成りませんかね?
仕事したくても復興しないと仕事が出来ない人の為に、復興するまで仕事も自粛しましょう。って言いますか?いや、実際広告業界では自粛ムードで派手な表現とか、色使い等を制限する企業も出てきてます。でも、原稿を見ると当然売る気マンマンで自粛ムードは単なる演出だったりします。何の為の演出なんだよ!被災地の為じゃなくただ自分達が上記コンペのニュースじゃないが批難されたくない為の世間体を気にしての事でしょ~。私は逆にそういう精神こそが批判にさらされるべき事だと思うけどなぁ。経済を回す事に何をためらう事があるのか…。

私も現在、代理店から来る仕事のクライアント様のパフォーマンス自粛によって、振り回されてクタクタです。製版直前のデザインが自粛目的で大幅レイアウト変更、色変更…。でも、セールをするには何ら変わらない。しかも、レイアウト変更しても、最初のレイアウトを知らない一般のお客様はその変更で自粛した事は気が付かれないでしょう。
ただ、「自粛の為にレイアウトを変更してこれだけ考慮してますよ!」という制作会社への自社の自己満足的アピールに過ぎないのです。しかも、そのレイアウト変更には理由が理由なので変更料が支払われる事は無いし、請求する事も出来ない…。自己満足的アピールに結局末端の私が一番被害を被ってる感じです。これは明らかに人災です~ってばぁ。
問題なく進んでた仕事が、自粛という事で変更って意味が分からん!自粛するんだったら、そのセールチラシそのものを辞めろ!私は時間とお金の両方を損させられてるんじゃ!西日本は被災していない!(当Blog内リンク)という数日前の記事でも言うたけど、自粛はマイナスにはなるがプラスには絶対ならん!


Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

きれいごと

610km走行

久々に満足のいく数字が出ました!前回の満タン給油から610kmの走行です。しかも、まだ給油ランプは点灯しておりません。頑張れば後10kmは走れそうな予感です。まぁ610km走行したと言っても約400kmは高速道路を走ったからなのですけど、高速道路の走行では特別、燃費を意識した走りはしてません。6速ギヤをずっとキープしてますので必然的に燃費は良くなりますね。また、スポーツクーペボディですから、他の車よりは空気抵抗が少ないですし…。ただ、一般道では極力アクセルを踏まないようにはしました。そして、出来るだけ低回転で走れるようにはしました。
低燃費走行に邪魔な存在は流れを乱す制限速度ピッタリ君です。法的には…机上論とも言うでは、制限速度までしか出しちゃいかんのですけど、物理的には交通の流れというものがありますからねぇ~。まぁ、それは置いといて…。やはり、基本は出来るだけ低回転ギヤに入れて、アクセルを踏まないようにという事ですね。それにはある程度の車速は必要になります。ゆっくり走る事が燃費が良いわけではない!

今回の燃費は12km/lでした。2000ccで200馬力まで出力アップされたチューン・ド・シルビアで、しかも新車から数えて11年目の車なのに、ほぼカタログ値をマークしたというのは、かなり頑張った方だと思います。
世間も燃費、燃費と口煩く言うくらいならAT車に乗るのやめたらよいのにって思うのですが、今じゃ、MT車の設定の無い車もあるから、何か矛盾してる気がしますね。



そうそう、矛盾と言えば、私はいろんな所で矛盾を感じて凄くイライラして困ります。こんな時だからネガティブな発言は控えて前向きにいきましょう…。なんてよく耳にしますがこの言葉も凄く矛盾を感じます。『皆頑張ってるんだから…』そんな事は100も承知ですよ!頑張る時に頑張らなかったら、もっと怒りモードですよ。

でもさぁ、『皆頑張ってたら…』批判と言うか間違った事に対しても間違ってると言えないのかなぁ?
それは、クリエイターの過酷な仕事状況にも言える事なんだけど、「皆、寝ないで頑張ってるんだから、お前も黙ってやれ!」っていう、デザイン業界がゴミみたいな理由(当Blog内リンク)という記事を思い出すのですけど…。
「皆、頑張ってるから、黙って頑張ろう。」凄く綺麗な言葉ですよね。でも、それって本当に問題と向き合ってる言葉なのかなぁ~?皆が本当に同じ方向に向かっていける事ならいいですよ。
失敗すれば大勢の犠牲者が出る。そんな失敗が許されない状況の時にも、失敗に対してドンマイって笑って言えますか?手を差し伸べてくれる所があるのに、未熟な人が自分でやると言って失敗してもドンマイかなぁ。
「放水は届いた!」ではなく「届いたと思う。」昨日のニュースでもキャスターが、『これで大丈夫でしょうかね?』と放射線研究家みたいな人に尋ねると『大丈夫だと思いたい!』との回答に唖然としました。大勢の命がかかってるのに…?皆、頑張ってるんだから何も言わず見守りましょう…。

キャンドル

皆、「百万人のキャンドルナイト」って覚えてますか?私が凄く嫌悪感を抱いたイベントです。環境保護訴えキャンドルの灯(当Blog内リンク)キャンドルって素敵ですね。エコだし…何でもないイベントでは大勢が盛り上がり絶賛してた事が、いざ計画停電だと言われればブーブー文句言って、更には予定されてた計画停電が実施されなければ、されないでブーブー文句言う。
こういう時こそ「キャンドルナイト」じゃないのか?必要とされる時にこういうイベントの企画者すら声を上げなくなる…いつも綺麗事のパフォーマンスで終わり…。停電で塞ぎがちになるから無理矢理でも楽しめるように、このような時にこそ、このイベントだろう?

私は普段からそう言う人々の流行りに流され、何も身にならず、そして、いざという時にはすっかり忘れて何も出来ない事に凄く苛立ちを感じます。こういう時だからこそ前向きに…失敗が許されない時だから、喝が必要な場合もあるんじゃないのか?

私がナンボのもんじゃ!そうい言われれば、何も力も無いし、何も行動は出来ないかも知れない。しかし、これだけはハッキリ言えます。自分で言った事は自分で忘れないようにしてちゃんと行動に移してます。
『キャンドルでエコが良いですね~』なんて能天気な事言って、実際の時に真逆の行動をとるような事はしないようにしてます。一体どちらがネガティブですかね?大勢が「キャンドルナイト」で盛り上がってる時も冷静に物事を見つめてるつもりです。適材適所…これが出来て無いからイライラを感じてしまうのです。

皆頑張ってる時だから、力を合わせてネガティブな言葉は言わないようにしましょう。でも、言葉にしないのかも知れないけど行動がネガティブだったりしまよね。商品の買い溜め等、それって「信用してません」って気持ちの表れじゃないですか?人々の行動の方がネガティブじゃないですか…。言葉では綺麗ごと言って、行動が伴わない…。そんな人ばっかりじゃないのは、分かってるつもりだけど…、その行動にあまりにも失望させられる事が多過ぎるから。

1人1人出来る事を頑張る。でも、頑張る以上は全力を尽くそうよ。こういう時だからこそ、綺麗事言うパフォーマンスはやめて有言実行しようよ!



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

創造性

サンケイ新聞15段広告

クリエイター友達から教えてもらった、サンケイ新聞15段広告です。15段広告と言えば、一面広告ですね。新聞紙面の一面全体を使って知らせなければならない程の誰も気が付かないような特別な事なのだろうか?
この広告が誌面に載る前から『ヤシマ作戦』だのとテレビの中でも散々節電を訴えてこられてたし、twettir等でも一般の人達から当たり前のように節電の声が上がってるわけで、もう、誰もが節電、節電と声を揃える中、一面全体という多額の金額を使って改めて伝えていく必要性があるのだろうか?多額の金額と言っても新聞社が出す広告だからそんなに金はかかってないと言われるかも知れないけれど、他の企業がこれだけの誌面を活用するには1千万円以上必要になる誌面です。一般企業の広告は1千万円以上支払ってでも載せたい広告ばかりなのですよ。それらの広告とこの節電広告が同等の価値がありますかね?twettir等ではタダでつぶやかれてる言葉が…。この誌面では1千万円以上の価値です。デザインにしても、それ相応のアイデアでしょうか?
実は、クリエイター友達からこの広告の事を教えてもらったのは、私があるデザイナーのポスター案の事を教えてあげた事から始まりました。それが下記のデザインです。

節電ポスター

「節電して被災地の電気をつけよう。」
私の感想です…。1日に何度もTVから流れてる言葉だし、twitterや他のWEBでも呼びかけられてる言葉です。解りきっている事をわざわざエネルギー使ってばらまく事がデザインだろうか?それに、この程度の事なら、わざわざポスターにする必要性も無いと思う。

節電ポスター

「テレビの明かりを暗くしよう。」
私の感想です…。色の再現力に拘り考え進化して来たテレビ…。そんなテレビを見るのに色のバランスを崩してまで見たく無い!それに今のテレビはそこまでしなくても消費電力は押さえられてるし、中途半端な事をする方が無駄。色のバランスを崩して観て満足出来る内容のテレビ番組(要するに、どうでも良い番組)ならば見ない方がマシ!電気を使うんだか使わないのだか中途半端に使う方が無駄だと思う。

節電ポスター

「募金より早く届くのは電気。」
私の感想です…。募金も振込なら相手先に瞬時に届きますが…。そして、電気が届いてもライフラインが復旧していなければ、どうにもならない!コピーライティングとしても中途半端…。


そして、これらのデザインには下記の説明が添えられていました。

〈デザインコンセプト〉

1.印刷する時のトナー量もできるだけ少なく。
2.壁紙にしても背景が白だから消費電力が最少。

液晶は電圧をかけると黒くなり、白くなっているときは電圧をかけていないらしい。これだけでもかなり違う。バッテリーの持ちが30分くらい良いかも。

印刷する時もお金が少ししかかかりません。フォントの太さをできるだけ細くしました。


「被災地の為に節電ポスター&壁紙作ろう」と称してとあるデザイナーの方が某所で呼びかけをしていました。自分達の出来る事で何かの力になりたいと言う気持ちは凄く分かるし、何か出来る事ならしてあげたいと思う気持ちは皆同じだと思います。
だけど、私はデザイナーだからデザインで何かをしなきゃならない事でもないと思うのです。デザイナーである前に、1人の人として出来る事が沢山あるでしょ…。それをしてあげれば良いと思います。何故、デザイナーだからデザインで…って気持ちになっちゃうのでしょうかね?(笑)
他の業種の方で、例えば、車屋だから車を使って何か出来る事なんて支援を考える人って見かけないのですけど、皆、当たり前に1人の人として支援を考えてますよね。なんか、デザイナーやイラストレーター等クリエイター系の人達って勘違いしてる気がします。イラストレーターたちによる「イラストを描いて被災者を励まそう。」って活動もありました。
イラストをスグに発表したいが為に、数時間で描いたような雑なイラストが沢山寄せられてました。ホレ、24時間テレビに送られる一般人の応援メッセージFAXのようなイラストが沢山。その程度のイラストはプロのイラストレーターじゃなくても描けるレベルです!

それに、デザイナーとして出来る事としても、上記のポスターが本当にデザイナーとして力になれる事なのかな?ただ、文字を並べただけの物でとてもデザインとは言いがたいのです。

コンセプトがデザインに添えられて説明されてましたけど、私が前々から言うように、説明が無いと理解してもらえないポスターは、ポスターではない!何故なら、街に貼り出されるポスターには説明をつける事が出来ませんから、完成したポスターが全てなのです。

フォント(書体)を細くした理由、パソコンや携帯電話の壁紙として使う場合の電圧の理由、印刷時のトナーの量など、そのような理由を説明する事なく、それらがポスターの作品に集約し表現されていないと意味がない。単に「トナーや電力を最小限にする工夫してます」っていうアピールだけでデザイナーの自己満足にしか思えないのです。

また、パソコン等の壁紙として使用する際に電圧のかからない白を選ばれたとの事ですけど、パソコンの電源を入れて壁紙の状態で放置するだろうか?壁紙は壁紙でパソコンでの作業中は背面に隠れ、いくら壁紙を白にしても意味がないですよね。また、壁紙を見せて待機するくらいなら素直に電源を落とした方が節電です。
『デザインで出来る事』に拘るあまり、視野が狭くなり回りが見えなくなってしまってる気がします。デザイナーという事を考えず、1人の人間として何が出来るかを第一に考えた方が、良いアイデアが沢山浮かんで来ると思いますし、本当に有効な手助けが出来るのではないでしょうかね?


デザイナーって人から凄いって思われる部分って、人が思いつかないアイデアを出すから凄いのですよ。実際に掲載された全面広告も、あるデザイナーさんが出された案も正直既にいろんな所で言われてるアイデアで、デザイナーでなければならないというようなものでもないと思います。



下記枠内が私の今思ってるアイデアです。
(現時点では机上論で可能かどうか分からないけど試してもらいたいです。)

新聞紙面1面をこんなにも無駄にするくらいなら、もっと他に良い活用法があるだろう!
例えば、テレビ局の報道と連携して東日本の各所にリポーターが派遣されているのですから、そのリポーターにお願いして、避難所に避難してる人のリストを集めてもらって、新聞紙面にまとめて公開したらどうなんだ?
家族と離ればなれになって、誰が何処の避難所に避難してるか分からない。被災者は1人で多数の避難所を歩き回り家族がいないか探してるというのに…。膨大な数の避難所を1人で探しまわるには無理ですよ。
でも、テレビのリポーターは各局大勢がそれぞれの避難所に行きリポートしてるのです。そこでの各々のリポーターの持つ情報を1つにまとめて新聞紙面に載せて各避難所にその新聞を配布してあげれば、どれだけの人達の役に立つか…。
私みたいな個人レベルのデザイナーでは正直この程度の案を出す事ぐらいしか出来ないです。でも、新聞社やテレビ局と言った大きな企業が手を組めば可能じゃないでしょうか?
もしも、可能ならば是非ともお願いしたい案です!







Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

西日本は被災していない!

パーキングエリア「エデンの海」から見る夕日

写真正面にある煙突の場所は竹原市にある中国電力の火力発電所です。今日もいつもと変わらず電気を作っているはず…です。

と言うわけで、西日本は被災していない。…東日本の人が聞くと反感を持たれそうなタイトルですけど事実です。被災者、被災地に対して1人1人何が出来るのか?…それは、それぞれの地域毎に役割は違ってくるはずだと思います。

私は数日前の記事『緊急事態に見る日本!(当Blog内リンク)』で『日本人の「皆で…」の意識が今回は凄く良い方向に働いてると感じました。』と言いました。そして、同時に、私が「皆で…」の意識に嫌悪感を抱く理由も述べました。その理由は、『「皆がそうだから自分達もする必要が無い!」みたいなマイナスパワーの言い訳に使われる事が多いから。』逆に言えば「皆がするから自分達もする!」という事です。物資が不足し、皆が買い求めれば、自分達にはまだまだ余裕があっても買い求めに走る。関東地方で電力不足が発生すると、地域構わず皆が節電を呼びかける…。皆と一緒じゃないと不安なのか?

昨日からこちらの地域(広島県福山市)でも、夜にコンビニやスーパーの照明が落とされ薄暗くなりました。節電して電力供給の手助けをしようという意識なのか、単なる話題作りのパフォーマンスなのか…。皆が節電を呼びかけてるから、じゃぁ、節電に協力しましょうという事なのか…。私は正直呆れた気持ちが強いです。

もう一度言います。『西日本は被災していない。』被災した地域がしなきゃならない事、被災してない地域がしなきゃならない事、それぞれに役割は違います。皆同じで良い訳が無い!日本人よ、もっと頭を使え!
日本中の電力を集めて助ける『ヤシマ作戦』だと?メディアも一緒になってマンガの見過ぎだ!マンガと現実の区別も出来なくなってるのか?…と私は声を荒げたい!そんな事が出来れば、いち早く各電力会社が率先して実行してますって…。

同じく先程リンクを貼った数日前の記事『緊急事態に見る日本!』の中で、電力に関するスパムメールの話をしましたけど、私達は、毎日当たり前に使ってるエネルギーの事に対して無知、無頓着であるなと実感致しました。という言葉通り、まるっきり無駄な事を西日本はやってます。

関西電力ホームページに掲載されていたチェーンメールの注意書き

○このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

今回の震災復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。当社はお客さまへの安定供給を維持した上で、11日夕方から、電力各社と協力しながら最大限可能な範囲で電気の融通を行っております。[注]

平素より皆さまには省エネ・節電にご協力を頂いておりますが、今のところ、お客さまに更なる特別な節電をお願いするような状況にはございません。

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。この周波数変換施設の容量には上限があります。


この言葉は、中国電力や四国電力、九州電力に至っても同じ事です。東日本に電気を供給する為にはいずれにしても周波数変換が必要だし、被災地から離れた所へ電力を送るには、電線等の電力抵抗等の影響でかなりの電力ロスが起こり、まともに電気を届ける事等出来ないでしょう。インターネットのADSL回線が基地局から3km離れると出力がかなり低下するのと同じ理屈です。
更に、送電しなくとも節電で電気の蓄えが出来ると思われてるかも知れませんが、発電された電気は備蓄して保存する事は出来ないのです。電力会社はこれまでの電気使用量から考えて、年間使用量を割り出し発電しています。だから、逆に言えば発電された電気は使わないと無駄になってしまうのです。本当に節電するなら被災地が復興しても毎日電気使用量を押さえた節電を心がけ年間を通して安定した下げ幅にならないと電力会社の発電量は下げられないのです。それに、電気を備蓄する事が出来れば、皆さんが何かの為にと貯金してるのと同じように、電力会社もこういう危機を想定して対応出来るように備蓄するはずです。でも、それが出来ないから毎年ちょっとした電気の使用量の変化(猛暑で一時的に電気の使用量が上がった等)で電力会社はパニックになるのです。
被災していない西日本が被災地の真似して節電しても何も役に立たないのです。それどころか、逆に日本の国としてはマイナスなのではないでしょうか?正しい事をしてると思い込んで足を引っ張ってるのです。

皆が同じと考える事が美徳と感じてるのかも知れないけど、それは1人よがりのマスターベーションに過ぎないと思います。西日本は被災していないのです。電気もある。ガソリンも、食料も…。西日本は満足に動けるのです!だからこそ、東日本で低下してしまった経済力を西日本が先頭に立って引っ張って手助けしていかなければならないのです。これこそが本当に西日本がやらなきゃならない事じゃないのか?

被災地への思いやりごっこか何か知らないが、自ら経済力を低下させる行動をとり、皆で仲良く日本沈没しましょうとでも言うのか?少なくとも被害にあわれた方達は復興を願って力を合わせているはずです。それに応える為に西日本がしなければならない事は被災地と同じ事ではないはずです。

西日本の人が、意味の無い節電を心がけるくらいなら、いつもと同じように仕事して、それで得た売り上げの一部から節電した時に出るマイナス分の売り上げを募金した方が良いのではないでしょうか?



PS.今朝の新聞に掲載されてましたが、数ヶ所で開催予定されていたイベントが全て中止となりました。イベントの準備だけでも相当の予算を注ぎ込んでただろうに…。全てが無駄に消えました。
無駄に消してしまうくらいなら、何故、イベントを中止にしたという気持ちになってイベントを開催し、得た売り上げ金のいくらかでも寄付しようとかそういう考えにはならないのだろうか?全てを無駄にするよりマシだと思うのですが…。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

天罰

石原都知事

私は石原都知事に特別な感情は持ってませんけど、物事は公正な目で判断したいと思ってます。それが出来ないとデザイン業なんて出来ませんからね。好き嫌いだけで物事を判断する事だけはしたくないです。

〈東日本大震災〉石原知事「天罰」発言撤回
東京都の石原慎太郎知事は15日午後、記者会見し、東日本大震災を14日に「天罰」と表現した事に対し、「発言を撤回し、深くおわびいたします。」と謝罪した。
石原知事は14日、蓮舫節電啓発担当相から節電への協力要請を受けた後、報道陣に「この津波をうまく利用してだね、我欲を一回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の心の垢をね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ。」等と発言した。【石川隆宣】

(毎日新聞 - 03月15日 13:24)


あらら、発言を撤回しちゃいましたか…。
確かに、この状況の中で『天罰』という言葉は不味いかなと思ったけど、私は、石原都知事の言いたい事は理解出来たなぁ。表面的な字面だけを捉えて、石原都知事を批難してる人が多いようですけど、『天罰』という言葉が被災者に向けられた言葉でない事は明白なのに、それを理解出来ない人の多さという事に、私はこの国が大丈夫かと不安になって来る。
多くの方が『天罰』という言葉を震災に合われた方に向けられた言葉と捉えて、「被災者の前で頭を下げろ!」とか言われてる方も相当数いましたけど、その多くの方の理解力に疑問を感じます。

天罰とは『日本人全体に対する天罰』だと言われてるのだと思います。ホラっ、石原都知事ってスーパー堤防賛成派でしょ。財政難でお金がないけどやらなければならない事は山積みです。それなのに政治家たちは無駄に子供手当だの高速道路無料化だの、そして、それらを指示する国民も…。
現在の関東地方では物資がなくなると言えば我先に、我欲の趣くまま買い溜めしようと店に走る。そして、今日は震災とほとんど関係ないこちらの地域でも、トイレットペーパーなど必要以上に買い込む人を見かけました。

これらの光景こそ石原都知事の言う『積年たまった日本人の心の垢』じゃないだろうか?一時の流行りで政党を選ぶ国民。普段、国のことに無関心なのに、このような言葉の揚げ足だけはキッチリ取って騒ぐ国民。
それらに対する天罰が今回の震災という形で現れた。だからこそ、そのような人々の犠牲になってしまった『被災者の方々、かわいそう。』と言う言葉になってるのだと思います。

単なる字面でしか言葉を汲み取れず、そして、その言葉に揚げ足しか取れない国民&マスコミの多さに驚きです。こんなにも理解力が無くて、本当に日本は大丈夫なのか?…と妙な不安を感じてしまいます。


ちなみに、いつの時代も少数派の意見は批判され反感を買われて来ました。しかし、歴史が証明してるのは最後には少数派の意見が正しく現在の常識となっているという事…。それは他人の考えに流されず、冷静に時代を見つめ、確かな意見を持っていたからだろうと思います。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

役に立つ人

口なしの瀬戸に沈む夕日

穏やかな瀬戸内の地より、毎日、 東北地方太平洋沖地震関連のニュースを観て、遠くの地から自分は何が出来るかを考え、無力な自分に苛立ちを感じる日々…。今日は引用記事ですみません。

遠くからでもできる事、すべきでない事、被災地の人々に迷惑をかけず助けとなる為の行動法まとめ。(外部リンク)

被災地から遠く離れた場所でニュースを見て無力感にうちひしがれ、家族や友人と連絡がとれてホッとしたものの、今も心配で気が気でない人、テレビやネットの報道に張り付いて食事もとれないという人、「今すぐ何かできる事がしたい」と焦ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

しかし焦って行動すると、善意が無駄どころか邪魔となる事もあります。遠くから大災害を見守るしかないという状況をもどかしく感じても、むやみに行動すると自衛隊や警察や消防、医師や災害救助のプロなど、人の命を救う事ができる人たちの邪魔となる事もあります。被災地ではもちろんですが、被害を受けなかった場所でも落ち着いて行動する事が重要です。

◆むやみに被災地へ向かおうとしないこと
まずは人の命を救う事ができる人、「役に立つ」人が現地へ到着できる事が最優先であり、人命救助のプロではないという人は「何かできる事があるかもしれない」と思ってもむやみに被災地へ向かうべきではありません。被災地へのルートを混雑させない事が重要です。たとえ現地へ到着できたとしても救助の現場や避難所を混雑させる事になり、「ミイラとりがミイラに」という事にもなります。災害の経験がないという人は特にそうです。
災害ボランティアの経験がある人、被災地で必要とされるかもしれない技能や技術がある人でも、現在はまだ役に立てる段階ではなく現地へのルートを混雑させてしまう段階だと考え、相手先の受け入れ態勢が整うのを待って「必要とされたら行く」ようにしてください。

◆回線や道路や鉄道を混雑させないこと
家族の安否の確認が取れた人、被災地に家族がいないという人は、むやみに被災地の知人に連絡を取ろうとしない事。まだ家族や恋人の安否がわからないという人々の為に電話回線を混雑させない事が重要です。
テレビを見る事ができる状況にある人はUstreamを視聴しない等、アクセスが集中しそうなサイトを見ようとしない事、サーバを落とさせない事なども本当にその情報を必要としている人の為にできる事です。
例えば九州から関西へ移動する、関西から関東へ移動するという事も鉄道や道路の混雑、燃油の不足につながります。交通事故を起こしても地元の警察や消防の手をわずらわせる事になり、結果的に被災地へ救助へむかえる「プロ」の数を減らす事になるかもしれません。
自分の住んでいる街から出ないという移動でも、自分の行動は本当に「役に立つ人」の邪魔になっていないか?と想像力を働かせたいものです。例えば人ごみに出て感染症をうつされたり人にうつしたりしても、医療機関の混雑につながり、被災地から搬送されるかもしれない負傷者の受け入れ先を減らす事につながる可能性があります。基本的に家で待機し街を混雑させない事で間接的に被災地の人々の役に立てるかもしれません。

◆むやみに情報を拡散させないこと
Twitterやチェーンメールの情報を信用しない事。これまでに「ポケモンの生みの親田尻智氏とハローキティのデザイナー山口裕子さんが被災して死去」「コスモ石油火災により東京に有害物質の雨が降る」「自衛隊が救援物資を募集している」等さまざまな誤情報が出回っています。
むやみにRTしたりメールを転送したりせず、情報源を確かめ、拡散させる前に「その情報がデマだった場合誰の迷惑になるか」という事を考えてください。フィードが一杯になったりメールが舞い込みすぎて本当に必要な情報を見落とす事にもつながりかねないので、情報を拡散させる前に一呼吸し「本当に広める必要がある情報か」を見極めたいものです。

◆むやみに物を買い込まないこと
ガソリンを入れに行こう、水や電池を買いに行こうとする前に、その行動が誰の迷惑になるかを考える事。物資が不足し物価の上昇につながればしわ寄せを受けるのは被災地の人々です。「売り切れる前に自分も買うべきかもしれない」と連鎖反応を起こし、例えば「トイレットペーパーが売り切れるほどの状況なのか」と自分の住む街の人々を不安にさせる事にもつながります。

◆むやみに救援物資を送ろうとしないこと
現在、個人からの支援物資はどこも受け付けていません。輸送経路も確保できていません。「被災地までのルートを混雑させるべきでない」というのは「人」だけでなく「物」にも当てはまります。各種機関に「支援物資を受け付けているか?」という問い合わせをするだけでも、対応に追われている人々の手をわずらわせる事になります。
NHK広報局でも「救援物資の送り先などのお問い合わせが増えておりますが、行政機関あるいは支援団体などからの案内があるまでは、現地への発送などはお控え下さい。阪神淡路でも新潟中越でも、大量のゴミとなり、処分に困ったと聞いております。必要なものがわかった後に、出来るかぎりの支援をお願いします。」とツイートしています。

◆節電・節水
東京電力では地域ごとに3時間ずつ電力供給を止める「輪番停電」が実施される事になり、経済産業省により経団連にも電力使用の抑制が要請されています。
個人でも「被災地の人々が寒さに耐えているなか暖房を使う事はできない」「電気や水道を使うと罪悪感を感じる」など精神衛生上の理由で地震発生以来節電・節水をしている人は多いかと思われますが、それは無駄でも焼け石に水でもなく今すぐに個人レベルでできる事で実際に被災地の人々の助けとなる方法かもしれません。
1人1kwh(洗濯機を2~3回運転する程度)でも1000万人なら1000万kwh。福島第一原子力発電所の1号機(電気出力46万kw)約22時間分の電気量となります。

◆募金
1人100円でも1億人が寄付すれば100億円、1万円を1000万人が寄付すれば1000億円。募金を装った詐欺に注意し、義援金が確実に被災地へ届くよう、信頼できる団体を通じて送りたいものです。

◆献血
たとえ実際に自分の血液が誰かに輸血される事がなくても、常に新鮮な血液が各所に豊富に用意されている事が重要。ただし、これまで献血をした事がない人がいきなり行っても体調や体重、旅行歴などにより献血できないということもあります。混雑が予想される献血ルームで職員の手をわずらわせないよう、献血について何も知らない状態でいきなり行くのは避けるべき。来週献血してもその血は助けとなるはずです。
すでに献血手帳を持っていてほぼ確実に献血できるという人も、不足状況や献血ルームの混雑状況を事前に調べ、献血ルームを混雑させないようにしましょう。
まずは落ち着いて、限られたリソースやマンパワーを必要とされている場所へまわせるように、事故や火事を起こさず、病気やケガをせず、健康管理に気をつける事。必要とされたときに助けとなる事ができるよう、元気でいましょう。








Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

緊急事態に見る日本!

津波直撃の様子

多大な被害をもたらした東北地方太平洋沖地震とその後の大津波。正直、映像を見る限り、特撮物の映画を観ているような、まさに現実とは思えないような悪夢の光景です。しかし、残念な事にこれが現実なのですよね。

私はこの地震が発生した直後は仕事の息抜きで、たまたまtwitterにつぶやきを書き込んでたら、関東方面の1人のフォロワーから「今揺れてる」みたいな書き込みがあった。その書き込みから数分もしないうちに、どんどんとTwitter上に地震の情報が寄せられ、次第に1つの輪が出来上がるのを感じました。

多くの人に情報が行き渡るように、リツイートで情報を広げていく…。私のようにフォローワーが少ないと何にも力にはなれないけど、その中には新幹線で移動中の元宮崎県知事の東国原 氏もいて、東国原 氏も一緒になって情報を広げていく。携帯電話やメールでは連絡が取れない家族がいて安否が心配な状況な中、twitterでようやく連絡がついたという方もいらっしゃいました。

地震&津波の爪痕

私が普段、凄く嫌悪感を抱く、日本人の「皆で…」の意識が今回は凄く良い方向に働いてると感じました。私が「皆で…」の意識に嫌悪感を抱く理由は、普段使われてる「皆で…」というのは、「皆がそうだから自分達もする必要が無い!」みたいなマイナスパワーの言い訳に使われる事が多いので嫌悪感を抱くのであって、プラスに使われる「皆で…」は多いに結構と思いました。こういう土壇場の時にこそ、日本人の結束力の強さというのを認識致しました。

外国人から見た地震災害の反応。
物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。

BBCの報道
地球最悪の地震が世界で一番準備され訓練された国を襲った。その力や政府が試される。犠牲は出たが他の国ではこんなに正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力がある。

整列する日本人


ホームで整列する日本人

日本人すごい!!こんな時にも山手線ホームできれいに整列してる。
ホームにて
都営大江戸線の光ヶ丘方面行きは、非常に混雑しています。ホームにも、改札の外にも、電車を待つ溢れんばかりの人。でも、誰一人列を崩さず、通路を開け、係員の誘導に従っている。ロープがあるわけでもないのに、通る人のための通路スペースが。その不自然なほどの快適さに、ただただ感動するばかり。

ドイツ人の友達
ドイツ人の友達が地震が起きた時に渋谷に居てパニックになっていた所を日本人に助けてもらったらしく、その時の毅然とした日本人の態度や足並み乱さずに店の外に出てやるべき事を淡々とこなす姿にひどく感動し、まるでアーミーのようだったと言っていた。

ローマから
ローマにいる友達からメール。ローマの人々はニュースを見ながらこのような状況でも冷静に対処する日本人に感動し、尊敬の念を覚えながら、非常に心配しているとのことです。

父親の行動
1階に下りて中部電力から関東に送電が始まってる話をしたら、普段はTVも暖房も明かりもつけっぱなしの父親が何も言わずに率先してコンセントを抜きに行った。少し感動した。


緊急時なのに素晴らしい日本人の行動の数々…。本当に世界に誇っても良いと感じました。確かに海外の自然災害、地震等のニュースを観てると、だんだんと治安が悪化し、無法地帯状態になる場面を目にして来ました。潰れて商品が散乱したお店から物を持ち去る住民というのも多かったように思います。そういう光景がまだまだ世界的には当たり前だからこそ、日本人の行動が驚かれてるのでしょう。

ただ、こんな素晴らしい話がある中で、悪意があるんだかどうなんだか、人の善意を利用したチェーンメールなんてのも出て来る始末で、私の物とに同じ無いようにメールが2通もやって来ました。下記2つの枠内の記事がそれです。

Subject:できるだけ転送お願いします

■お願い■
関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。
一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!こんなことくらいしか関西に住む僕たちには、祈る以外の行動として出来ないです!このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します!

全国で実施すれば大きな力になります!!
中国電力の地域の私たちも協力しましょう!皆さんよろしくお願いします。


Subject:お願い

お願いです
関西電力に勤務している友人から送られてきました。ご協力頂ける方はよろしくお願い致します。以下が内容です。

関西地区にお住まいのみなさん。東北三陸沖大地震に伴い、関西電力が東北電力への電力提供を始めました。少しの節電でも立派な支援になります。電子レンジや炊飯器など、普段さしっぱなしのコンセントを今日だけでも抜き、一人一人が出来る節電のご協力をお願い致します。このメールをできる限り広め、節電による送電の支援が出来ればと思いますのでご協力よろしお願い致します


電力が足りていないから1人1人に節電の協力を求めるメールなのですが、真実みがあるようで全く嘘のメールなのですよ。関西電力で働いている人なら、まずしないお願いです。良い話の例に上げた、「父親の行動」にもあるように中部電力から関東に送電が始ったというのは距離的に考えてありえる話なのかも知れません。ただ、関西地方から東北地方、中国地方から関東や東北地方への送電となると、電力のロスというのがあって、遠くになれば遠くになるほど出力が落ちてしまい、送電してもほとんどが無駄になってしまう。
また、仮に東北地方まで電力が供給されたとしても、現在の地震での停電は電力不足での停電ではなくライフラインが寸断された事での停電の為に電力不足と言う訳ではない。現在、地震の影響で問題となってる福島の原発も東京に供給される電力の為のもので東北地方の電力とは何ら関係のない問題なわけです。

電気の事に知識の無い方が親切心で流した事が始まりなのか、それとも、人の善意を利用し悪意を持って流した事が始まりなのか分かりませんが、このような緊急時に嘘の情報は迷惑以外の何ものでもありませんから、このようなメールが届いたとしても、他の方に送らず止める事も大切かと思います。

それと同時に、私達は、毎日当たり前に使ってるエネルギーの事に対して無知、無頓着であるなと実感致しました。人間界では携帯電話も電気も、あって当たり前、使えて当たり前の感覚だけど、自然界で考えるとむしろその当たり前の事が不思議な事なのかも知れませんね。

地震が来て津波にさらわれて…緊急時に携帯電話が繋がらない…。何故?緊急時に役に立たないの?…と繋がらない事に疑問を感じる人が多いかも知れませんが、地震で建物が倒壊する、津波でさらわれる。…という事は、携帯電話の為に設置されてるアンテナも同時に失われてるという事で、冷静に考えると繋がらないと考える方が当たり前なのだろうけど、何故だか、繋がらない事に疑問を感じてしまうくらい感覚が麻痺してるって事でもあるのかなと…、、このようなチェーンメールに気が付けない事から感じました。




関西電力株式会社ホームページより http://www.kepco.co.jp/(外部リンク)

○このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

今回の震災復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。当社はお客さまへの安定供給を維持した上で、11日夕方から、電力各社と協力しながら最大限可能な範囲で電気の融通を行っております。[注]

平素より皆さまには省エネ・節電にご協力を頂いておりますが、今のところ、お客さまに更なる特別な節電をお願いするような状況にはございません。

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。この周波数変換施設の容量には上限があります。







Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

Cent'anni Classica 2011 Targa Shodoshima

フェラーリ250&フェラーリ275

Cent'anni Classica 2011 Targa Shodoshima(外部リンク)というイベントが瀬戸内海に浮かぶ小豆島で今日と明日開催される予定でした。往年のスーパースポーツカーが島中を走り回るイベントだけに楽しみにしてたのですが…残念ながら私は仕事の関係で私は行く事が出来ませんでした。

更に、現地に見学に行った知人からの情報では、昨日の大地震の影響でイベントは中止になったとの事です。強烈な車ばかりのイベントだけに中止は残念な事ですが、イベントに参加する車は、ほぼ集まってたそうです。現地の写真を送って来てくれました。

上記写真は、フェラーリ250とフェラーリ275。

ランボルギーニカウンタックLP400

スーパーカーの王道、ランボルギーニカウンタックLP400。

ランボルギーニカウンタックLP400ウルフ仕様&ランボルギーニミウラSV

ランボルギーニカウンタックLP400ウルフ仕様とランボルギーニミウラSV他。ウルフ仕様は元々LP500Sという名でしたが5000ccのエンジンは下ろされ、現在はLP400の4000ccエンジンが乗せられてる為にLP400というグレードになってます。

ベイロン&T35C

ベイロンとT35Cです。…という事で私は来年に期待します!



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

転職希望者に求める「即戦力」

即戦力の本

「即戦力」に頼る会社は必ずダメになる…なんて本が出てるのですね。自慢じゃないが読んだ事も無いし、これからも読む事は無いでしょう。何故、読まないのかだって?…そりゃ、私も「即戦力」に頼る会社は必ずダメになると思ってると言うか、「即戦力」に頼る会社は既にダメな会社であると思ってるから、読むまでの事ではないかなと思ってます。以前は、本を読めば読む程賢くなれると思ってましたが、現在は本に書かれてある事は単に他人の考えであって自分の考えではない。自分の経験が確かな知識を生むわけで、本と言う著者(他人)の考えを知っただけで経験もなしに自分の知識にしようとする考えが性に合わないと言うか…、自身の考えを再確認する為の読書はしても、読書をする事で、それを自身のバイブルにしようとは全く思わないです。

転職希望者に求める「即戦力」って一体なに?

即戦力求む──。転職の求人で、こんな言葉をよく目にします。これまでのキャリアを活かし、転職先でバリバリ活躍したい気持ちは山々ですが、職場や仕事が変わったら、それまでの知識や経験が役立つとは限らないわけで…。はたして、即戦力ってどんな人?

「専門知識やノウハウ、運用経験などを持っていて、特定の業務をすぐに任せられる人材。これが『即戦力』の定義です。通常、ひとりの新卒社員が戦力化するまで3年は必要で、そこにかかるコストは1500万円程度といわれています。それに対し、人材紹介会社を通して経験者を中途採用した場合のコストは給与+3割の手数料(年収500万円の場合、総額で650万円程度)で済む。つまり、戦力化までの時間とコストをなるべく抑えたいという思惑が、『即戦力求む』という言葉の背景に存在しているのです」と教えてくれたのは、人事のプロであり、『即戦力は3年もたない』の著者でもある樋口弘和さん。

なるほど。「即戦力求む」といった場合、企業側は具体的な業務経験者を求めているというわけですね。

「そうですね。ひとまずは『即戦力=経験者の補充採用』と考えてよいでしょう。ただし、ここには企業も見落としがちな問題点があって、即戦力には“賞味期限”が存在します。IT技術の進化によって業務の効率化が進んだり、場合によっては業務そのものがなくなってしまうこともある。そうなると即戦力として採用したはずの人材が役立たなくなってしまうかもしれないし、その後も会社の戦力として活躍してくれるかはわからないのです」

樋口さんいわく、転職希望者というのは会社に対して不満を抱きがちで、行き詰まったときに会社や上司のせいにしてしまう「他責体質」の人が多いそう。また、前職の成功体験にしがみつきがちだったり、社風になじむのに苦労したりと、ある意味“リスキー”な人材であることも少なくないとか。

では、転職を考えている僕らは、どうすればよいのでしょう?

「企業や業務内容によって求める人物は変わるため、万能なノウハウはありません。ただし、これからはますます変化の時代になるので、特定の業務経験よりも、根っこにある“職業人としての能力”が問われるようになるでしょう。企業が自分に行った投資をいかに回収するかという高い『コスト意識』、失敗を受け入れて乗り越える『自責志向』、変化に対応できる『柔軟な思考力』などが大切になってくると考えています」

今後は転職の採用基準も変わっていくのかもしれません。つい語学力や過去の実績などをアピールしたくなるけど…本当の“戦力”になるためには、意識の改革が必要かも!?
(清田隆之/BLOCKBUSTER)
(R25編集部)


目先の事しか考える事の出来ない「即席文化」それが企業の「即戦力」。…と私は考えます。何事もそうだけど、即席で手に入れたものはジャンクなものばかりです。じっくり手塩にかけて育て上げるから確かな実となるのです。

企業の社長さん達と色々話をしてると「現在は人を育ててもスグに会社を辞めてしまうような人ばかりで、育て上げても育て損になる。」というような事を言われます。 だから、外から既に完成されている人材(即戦力)が欲しいと口を揃えられます。

確かに上記引用記事にあるよう、1人の人間を育て上げる為には1500万円程度のコストがかかる。そして、育て上げたかと思った途端に辞められては会社の損益になってしまう。…という事も分からなくも無い。だから人材育成には力を注がない…。外から即戦力を求めたい。短期的に見ると、それがベストなのかもしれない。

しかし、長期的な目線で見るとそれがどんなにマズい事か…。結局は、何処の企業も人材育成をしないものだから、会社を辞めて街に溢れる人材も「即戦力」になり得ない人材ばかり。…って事になり、外に「即戦力」を求めても、「即戦力」になる人材は得られない事になるんだよね。

どの会社もちゃんと人材育成に力を注いでいれば、会社を辞められても、街には優れた人材で溢れかえってる状態になり、元をかけた分は取り戻せるはずなんだよ。
多くの企業が自分とこだけが美味しい思いをしようとするから、結果的にはまともな人材がいない社会を作って、自分で自分の首を絞める結果になってるような気もし無くも無い。
お金が天下の回りものなら、そのお金を生む人材も天下の回りものです。そもそも人材を育てても、すぐに辞めてしまうというのはその会社に魅力がないからだと思います。「力」がつけば会社にいるメリットがないと感じる有能な人材は、辞めるという選択をとるのは当たり前だと思います。

私の知る会社にも即戦力が欲しいからと、技術を持った方が何人も入社されましたが、皆、数ヶ月で辞められました。それを会社のトップは「辛抱が足らん!」「甘えてる!」の一言で片付けてしまいがちだけど、技術を生かせるだけの器の無い会社という事に、皆、すぐに気がついて辞められるのです。技術を持ってるという事は、確かな目も持っていて、会社の見極めもシビアなのですよね。そういう事に気がつかないのは自分達が有能だと思い込んでる無能な経営陣のみって感じがします。(毒)



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

この冬に食べた鍋物料理

ちゃんこ鍋

今年の冬は、寒かった!そんなわけで、寒い時には鍋物料理に限る!…と言いたいのですが、昨年夏の猛暑などで野菜が不足し、価格も高騰してたものですから数える程しか鍋料理を食べてないなぁ~。本当に数える程でたった3回です。寒い時こそ鍋料理なのに…。

冬になって、まず最初に我が家で頂いた鍋料理は、ちゃんこスープに野菜たっぷり、道の駅で買ってきた、チョ~~、リーズナブルなワタリ蟹が入ってます。通称:出汁蟹!…しかし、しっかりと身が入ってました。

キムチ鍋

2度目の鍋は、ポピュラーなキムチ鍋。特別変わった材料は入ってないですけど、スーパーで買ってきた、おでんセットが投入されています。キムチの唐辛子成分でポカポカ体の芯から暖まります。カプサイシンパワー、凄いぞ!

鍋

そして、最後に鶏肉と豆腐とキノコで煮込みうどん風の鍋料理です。彩りが悪いけど、古民家の囲炉裏が似合いそうな感じで、ホッコリ暖まります。野菜不足で鍋の中も野菜が少ないです。

今年の鍋料理は、きっとこれで最後なんだろうなぁ~!



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

ルビ

ルビ

某チラシに付いてた特別企画、春休みロードショー『プリキュアオールスターズ』の特別割引券です。子供さんが食い付いて見る事を考えて漢字にルビがふられてるのですけど、非常に中途半端…。
ハッキリ言って、映画を観に行く場合は親御さんがお子さんを連れて行かれる事でしょうから、割引券にルビが必要なのかどうなのか?って感じなのですが、まぁ、そこはチラシを見た子供さんが、両親におねだりする際、割引券があるから安く見れる事をアピール出来るように特別割引券という漢字にルビがあふられていると考える事が出来るのですが…、私がど~しても理解出来ないのが、何故、3月19日(土)の「土」だけにルビがふられているのか?って事です。

「土」が読めない子は、きっと「月」も「日」も読めないでしょうし、ルビをふるなら「月」も「日」も必要でしょう。そして、それよりも日付下の「春休み」にも絶対ルビは必要でしょう。「春休み」が読めて「土」だけが読めない子がいるとは到底思えません。

何故「土」だけに、ルビなの?デザインするって事は理由あってするわけだから、この理由を聞いてみたいですね。もし、理由を聞いて創り手が答えられない場合、その仕事はいい加減にされてるって事ですから…。


ちなみに、私がデザインをしてて一番ストレスがたまるのは、校正する際等、出来上がったデザインの理由を聞かず、好き勝手に弄くり回される事が一番ストレスを感じます。
目的意識(当Blog内リンク)…、デザインするという事は、考えがあってそうしてるのですから、弄くるにしても考えを考慮した上で、いろいろ検討してもらいたいと思います。そうじゃなきゃ、考える理由すらなくなってしまうから。

何の為に…この事を考える事の出来ないデザイン屋の多い事…。だって、原稿にそう書いてあったんだもの…。って理由かな。


Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

新聞の写真

鞆の浦の道路

いつぞやの新聞記事ネタ、フレーミング&トリミング(当Blog内リンク)で、限られた制約の中で最大限に表現しようと頑張る全国紙のレイアウターさんやカメラマンさんのお話をしましたが、あれから、ずっと地元ローカル新聞の写真やレイアウトを注意して観てました。

…が、地元新聞は所詮地元新聞なのだろうか?写真は鞆の浦の道路工事終了の記事なのですが、以前は道路脇にゼブラゾーンがあり違法駐車が多かったわけで、今回の道路工事によりゼプラゾーンを撤去し新しくなった道路では違法駐車が無くなったという知らせのニュースです。

だから、その状況を伝える写真とすれば、これで問題ない写真です。…でもね、私はプロのカメラマンならば例え状況を伝える写真であっても、流石はプロだと思わせてくれる写真を撮って欲しいと思うのです。
いろいろ制約があって、難しい事とは思いますけど、その制約の中で最大限努力して欲しいかなって思います。例えば、この鞆の浦の写真ですけど、後ろに平成のいろは丸が写ってますが、単に平成のいろは丸が写ったというのではなく、平成のいろは丸の位置まで考慮するとか、上部に見苦しい電線が走ってますけど、もう少しカメラを低く構えて電線をフレームから外すとか、もっと考えようはあると思うのです。
ゼブラゾーンが無くなって違法駐車が消えた。その状況のみを撮るなら素人でも撮れる。でも、プロならプラスαが欲しいなと思うのですが…。しかも、「海側のゼブラゾーンが無くなり駐車しにくくなった県道」とコピーが添えられてるけど、手前歩道には1台違法駐車してる車が写ってるし…。たしかに、ゼブラゾーンがあった時よりは違法駐車がゼロになったと言っても良いくらい無くなりましたが、もっと、写真に拘って欲しいなぁ~。プロのカメラマンを目指してた時はきっとそうだったと思うのですが、プロになって仕事してると、いつの間にか惰性で仕事するようになってしまうんだよね。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

待ちに待った杉ちゃん&鉄平コンサート

雨のサンパルコンサート会場

昨日の沼隈サンパルホールは生憎の雨模様となってしまいました。私がサンパルホールの仕事に携わるようになって5~6年になろうかと思いますが、コンサート当日に雨が降ったというのは今回が初めての事だと思います。
今回の杉ちゃん&鉄平のコンサートは1年前に年間スケジュールを頂いてから、ずっと気になってたコンサートでして凄く楽しみにしておりました。
実はコンサートの開催が待ちきれなくて、昨年夏に広島のクラブクアトロでコンサート(当Blog内リンク)があると聞いて、そちらにまで足を運んで観に行ったくらいです。
おかげ様でコンサートの様子が分かったからポスターを創る際には凄くやり易かったし、楽しく仕事を勧める事が出来ました。当初はポスターの評判が良く「楽しそうなので」とチケットを求められたり、アーティストの事はあまり詳しく無いのにチケットが売れたりして出足上々かと思われたのですが、蓋を開けてみるとチケットが余ってる状態で当日販売に期待を寄せてみたものの、天候が原因なのか、当日券もあまり芳しくなかった状態で満席に出来なかった事が悔やまれる点と言えば悔やまれるかな…。

コンサートはいつものクラシックコンサートとは違って、休憩無しのぶっ通し2時間30分だったかな…。非常に盛り上がりました。正直な気持ち、もっと多くの方にこの面白さを知ってもらいたいと思いました。

コンサート後のCD販売の様子

さて、こちらはコンサート終了後のCD販売の様子です。出口に側と反対の位置で販売されてたせいなのか、いつもと違って休憩時間が無かったからなのか、コンサート終了と共に足早にホールを去られる方が多かったですね。きっと、皆、帰りの混雑を避けたいが為に早く車を駐車場から出したいのでしょうね。そんなに、急いでも混雑からは逃れられないのですけどね…。
それならば、CDを買ってサインを貰って、色々特典にふれた方が私は得だと思うのですが…。こうして、楽しんでる間に混雑は収まりますからね。(笑)

杉ちゃん&鉄平のサイン会

こちらはサイン会の様子です。杉ちゃん&鉄平さんは1人1人に丁寧に対応されてました。私も。サインしてもらいたいのですが、この場ではグッとガマンの子であった。…子なのか…。

コンサート後のスリーショット杉ちゃん&鉄平と一緒に

そして、サイン会も無事終わり全てが終了した頃に、私が創ったポスターとCDにサインを頂きました。そして、驚く事に杉ちゃん&鉄平さんは、私の知人と鉄道仲間(鉄友)という関係で、なんとtwitterを通して私がポスターを作っていたという事を知っておられました。
私と杉ちゃん&鉄平さんとは直接的なつながりは無いのですけど、友達の友達という事で、距離がグゥ~~ンと縮んだ気がしました。スゴイぞ!
その友達は、杉鉄のトレインナイト(東京、名古屋)というライヴにトークで既に4回も出演してたりするそうです。杉ちゃん&鉄平さんも知人も鉄道オタクですから。(^_^;)

JR美祢線

私は鉄道には詳しく無いのですが、風景としての鉄道は大好きです。だから、鉄道や列車のうんちくはサッパリです。鉄道写真を撮る「撮り鉄」っぽいのですが、あくまでも風景の一部としての鉄道写真で、鉄道主体の写真を撮るという事はほとんど無いですね。私の鉄道好きはその程度です。

ポスターに頂いた杉ちゃん&鉄平のサイン

そして、こちらがポスターに頂いたサインです。

CDに頂いた杉ちゃん&鉄平のサイン

そして、CDはディスクではなくブックレットの方にサインを頂きました。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

巨大船のドック入り

ドック入り

何気なく事務所の外に目をやると、目の前の海で巨大船がバァ~~~ン!おもわず、デケェ~~!と声を上げ、仕事そっちのけで海まで走って行きました。丁度、タンカーが20万トン修繕ドックへ入港してるところでした。先頭はウインチで引っ張ってるのでしょうね。

タグボート

そして、後ろ側はタグボートが引き、真っ直ぐドックへ入って行けるように調整してるのでしょう。それにしても、あんな大きな船をその何分の1かの大きさのタグボートがたった一隻で引いてるなんて…。

巨大船を引くタグボート

タグボートはこんな感じで後ろを引いてます。

巨大船のデッキ

そして、大型タンカーのデッキの様子です。時折、乗組員が外に出てきたりしてたのですが…。ん~、この写真でわかるかなぁ?救命ボートの下の出入り口に白いヘルメットをかぶった乗組員が写ってるのですが…。船の大きさから人は米粒のようです。

タグボートが小さいのか?タンカーが大き過ぎるのか?

しばらくすると、ドック入口の方からもう一隻のタグボートが出てきました。タグボート、ちっさぁ~!ちゅか、タンカーがデッカすぎるんやね。

少しずつドックに入ってます

しばし、ドック入りの様子を眺めてましたが、一番上の写真からこの写真の状態までで約15分です。見た目には止まってるみたいで動いてる気がしなかったのですが、じわりじわりと移動してたんですね。この写真では船の前の部分が見えなくなってます。これは、ちょっとした海上ショーですね。しかし、数日後には、また塗装ミストが飛んで来るんだろうなぁ~。

ところで、このような大型タンカーのエンジンを始動する際にはどうやってエンジンをかけるのでしょうか?車のような小さなエンジンだとセルモーターを回してエンジンをかけますけど、船のような大きなエンジンはどうなってるのでしょうね?セルモーターじゃ流石に回らないよなぁ~。
もしかして、セルモーターで小さなエンジンを始動させ、その小さなエンジンの力でメインエンジンを始動させるとか…。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

もれなく2000名様?

もれなく

昨日の記事に引き続き、今日も新聞折り込みチラシからのネタなのですが、連日連日、パラパラと捲れば何かを発見出来るというお粗末ぶりです。この業界はこんな仕事ばかりしてて本当に大丈夫なのか…。

さてさて、今回のネタは、たまごプレゼントです!2,000円以上のお買上げで『たまご6個入1パック』がもれなくプレゼントなのです。引換券は裏面をご確認ください。…という事なので、裏面の引換券をご確認しました!

2,000名様

ハイ!こちらが裏面です。
やっぱりこちらにも、「こちらの引換券をご持参いただき、2,000円以上お買上げいただくと、『たまご6個入1パック』をもれなくプレゼントいたします。」って…。

そして、大きく全店で2000パック限り!なくなり次第終了します。早い者勝ち!!って…、オイ!『もれなく』じゃないんかい!ん~、2,000名の方には、漏れの無いようにプレゼント致します…てか?

…ったくぅ~!
言葉というものをちゃんと理解した上でデザインしてるんかいな?昨日といい、今日といい、なんか、言葉に対していい加減な広告業界が多過ぎだ!



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

「穴胡」って何て読むの?

鉄火巻

とある、お寿司屋さんのチラシにて。「てっか」…『鉄火』という漢字があるのに使わないで、誰にでも読み易くをmottoに「てっか」と平仮名表記。…なんて思いながら、別の商品に目をやると…。

アナキュー

『穴胡』なんて、どう読んでよいのか分からない漢字を発見!穴子と胡瓜の組み合せだから『アナキュー』って読ませたいのでしょうが、どう考えても、この漢字では『アナキュー』って読めません。
『穴子』は「穴(アナ)子(ゴ)」で良いのですが、『胡瓜(キューリ)』は熟字訓の為に『胡瓜』という組み合せになって初めて「キューリ」と読ませる事が出来、漢字を1つずつバラす事は出来ないんだよね。バラしてしまえば、その漢字は本来の別の読み方に変わってしまいます。

もしかして、『胡瓜』を『胡(キュー)瓜(リ)』だと思ってたのでしょうか?…だとすれば、広告を作るプロとして、文字を扱うプロとして相当みっともない事だと私は思うのだが…。仮に、クライアント様から出された原稿がそうなってたとしても、間違いである事をお伝えし正す事は、デザイン屋或いは広告代理店の側の義務だと思います。




Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

宮島S.A.から厳島神社を望む

宮島サービスエリア

いつも、高速道路と言えば、山陽自動車道「福山西I.C.←→広島東I.C.間」を利用する私には、広島東I.C.から西に走る事は非常に稀な事です。…というわけで、宮島サービスエリアに立ち寄りました。写真正面の中央部、車が沢山止まってる場所がサービスエリアの駐車場です。そして左側に写ってる建物がサービスエリアの売店やら食堂やらが入ってる建物です。そこから伸びる歩道を歩いて、展望エリアまで向かっています。写真は着た道を振り返って写したものです。

宮島サービスエリアにある厳島神社の鳥居

そして、展望エリアの先端には、日本三景安芸の宮島、厳島神社の鳥居が設けられています。鳥居の正面に見える山は安芸の宮島で、位置的に考えると、海に浮かぶ宮島の大鳥居から、この鳥居が一直線状に繋がってるのではないかと思います。

宮島サービスエリアから望む宮島

展望エリア先端から江田島方面を眺めた所です。宮島は右側の島です。この日は霞がかかって遠くの景色が良く見えませんでした。

厳島神社大鳥居付近を拡大

そして、宮島の厳島神社付近に向かって、拡大してみました。天気が良かったら、正面に赤い大鳥居が見えるのだけど…。滅多に来れない宮島サービスエリアなのに残念です。厳島神社までは少し距離がありますが、でも、一応ここからいくつかお祈り致しました。おそらく、宮島サービスエリアの鳥居と厳島神社の大鳥居が一直線で繋がってるのでしょうから願い事も真っ直ぐ厳島神社に向かって飛んでってくれるような気がして…。



Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

3/6(日) は杉ちゃん&鉄平コンサートだよ!

杉ちゃん&鉄平コンサートポスター

次の日曜日、3月6日は沼隈サンパルホールにて杉ちゃん&鉄平コンサートが開催されます。2010年度最後の沼隈サンパルホールでのコンサートとなり、今年度のトリに相応しいアーティストです。

杉ちゃん&鉄平コンサートポスターのデータが入ったCD-R

杉ちゃん&鉄平は2004年に結成されたコンビで、桐朋学園大学卒業後、ソリストや長岡京室内アンサンブル等で活躍するバイオリニスト岡田鉄平と、CMや演劇の作編曲を本業に、ワハハ本舗専属音楽家でもあるアレンジャーのピアニスト杉浦哲郎との2人だけのオーケストラです。『クラシック音楽をもっと身近なものに』という、コンセプトのもと、誰もが知ってるクラシックの名曲を、童謡・CMソングから環境音まで何でも融合させ全く別の楽曲へと進化させ楽しませてくれます。クラシック音楽をベースにしたエンタテイメント・ショーは、老若男女問わず楽しめる唯一無比の世界感!

昨年の夏に広島市のCLUB QUATTRO(当Blog内リンク)で開催されたコンサートに観に行き楽しんできました。だから、沼隈サンパルホールでのコンサートは本当に楽しいと自信を持って言う事が出来ます。そして、杉ちゃん&鉄平は、今回初来福です!

杉ちゃん&鉄平のCD

私も彼らの曲にハマってしまい、CDを買いそろえてます。でも、彼らの音楽はCDではなく、やっぱり生で聴いて頂きたいです。CDも良いのですけど、彼らの魅力が充分に収まり切れていないと言うか、どうしても表現に限界があるのです。CDはコンサートを観た後、コンサートの様子を思い浮かべながら聴いて欲しいと思います。

  

杉ちゃん&鉄平コンサート in 沼隈サンパル(外部リンク)…杉ちゃん&鉄平コンサート情報の公式Blogです。私の創ったポスターが貼付けられてる~!嬉しい~!


Official WEB Site
K-BRAND、ケーブランドバナー

FC2Ad